アーカイブ - 2021年 10月 4日

日付

saveMLAK、「COVID-19の影響による専門図書館の動向調査(2021/10/01)」の結果を発表

2021年10月1日、saveMLAKは、「COVID-19の影響による専門図書館の動向調査(2021/10/01)」の結果を発表しました。

5回目にあたる同調査は、9月25日から9月27日にかけて、日本の専門図書館864館を対象に実施されました。

159館の図書館が休館、558館が開館、13館が廃止、134館が状況を確認できなかったと述べられています。なお、休館している159館のうち、17館は新型コロナウイルス感染症以外の理由で休館しています。発表の中では、休館する図書館の数やオンラインコンテンツを公開する機関の数が増加したと指摘されています。

その他、前回調査からの動きや、新型コロナウイルス感染症対応として各館が行っている取組がまとめられています。

調査のデータは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0で公開され、saveMLAKのウェブページからダウンロードできます。

大阪市立図書館、Twitter連動企画!「もふもふ選手権」を開催中

2021年10月1日、大阪市立図書館が、同館デジタルアーカイブで公開されている引札や古文書に描かれている動物の画像を用いた、Twitter連動企画!「もふもふ選手権」を開催すると発表しました。

Twitterから応募する場合は、画像、画像の管理番号、その「もふもふ」が好きな理由を記載し、ハッシュタグ「#OML推しもふ」を付けて投稿を行います。その他、同館ホームページのアンケートフォームからも投稿を受け付けているとあります。

応募期間は10月1日から31日までです。

Twitter連動企画!「もふもふ選手権」を開催します!(大阪市立図書館, 2021/10/1)
https://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jo855gqsl-510#_510

【イベント】三田図書館・情報学会2021年度研究大会(11/13・オンライン)

2021年11月13日、三田図書館・情報学会2021年度研究大会がオンラインで開催されます。

図書館情報学に関する研究発表のほか、シンポジウム「知的資源の蓄積・発信の拠点としての大学:変動期の世界と日本のなかで」が開催されます。シンポジウムについて、知的資源の蓄積・発信の拠点として大学を改めて位置づけ、その役割を実現していく上で何が必要かを、図書館情報学研究者をはじめとした大学関係者がともに考える場にしたいとあります。

三田図書館・情報学会2021年度研究大会
http://www.mslis.jp/am_2021.html

研究大会(三田図書館・情報学会)
http://www.mslis.jp/annual.html

デジタルアーカイブの資料で作成するGIFアニメの国際的なコンペティション“GIF IT UP 2021”が開催中

2021年9月29日、Europeanaが、TwitterでGIFアニメの国際的なコンペティション“GIF IT UP”の開催を発表しました。作品募集は10月1日から31日にかけて行われます。

“GIF IT UP”は、コンテンツ・パートナーから利用できるパブリックドメインやオープンライセンスの動画・画像・テキスト等を使用して作成したGIFアニメのコンペティションです。応募作品の中から、優勝、次点(3作品)、people's choice賞等が選ばれ、賞品が授与されます。

2021年は、Europeana、DPLA、ニュージーランド国立図書館のDigitalNZ、オーストラリア国立図書館のTrove、日本のジャパンサーチ、インド・コルカタのDAG Museumsに加え、米国のシカゴ美術館もコンテンツ・パートナーとして協力しています。

また、10月1日付で、GIFアニメの作り方に関するEuropeanaのブログ記事が公開されています。

北米研究図書館協会(ARL)、米・ネットワーク情報連合(CNI)、米・EDUCAUSE、コロナ禍による変化を踏まえた研究図書館と最先端技術に関するレポートを公開

2021年10月1日、北米研究図書館協会(ARL)、米・ネットワーク情報連合(CNI)、米・EDUCAUSEが、コロナ禍による変化を踏まえた研究図書館と最先端技術に関するレポート“Crest or Trough? How Research Libraries Used Emerging Technologies to Survive the Pandemic, So Far”の公開を発表しました。

研究機関や大学の図書館員・研究者等11人を対象に実施された、コロナ禍による研究・学習が停止したことを受けた視点の変化に関するインタビューの結果がまとめられています。発表の中では、コロナ禍における活発な活動は、新たな技術の開発というよりも、既存の技術の採用や改善に関するものであったことが指摘されています。

レポートは、2019年にARL、CNI、EDUCAUSEの間で締結された、新しいデジタル技術が普及する中で研究図書館の影響力を促進するためのパートナーシップの一環として作成されました。主に、図書館・大学のコロナ禍への対応および成功要因、先端技術に対する期待の変化から浮かび上がった6つの社会技術的テーマ、最新技術の導入の要因の3部により構成されています。