アーカイブ - 2021年 9月 30日

World Wide Web Consortium(W3C)、アクセシビリティメタデータの提供に関するガイド“User Experience Guide for Displaying Accessibility Metadata 1.0”を公開

2021年9月27日付で、World Wide Web Consortium(W3C)内のグループ“Publishing Community Group”が、アクセシビリティメタデータの提供に関するガイド“User Experience Guide for Displaying Accessibility Metadata 1.0”を公開しました。

同ガイドは、出版物のアクセシビリティに関するメタデータをユーザフレンドリーな形で提供するための共通フレームワークを示すものです。アクセシブルなコンテンツの発見やユーザインターフェース(UI)技術についての他、推奨されるアクセシビリティメタデータの表示順等がまとめられています。

なお、出版物の流通に関係する、図書館およびベンダーに対しては、アクセシビリティメタデータを解釈し資料の発見を支援できる検索ツールやフィルタリングツールを作成することが推奨されています。

東京藝術大学附属図書館、寄贈を受けた資料を紹介する「石井コレクション―ホロヴィッツの遺産」展を学生・教職員を対象に開催中

東京藝術大学附属図書館が、2021年9月13日から10月29日まで、「石井コレクション―ホロヴィッツの遺産」展を学生・教職員を対象に開催しています。

音源コレクター石井義興氏から同館が寄贈を受けたピアニストのウラジミール・ホロヴィッツに関するコレクション一式の整理に先立ち、コレクションから9点を選んで展示するものです。

SAT大蔵経テキストデータベース研究会、「東京大学総合図書館所蔵 サンスクリット写本 データベース」を公開:貝葉写本先行公開版

2021年9月27日、SAT大蔵経テキストデータベース研究会が、「東京大学総合図書館所蔵 サンスクリット写本 データベース」を公開したと発表しました。

今回公開されたのは、東京大学総合図書館が所蔵するサンスクリット語の貝葉写本57件のデジタル画像6,342点です。発表の中で、画像はIIIFに準拠しており、メタデータはTEI(Text Encoding Initiative)ガイドラインのP5に準拠したものを作成したうえでIIIF Manifestに流し込んだと述べられています。

現在は貝葉写本のみが公開されており、今後は紙の写本の公開も進める予定とあります。

東京大学総合図書館所蔵サンスクリット写本のデジタル化公開(SAT大蔵経テキストデータベース研究会, 2021/9/27)
https://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/sanskritdb.html

フランスの高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)、データ・アルゴリズム・ソースコードの戦略に関する2021年から2024年のロードマップを発表

2021年9月24日、フランスの高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)が、データ、アルゴリズム、ソースコードの戦略に関する2021年から2024年のロードマップを発表しました。

データやアルゴリズム、ソースコードの公開・共有・活用のための4か年計画であり、「イノベーション」「信頼性」「簡素化」の3つに関する戦略と以下の5つの目標が示されています。

・データの公開・利活用サービスの推進、開発、相互化
・フランスおよび欧州の技術的な主権・独立に貢献する
・データに関する文化や使用法の発展
・データ、アルゴリズム、コードを全ての人の共通財産とする
・高等教育、研究、イノベーションのデータの国際的な可視性を向上する

韓国文化体育観光部、図書の生産・流通・販売までの標準化された情報を提供する「出版流通統合ネットワーク」の正式公開を発表

2021年9月29日、韓国文化体育観光部が、韓国出版産業振興院と共同で出版流通統合ネットワークを正式公開したと発表しています。

図書の流通において重要な情報である詳細情報(メタデータ)がこれまで標準化されておらず、出版流通システムが流通経路別に分かれていたために出版流通情報が非常に非効率な方法で共有されていたことから、政府が2018年から官民共同体「出版流通情報化委員会」を設置して開発してきたものです。

これにより、出版社が刊行した図書の標準化されたメタデータを同ネットワークに入力することで、当該情報がネットワークと連携している取次会社・書店に共有され、取次会社・書店は、より迅速・正確に刊行された図書の標準化された情報を入手することができるようになるとしています。

また、出版社は入力されたメタ―データを活用して、資料やデジタル図書案内(カタログ)を自動的に作成して、ジャーナリスト・読者・司書等に広報をすることができると説明されています。その他、年内に統合される刊行物再定価公表システムを通して図書の定価変更管理も可能なほか、2022年からは出版社・取次・書店間で図書の注文ができるオンライン受・発注サービスの提供も予定されています。

『カレントアウェアネス-E』421号を発行

『カレントアウェアネス-E』421号を発行しました。

■E2426■ 「らしくない図書館」をまじめにめざしています
富士吉田市立図書館・小佐野みはる

■E2427■ 箕面市立船場図書館の開館:指定管理者としての取り組みから
大阪大学附属図書館・野原亜希,日高正太郎

■E2428■ オンライン診療はお近くの公共図書館で(米国)
関西館図書館協力課・木下雅弘

■E2429■ 諸外国における政府情報のデジタル化の概況
調査及び立法考査局議会官庁資料課・東川梓

■E2430■ カナダの公共図書館におけるコロナ禍での取組<文献紹介>
利用者サービス部サービス企画課・芦田恵

E2426 - 「らしくない図書館」をまじめにめざしています

「図書館ってどこにあるんですか?」「昔の場所なら知っています。」(2011年にリニューアルこそしたが、昔の場所と一緒である……涙)数年前,ブックスタートでお母さんたちとお話ししている際に実際に多くあった質問。これは,大変だ!とにかく「トショカン」を知ってもらうために動かなければ!! 

E2428 - オンライン診療はお近くの公共図書館で(米国)

  コロナ禍において,国内外でオンライン診療の活用が進んでいる。自宅周辺に医療施設がない場合はとりわけ便利なサービスであるが,実際に自宅で受診するとなると,十分な設備や通信環境が整っていない,あるいは同居人がいてプライバシーを確保しづらい,という場合もあるだろう。米国の一部地域では,このような場合に「地元の公共図書館で受診する」という選択肢が生まれつつある。本稿では,参照文献にも挙げた複数メディアでの紹介記事を踏まえつつ,米・テキサス州ポッツボロ地域図書館の取組を中心に紹介する。

E2427 - 箕面市立船場図書館の開館:指定管理者としての取り組みから

   2021年5月1日,箕面市立船場図書館が開館した(ただし,新型コロナウイルス感染症感染拡大に伴う緊急事態宣言発出のため6月20日まで臨時休館した)。大学図書館機能を兼ね備えた市立図書館を国立大学法人が運営するという国内初の事例である。本稿では,開館に至る経緯や開館後の状況を報告する。