アーカイブ - 2021年 11月 1日

国立国会図書館、東京本館における新型コロナウイルス感染症への対応等に関するアンケートを実施中

2021年11月1日から2022年1月31日まで、国立国会図書館(NDL)は、東京本館における新型コロナウイルス感染症への対応等に関するオンラインアンケートを実施しています。

来館利用サービスなど一部サービスの休止・制限の影響、NDLの取組に対する意見等を集め、今後のサービス向上・業務改善に役立てることを目的としています。

東京本館における新型コロナウイルス感染症への対応等に関するアンケートの実施について(NDL, 2021/11/1)
https://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2021/211101_01.html

参考:
国立国会図書館、ホームページを通じて提供している各種サービスや国立国会図書館東京本館/関西館/国際子ども図書館の利用に関し、アンケートを実施中(2021/5/6-2021/10/31)
Posted 2021年5月12日
https://current.ndl.go.jp/node/43967

高松市、「高松市視覚障がい者等の読書環境の整備の推進に関する計画(高松市読書バリアフリー計画)」を策定

2021年10月29日、香川県の高松市が、「高松市視覚障がい者等の読書環境の整備の推進に関する計画(高松市読書バリアフリー計画)」を策定したと発表しました。

視覚障害等の有無によらず、すべての市民が等しく読書を通じて文字・活字文化を享受できる読書環境の整備を目的としており、計画期間は2021年度から2025年度です。

基本方針として、「視覚障がい者等による図書館の利用に関する体制の整備等」「インターネットを利用したサービスの提供体制の強化」「端末機器等及びこれに関する情報の入手の支援、情報通信技術の習得支援」「図書館サービスの人材育成・体制整備」を掲げています。

高松市視覚障がい者等の読書環境の整備の推進に関する計画(高松市読書バリアフリー計画)の策定について(高松市, 2021/10/29)
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kosodate/toshokan/bariafuri-.html

相模原市教育委員会(神奈川県)、出版者らとデジタル教科書を中心とした学習履歴データ活用に関する共同研究を実施

2021年10月29日付で、神奈川県の相模原市教育委員会が、光村図書出版株式会社・大日本印刷株式会社(DNP)・ネットワンシステムズ株式会社・Sky株式会社・放送大学との、デジタル教科書を中心とした学習履歴データ活用に関する共同研究を実施すると発表しました。

同教育委員会による事業、「GIGAスクール等オンライン学習環境の活用」の一環として実施されます。デジタル教科書を活用した国語科の授業を行い、子どもの学習能力の成長を探ると述べています。そして、デジタル教科書等の学習活動で得られた学習履歴データを活用して具体的な成長の成果を可視化し、教員の授業・指導・評価の改善や児童生徒の主体的に学習に取り組む態度の育成に活用するとしています。

発表資料 令和3年10月分(相模原市)
https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisei/koho/houdo/1024110.html
※10月29日欄に「デジタル教科書を中心とした学習履歴データ活用に関する共同研究の実施について」が掲載されています。

OCLC Research、新型コロナウイルス感染症感染拡大下における図書館のリーダーの経験に関する調査レポートを公開

2021年10月28日、OCLC Researchが、新型コロナウイルス感染症感染拡大下における図書館のリーダーの経験に関する調査レポート“New Model Library: Pandemic Effects and Library Directions”を公開したと発表しました。

2020年4月から7月にかけて、11か国の図書館のリーダー29人(うち国立図書館1館、公共図書館7館、学術図書館21館)を対象にOCLC Researchが実施した、新型コロナウイルス感染症感染拡大への対応や、実践・環境の変化の結果としての図書館観に関するインタビュー結果をまとめたものです。

報告書では、図書館の業務・コレクション・エンゲージメントに関する経験について、「Agility」「Collaboration」「Virtualization」「Space」といった側面からまとめ、推奨事項等を示しています。

フランスの出版協会、環境に配慮した出版に関するガイドを公開

2021年10月27日、フランスの出版協会(Syndicat national de l’édition:SNE)が、環境に配慮した出版に関するガイド“Charte environnementale de l'édition de livres”を公開したと発表しました。

SDGsの達成に向けて出版業界が取り組むべき10の行動目標を定めた“SDG Publishers Compact”への、SNEによる署名を受けて作成されました。出版活動の環境への影響に対する出版者の関心を喚起すること、創作・製造・ロジスティックスのプロセスの再検討を促すこと、適切な指標についての情報提供、優良事例の紹介が目的とされています。

紙、印刷・製作、電子書籍、広報、発行をはじめとした書籍の製作・販売プロセスに関連するトピックについて、課題・取るべき行動・留意すべき指標等をまとめています。