アーカイブ - 2022年 6月 24日

スペイン国立図書館(BNE)のインターネット上の電子逐次刊行物の収集(記事紹介)

2022年5月24日付で、スペイン国立図書館(BNE)が、同館ウェブサイトでインターネット上の電子逐次刊行物の収集に関する記事を掲載していました。

BNEはインターネット上の文化的・記録的遺産についてもできるだけ多く保存することを目指しており、フリーアクセスの電子逐次刊行物(情報誌、科学雑誌、年鑑など)について3回目の年次収集を実施したとあります。2022年に収集されたのは、電子逐次刊行物が掲載されたウェブサイト1万2,000以上、3.4テラバイトで、いずれも2021年実施時を上回っているとあります。

自動収集ではフリーアクセスのウェブサイトの収集が可能となりますが、スペインのウェブアーカイブである“Archivo de la Web Española”では,オープンアクセスでないために自動的に収集できない電子ジャーナルの申請を促す取組を展開しているとしています。

Music Libraries Trustら、英国における音楽図書館の将来に関するビジョンを公開

2022年6月22日、音楽図書館員向けの教育等を行う英国の団体Music Libraries Trustが、英国における音楽図書館の将来に関する新たなビジョンを公開したことを発表しました。

同ビジョンは、Music Libraries Trustと国際音楽資料情報協会(IAML)英国・アイルランド支部、英国の音楽制作者のネットワークMaking Musicの協力により作成されました。発表によると、コミュニティや関係者、オーディエンスの利益のために音楽図書館がどのように持続的に機能するのかが示されています。

ビジョンの中では、現在の課題、将来像、ガバナンス・アドヴォカシー・実務に関する推奨事項等がまとめられています。

米国国立公文書館(NARA)、ウォーターゲート事件に関する裁判記録・証拠品等をデジタル化

2022年6月17日、米国国立公文書館(NARA)は、ウォーターゲート事件発生から50年経過したことを受けて、同事件に関する裁判記録・証拠品をデジタル化したと発表しました。

発表の中では、裁判記録はこれまでNARAで直接閲覧可能であったものの、証拠品は容易にアクセスできなかったこと等を述べています。デジタル化画像は、ウェブサイト“U.S. v. Liddy Trial Records and Government Exhibits”で公開されています。

6月24日時点では、裁判記録58件の他、ドライバーや鍵を開けるための道具、名刺、手袋、ウォーターゲートの部屋の鍵、リップクリーム型マイク等の証拠品の画像392件が検索・閲覧可能です。

Watergate Trial Records Digitized Ahead of Scandal’s 50th Anniversary(NARA, 2022/6/17)
https://www.archives.gov/news/articles/watergate-50th-anniversary

鹿児島市立天文館図書館、画像解析AIを用いた蔵書点検・セルフ貸出システムを導入

2022年6月15日、京セラコミュニケーションシステム株式会社は、鹿児島市立天文館図書館が、人工知能(AI)による蔵書管理サポートサービス「SHELF EYE」を導入したことを発表しました。

発表の中では、本の背表紙画像のAIによる解析を用いた蔵書点検やセルフ貸出機が、国内の公共図書館で初めて実用化されたと述べています。

公共図書館初、鹿児島市立天文館図書館が画像解析AIによる蔵書点検・セルフ貸出システムを導入(京セラコミュニケーションシステム株式会社, 2022/6/15)
https://www.kccs.co.jp/news/release/2022/0615/

参考:
E2379 - AI蔵書点検サポートサービス実証実験の成果と課題
カレントアウェアネス-E No.412 2021.05.13
https://current.ndl.go.jp/e2379

岐阜県図書館、高校生を対象にした電子書籍サービスを開始したことを発表

2022年6月14日、岐阜県図書館が、高校生が電子書籍をより簡便に利用できるサービスを開始したことを発表しました。

発表によると、1人1台の学習用タブレットが配備されている状況等を踏まえ、同館が提供している電子書籍サービスについて、岐阜県内の高等学校に在学中の高校生は、高校の図書館で利用申込をすることで利用できるとしています。

岐阜県図書館では、2019年7月に、紀伊國屋書店学術電子図書館「KinoDen(キノデン)」を導入し、2022年3月末現在のコンテンツ数は、3,808点であると述べていま す。

日本図書館協会、「 図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(2022.6.22更新版)」を公表

2022年6月22日、日本図書館協会(JLA)が、「図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を更新したと発表しました。

発表によると、今回の更新は、感染拡大を防止しつつ、図書館でのサービスを継続することを念頭に更新を行ったとし、マスク着用や接触感染リスクへの対応、来館者氏名の把握等における更新を行い、感染減少期の対策の緩和についても記載したとしています。

併せて、「基本的事項の決定と実施の確認に関するチェックリスト」の更新版も公開されています。

「図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」の更新について(JLA, 2022/6/22)
http://www.jla.or.jp/home/news_list/tabid/83/Default.aspx?itemid=6397

CA2018 - デジタルアーカイブの教育活用をめぐる可能性と課題―実践を例に― / 大井将生

PDFファイル

カレントアウェアネス
No.352 2022年06月20日

 

CA2018

 

デジタルアーカイブの教育活用をめぐる可能性と課題―実践を例に―

東京大学大学院学際情報学府/TRC-ADEAC:大井将生(おおいまさお)

 

CA2019 - 学術界とソーシャルメディア―Twitter活用の功罪と希望― / 横山広美

PDFファイル

カレントアウェアネス
No.352 2022年06月20日

 

CA2019

 

学術界とソーシャルメディア―Twitter活用の功罪と希望―

東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構:横山広美(よこやまひろみ)

 

CA2020 - 私立大学等改革総合支援事業に対する大学図書館の関与可能性 / 髙池宣彦

PDFファイル

カレントアウェアネス
No.352 2022年06月20日

 

CA2020

 

私立大学等改革総合支援事業に対する大学図書館の関与可能性

常磐短期大学キャリア教養学科:髙池宣彦(たかいけのりひこ)

 

『カレントアウェアネス』352号掲載

『カレントアウェアネス』352号(2022年6月20日発行)の記事を掲載しました。