アーカイブ - 2021年 8月

8月 31日

米・エイブラハム・リンカーン大統領図書館・博物館、イリノイ州立図書館からの助成をうけ、ポスター・写真・広告ビラ等をデジタル化するPicturing Lincolnプロジェクトを開始

2021年8月25日、米国のエイブラハム・リンカーン大統領図書館・博物館が、Picturing Lincolnプロジェクトの開始を発表しています。同大統領関係文書の注釈付きでデジタル化するプロジェクトを補完するものとして位置づけられています。

イリノイ州立図書館からの10万ドルの助成を受けて実施されるもので、ポスター・写真・広告ビラ等7,896点の資料をデジタル化し、州立図書館が運営するIllinois Digital Archivesを通じて公開します。

ブロードサイドと呼ばれる一枚もののビラやポスターから作業を開始するとし、リンカーン大統領の写真アルバムや、一般公開された遺体の現存する唯一の写真などもデジタル化される計画です。撮影作業は2022年初頭から開始予定で、画像は600dpiの解像度で公開されます。

また、同館ではデジタル化画像を用いて、授業計画やティーチングガイドといった教育用の資料も作成するとしています。

福岡県立図書館、図書館・学校向けのゲーム貸出を開始:同館作成のスタートガイド付き

2021年8月30日、福岡県立図書館は、同県内図書館や学校等の施設を対象に、同館が所有するボードゲーム等の貸出を開始すると発表しました。

貸出用のゲームは10点あり(8月31日時点)、1施設につき一度に3点以内を1か月貸出すとしています。各ゲームともに、同館作成のスタートガイドが付いていると述べられています。

図書館・学校等向けゲーム貸出をはじめます(福岡県立図書館, 2021/8/30)
https://www2.lib.pref.fukuoka.jp/index.php?key=bbc1i3ndh-1912#_1912

図書館・学校等向けゲーム貸出(福岡県立図書館)
https://www2.lib.pref.fukuoka.jp/index.php?page_id=1024

高松市、「高松市視覚障がい者等の読書環境の整備の推進に関する計画(高松市読書バリアフリー計画)(案)」へのパブリックコメントを実施中

2021年8月30日から9月30日まで、香川県の高松市が、「高松市視覚障がい者等の読書環境の整備の推進に関する計画(高松市読書バリアフリー計画)(案)」へのパブリックコメントを実施しています。

「視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する法律(読書バリアフリー法)」の規定に基づき、基本的な施策の方向性を示し、取組を推進するための指針として策定されています。視覚障害等の有無によらず、すべての市民が等しく読書を通じて文字・活字文化を享受できる読書環境の整備を目的としており、計画期間は2021年度から2025年度です。

高松市視覚障がい者等の読書環境の整備の推進に関する計画(高松市読書バリアフリー計画)(案)についてのパブリックコメントの実施について(高松市, 2021/8/30)
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kosodate/toshokan/bariafuri-.html

記録資料記述における差別表現等の検査(記事紹介)

2021年8月26日、米国のデューク大学図書館のブログに、同大学3年生のMiriam Shams-Rainey氏による、記録資料記述における不適切な言葉の検査に関するプロジェクトについての記事が掲載されました。

Miriam氏は、同大学のDavid M. Rubenstein Rare Book & Manuscript Libraryのコレクションの記述の中に、人種差別・性差別・同性愛嫌悪・植民地主義的な表現等、時代遅れ・不適切な言葉がないか検査するツールの開発に協力しました。

同ツールでは、検査を行いたい単語のリスト(CSV形式)を基に、Encoded Archival Description(EAD)やMARCXML形式の記録資料記述の中に一致する文言がないか検査し、ユーザが手動で分析や対応の検討を行うためのレポートが作成されます。記事の中では、レポートを踏まえて、言葉を用いている主体、文脈、当該の言葉の影響という観点で、対応を検討することが提案されています。

作成されたツールや単語のリスト等は、同館のGitHub上で公開されています。

国際公文書館会議(ICA)、『ビジネスアーカイブズ国際比較』第3版を公開

2021年8月30日、国際公文書館会議(ICA)のビジネス・アーカイブズ部会(SBA)が、『ビジネスアーカイブズ国際比較(Business Archives in International Comparison)』第3版を公開しました。世界中で行われている歴史的なビジネス記録の保存・管理などに関する手法が国によって非常に異なっていることへの認識を高めるために2004年に初版が公開されました。

企業やビジネスに携わる人の記録はその国の経済・社会・政治の歴史に関する重要な情報を提供するものの、数十年前までは、企業や国のアーカイブネットワークからは軽視されがちでしたが、第3版では、ビジネスアーカイブズの重要性へ理解が高まっていること、多くの国において、企業・国・地域・自治体のアーカイブズ・博物館・大学等により、そのようなアーカイブズを存続させるだけでなく、より大切に扱われ活用されるための努力が行われていることが示されているとしています。

韓国国立中央図書館(NLK)、ISSUE PAPER『ニューメディア時代の視聴覚資料デジタル保存戦略』を発刊

2021年8月30日、韓国国立中央図書館(NLK)が、ISSUE PAPERの第5号として『ニューメディア時代の視聴覚資料デジタル保存戦略(뉴미디어 시대의 시청각 자료 디지털 보존 전략)』を発刊しました。急速に変化するデジタル環境下において、視聴覚資料の長期保存方法とその方向性について調べることを目的としたものです。

同館では、1950年代のLPからデジタルファイルまでの約84万点の視聴覚資料を所蔵していますが、再生機器の製造中止や媒体の物理的劣化により、資料が事実上消失する危機に直面していることから、多様な視聴覚資料の長期保存と将来的な活用のため、継続的にデジタル化変換作業を行っています。

現在、デジタル化視聴覚資料の技術メタデータの自動抽出の実証研究を行って、これを業務プロセスに適用する方法を研究しており、今回のISSUE PAPERでは、視聴覚資料のデジタル化と技術メタデータの自動抽出過程を紹介するとともに、視聴覚資料のデジタル化過程の詳細や考慮すべき点についても提示しています。また、デジタル化された視聴覚資料の技術メタデータを自動的に抽出し、これをコンテンツのファイルと一緒に保存する長期保存戦略も説明されています。

英・Tate、VR技術を用いた芸術作品の保存に関する報告書“Preserving Virtual Reality Artworks”を公開

英・デジタル保存連合(DPC)のウェブサイトに掲載された2021年8月27日付け記事において、英国の国立美術館ネットワークTateによる、VR技術を用いた芸術作品の保存に関する報告書“Preserving Virtual Reality Artworks”の公開が発表されています。

Tateが2018年9月から実施している研究プロジェクト「没入型メディアの保存」(Preserving Immersive Media)の成果であり、同プロジェクト初の報告書です。

本報告書は、VR技術を用いた芸術作品の保存に関心を有する人々、特にタイムベースト・メディア(time-based media)の保存担当者に対し、作品入手時に受け取る可能性のある構成要素、その特性と依存関係、長期保存の観点から見た脆弱性について伝えることを目的としています。また、これらの作品の管理に取り組んでいるアーティストや機関、そして保存に関する今後の研究に向けた推奨事項も記載されています。

報告書の主な章立ては次のとおりです。

1.イントロダクション
2.VRシステム
3.リアルタイム3DVR
4.360度映像
5.既存の保存戦略の適合性
6.サマリ及び推奨事項

arXiv、sciteの「スマート引用」機能をarXivLabsに追加:当該論文が他の出版物でどう引用されているかを表示する機能

プレプリントサーバーarXivは、2021年8月26日付けのブログ記事において、引用分析プラットフォームsciteの「スマート引用」機能をarXivLabsに追加したことを発表しました。

「スマート引用」とは、論文の被引用回数だけでなく、他の出版物での引用におけるコンテキストや、引用された主張を支持しているかまたは異議をとなえているかの分類等の情報を提供することにより、どのように引用されているかを示す機能です。

arXiv内の論文ページ下部に表示されるarXivLabsの“Bibliographic Tools”タブ内にあるスイッチ“scite Smart Citations”を有効化すると、当該論文の被引用情報を表示できるsciteのページへのリンクが表示されます。

Digital Science社、生命科学・化学研究に特化したプラットフォーム“Dimensions L&C”の立ち上げを発表

2021年8月19日、Digital Science社は、生命科学・化学研究に特化したプラットフォーム“Dimensions Life Sciences & Chemistry”(Dimensions L&C)の立ち上げを発表しました。

同プラットフォームでは1億2,000万件以上の科学出版物、数百万件の特許、助成金情報、臨床試験文書(clinical trial documents)を分析対象としており、利用者は小分子、化学反応、遺伝子配列の検索、バイオマーカーの検証、疾患メカニズムの理解、創薬ターゲットの特定を行うことができます。

発表によれば、最新のセマンティックテキスト分析ツールとオントロジーを適用することにより、ディスカバリー機能の強化が図られています。なお、オントロジーはドイツを拠点とする生命科学関連企業OntoChemが構築したものを使用しています。

8月 30日

人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)、AIくずし字認識アプリ「みを(miwo)」を公開

2021年8月30日、人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)が、AIくずし字認識アプリ「みを(miwo)」を公開しました。

カメラで資料を撮影し、ボタンを押すことで、人工知能(AI)がくずし字を現代の文字に変換するアプリです。CODHが開発した画像に含まれるくずし字を現代の文字に変換する(翻刻する)機能を備えたAIくずし字認識技術を誰でも気軽に使えることを目指して作成されました。『源氏物語』第14帖「みをつくし」にちなんだ名前で、Android版とiOS版があります。

AIくずし字認識については、CODHが開発したくずし字認識モデルKuroNet、および、Kaggleくずし字認識コンペで1位となったtascj氏が開発したくずし字認識モデルが用いられており、AIモデルの学習には国文学研究資料館が作成しCODHが公開する日本古典籍くずし字データセットを活用しています。

ニュース(CODH)
http://codh.rois.ac.jp/news/
※「2021-08-30 みを(miwo) - AIくずし字認識アプリを公開しました。ア」とあります。

ORCID, Inc.、一般公開ページのユーザーインタフェイスの更新を発表

2021年8月24日、ORCID, Inc.が、一般公開ページのユーザーインタフェイスの更新を発表しています。

ウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG)2.1のAAレベルを満たすようにしたこと、名前のセクションにおいて主に通用している名前を見やすく表示させたこと、ORCID iDを目立つようにしたこと、全ての個人情報をサイドバーにまとめたこと、公開されてるメールアドレスを目立たせたこと等が説明されています。

また、モバイルフレンドリーに改善するための初期的な改善を行っており今後もさらなる改善が計画されていることや、個人用ページの更新が予定されていることも紹介されています。

Check out the new user interface for the ORCID record!(ORCID,2021/8/24)
https://info.orcid.org/the-new-interface-for-the-orcid-record/

ISSN国際センター、ISSNペルーセンターの開設を発表:ペルー国立図書館が運営

2021年8月24、ISSN国際センターがISSNペルーセンターの開設を発表しています。

93番目のナショナルセンターで、ペルー国立図書館が運営します。

Peru joins the ISSN Network (August 2021)(ISSN国際センター,2021/8/24)
https://www.issn.org/peru-joins-the-issn-network-august-2021/
https://www.issn.org/wp-content/uploads/2021/08/Press-Release-PERU_FINAL.pdf
※二つ目のリンクがプレスリリース本文です[PDF:2ページ]

立正大学図書館、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため開始した古書資料館の蔵書を用いた変体仮名の読解に関する通信講座を今年度も開講

2021年8月20日、立正大学図書館が、古書資料館の蔵書を用いた変体仮名の読解に関する通信講座の受講生の募集をしています。

同講座は、従来は体面・集合型で行われていましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、2020年度に初めて通信講座として行われました。

2021年度は、初級者コース「はじめての変体仮名」(定員40人)、中・上級者コース「物語『大織冠』で学ぶ変体仮名」(定員20人)の2コースが用意されています。

受講には事前の申し込みが必要で、抽選で受講者が決定されます。当選した受講者には資料が送付され、受講者が課題を郵送で提出すると、古書資料館の専門員が添削して返送します。2回分の課題を提出した人には修了証が発行されます。受講料は無料ですが、課題提出時の送料のみ受講者負担です。

立正大学古書資料館通信講座 受講生募集のお知らせ(立正大学図書館, 2021/8/20)
https://www.ris.ac.jp/library/news/kosho_20210820.html

立正大学図書館、「古書資料館バーチャルツアー」をリニューアル公開

2021年7月28日、立正大学図書館が、4月に公開した「古書資料館バーチャルツアー」をリニューアルしました。

主に画面内に表示されるアイコンをクリックすることで、書架の拡大画像およびタイトルを一覧(同学OPACへのリンクを含む)できる機能や、古書資料館の紹介動画やギャラリーなどを閲覧することができる機能が追加されています。

古書資料館バーチャルツアーリニューアルのお知らせ(立正大学図書館, 2021/7/28)
https://www.ris.ac.jp/library/news/cb6q79000000dner.html

古書資料館紹介(立正大学図書館)
https://www.ris.ac.jp/library/kosho/introduction.html
※バーチャルツアー

総務省情報通信政策研究所、「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」を公表

2021年8月25日、総務省情報通信政策研究所が、「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」を公表しました。

インターネット、ソーシャルメディア等のインターネット上のメディア、テレビ、ラジオ等の情報通信メディアについて、利用時間の長さ・時間帯、利用率、信頼度等を継続的に把握し、新聞、雑誌等の情報通信メディア以外のメディアを含め、メディア間の関係や利用実態の変化等を明らかにすることを目的として、総務省情報通信政策研究所が、東京女子大学現代教養学部 橋元良明教授ほかとの共同研究により、2012年から毎年実施している調査で、今回で9回目です。

「情報源としての重要度」は10代から30代では「インターネット」、40代から60代では「テレビ」が最も高いことや、「メディアとしての信頼度」は30代から60代では「新聞」が最も高く、10代では「テレビ」の信頼度が「新聞」よりも高いことなどが指摘されています。

枚方市(大阪府)、9月15日からオンラインで完結する図書館利用者登録「スマート登録」を開始:スマートフォン版ウェブページに表示されるバーコードによる「スマート貸出」等が可能に

2021年8月26日、大阪府の枚方市が、オンライン図書館利用者登録「スマート登録」を、9月15日から開始すると発表しました。

発表によると、「スマート登録」により、登録から電子図書館の利用まで、来館することなくオンラインで行えます。申請は専用のフォームから行い、手続きには、本人確認書類や市内在学・在勤証明書類(市外在住者のみ)を撮影した写真データが必要です。

登録完了後は、紙の貸出カードは発行されず、「ひらかた電子図書館」や、スマートフォン版「枚方市立図書館OPAC」の「利用照会」ページで表示されるバーコードでの貸出手続き「スマート貸出」、資料のインターネット予約が可能になると述べられています。

スマート登録(オンライン図書館利用者登録)のご案内(枚方市, 2021/8/26)
https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000036091.html

オーストラリア図書館協会(ALIA)、アフガニスタンの状況に関し声明を発表

2021年8月25日、オーストラリア図書館協会(ALIA)、アフガニスタンの状況に関し声明を発表しました。

アフガニスタンの全ての人々、特に女性や子どもにとって可能な限り最良の結果となること、国際連合の持続可能な開発目標(SDGs)に掲げられているジェンダー平等、教育の質、健康、幸福度(wellbeing)を権力者が尊重することを望んでいると述べています。

また、図書館は、それぞれのコミュニティに属するアフガニスタンの人々を可能な限りサポートし、新たな移民としてオーストラリアに来る人々を歓迎するとあります。

Latest News(ALIA)
https://www.alia.org.au/Web/About/News/Web/News/Latest-News.aspx
※2021年8月25日付で、“ALIA statement on Afghanistan”が掲載されています。

米・フロリダ大学図書館、フロリダ州の歴史的新聞20万ページをデジタル化しオンラインアクセス可能に

2021年8月24日、米国のフロリダ大学の図書館George A. Smathers Librariesが、フロリダ州の歴史的新聞20万ページをデジタル化し、同大学の新聞のデジタルアーカイブであるFlorida Digital Newspaper Library(FDNL)で公開したと発表しました。

プロジェクトは、フロリダ州立図書館・文書館から、図書館サービスおよび技術法の助成金の内5万3,040米ドルの資金提供を受けて実施されました。デジタル化には、同大学によりマイクロフィルム化された新聞が利用されました。

また、取組の一環として行われた、図書館員向けにプロジェクトやFDNLを説明するオンライン研修の録画が、あわせて公開されています。

本の特徴を把握するためのオープンな基準・データ・サービスを作る“Open Book Genome Project”(記事紹介)

2021年8月24日、Internet Archive(IA)の運営する電子書籍提供サイト“Open Library”に、“Open Book Genome Project”(OBGP)についての記事が掲載されました。

2003年から、本の内容の構成要素を分析するプロジェクト“Book Genome Project”が実施されていました。OBGPの使命として、本の特徴の全体的な把握を可能とするオープンな基準・データ・サービスを生み出す、オープンかつコミュニティに支援された“Book Genome Project”を作ることが掲げられています。

記事の中では、本の推薦、類似点・相違点に基づく本の比較、より正確な要約の作成等のため、一般の人々にとって、本に関するデータをより利用・アクセスしやすいものとすることを目指すと述べています。また、数百万のIAの書籍を読み取り重要な点を抽出するボット“OBGP Sequencer”や、クラウドソーシング型の本レビューのタグ付けシステム“Community Reviews”のアプローチを活用するとあります。

8月 27日

【イベント】大学図書館研究会第52回全国大会(9/18-20・オンライン)

2020年9月18日から20日にかけて、大学図書館研究会の第52回全国大会がオンラインで開催されます。

9月18日には研究発表や会員総会等、9月19日には8つの課題別分科会、9月20日にはシンポジウム「アフターコロナの大学図書館」が開催されます。

参加を希望する場合は事前の申込が必要であり、参加費は会員無料、非会員3,000円です。

大学図書館研究会第52回全国大会(オンライン)
https://www.daitoken.com/research/annual_conference/2021/

参考:
【イベント】大学図書館問題研究会第51回全国大会(10/10、11・オンライン)
Posted 2020年9月8日
https://current.ndl.go.jp/node/41952

ページ