アーカイブ - 2021年 10月 20日

日本図書館協会(JLA)、「図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を更新

2021年10月19日、日本図書館協会(JLA)が、「図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を更新したと発表しました。

感染力の強い変異株による感染拡大を踏まえ、「マスクなしでの会話」「狭い空間での共同生活」「居場所の切り替わり」等の感染リスクが高まる5つの場面を考慮して更新を行ったとあります。

また、「基本的事項の決定と実施の確認に関するチェックリスト」の更新版や今回の更新におけるポイントをまとめた資料、更新箇所を赤字で示した資料も公開されています。

図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインの更新について(JLA, 2021/10/19)
http://www.jla.or.jp/home/news_list/tabid/83/Default.aspx?itemid=6009

モバイルブック・ジェーピー、「連想検索システム 知の泉」を開発し実証実験を開始

2021年10月19日、モバイルブック・ジェーピー(MBJ)が、電子書籍を主な対象とした「連想検索システム 知の泉」を開発し、同社が運営する電子書籍販売サイト「どこでも読書」で実証実験を開始したと発表しました。

発表によると、「連想検索」は、システム上で書籍毎に設定した、文章中の複数の単語「特徴点」と、検索語や本の内容(検索元)との一致状況を基に、検索元に近い本を探す機能です。実証実験では、「連想検索」「関連ワードの表示」「関連本の表示」「気になるワードから検索」「閲覧履歴からのおすすめ」といった機能が「どこでも読書」で提供されます。

また、「連想検索システム 知の泉」は、国立情報学研究所(NII)との共同研究の成果を活用したものであると述べられています。

モバイルブック・ジェーピー
https://mobilebook.jp/
※ニュース欄に2021年10月19日付で「思わぬ本と出会える電子書籍の「連想検索システム 知の泉」を開発」が掲載されています。

【イベント】シンポジウム「データサイエンスへの期待2021」(12/8・大阪)

2021年12月8日、大阪成蹊大学が、データサイエンス学部開設に先駆け、シンポジウム「データサイエンスへの期待2021」を、大阪市の同大学図書館棟7階ホールで開催します。

大学進学の選択肢として高校生の関心が増している「データサイエンス」への理解を深めることを目的としており、高等教育等の教育関係者が対象です。

参加費は無料であり、事前の申し込みが必要です。

当日のプログラムは以下の通りです。

司会進行:中村佳正氏(大阪成蹊大学副学長、データサイエンス学部設置準備室長、京都大学名誉教授)

・セッション1:データサイエンスのための情報教育「社会とデータサイエンス教育」
講演者:吉川正俊氏(京都大学情報学研究科・教授)
討論者:鎌原淳三氏(神戸大学海事科学研究科・准教授)

・セッション2:データサイエンスのための高校数学と統計学「データサイエンスのための統計学」
講演者:上阪彩香氏(大阪大学数理・データ科学教育研究センター・特任助教)
討論者:狩野裕氏(大阪大学基礎工学研究科・教授)

国際音楽資料情報協会(IAML)英国・アイルランド支部、英国の図書館で借りられる楽譜の総合目録“Encore21”の新たなバージョンを公開

2021年10月19日、国際音楽資料情報協会(IAML)は、IAML英国・アイルランド支部により、英国の図書館の音楽資料の総合目録“Encore21”の新たなバージョンが公開されたと発表しました。

“Encore21”は、IAML英国・アイルランド支部のプロジェクトであり、英国図書館(BL)の支援の下構築されました。図書館で借りることができるオーケストラや声楽の譜面約9万件の所在情報等を提供しており、簡易検索・詳細検索等が行えます。102の図書館がデータを提供しており、目録データはMARC21であると述べられています。

発表によると、新たなバージョンはオープンソースの図書館システム“Koha”を使用しており、以前のバージョンは2021年12月23日まで検索可能です。また、新しいバージョンについての紹介動画がYouTube上で公開されています。

Internet Archive、学術論文のためのデータベースInternet Archive Scholarの引用索引“Refcat”を公開

2021年10月19日、Internet Archive(IA)が、学術論文のためのデータベースInternet Archive Scholar(IA Scholar)の引用索引“Refcat”の公開を発表しました。

発表によると、今回公開された“Refcat”データセットには、IA Scholarに蓄積されている6,000万件以上のメタデータおよび1億2,000万以上の学術的成果物から抽出された、13億件以上の引用情報が含まれています。データセットはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0により提供されています。

また、データの抽出や照合のために作成されたツールもオープンソースで提供されており、プロジェクトの技術的な詳細をまとめたホワイトペーパーがプレプリントサーバarXivで公開されているとあります。

科学技術振興機構(JST)、J-STAGEの資料・記事検索機能を強化:論理演算式による検索機能を付加

2021年9月24日、科学技術振興機構(JST)が提供する電子ジャーナルプラットフォームJ-STAGEは、9月25日に検索機能拡張のリリースを行うと発表しました。

発表に併載されている資料「J-STAGE 検索機能拡張リリースノート」によれば、資料名・発行機関名での資料検索に関し、AND/OR/NOT条件による検索が可能になりました。それ以外にも、検索結果のソート表示と検索対象文字ハイライト表示機能の追加等が行われています。

検索機能拡張とあわせ、メンテナンスモード、編集登載システムの全文テキスト・本文PDF関連改修のリリースも行われています。

リリースノート(J-STAGE)
https://www.jstage.jst.go.jp/static/pages/News/TAB5/Page1/-char/ja
※2021年9月24日の欄に「2021年9月25日に検索機能拡張、メンテナンスモード、編集登載システムの全文テキスト・本文PDF関連改修のリリースを行います」とあります。

Hindawi社、同社のオープンアクセス誌に掲載される全論文を出版と同時にResearchGate上で直接利用可能に

201年10月18日、Wiley社傘下のオープンアクセス(OA)出版社であるHindawi社は、研究者向けのSNSであるResearchGateとパートナーシップを締結したことを発表しました。

同社のOA誌に掲載される全論文を、出版と同時にResearchGate上で直接利用可能にするという内容であり、研究成果の発見を加速させることを目的としています。発表では、同社はResearchGate上で全コンテンツの公開を行う初の出版社である、と述べています。

また、2021年末までに、Hindawi社のゴールドOAジャーナル230誌以上から29万本以上の出版社版論文をResearchGate上で利用可能とする旨も発表しています。

今回の取組の背景として、Wiley社が2021年初めに開始したパイロットプロジェクトにおいて、研究者らから好意的なフィードバックが得られていることを挙げています。同プロジェクトでは、Wiley社が発行する学術誌の一部をResearchGate上で利用可能とする取組が行われました。

Springer Nature社、書籍・論文の出版プロセスにおいて著者向けに無料の自動翻訳サービスを提供

2021年10月18日、Springer Nature社は、書籍・論文の出版プロセスにおいて著者向けに無料の自動翻訳サービスを提供していることを発表しました。

同サービスは、人工知能(AI)を活用した自動翻訳サービスDeepLを利用したものであり、6言語(ドイツ語・中国語・日本語・スペイン語・ポルトガル語・フランス語)から英語への翻訳に対応しています。

無料で簡単、かつ効率的な翻訳方法の提供により、著者は自らの好む言語で執筆できる一方、作品の読者層を大きく拡大できるメリットがあるとしています。なお、自動翻訳された書籍・論文は、人間により内容の正確性確認が行われるほか、出版に当たっては、原文及び翻訳文の著作権を保持する著者の承認を得た上で行う旨が示されています。