アーカイブ - 2022年 8月 19日

【イベント】第27回情報知識学フォーラム「人文学テキストを通じた研究データ共有」(12/18・東京、オンライン)

2022年12月18日、第27回情報知識学フォーラム「人文学テキストを通じた研究データ共有」が、国立情報学研究所(東京都千代田区)での現地参加とオンライン配信により開催されます。

同フォーラムは、Text Encoding Initiative(TEI)に取り組んできた人を中心とする講師が、最新の研究動向や実践例を紹介し、参加者との議論を通じて、人文学研究の発展と変革に資する機会とするとあります。また、「人文学と情報に関する諸問題」をテーマとして、公募によるポスターセッションが行われます。

第27回情報知識学フォーラム「人文学テキストを通じた研究データ共有」(情報知識学会)
http://www.jsik.jp/?forum2022

参考:
E2469 - 第26回情報知識学フォーラム<報告>
カレントアウェアネス-E No.429 2022.01.27
https://current.ndl.go.jp/e2469

一般財団法人出版文化産業振興財団、「本だなプロジェクト」を実施

2022年8月16日、一般財団法人出版文化産業振興財団が、「本だなプロジェクト」を実施すると発表しました。

国際連合(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の「誰一人取り残さない」を実現することを目的としたプロジェクトであり、書店や読書ボランティアの協力による、子ども食堂等の施設での定期的な読み聞かせ、施設における本棚・本の設置を行うとしています。期間は、2022年10月から2023年2月までです。

9月15日まで、企画に賛同し参加する施設の募集が行われています。

本だなプロジェクト 実施施設募集中!(一般財団法人出版文化産業振興財団, 2022/8/16)
https://www.jpic.or.jp/topics/2022/08/16/170000.html

国立情報学研究所(NII)、商品・サービスの口コミデータ約16万件を研究者向けに提供開始

2022年8月18日、国立情報学研究所(NII)が、株式会社マイスタースタジオと提携し、同社が運営する「みん評」に投稿された商品・サービスの口コミデータを、研究者向けに「みんなの評判口コミデータセット」として提供すると発表しました。

発表によると、「みん評」のデータの内、2017年1月16日から2022年7月12日までに投稿された約4,700の商品・サービスに対する口コミ約16万件が対象です。情報学研究データリポジトリ(IDR)を通じて提供されます。

約16万件の商品・サービスの口コミデータを学術研究目的に無償で提供開始(2022/8/18)
https://www.nii.ac.jp/news/release/2022/0818.html

みんなの評判口コミデータセット(IDR)
https://www.nii.ac.jp/dsc/idr/minhyo/

SAGE社、サル痘に関連する研究論文のコレクションを公開

2022年8月17日、SAGE社が、サル痘及びオルソポックスウイルス属に関連する研究論文のコレクションを公開したと発表しました。

発表の中では、医学と社会科学・行動科学の2つのカテゴリに分けて、本文へのリンクと共に研究論文が列挙されています。後者では、エイズや新型コロナウイルス感染症、ジカ熱等、他の感染症から得られた知見に関する論文をまとめているとあります。

SAGE Shares Open Research Related to Monkeypox(SAGE, 2022/8/17)
https://group.sagepub.com/blog/sage-shares-open-research-related-to-monkeypox

サル痘とオープンアクセス(OA):cOAlition Sの考え(記事紹介)

2022年8月16日、cOAlition Sが、ブログ記事“Monkeypox and open access: time to change the narrative”を公開しました。

過去7年でジカ熱、エボラ出血熱、新型コロナウイルス感染症、サル痘の4回、科学技術コミュニティのリーダーは感染症に関する研究のOA出版を呼びかけており、研究成果への即時アクセスは公衆衛生危機における国際的対応を促進するとみなされていることが指摘されています。

一方で、こういった対応は一時的なものである場合があることを述べ、OAは感染症の緊急性によってではなく、全ての研究に適用されるべきであるとしています。また、研究助成機関は、助成を行った研究の成果について、出版時にクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BYの下公開することを要求する必要があること等を述べています。

米・Schools, Health & Libraries Broadband Coalition(SHLB)、学校や図書館を通した学生等へのインターネット接続サービス提供に関する経済分析の報告書を公開

2022年8月17日、米・Schools, Health & Libraries Broadband Coalition(SHLB)が、学校や図書館を通した学生等へのインターネット接続サービス提供に関する経済分析結果をまとめた報告書“The "To and Through" Opportunity: An Economic Analysis of Options to Extend Affordable Broadband to Students and Households via Anchor Institutions”を公開したと発表しました。

発表の中では、学校や図書館といったアンカー機関(anchor institution)を通してブロードバンドネットワークを構築することは、地方やサービスが行き届いていない地域の学生にインターネット環境を提供する上で、最も費用対効果や財政的持続可能性が高い場合が多いことがわかったと述べられています。

また、経済分析結果の報告書の他に、学校・図書館・自治体がアンカー機関としてネットワーク接続サービスを提供している事例12件をまとめたケーススタディも公開されています。