アーカイブ - 2022年 5月 31日

日付

山形大学附属博物館、「地域の記憶「共創」アーカイブ」の構築を開始:第一弾は「三浦新七関連絵葉書アーカイブ」

2022年5月12日、山形大学は、同大学附属博物館が「地域の記憶「共創」アーカイブ」の構築を開始することを発表しました。

発表によると、「地域の記憶「共創」アーカイブ」は、山形市中心市街地の江戸時代から現代までの変化を資料・写真・オーラルヒストリー等をデジタル化して共有し、学生の地域への愛着やまちづくりの支援につなげることを目的としています。2022年度は、同館収蔵資料のアーカイブ化や授業での学生による街の記憶の収集を行うとしています。

また、第一弾として、山形市出身の実業家・歴史家である三浦新七が留学時代に交わした絵葉書2,119点を閲覧できる「三浦新七関連絵葉書アーカイブ」が公開されています。

米国大統領府科学技術政策局(OSTP)、連邦政府からの助成を受けた研究ためのデータリポジトリに関するガイドを公開

2022年5月26日、米国大統領府科学技術政策局(OSTP)が、連邦政府からの助成を受けた研究のデータリポジトリに関するガイド“Desirable Characteristics of Data Repositories for Federally Funded Research”を公開したと発表しました。

ガイドの中では、オンラインのデータリポジトリの望ましい特徴について、「無料かつ容易なアクセス」「明確な利用案内」をはじめとした全ての研究データリポジトリに共通するもの14件と、「同意事項の遵守」「セキュリティ」等のヒトデータを保存するリポジトリに関するもの7件が示されています。

また、発表の中では、新たなデータ保存・管理方法の登場やニーズの変化等に応じて同ガイドを更新することが望ましいと述べられています。

Semantic Scholar、コーパスの全てのデータへのアクセスを可能とする新たなデータセットを提供開始

2022年5月18日、Semantic Scholarが、コーパス“Semantic Scholar Academic Graph”(S2AG)の全てのデータへのアクセスを可能とする新たなデータセット“Academic Graph Datasets”を提供開始したと発表しました。

発表の中では、これまでユーザにS2AGの活用を推奨してきたものの、Academic Graph APIとデータセットの不一致が発生していたことが述べられています。今回提供開始した“Academic Graph Datasets”には、タイトル・著者といった論文の属性、h-index等の著者の属性、引用に関するメタデータの他、抄録のテキスト、オープンアクセスのPDFから抽出された全文テキストである“S2ORC”等が含まれているとあります。

data.europa.eu、エストニア・スロベニア・ウクライナのオープンデータに関する報告書を公開

2022年5月19日、欧州連合(EU)等のオープンデータのポータルでサイトあるdata.europa.euが、“Open Data Best Practices in Europe: Estonia, Slovenia & Ukraine”を公開しました。

data.europa.euは、2015年から毎年オープンデータ成熟度評価を実施しています。“Open Data Best Practices in Europe: Estonia, Slovenia & Ukraine”では、2021年の総合得点で上位にランクされただけでなく、過去2年間でオープンデータの成熟度スコアに目覚ましい伸びを見せたエストニア、スロベニア、ウクライナの3か国に焦点が当てられています。

3か国におけるオープンデータの政策、インパクト、ポータル、品質といった4つの側面に関する状況などが紹介されています。特筆すべきこととして、3か国とも具体的かつ現実的な行動計画を含めた明確なオープンデータ政策や戦略を有しているとしています。また、いずれの国も、データの提供者と再利用者の両方からなる大規模で熱心なオープンデータコミュニティの確立に重点を置いていると述べられています。

茨木市(大阪府)、絵本購入のためのクラウドファンディングを実施中

2022年5月25日から8月25日まで、大阪府の茨木市が、絵本購入のため、ふるさと納税の仕組みを活用したクラウドファンディングを実施しています。

2023年秋にオープン予定の新複合施設「おにクル」内の子育て支援フロアの「えほんひろば」と「おはなしのいえ」に設置する絵本購入費用に充てられるとあります。寄付金額に応じて同施設内の図書館プレオープンへの招待などの特典が用意されています。

新施設・広場「おにクル」への寄附第3弾!~「えほんひろば」「おはなしのいえ」を育てるプロジェクト~(茨木市,2022/5/25)
https://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/kikaku/shiminkaikanatochikatuyou/menu/kentou/siminsannkakutorikumi/kihunituite/57837.html

広島大学原爆放射線医科学研究所、「被爆者スライド標本データベース」を公開

2022年5月20日、広島大学原爆放射線医科学研究所が、「被爆者スライド標本データベース」の公開を発表しました。

同研究所附属被ばく資料調査解析部が保管している、原子爆弾で被爆した人々の臓器や組織の標本は、関連する資料としては世界で最大規模のものであるとし、その一部を同データベースで提示しているとしています。

データベースの作成には、クラウドファンディング「原爆被爆者の記録を後世へ:標本データベース化プロジェクト」で得られた資金が用いられたとしています。

「被爆者スライド標本データベース」を公開しました(広島大学原爆放射線医科学研究所、2022/5/20)
https://www.hiroshima-u.ac.jp/rbm/news/70706

被爆者スライド標本データベース
https://rbm.hiroshima-u.ac.jp/

NDLラボ、ウェブページ「令和3年度OCR関連事業について」を公開

2022年5月30日、国立国会図書館(NDL)のNDLラボが、ウェブページ「令和3年度OCR関連事業について」を公開しました。

2021年度にNDLが実施した、「デジタル化資料のOCRテキスト化」と「OCR処理プログラム研究開発」について、目的・実施内容・性能の評価方法・評価結果等を紹介しています。

令和3年度OCR関連事業の概要ページを公開しました(NDLラボ, 2022/5/30)
https://lab.ndl.go.jp/news/2022/2022-05-30/

令和3年度OCR関連事業について(NDLラボ)
https://lab.ndl.go.jp/data_set/ocr/

米・ハーバード大学ホートン図書館のアフリカ系アメリカ人の歴史に関するオンラインコレクション(記事紹介)

2022年5月18日、米国アーキビスト協会(SAA)記述セクションのブログ“Descriptive Notes”で、米・ハーバード大学ホートン図書館が2020年から構築してきた、18世紀から20世紀初頭までのアフリカ系アメリカ人の生活に焦点を当てたデジタル化資料を公開しているウェブサイト“Slavery, Abolition, Emancipation, and Freedom: Primary Sources from Houghton Library (SAEF)”についての記事が掲載されました。

記事では、同ウェブサイトの特徴として、インタラクティブなデータセットも併せて公開したことを挙げています。