アーカイブ - 2022年 6月 8日

【イベント】音訳者・音訳ボランティアのための著作権セミナー(8/6・オンライン)

2022年8月6日、日本図書館協会(JLA)の主催により、「音訳者・音訳ボランティアのための著作権セミナー」がオンラインで開催されます。

公共図書館の録音資料製作のノウハウもいかしながら、音訳ボランティアに必要な著作権法について具体的な案内が行われます。

定員は300人(要事前申込)で、参加費は資料代込みで1,000円です。

当日の主な内容は以下の通りです。

・「あなたの著作権知識のチェック」
東泰江氏、村林麻紀氏(日本図書館協会障害者サービス委員会関西小委員会委員)

・「著作権法の考え方とその概要」
森下元文氏(文化庁著作権課課長補佐)

・「音訳ボランティアに必要な著作権法条文とその解説」
小原亜実子氏(大阪府立中之島図書館、日本図書館協会障害者サービス委員会関西小委員会委員,日本図書館協会認定司書第1156号)

・「政令指定グループへの登録及び国立国会図書館の視覚障害者等用データ送信サービスのデータ提供を考えている方のために」
杉田正幸(国立国会図書館関西館、日本図書館協会障害者サービス委員会関西小委員会委員長,日本図書館協会認定司書第1138号)

京都大学図書館機構、京都大学貴重資料デジタルアーカイブにおいて絵入狂言本3タイトルを公開

2022年6月1日、京都大学図書館機構が、京都大学貴重資料デジタルアーカイブにおいて絵入狂言本3タイトルを公開したと発表しました。

絵入狂言本は、江戸時代に刊行された歌舞伎狂言の筋書きをまとめた挿絵入りの本です。今回、同大学文学研究科図書館が所蔵する『狐川今殺生石』『丹波与作』『兩州連理の松』が公開されました。

【図書館機構】京都大学貴重資料デジタルアーカイブ: 絵入狂言本3タイトルを公開しました(2022/6/1)
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1394281

参考:
京都大学図書館機構、京都大学貴重資料デジタルアーカイブにおいて附属図書館所蔵「大惣本」からの70タイトルをデジタル化公開
Posted 2020年11月12日
https://current.ndl.go.jp/node/42494

ユネスコ、オープンサイエンスに関するベストプラクティスについてのアンケート調査を実施中

2022年7月15日まで、ユネスコが、オープンサイエンスに関するベストプラクティスについてのアンケート調査を実施しています。

2021年11月に発表された「オープンサイエンスに関する勧告」への対応を支援するために、勧告で掲げた7つの優先分野に関する個人・機関・国・地域・国際レベルでのベストプラクティスに関する情報を募集するとあります。

アンケートは英語版・フランス語版・スペイン語版があります。

UNESCO’s Global Call for Best Practices in Open Science(ユネスコ)
https://en.unesco.org/feedback/unescos-global-call-best-practices-open-science

オープンアクセス(OA)ジャーナルの保存プロジェクト“Project JASPER”のこれまでの成果と課題(記事紹介)

2022年6月1日、DOAJ(Directory of Open Access Journals)が、オープンアクセス(OA)ジャーナルの保存プロジェクト“Project JASPER”に関して、フェーズ1から得られた知見と課題に関するブログ記事を公開しました。

フェーズ1では、ワークフローの効率性、キャパシティ、利用しやすさのためのプロセスのデザイン、実装、検証が行われたとあります。次は、より多くのジャーナルを支援し、より多くの保存機関の参加を募るための資金提供に関する取組を行うとしています。

これまでに明らかになった良い面として、JASPERに収録された最初のジャーナルはDOAJシールを獲得したこと、JASPERのコラボレーションは、2021年3月にScience Europeらが発表した「ダイヤモンドオープンアクセス(OA)」モデルに関する推奨事項に沿ったものであること等が述べられています。課題としては、プロジェクトへのジャーナルの勧誘、ジャーナルのアーカイブを実施するための合意形成に時間を要すること、フェーズ1では収益源のない雑誌に焦点を当てた、資金調達方法を理解することが困難であったこと等が挙げられています。

図書館システム市場動向に関する分析レポート“2022 Library Systems Report”(記事紹介)

2022年5月2日付で、American Libraries誌に、図書館システムコンサルタントであるブリーディング(Marshall Breeding)氏による図書館システム市場動向に関する分析レポート“2022 Library Systems Report: An industry disrupted”が掲載されていました。

2021年の大きな出来事としてClarivate Analytics社によるProQuest社の買収を挙げ、これをきっかけに図書館技術業界が大きく変貌を遂げたとしています。ProQuest社のEx LibrisとInnovative InterfacesがClarivate Analytics社に加わったことで、ベンダー間の規模の格差が広がっているとしています。

このような流れを踏まえて、以下のようなポイントを挙げています。

・業界のトップ企業の出現により、競争力を維持するために規模拡大と効率化を目指す中堅企業の統合が加速している。
・所有権の構成が変化し、上場企業が業界に占める割合が以前より大きくなっている。
・学術図書館における強い利害関係の変化は、プロダクトがわずかな差別化しか生まない公共図書館の技術部門とは対照的である。

【イベント】全史料協近畿部会講演会「アーキビスト専門職の認証と養成―国立公文書館のアーキビスト認証制度をめぐって―」(6/26・尼崎)

2022年6月26日、尼崎市立歴史博物館(兵庫県)において、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)近畿部会主催の講演会「アーキビスト専門職の認証と養成―国立公文書館のアーキビスト認証制度をめぐって―」が開催されます。

京都府立京都学・歴彩館の井口和起氏による基調講演、国立公文書館の島田赳幸氏によるコメントの後、滋賀県立公文書館の大月英雄氏とあまがさきアーカイブズの河野未央氏をコーディネーターとしたディスカッションが行われます。

2021年1月に国立公文書館がアーキビスト認証を開始したことを受け、このような制度を軌道に乗せていくことが重要な課題であるとし、講演会当日は、認証制度が持つ功罪や今後のあるべき姿について議論されることが望まれるとあります。参加は無料です。

お知らせ(全史料協近畿部会)
http://jsai.jp/iinkai/kinki/kinki-top.html
※「近畿部会第160回例会・総会のお知らせ」とあります。