アーカイブ - 2021年

4月 23日

渋沢栄一記念財団情報資源センター、「渋沢栄一ダイアリー」の公開を発表

2021年4月23日、公益財団法人渋沢栄一記念財団情報資源センターが、「渋沢栄一ダイアリー」を公開したと発表しています。令和2(2020)年度国立歴史民俗博物館総合資料学奨励研究「TEIを用いた『渋沢栄一伝記資料』テキストデータの再構築と活用」で実施された、『渋沢栄一伝記資料』別巻第1、第2のテキストをTEI (Text Encoding Initiative) のガイドラインに沿って構造化する共同研究の成果として公開されたものです。

「渋沢栄一ダイアリー」では、『渋沢栄一伝記資料』別巻の第1、第2に収録されている渋沢栄一の「日記」「集会日時通知表」(予定表)の閲覧や検索、カレンダー表示に加え、他情報源とのリンクを用いた原本の概要紹介、登場人物のネットワーク表示、地名の地図上でのマッピングなども研究の一環として試みられています。

今後改善をおこなって、サイトの内容およびデータを変更する場合があるとしています。

また、研究成果であるTEI/XML形式の全文テキストをはじめ、同サイトの構築に用いられたソースは、同財団がデジタル・リソースの公開や、外部の研究者と連携して実験的なサービスの研究・開発を行うためにGitHubに開設した「渋沢栄一記念財団デジタル・ラボ」において「CC BY 4.0」で公開されています。

saveMLAK、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(Twitter編)」を公開

2021年4月22日、saveMLAKが、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(Twitter編)」を公開しました。

同調査は、非来館サービスとしてのSNS活用状況を可視化するため、4月9日から4月11日にかけて行われた「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/04/11)」の付帯調査として実施されました。

調査対象の全国の公共図書館・公民館図書室等1,723館中、197館がTwitterアカウントを運用していると述べられています。また、次回はFacebookアカウントの運用状況の調査を行う予定としています。

調査データは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0で公開され、saveMLAKのウェブページからダウンロードできます。

saveMLAK:プレス(saveMLAK)
https://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9
※2021年4月22日付で、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(Twitter編)」が掲載されています。

NPOブックスタート、「多言語対応 絵本紹介シート」の改訂版を作成

NPOブックスタートが、2021年4月に発行した「ブックスタート・ニュースレター」72号の中で、「多言語対応 絵本紹介シート」の改訂版を作成したことを発表しています。

同シートは、地方公共団体のブックスタート事業で手渡される絵本の候補として、3年ごとに選考が行われる「ブックスタート赤ちゃん絵本」30タイトルについて、同法人が地方公共団体担当者向けに作成しています。

今回の改訂では、提供タイトルの変更に伴い全体のリニューアルが行われ、東京外国語大学の「言語文化サポーター」が翻訳に協力したと述べられています。また、「やさしい日本語」を意識した文章を記載していること、新たにネパール語を追加し9か国語に対応していること、日本語で読みたい保護者向けに各言語の発音に合わせたアルファベット表記を採用していること等が紹介されています。

お知らせ(NPOブックスタート)
https://www.bookstart.or.jp/
※2021年4月12日の欄に「ニュースレター2021年春号をアップしました」とあります。

ルクセンブルク国立図書館(BnL)とTaylor & Francisグループ、3年間の転換契約を締結

2021年4月19日、ルクセンブルク国立図書館(BnL)とTaylor & Francisグループは、3年間の転換契約を締結したことを発表しました。

発表によると、契約には以下の内容が含まれています。

・ルクセンブルク大学等のコンソーシアム参加機関の研究者は、Taylor & Francisグループの“Open Select”や完全オープンアクセス(OA)ジャーナルで、合意された上限までOA出版できる。
・Taylor & Francisグループのジャーナルや記事への継続的アクセス。

また、今回の契約は、ルクセンブルク国立研究財団(Luxembourg National Research Fund:NRF)によるOAに関する指示に沿ったものであると述べられています。

科学技術振興機構(JST)の運営する科学技術用語の検索支援サービス「JSTシソーラスmap」が改訂:ライフサイエンス分野・医学薬学分野で追加・修正

2021年4月7日付の科学技術振興機構(JST)の運営している科学技術情報探索サービスJ-GLOBALのお知らせで、シソーラスmapの改訂が発表されました。

ライフサイエンス分野、医学薬学分野を中心として、下記の改訂がなされています。

・シソーラス用語の新規追加(23語)、修正(153語)
・スコープノート(シソーラス用語の説明)および階層変更(97語)
・カテゴリーおよび関連語修正(85語)

改訂内容は、「文献」情報の「シソーラス用語」欄、「準シソーラス用語」欄へ反映されています。

シソーラスmapを改訂いたしました(2021年4月7日)(J-GLOBAL,2021/4/7)
https://jglobal.jst.go.jp/news/4963

米・イリノイ大学が主導する助成プロジェクト““Email Archives”の第1期採択プロジェクトが発表される:図書館等の機関が電子メールを歴史記録として収集・保存する能力の構築に関するプロジェクト

2021年4月17日、米・イリノイ大学図書館は、同大学がAndrew W. Mellon財団の支援を受けて実施している4年間の助成プロジェクト“Email Archives: Building Capacity and Community”(EA:BCC)について、第1期採択プロジェクトのリストを公表しています。

同プロジェクトは、図書館・博物館・文書館における、電子メールを歴史記録として収集・保存する能力の構築を目指しています。2期に分けての採択プロジェクト選定が予定されており、採択されたプロジェクトには2万5,000ドルから10万ドルまでの助成金が授与されます。今回発表された第1期採択プロジェクト(計5件)の内容は次のとおりです。

Library Publishing Coalition(LPC)に“strategic affiliate”としてCLOCKSSが参加

2021年4月19日、図書館による出版活動を進める大学図書館のイニシアティブ“Library Publishing Coalition”(LPC)は、新たに“strategic affiliate”の一員として、電子ジャーナルのアーカイブプロジェクトCLOCKSSが参加したことを発表しました。

“strategic affiliate”プログラムのウェブページによれば、参加申請に当たり、メンバーシップ制である、学術コミュニケーションに重点を置いている、図書館や出版社又はその両方と実質的な関わりを持っている等の条件を満たす必要があります。参加により、LPCの共同プロジェクトへの参画や、LPCが企画したイベントへの参加等の機会が与えられるとあります。

LPC welcomes a new strategic affiliate: CLOCKSS(LPC, 2021/4/19)
https://librarypublishing.org/new-strategic-affiliate-clockss/

オープンアクセス誌eLife、同誌の投稿プロセスにプレプリントサーバーmedRxivへの投稿を統合

2021年4月21日、オープンアクセス(OA)誌“eLife”は、eLifeの投稿プロセスに医学分野のプレプリントサーバーmedRxivへの投稿を統合することを発表しました。ライフサイエンスや医学コミュニティでのプレプリントへの支持の高まり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックを背景としたCOVID-19関連のプレプリント増加を受けたものです。

2016、2017年にbioRxivと行った同様の取組に続くものであり、eJournalPress及びmedRxivのサポートにより実現されました。論文著者は、medRxivへのプレプリント投稿後に同時にeLifeに投稿することが可能となり、また、eLifeの投稿システムからmedRxivに直接投稿することも可能となります。medRxivとの間で、このような双方向の統合を投稿プロセスに組み込んだのはeLifeが初めてであると述べています。

著者がeLifeに先に投稿する医学分野の論文については、編集者が査読プロセスに回した直後の完全な投稿プロセス(full submission process)において、eLifeがプレプリントをmedRxivに直接投稿する計画であるとしています。

Future Science Group、主要学術出版社刊行雑誌に掲載の文献へシームレスなアクセスを提供する無料ソリューションGetFTRへ参加

医療・バイオテクノロジー・科学分野の学術出版に携わる英国の出版社Future Science Groupは、主要学術出版社刊行雑誌に掲載の文献へシームレスなアクセスを提供する無料ソリューション“Get Full Text Research(GetFTR)”へ参加することを発表しました。

GetFTRは、提携するディスカバリーツールやプラットフォームを介して、研究者が場所によらず、必要なコンテンツへ迅速かつシームレスにアクセスすることを支援する無料のソリューションです。Future Science GroupはGetFTRへ参加する8社目の出版社となります。

DataCite、データ管理計画(DMP)のための永続的識別子“DMP-IDs”を開始

DataCiteは、2021年4月7日付けのブログ記事において、データ管理計画(DMP)のための永続的識別子(PID)である“DMP-IDs”の開始を発表しています。同日から、DataCiteのメンバーは、DataCite のDOI作成・メタデータ登録サービスである“Metadata Store(MDS)API”及び“Fabrica”を用いてDMPに“DMP-IDs”を割り当てることが可能になった、としています。

米国科学財団(NSF)から助成を受けたプロジェクト“DMP Roadmap: Making Data Management Plans Actionable”の一部として、DataCiteは、米・カリフォルニア電子図書館(CDL)のカリフォルニア大学キュレーションセンター(UC3)及びUC3のサービスである“DMPTool”と共に“DMP-IDs”の検討を進めていました。

オーテピア高知図書館、「活用事例まんが」第1弾として、ビジネス支援サービスの事例をマンガ化:移住促進課とも連携

2021年4月22日、オーテピア高知図書館が、「活用事例まんが」第1弾として、ビジネス支援サービスの事例をマンガ化して公開しています。

「まるでオフィス!?図書館がリモートワークの強い味方に!」というタイトルで、移住促進課と連携した内容となっています。

オーテピア高知図書館「活用事例まんが」誕生!(No.1-ビジネス支援サービスの事例)(オーテピア高知図書館,2021/4/22)
https://otepia.kochi.jp/library/event.cgi?id=20210406200343qpui3i
https://otepia.kochi.jp/dataEvent/library/20210406200343qpui3i/jirei202104.pdf
※二つ目のリンクが活用事例まんがです[PDF:2ページ]。

国際図書館連盟(IFLA)、特別なニーズのある人々に対する図書館サービス分科会(LSN)のパンフレットを日本語を含む9つの言語に翻訳して公開

2021年4月21日、国際図書館連盟(IFLA)の特別なニーズのある人々に対する図書館サービス分科会(LSN)が、同分科会の英語パンフレットを9つの言語に翻訳して公開しました。

英語版は、2019年の世界図書館情報会議(WLIC)で配布されたもので、今回英語から翻訳された言語は、アラビア語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、ドイツ語、スペイン語、ブルガリア語、日本語、ノルウェー語、スウェーデン語です。

Library Services to People with Special Needs Brochure Translated into Nine Languages(IFLA,2021/4/21)
https://www.ifla.org/node/93832

4月 22日

米国国立公文書館(NARA)、同館の目録および1940年国勢調査のデータセットを公開

2021年4月19日、米国国立公文書館(NARA)が、同館の目録および1940年国勢調査のデータセットを公開したことを発表しました。

発表によると、同館の目録のデータセットには、メタデータや1億2,700万件以上のデジタルコピーへのURL等の、225ギガバイトのデータが含まれています。1940年国勢調査のデータセットは、調査結果の記録である“population schedule”の画像約370万件やメタデータ等を含む、15テラバイトのデータが提供されています。

データセットは、「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」が提供する“Registry of Open Data”を介して利用できると述べられています。

National Archives Releases Catalog, 1940 Census Datasets(NARA, 2021/4/19)
https://www.archives.gov/news/articles/catalog-census-datasets

岐阜県図書館、18歳までに岐阜に恋しよう!企画『破天荒作家・栗山圭介と若者たちとのチャンバラトーク!』を開催:ラジオ番組の公開収録

岐阜県図書館が、2021年5月5日に、18歳以下の子どもを応援する活動をしている一般社団法人「GLIP」との共催で、18歳までに岐阜に恋しよう!企画『破天荒作家・栗山圭介と若者たちとのチャンバラトーク!』を開催すると発表しています。

「FMわっち『栗山圭介』のradio GLIP」の公開収録で、岐阜県関市出身の作家・栗山圭介氏と、岐阜のこと、将来のこと、図書館のことなどを楽しくお喋りする内容です。参加費は無料ですが、定員は先着148人(事前申込制)です。

収録内容は図書館特集として後日放送されます。

電子出版制作・流通協議会(電流協)、「電子図書館(電子書籍貸出サービス)実施図書館(2021年04月01日)」を公表

2021年4月22日、電子出版制作・流通協議会(電流協)が、「電子図書館(電子書籍貸出サービス)実施図書館(2021年04月01日)」を公表しました。

前回2021年1月1日時点と比べ、実施自治体は62増加し205自治体、電子図書館(電子書籍貸出サービス)は62増加し201館となっています。

お知らせ(電流協)
https://aebs.or.jp/
※2021年4月22日欄に「電子図書館(電子書籍貸出サービス)実施図書館(2021年04月01日)公表の件」とあります。

電子図書館(電子書籍貸出サービス)実施図書館(2021年04月01日)(電流協)
https://aebs.or.jp/Electronic_library_introduction_record.html

デジタルライブラリーの利用状況へのコロナ禍の影響:セルビアの公共図書館の事例(文献紹介)

オンラインジャーナル“Journal of Web Librarianship”において、2021年4月14日付で、論文“The Impact of the COVID-19 Pandemic on Digital Library Usage: A Public Library Case Study”が公開されました。

セルビア共和国・クニャジェヴァツの公共図書館“Njegos”のJelena Ćirića氏とベオグラード大学Vinča Institute of Nuclear SciencesのAleksandar Ćirić氏によるものです。

Abstractによると、コロナ禍でのロックダウン政策下で公共図書館が利用者に提供できた唯一のものがデジタルコンテンツであり、同館においても、デジタルコンテンツへのアクセスの改善や利用の促進に努めたとしています。本文献は、今後のサービス改善につなげるために行った同館のデジタルライブラリーへのアクセスの分析結果をまとめたものです。

岡山県立図書館、「平成30年7月豪雨災害デジタルアーカイブ」を公開

2021年4月22日、岡山県立図書館が、「平成30年7月豪雨災害デジタルアーカイブ」を公開したと発表しています。公開日は4月1日で、県庁の危機管理課から資料提供を受け、同館が運営する「デジタル岡山大百科」内に構築したものです。

搭載データ件数は、写真ファイル1,007件、動画ファイル66件で、「平成30年7月豪雨」の災害データを地域別、分類別(災害記録、復旧・復興、ボランティア活動)に探すことができます。

「平成30年7月豪雨災害デジタルアーカイブ」公開!(岡山県,2021/4/22)
https://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/713343.html

@okayama_preflib(Twitter,2021/4/22)
https://twitter.com/okayama_preflib/status/1385126222129033219

『カレントアウェアネス-E』411号を発行

『カレントアウェアネス-E』411号を発行しました。

■E2371■ 図書館に関する意識:新型コロナウイルス感染症の影響
総務部企画課・渡邉由利子
電子情報部電子情報企画課資料デジタル化推進室・川島隆徳

■E2372■ 2020年度NDLデジタルライブラリーカフェ<報告>
電子情報部電子情報流通課・鈴木遼香,高橋美知子

■E2373■ 第31回保存フォーラム:戦略的「保存容器」の使い方<報告>
収集書誌部資料保存課・加山菜穂子

■E2374■ 米国で電子書籍の法定納本が開始される
関西館電子図書館課・渡部淳

■E2375■ フランス国立図書館(BnF)における研究活動
関西館図書館協力課・野村明日香

■E2376■ 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2021/4/20)
関西館図書館協力課調査情報係

E2372 - 2020年度NDLデジタルライブラリーカフェ<報告>

ディスカッションでは,データの利用拡大には,流行や時事によらず多様に使える汎用的なオープンデータセットの提供や,巨大で多様なデータの統合的な分析に使えるように,メタデータへの日本十進分類法(NDC)による分類付与やData Catalog Vocabulary(DCAT)等の標準的な語彙とWARPからの出力項目との対応表の作成・公開が有効等の意見があった。

E2375 - フランス国立図書館(BnF)における研究活動

2020年9月,フランス国立図書館(BnF)が,同館における研究活動についてまとめた報告書“La recherche à la Bibliothèque national de France”を公開した。BnFの設立に関する1994年1月3日付のデクレ(行政命令)にある通り,資料の収集・保存・管理・提供だけでなく,所蔵資料に関する研究プロジェクトの実施も同館の使命の一つである。その成果は,シンポジウム,展示会,刊行物,ウェブサイトや,人文・社会科学分野のブログのプラットフォーム“hypotheses.org”上のページ等で発表されている。毎年刊行される活動報告書で,各年の研究内容等について言及されているが,研究活動に焦点を当てた報告書は今回初めて作成された。本稿では,報告書の内容を中心に,BnFの研究活動に関する取組の一端を紹介する。

ページ