アーカイブ - 2021年 5月 31日

日付

国立国会図書館(NDL)、JAPAN/MARCフォーマットマニュアル(2021年1月)を公開

2021年5月31日、国立国会図書館(NDL)は、2021年1月からの『日本目録規則2018年版』適用開始に伴い、内容を一部変更したJAPAN/MARCフォーマットのマニュアルおよび仕様をウェブサイトに掲載しました。

JAPAN/MARCマニュアル・フォーマット(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/data/catstandards/jm/index.html
※2021年5月31日時点で、「JAPAN/MARC MARC21マニュアル・フォーマット」の箇所に「2021年5月31日更新」とあります。

JAPAN/MARC MARC21フォーマットマニュアル(2021年1月) 単行・逐次刊行物資料編(PDF)
https://www.ndl.go.jp/jp/data/JAPANMARC_MARC21manual_MS_202101.pdf

綾川町立図書館(香川県)、「休館日にサーカスの精が図書館に忍び込んだ」をテーマに映像を撮影

2021年5月28日、「休館日にサーカスの精が図書館に忍び込んだ」をテーマに、香川県の綾川町立図書館で実施された映像の撮影に関する記事が、図書館流通センター(TRC)のウェブサイトで公開されました。

同館は、高松市を拠点とする現代サーカス専門プロデュース団体である「瀬戸内サーカスファクトリー」による屋外パフォーマンス「図書館にサーカスがやってきた!」を実施予定でした。しかし、同イベントは新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため中止となったため、テーマを変更し、今回の撮影を行ったと述べられています。

映像は、6月中旬に完成予定であり、同館YouTubeチャンネルで公開される予定です。

図書館サーカス@綾川町立図書館(TRC, 2021/5/28)
https://www.trc.co.jp/topics/event/e_ayagawa_07.html

弘前大学附属図書館、附属図書館報『豊泉』53号を発行:本の中のおいしいレシピを図書館スタッフが作ってみる企画の第1回等を掲載

2021年5月31日、弘前大学附属図書館が、同館Twitterにおいて、附属図書館報『豊泉』53号の発行を発表しています。

同号には、完成したばかりのアカデミック・コモンズを紹介する特集や、図書館の仕事を紹介する企画「トショカンの舞台裏」、同館が舞台のショートストーリー「へば図書館さ行ぐべ」のほか、本の中に出てくる料理を図書館スタッフが作ってみる企画「本の中のおいしいレシピ」の第1回の記事が掲載されています。

第1回は、参考調査担当の職員が、西村淳『面白南極料理人笑う食卓』(新潮文庫)で紹介されている、鶏と白菜のビーフン入り椎茸鍋と中華粥を調理しています。

@HirosakiUnivLib(Twitter,2021/5/31)
https://twitter.com/HirosakiUnivLib/status/1399254974815629313

イスラエル国立図書館(NLI)、カフカの手稿類をデジタル化し公開

イスラエル国立図書館(NLI)は、同館Twitterアカウントでの2021年5月26日付けの投稿において、同館が所蔵するユダヤ人作家フランツ・カフカのコレクションを、保存・修復作業、目録作成、デジタル化を行い、オンラインで公開したと発表しました。

カフカの友人である作家マックス・ブロートが所有していた、フランツ・カフカによる書簡、学習に使用したノート、スケッチ等が提供されています。

@NLIsrael(Twitter, 2021/5/26)
https://twitter.com/NLIsrael/status/1397551463493251072

Franz Kafka(NLI)
https://www.nli.org.il/en/discover/literature-and-poetry/authors/franz-kafka

オーストラリア図書館協会(ALIA)、公共図書館の分館が少額の年間使用料を支払うことで出版社がオンラインの読み聞かせでの絵本の利用を許可する取組(試行)に係る最初の四半期の報告書を公表

2021年5月12日、オーストラリア図書館協会(ALIA)が、公共図書館の分館が少額の年間使用料を支払うことで出版社がオンラインの読み聞かせでの絵本の利用を許可する取組(試行)に係る最初の四半期(2021年1月から3月)の報告書を公表しています。

報告書によると、同期間において、全国の約3分の1にあたる115の図書館が取組に参加し、5万オーストラリアドルを超す金額が出版社・著者・イラストレーターに分配されました。また、290以上のレコーディング、1万7,000以上の視聴があり、使用料に加え、965冊の図書が参加館で購入され、ある出版社ではリストに掲載された図書が226冊も購入されました。

参加館からは同取に対して好意的な意見が寄せられています。

国際図書館連盟(IFLA)、「グリーンライブラリー賞2021」の最終候補者名簿を2部門に分けて発表

2021年5月29日、国際図書館連盟(IFLA)の環境・持続可能性と図書館(ENSULIB)に関する専門部会が、「グリーンライブラリー賞2021」の最終候補者名簿(longlist)を発表しました。

アルゼンチン・オーストラリア・オーストリア・ブルガリア・カナダ・中国・コロンビア・クロアチア・キューバ・フィンランド・フランス・ドイツ・インド・イラン・イタリア・レバノン・ロシア・スロベニア・スペイン・スイス・ウクライナ・米国といった国からの33の応募のなかから選ばれたもので、“Green Library”(12館)と“Green Library Project”(11館) の2部門に分けて発表されています。
 
選抜候補者名簿(shortlist)が5月に公表された後、8月17日から19日にかけてオンラインで行われる世界図書館情報会議(WLIC)で各部門の受賞館が発表されます。

IFLA Green Library Award 2021(IFLA,2021/5/29)
https://www.ifla.org/node/93925

College & Research Libraries News誌が2022年からオンライン版のみの刊行に

2021年5月27日、米国の大学・研究図書館協会(ACRL)は、ACRLの公式ニューズマガジンCollege & Research Libraries News(C&RL News)誌を、2022年1月号からオンライン版のみの刊行にすると発表しました。2021年12月号が冊子版の最終号になります。

ACRLの理事会と同誌の編集長が、ACRLの各委員会に同誌の様々な出版モデルの可能性について意見を求めた結果、オンライン版のみの刊行とすることが同誌とACRLにとって得策であるとの合意を得たことによるものです。

米国デジタル公共図書館(DPLA)、太平洋岸北西部(ワシントン州・オレゴン州)のサービス・ハブからのコンテンツの提供を開始

2021年5月25日、米国デジタル公共図書館(DPLA)は、新たなサービス・ハブ(複数機関のデータを集約する連携先)である“Northwest Digital Heritage”からのコンテンツの提供を開始したと発表しています。

“Northwest Digital Heritage”は、太平洋岸北西部の図書館や文化遺産機関にサービスを提供するための、ワシントン州立図書館・オレゴン州立図書館・オレゴン遺産委員会による連携組織です。

今回、マルトノマ郡図書館・オレゴン歴史協会・日系アメリカ人の歴史に関するポータルサイトDensho ・シアトル公共図書館・スポーケン公共図書館・ ヤキマバレー図書館・オレゴン州立図書館・ワシントン州立図書館といった70以上の機関の8万点以上のコンテンツが“Northwest Digital Heritage”を通じてDPLAに提供されました。これらコンテンツには、太平洋岸北西部におけるアジア系アメリカ人・先住民・アフリカ系アメリカ人の体験を記録したものが含まれています。