アーカイブ - 2021年 7月 6日

日付

株式会社キャリアパワー、「読書習慣と図書館利用アンケート集計結果」を公開

2021年7月1日、株式会社キャリアパワーが、「読書習慣と図書館利用アンケート集計結果」を公開しました。

同アンケートは2021年5月12日から5月26日にかけてウェブアンケート形式で実施され、1,594人(男性6%、女性94%)から回答が得られたとあります。読書習慣、図書館利用、電子書籍利用について、結果がまとめられています。

読書習慣と図書館利用アンケート集計結果(株式会社キャリアパワー, 2021/7/1)
https://www.careerpower.co.jp/research/

読書習慣と図書館利用アンケート集計結果[PDF:8ページ]
https://www.careerpower.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/research2107.pdf

英国国立・大学図書館協会(SCONUL)、大学図書館への来館を促す要因に関するレポート“Drivers for the Usage of SCONUL Member Libraries”を公開

2021年7月2日、英国国立・大学図書館協会(SCONUL)が、大学図書館への来館を促す要因に関するレポート“Drivers for the Usage of SCONUL Member Libraries”の公開を発表しました。

発表では、多くの資料がデジタルでアクセス可能にも関わらず、SCONUL館員館における図書館空間の利用は増加していることが指摘されています。同レポートでは、この点に関して、以下をはじめとした内容に焦点を当てて調査や分析等が行われています。

・大学のキャンパスのデザイン、利用の変化の文脈における図書館スペースの変化
・学生の身体や教育、情報技術とデジタルをはじめとした、学術図書館の利用に変化をもたらす要素
・図書館のスペースの利用傾向に関する、公開されている研究成果
・SCONULの館員館から提供された、公開されていない情報が明らかにするもの
・新型コロナウイルス感染症感染拡大を含む、将来の図書館利用を形作る要素

レポートの結論部分では、生徒中心型の教育により学部の建物に滞在する必要性が下がったことや、コンピュータやプリンターといった機器の利用をはじめとした、大学図書館を訪れる学生が増えた理由12点や、今後の研究の方向性等がまとめられています。

World Design Organization、デザインに関する図書館“World Design Library”の設立のためイタリア・トリノ市とトリノ工科大学と連携

2021年6月29日、工業デザイン(industrial design)に関する取組を行う国際NGO組織World Design Organizationが、イタリアのトリノ市とトリノ工科大学(Politecnico di Torino)と連携し、デザインに関する図書館“World Design Library”を設立することを発表しました。

2026年にトリノの展示施設“Torino Esposizioni”に開設予定であり、デザインや環境持続可能性に関する分野の調査・研究のための参考資料、デザインに関する出版物や作品のコレクションとなることが目的とされています。

発表の中で、World Design Organizationは、世界各国の他の都市にも同様の図書館のネットワークを構築し、国際的なデザインコミュニティへさらに貢献することを長期的な目標としていると述べられています。

データ作成者とデータ利用者を「感謝のネットワーク」でつなぐ“Mahalo Button”が公開

2021年7月1日、データ作成者とデータ利用者を「感謝のネットワーク」でつなぐ“Mahalo Button”の公開が発表されました。

“Mahalo”はハワイ語で「感謝」を意味し、賞賛、尊重、敬意等の広いニュアンスを持つ言葉です。データ引用の仕組みを通してデータ作成者の貢献を正当に評価するという、オープンサイエンスにおける一つの課題の解決策として、データ統合・解析システム(Data Integration and Analysis System:DIAS)プロジェクトの支援を受けて開発されました。

データ作成者が“Mahalo Button”を作成しウェブページのHTMLにスニペットを貼り付け、データ利用者は“Mahalo Button”をクリックし、データセットに基づく成果に関するDOIと「感謝メッセージ」を登録し、潜在的データ利用者はデータセットに基づく成果の一覧を見ることができると述べられています。

国立情報学研究所(NII)、CiNii ArticlesをCiNii Researchに統合すると発表

2021年7月6日、国立情報学研究所(NII)が、CiNii ArticlesをCiNii Researchへ統合し、論文検索はCiNii Researchに一本化すると発表しました。

統合に関するスケジュール等の詳細については改めてお知らせするとしています。

CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について(NII 学術コンテンツサービスサポート(CiNii),2021/7/6)
https://support.nii.ac.jp/ja/news/cinii/20210706

CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について(NII 学術コンテンツサービスサポート(CiNii Research),2021/7/6)
https://support.nii.ac.jp/ja/news/cir/20210706

【イベント】第7回熊本被災史料レスキューネットワーク講演会 「球磨川水害による被災文化財ー現状と課題ー」(7/31・オンライン)

2021年7月31日、熊本被災史料レスキューネットワーク・熊本県立美術館・熊本史学会主催の第7回熊本被災史料レスキューネットワーク講演会 「球磨川水害による被災文化財ー現状と課題ー」がオンラインで開催されます。

令和2年7月豪雨から1年間の資料レスキュー活動や被災文化財の現況などを伝えることで、今一度、被災地と文化財について考える機会となることを意図して開催されます。

参加費は無料ですが、事前の申込みが必要です。

内容は以下の通りです。

・報告
川路祥隆氏(熊本県文化課)
令和2年7月豪雨による熊本県の文化財被災と文化財レスキュー事業―球磨川流域の活動を事例に―

有木芳隆氏・萬納恵介氏(熊本県立美術館)
球磨川流域の仏神像の被災について 

・総合討論

米・ニューヨーク公共図書館(NYPL)、1,250万ドルの助成を受け、デジタル形式の学術文献へのアクセス改善に取り組むと発表

2021年6月17日、米・ニューヨーク公共図書館(NYPL)が、Arcadia基金からの1,250万ドルの助成を受けたと発表しています。

当該助成は、オンラインプラットフォームを通じて、利用者がほぼすべての書籍をデジタル形式で利用できるようにするための図書館の取組(技術・アクセシビリティの改善・ポリシーの策定・協定の締結)を支援するもので、NYPLでは2013年以来、同基金から1,900万ドルの助成を受けています。

今回の助成は、幅広く利用可能なデジタル化された研究書のカタログを作成するというNYPLの近年の業務に基づくもので、知識と情報への自由で公平なアクセスを提供するという同館の目標を強化することになるとしています。

また、同館では、コロナ禍で休館した際に、Arcadia基金からの助成を得て、複数のコレクション内のデジタル化資料を一括して利用できるDigital Research Books(BETA)を公開し、多くの学術文献が利用できるようになったものの、さらなる検討・解決策・支援が必要な、異なる版や形式の活用に関する課題があることがわかったことから、今回の助成を活用し、このような問題にも取組としています。

オランダ王立図書館(KB)、同館のデジタルリポジトリe-Depotが、データリポジトリの信頼性認証機関CoreTrustSealの認証を取得したと発表

2021年7月5日、オランダ王立図書館(KB)が、同館のデジタルリポジトリe-Depotが、データリポジトリの信頼性認証機関CoreTrustSealの認証を取得したと発表しています。

2018年に申請し、2021年6月18日に承認されたとしており、CoreTrustSealからの16の認証要件への証拠として提出された全ての文書も同館ウェブページ“Certification of our digital repository”で公開されています。

News(KB)  
https://www.kb.nl/en/news
※「National library of the Netherlands receives CoreTrustSeal for its e-Depot  5 July, 2021」とあります。

独立行政法人国立文化財機構文化財防災センター、2021年7月1日からの大雨に伴う文化財の被害状況に関する情報提供を呼びかけ

2021年7月5日、独立行政法人国立文化財機構文化財防災センターが、2021年7月1日からの大雨に伴う文化財の被害状況に関する情報提供を呼びかけています。

関係機関と連携をとり対処法を検討するとしています。

梅雨前線に伴う大雨に係る文化財の被害状況について(国立文化財機構文化財防災センター,2021/7/5)
https://ch-drm.nich.go.jp/facility/2021/07/post-24.html

参考:
独立行政法人国立文化財機構、文化財防災センターを設置
Posted 2020年10月2日
https://current.ndl.go.jp/node/42149

大学ICT推進協議会(AXIES)、「大学における研究データポリシー策定のためのガイドライン」を公表

2021年7月1日、大学ICT推進協議会(AXIES)の研究データマネジメント部会が「大学における研究データポリシー策定のためのガイドライン」を公表しています。

大学ICT推進協議会(AXIES) NEWS
https://axies.jp/
※2021/07/01欄に「「大学における研究データポリシー策定のためのガイドライン」を公開しました。」とあります。

「大学における研究データポリシー策定のためのガイドライン」を公開しました。(AXIES)
https://rdm.axies.jp/news/79/

大学における研究データポリシー策定のためのガイドライン
https://rdm.axies.jp/sig/70/