アーカイブ - 2022年 5月 19日

国立国会図書館、「個人向けデジタル化資料送信サービス」を開始

2022年5月19日、国立国会図書館(NDL)は、「個人向けデジタル化資料送信サービス」を開始しました。

「国立国会図書館デジタルコレクション」で提供する資料の内、絶版等の理由で入手困難であることが確認された資料約152万点(2022年5月時点)について、利用者自身の端末を用いてインターネット経由で閲覧できるサービスです。

1968年までに受け入れた図書約55万点や、明治期以降発行された雑誌で刊行後5年以上経過し、商業出版されていないもの約82万点等が含まれています。今後デジタル化を行う資料についても、手続きを経たうえで追加する予定です。

日本国内に居住している「登録利用者(本登録)」がサービスを利用でき、同日からインターネット上での「登録利用者(本登録)」の登録手続が可能になっています。

静岡県立中央図書館、静岡県内の自治体ウェブサイトに掲載されたPDFを自動収集するシステムを地元企業と共同開発

2022年5月18日、静岡県立中央図書館が、静岡県内の自治体ウェブサイトに掲載されたPDFを自動収集するクローリングシステムを、地元企業の株式会社Geolocation Technologyと共同開発したと発表しました。

発表の中では、2021年度から同館が行っている「図書館DX実証実験」の一環であり、公共図書館におけるクローリングシステムの開発は全国初であると述べています。初回の収集で収集されたPDFは45万5,133件で、2回目以降は差分の収集が行われます。また、収集したPDFを基にしたサービスの可能性を今後検証するとしています。

@shizuokaken_lib(Twitter, 2022/5/18)
https://twitter.com/shizuokaken_lib/status/1526791553544425472

京都大学貴重資料デジタルアーカイブ、文学研究科所蔵の重要文化財「大日本史編纂記録」の第15冊から第20冊までを公開

2022年5月17日、京都大学図書館機構は、文学研究科所蔵の重要文化財「大日本史編纂記録」の第15冊から第20冊までを、京都大学貴重資料デジタルアーカイブで公開したと発表しました。

同大学の文学研究科と総合博物館は、2018年度から「大日本史編纂記録」の修復・電子化事業を実施しており、今回、修復・電子化が完了した第15冊から第20冊までの322画像を京都大学貴重資料デジタルアーカイブで公開したとあります。

今後も引き続き事業を推進し、随時、京都大学貴重資料デジタルアーカイブで公開するとしています。

【図書館機構】京都大学貴重資料デジタルアーカイブ: 文学研究科所蔵重要文化財『大日本史編纂記録』第15冊から第20冊までを公開しました(京都大学図書館機構, 2022/5/17)
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1394145

米国図書館協会(ALA)・米国建築家協会(AIA)主催の2022年図書館建築賞受賞5館が発表

2022年5月17日、米国建築家協会(AIA)が、米国図書館協会(ALA)と共同で毎年開催している図書館建築賞の2022年の授賞館5館を発表しました。

同賞は、立地、目的、エコロジー、環境の持続可能性、歴史といったデザインの成果を示す必要があり、7人の審査員により選ばれたものです。

受賞館は以下の通りです。

・ニューヨーク市ブルックリン公共図書館アダムズ・ストリート図書館

・アリゾナ州マリコパ郡図書館区アサンテ図書館

・アイダホ大学クルーゼン・マレー図書館

・カンザス州オレイサ公共図書館インディアン・クリーク図書館

・ワシントンD.C.公共図書館マーティン・ルーザー・キング・ジュニア・メモリアル図書館

【イベント】日本図書館研究会2022年度特別研究例会「私が考える図書館専門職-図書館学的視点から-」(6/5・オンライン)

2022年6月5日、日本図書館研究会の2022年度特別研究例会「私が考える図書館専門職-図書館学的視点から-」がオンラインで開催されます。

発表者は大城善盛氏(元同志社大学文学部・社会学部教授)で、同氏の著書『司書職制度の再構築』(日本評論社)をベースに、図書館専門職(制度)をめぐる諸問題についての考え(理解)を提示するとあります。

参加は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

@nal_tweet(Twitter, 2022/5/16)
https://twitter.com/nal_tweet/status/1526178007353700352

日本図書館研究会 2022年度特別研究例会案内(日本図書館研究会)
https://www.nal-lib.jp/2022spreikai/

米国デジタル公共図書館(DPLA)、新型コロナウイルス感染症への米国連邦・州政府の対応に関する政府文書についてのパブリックドメインの電子書籍を公開

2022年5月16日、米国デジタル公共図書館(DPLA)が、新型コロナウイルス感染症への米国連邦政府および州政府の対応についての政府文書に関するパブリックドメインの電子書籍“The Covid Archive: A finding aid to government documents related to the Covid19 Pandemic”の刊行を発表しました。

発表によると、米国における新型コロナウイルス感染症感染拡大を理解するために必要なデータを収集・公開するThe Atlanticのプロジェクト“COVID Tracking Project”で特定された、政府文書3,000件以上の索引を提供しています。その他、同プロジェクトが実施した、米国疾病予防管理センター(CDC)の新型コロナウイルス感染症関連のダッシュボードを用いたデータ分析の結果等もまとめられています。

プレプリントの査読に関するツールキット(文献紹介)

2022年5月8日付で、Gary S. McDowell氏による“The Preprint Peer Reviewer's Toolkit: How to post a peer review of a preprint”が、非営利団体Center for Open Science(COS)の研究プロジェクト管理システム“Open Science Framework”(OSF)上で公開されました。

プレプリントの査読に関するツールキットであり、個人の査読者が素早く簡単にプレプリントの査読レポートを投稿できるよう支援することを目的としています。プレプリントの探し方、FAST原則を始めとしたプレプリントへのフィードバックに関する原則、査読レポート投稿前に確認すべきこと、PREreviewをはじめとしたプラットフォームにおける査読レポートの投稿方法等がまとめられています。

なお、5月8日に公開されたものはドラフト版であり、コメントを募集しています。