アーカイブ - 2021年 8月 4日

国立民族学博物館、「時代玩具コレクションデータベース」を公開

2021年8月4日、国立民族学博物館が、「時代玩具コレクションデータベース」を公開しました。2013年3月に同館に寄贈された大阪府指定有形民俗文化財「玩具及び関連世相資料」(通称「時代玩具コレクション」)のデータベースです。

同コレクションは、1975年頃から、収集家が北海道から鹿児島県種子島まで古物市や旧家を訪ねて集めた玩具資料で、江戸時代から明治・大正・昭和・平成初期の時代にわたる玩具コレクションで、玩具と時代背景を考証するための新聞・号外・雑誌・書籍・古文書などの文献史料が充実していると説明されています。

国立民族学博物館 新着情報
https://www.minpaku.ac.jp/
※2021.08.04欄に「「時代玩具コレクションデータベース」を公開しました」とあります。

時代玩具コレクションデータベース
https://ifm.minpaku.ac.jp/toycollection/

置戸町立図書館(北海道)、「本とランチのテイクアウト」を実施:新型コロナウイルス感染症対策としての滞在時間短縮と町内飲食店の応援のため

北海道の置戸町立図書館が、「本とランチのテイクアウト」を実施しています。

7月から10月までの土曜日に、同館の本と置戸町内の飲食店の弁当をセットで楽しむことができる企画であり、第1回は7月31日に行われました。7月31日、8月7日、8月21日、8月28日は、「旅」や「夏」がテーマの本のセットが用意され、弁当の名前もテーマにちなんだものになっています。

発表によると、新型コロナウイルス感染症対策として、図書館内の滞在時間を短くすることと、置戸町内飲食店を応援することを目的とした取組であり、事前の申し込みが必要です。

米国図書館協会(ALA)、議員を対象とした図書館ツアーの実施手順等をまとめた資料を公開

2021年7月29日、米国図書館協会(ALA)の公共政策とアドヴォカシー事務局(Public Policy and Advocacy Office)が、議員を対象とした対面の図書館ツアーの実施手順等をまとめた資料“How to Conduct an In-Person Library Tour”を公開したと発表しました。

資料には、必要な手順、図書館ツアーの日程調整、内容を決める際に検討するべきこと等がまとめられています。発表の中で、ALAは、議会休会期間である8月にあらゆる種類の図書館でツアーを実施すること、事例・写真・映像等を公共政策とアドヴォカシー事務局と共有することを推奨しています。

宮城県図書館、東日本大震災文庫ミニ展示「宮城(ふるさと)の再生 ―“水”編―」を実施

宮城県図書館が、2021年8月4日から9月30日まで、同館3階の東日本大震災文庫にて、東日本大震災文庫ミニ展示「宮城(ふるさと)の再生 ―“水”編――」を実施しています。

同館の東日本大震災文庫に含まれる宮城県の震災からの復興の様子が記載された資料の中から、河川・海岸・水道施設など “水” に関した内容のものを集めたものです。

東日本大震災文庫ミニ展示「宮城(ふるさと)の再生 ―“水”編―」(宮城県図書館)
https://www.library.pref.miyagi.jp/latest/events/exhibition/1772-2021-07-15-06-33-44.html

米・カリフォルニア大学バークレー校図書館、テキスト・データ・マイニングのための法的リテラシーに関するオープン教育資源を公開

2021年7月26日、米国のカリフォルニア大学バークレー校図書館が、テキスト・データ・マイニング(TDM)のための法的リテラシーを育成するためのオープン教育資源(OER)の公開を発表しました。

2020年6月に同校に設置された、Building Legal Literacies for Text Data Mining(Building LLTDM)の取組の成果を、より広く届けるためのものです。Building LLTDMは、TDMに関係する法律・政策・倫理・リスクについて、確信をもって対応できるようにすることを目的として、2020年6月23日から6月26日まで、32人のデジタル人文学の研究者や専門家を対象とした研修を行っていました。

OERには、国内外の著作権法、技術的保護手段、ライセンス、プライバシー、倫理的配慮事項の他、Building LLTDMの組織構築や取組について、同テーマに関する短時間での研修例等がまとめられています。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0のもと、PDFやEPUB等の形式で提供されています。

併せて、Building LLTDMのプロジェクトや今後の展望等をまとめたホワイトペーパーも公開されています。

香南市野市図書館(高知県)、「静寂読書室」をオープン

2021年8月3日、高知県香南市は、香南市野市図書館に「静寂読書室」をオープンしたと発表しています。

周りの騒音に邪魔されず、ゆっくり静かに読書を楽しむための部屋で、パソコン・勉強・食事などでの利用は不可となっています。

静寂読書室がオープンしました!(香南市,2021/8/3)
https://www.city.kochi-konan.lg.jp/life/dtl.php?hdnKey=8141

参考:
香南市野市図書館(高知県)、図書館での結婚式を希望するカップル1組を募集中:30周年記念イベント
Posted 2018年11月22日
https://current.ndl.go.jp/node/37093

橿原市立図書館(奈良県)、市内の小学生以下の子どもがいる世帯を対象に貸切利用サービスを実施

奈良県の橿原市立図書館が、2021年7月14日に、市内の小学生以下の子どもがいる世帯を対象に貸切利用サービスを開始すると発表していました。

コロナ禍で外出しづらい環境のなか、市内で子育てをしている家庭を対象に、図書館に行きやすくするためのサービスを行うものです。

実施期間は7月22日から8月31日までの、日曜・祝日の午前(2回)と午後(3回)、火曜日から土曜日の午後(3回)で、各回1世帯1時間以内の貸切利用です。利用には前日までの事前予約が必要です。

地元紙が報じるところによると休館時間に実施しているとのことです。

図書館貸切~親子でゆっくり本を探そう~(橿原市立図書館,2021/7/14)
https://www.city.kashihara.nara.jp/article?id=60ea8aa365909e575676914a