アーカイブ - 2021年 9月

9月 16日

令和3年度全国公共図書館研究集会(サービス部門 総合・経営部門)、動画配信により開催:研究主題は「デジタルアーカイブの構築と活用法」

福岡県立図書館のウェブサイト上に、令和3年度全国公共図書館研究集会(サービス部門 総合・経営部門)の開催要項が掲載されています。

今回の研究主題は「デジタルアーカイブの構築と活用法」であり、先人が残した史料を保存・公開し、現在にいかし未来へつないでいくために、図書館が構築するデジタルアーカイブはどうあるべきかがテーマとされています。主催は公益社団法人日本図書館協会公共図書館部会、福岡県教育委員会、福岡県公共図書館等協議会、福岡県図書館協会で、主管は福岡県立図書館です。

2021年11月25日から12月9日まで、YouTubeによる動画配信が行われます。参加費は無料で事前の申し込みが必要です。

内容は以下の通りです。

・情勢報告
植松貞夫氏(公益社団法人日本図書館協会理事長)

・基調講演「デジタルアーカイブと図書館サービスの新段階」
福島幸宏氏(慶應義塾大学文学部准教授)

・調査報告「新型コロナウイルス感染症の図書館対応状況について」
大谷康晴氏(青山学院大学コミュニティ人間科学部教授)

・事例発表①「とっとりデジタルコレクション」の取組み -他機関との連携による地域資料の公開-
野沢敦氏(鳥取県立図書館資料課長)

九州大学附属図書館、同館所蔵の「濱文庫」に含まれる中国芝居番付コレクションを電子化しオンライン公開

2021年9月15日、九州大学附属図書館は、同館所蔵の「濱文庫」に含まれる戯単(中国の演劇における芝居番付・プログラム)等190点を電子化し、「九大コレクション」上でオンライン公開したことを発表しました。

「濱文庫」は、同大学の故・濱一衛名誉教授が蒐集した中国戯劇関係の和漢書939点(約2500冊)からなります。今回公開された戯単コレクションでは、1934年から1939年頃の北京を中心とした、中国各地の劇場の戯単・ポスター等及び映画館の小冊子を収録しています。

資料の目次欄に演目及び主なキャストを表記することで、演目・演者等からの検索も可能とするなど、研究者の利便性向上のための工夫も図られています。

中国芝居番付コレクション 画像一挙公開(九州大学附属図書館, 2021/9/15)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/news/43184
※公開資料のリストも掲載されています。

英・Emerald社、同社のプラットフォームEmerald Insightに機関外からの簡便なアクセス認証を提供するサービス“SeamlessAccess”を導入

2021年9月14日、英・Emerald社は、同社の提供する学術文献のオンラインプラットフォームEmerald Insightに、“SeamlessAccess”を導入したと発表しました。

SeamlessAccessは、ユーザーの所属機関による既存のシングルサインオン(SSO)基盤を活用し、個人情報とプライバシーを保護しつつ、機関外からの簡便なアクセス認証を提供するサービスです。

同サービスは、過去にユーザーが機関認証を行った際に選択した機関情報を保持する仕組みとなっており、再度Emerald Insightにログインする際に機関名を検索・入力しなおす手間を省略できます。また、同サービスを導入している全ての出版社プラットフォームで機能するため、一度機関認証を受けたユーザーがサービス導入済みの別プラットフォームに移動した場合も、自動的に当該機関のメンバーとして識別されます。

英・ケンブリッジ大学図書館職員による、電子書籍に関する学生の利用状況等の調査結果が公開

2021年9月15日、英国ケンブリッジ大学図書館を拠点として同大学の学生や教職員に電子書籍提供を行うチームebooks@cambridgeのウェブサイトに、同館職員が実施した、学生の電子書籍の利用状況や電子書籍に対する意識についての調査の結果が掲載されました。

調査は、ポストコロナにおける電子書籍への支出に関する今後の判断の参考とすることを目的として行われました。学部生と講義主体の修士課程の学生を主な対象とし、2021年5月31日から7月16日にかけて実施され、751件の回答が寄せられました。

調査結果の要約には、量的調査の結果として、2020/21年度の電子書籍利用頻度について、62%が毎日または1週間に数回、17%は月に1回または全く利用しないと回答したとあります。また、大学の講義が対面式に戻った場合の電子書籍の利用について、60%は調査時点と同程度、16%は増加、24%は減少すると思うと回答したこと等が指摘されています。

軽井沢高原文庫(長野県)、立花隆氏旧蔵の立原道造関連書籍等の受贈を発表

2021年9月15日、長野県の軽井沢高原文庫が、ジャーナリスト・評論家の故・立花隆氏が所蔵していた、詩人・立原道造関連書籍等(段ボール2箱)を、立花隆事務所から受贈したと発表しています。

寄贈については、もともと立原道造記念会の会長宛にあったものの、同会長の紹介により同館に寄贈されたと説明されています。立花氏による書き込みもあるとのことです。

立花隆氏旧蔵の立原道造関連書籍等を受贈(軽井沢高原文庫,2021/9/15)
https://ameblo.jp/kogenbunko/entry-12698119928.html

参考:
【イベント】立花隆の著書に書き込みを!東京大学附属図書館が「重ね書きの本棚~東大総合図書館利用者が読む立花隆~」を実施中
Posted 2013年5月2日
https://current.ndl.go.jp/node/23443

『カレントアウェアネス-E』420号を発行

『カレントアウェアネス-E』420号を発行しました。

■E2421■ 子どもの読書活動における電子書籍活用の現状
専修大学文学部・野口武悟

■E2422■ ライセンスは誰のために:電子書籍をめぐる米国州法の動向
調査及び立法考査局国会レファレンス課・辻慎太郎

■E2423■ 図書館におけるメディアリテラシー教育のガイド(米国)
調査及び立法考査局国土交通課・落合翔

■E2424■ オープンアクセス出版状況のモニタリングに関する推奨事項
東京大学附属図書館・立原ゆり

■E2425■ 2021年IIPC総会・ウェブアーカイブ会議<報告>
関西館電子図書館課・高峯康世

E2423 - 図書館におけるメディアリテラシー教育のガイド(米国)

信頼性の欠ける「事実」に基づいたレファレンスの相談を受けたとき,あなたは図書館員として何ができるだろうか? 米国図書館協会(ALA)がウェブサイトで2020年12月に公開したガイド“Media Literacy in the Library: A Guide for Library Practitioners”は,冒頭でこう問いかける。これはあくまで仮定の状況だが,似たような場面を経験したことがある本稿読者もいらっしゃるのではないだろうか。 

E2421 - 子どもの読書活動における電子書籍活用の現状

文部科学省では,2014年度から毎年度,「子供の読書活動の推進等に関する調査研究」を実施している。2020年度の同調査(以下「2020年度調査」)では,「電子書籍や電子メディアを活用した読書活動の推進及び言語活動の充実に関する施策について,詳細な実態把握とその分析を行い,今後の子供の読書活動の推進に向けた一助とすること」を目的として,全国の都道府県と市町村の教育委員会(以下「自治体」)を対象としたアンケート(2020年11月)と,先進事例を対象としたヒアリング(2020年12月から2021年2月)を行っている。文部科学省では,2018年度にも「子供の電子メディアの利用実態を把握し,読書活動等の関係を捉えること」を目的に子どもとその保護者を対象とした調査を実施しており(E2171参照),2020年度調査はその継続研究といえる。調査にあたっては,秋田喜代美氏(東京大学教授(当時))を座長とする委員会が組織され,筆者も委員として参画する機会を得た。本稿では,2020年度調査の主な結果を概観する。

スコットランド国立図書館(NLS)、コロナ禍に関するオンライン上の誤情報(misinformation)や健康情報をウェブアーカイブするプロジェクトの実施を発表

2021年9月14日、スコットランド国立図書館(NLS)は、ウェルカムトラストからの助成を受けて、12月から同館を中心としたパートナーシップによるプロジェクト“The Archive of Tomorrow: Health Information and Misinformation in the UK Web Archive”を開始すると発表しました。期間は14か月です。

健康情報や、コロナ禍に関するオンライン上の誤情報(misinformation)・フェイクニュースを倫理的に保存し後世に伝えること、ウェブ情報の保存に関するベストプラクティスを調査すること、健康に関する研究にとってウェブアーカイブをより典型的で開放的なものとすることが目的とされており、英・ケンブリッジ大学図書館、エジンバラ大学図書館、オックスフォード大学ボドリアン図書館が参加し、英国図書館(BL)もサポートするとしています。

過去18か月分の公式・非公式の健康関連の1万件のウェブサイトを収集し、BLが運営するウェブアーカイブUK Web Archive内で“Health and misinformation collection”として公開されます。

9月 15日

国立国会図書館国際子ども図書館、公式Twitterアカウントを開設

2021年9月15日、国立国会図書館国際子ども図書館は、公式Twitterアカウントの開設を発表しました。

国際子ども図書館のサービスや活動に関する情報、「子どもと本に関するニュース」の更新に関する情報等を発信します。また、提供するサービスに不測の変更が生じた場合のお知らせも行います。

国立国会図書館国際子ども図書館公式Twitterアカウントを開設しました(国際子ども図書館, 2021/9/15)
https://www.kodomo.go.jp/news/2021-02.html

@NDLKODOMO(Twitter)
https://twitter.com/NDLKODOMO

関連:
子どもの読書に関する情報提供
https://www.kodomo.go.jp/info/index.html

【イベント】ミライon図書館(長崎県)・石狩市民図書館(北海道)連携企画「缶詰の日」講演会(10/10・大村、オンライン)

2021年10月10日、ミライon図書館(長崎県)と石狩市民図書館(北海道)の連携企画として、「缶詰の日」講演会が開催されます。

会場はミライon図書館1階多目的ホールとオンラインで、どちらも定員は30人です。参加には事前の申し込みが必要です。

当日の主な内容は以下の通りです。

・プロローグ「缶詰の歴史をしらべることになったはじまりの物語」

・第1部「あなたが知らない缶詰の歴史」
講師:工藤義衛氏(石狩市教育委員会いしかり砂丘の風資料館学芸員)

・第2部「身近な食品 缶詰、びん詰、レトルト食品を知る~その特徴と保存の仕組み~」
講師:藤崎亨氏(日本缶詰びん詰レトルト食品協会)

また、10月5日から10月17日まで、ミライon図書館で「アイデア缶詰ラベル絵アワード作品展示」が行われます。

「ブックフェスタ・ジャパン2021」が9月18日から10月24日にかけて開催:期間中には「マイクロ・ライブラリーサミット2021」も

2021年9月18日から10月24日にかけて、一般社団法人まちライブラリーが事務局を務める「ブックフェスタ・ジャパン 2021」が開催されます。

日本各地の私設図書館・公共図書館・書店・本に関する活動をしている個人と連携し、本を通じて人をつなぐイベントであり、期間中には様々なリアルイベント・オンラインイベント等が開催されます。

10月24日開催の「マイクロ・ライブラリーサミット2021」では、「はじめたばかりのライブラリー」「まち・ひとに寄り添うライブラリー」「地域とライブラリー」「研究発表」のテーマの下、10団体による発表が行われます。事前の申し込みが必要であり、会場参加(定員10人・先着順)とオンライン参加(定員制限なし)の2通りの参加方法があります。

ブックフェスタ・ジャパン 2021
https://bookfesta.machi-library.org/

米国情報標準化機構(NISO)、電子リソースのパッケージの識別子に関するプロジェクトを開始

2021年9月14日、米国情報標準化機構(NISO)が、電子リソースのパッケージの識別子に関するプロジェクトを開始し、ワーキンググループ“NISO Unique Electronic Resource Package Identifiers Working Group”を設置すると発表しました。

発表の中で、電子リソースはパッケージで購入されることが多いものの、パッケージは曖昧な性質を持つ名称によりサプライチェーン上で識別されていると指摘しています。

同ワーキンググループは、サプライチェーン全体で使用できるパッケージの識別子の評価と推奨事項の作成に取り組み、初期の調査や具体的な推奨事項の作成、コミュニティ・エンゲージメント計画の策定と実施を行う予定と述べられています。

New NISO Project—Package Identifiers(NISO, 2021/9/14)
http://www.niso.org/press-releases/2021/09/new-niso-project-package-identifiers

スイスで「COVID証明書」の提示を求める施設等の範囲が拡大:図書館も対象に

2021年9月8日、スイス連邦参事会(Federal Council)が、9月13日から「COVID証明書(COVID certificate)」の提示が必要な施設等の範囲を拡大すると発表しました。実施期間は2022年1月24日までです。

「COVID証明書」はワクチン接種済みであることや、新型コロナウイルス感染症からの回復、検査の陰性を証明するものです。今回の範囲拡大により、博物館・図書館を含む文化娯楽施設等が追加されました。

なお、提示義務に従わない場合、利用者・来場者には100スイス・フランの罰金が科される可能性があり、施設やイベント主催者は罰金または閉鎖となる可能性があると述べられています。

「地域資料の教材化 第1回ワークショップ」の成果物(教材)が公開される

2021年9月14日、TRC-ADEAC株式会社主催で7月24日に開催された「地域資料の教材化 第1回ワークショップ」、および、その後の「モクモク会」(有志での教材化の続きをまったり議論しながらやりましょう会)の成果として、9つの成果物(教材)が、特設サイト・教材アーカイブで公開されました。

ワークショップには、北海道から沖縄までの31の都道府県からの、小学校・中学校・高校の教員、教育委員会、大学生・大学院生、大学・研究機関研究者、図書館・博物館・企業・NPOなどから申し込みがあり、当日参加者は約80人であったと報告されています。

お知らせ(TRC)
https://www.trc.co.jp/information.html
※「2021年09月14日 お知らせ TRC-ADEACにて第1回 教材化ワークショップの成果物を特設サイト・教材アーカイブにて公開いたしました」とあります。

墨田区(東京都)、災害対応リヤカー型移動図書館「北斎丸」のPR活動を実施したと発表

東京都の墨田区が、災害時にも活躍できるリヤカー型の移動図書館「北斎丸」のPR活動を、アルカキット錦糸町で2021年9月1日から9月26まで開催されている「地元すみだを通して防災を知ろう!!」で実施したと発表しています。「北斎丸」は、「すみだの力応援助成金」からの助成をうけて、すみだ新製品開発プロジェクトが製作したものです。

本の貸し出しのほか、紙芝居や読み聞かせもできるようになっていることから交流の場を設けることができるほか、ソーラーパネル・蓄電池・USB充電器・夜間照明・携帯トイレ・殺菌装置等も備わっており、災害時の対応も可能と紹介されています。

災害時でも活躍できる移動式の図書館!?(墨田区,2021/9/13)
https://www.city.sumida.lg.jp/kuseijoho/kouhoukatudou/kodomo-pr-taisi/katsudoukiroku/2021/hokusaimaru.html

ページ