アーカイブ - 2020年 6月 3日

米国の複数の大手出版社がInternet Archive(IA)に対する著作権侵害訴訟を提訴

2020年6月1日、米国出版協会(AAP)は、会員企業のHachette Book Group・HarperCollins社・Wiley社・Penguin Random House社が、ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所へ非営利団体Internet Archive(IA)に対する著作権侵害訴訟を提訴したことを発表しました。

この訴訟は、IAの運営する電子書籍貸出プログラム“Open Library”、及び2020年3月に開始した“National Emergency Library”事業において行われる、文学作品全体への大規模なスキャニング・公衆への公開・配布等についてその差し止めを裁判所に求めるものです。原告の出版社は、IAが最新作・フィクション・ノンフィクション・スリラー・児童書等を含む約130万点の書籍について違法な複製を行っている、と訴状の中で訴えています。また、IAのこれらの事業は、図書館や教育上の例外、フェア・ユースなど米国著作権法上のいかなる規定にも該当せず、IAの「盗難行為」を支持する著作権法上の根拠は存在しない、と主張しています。

米国図書館協会(ALA)黒人コーカス、「黒人及び有色人種への暴力と差別の増大に対する非難声明」を発表

2020年6月1日、米国図書館協会(ALA)の黒人会員に組織され、アフリカ系米国人をはじめとするアフリカ系の人々のための図書館・情報サービス発展を目的に活動するALAの黒人コーカス(The Black Caucus of the American Library Association:BCALA)は、「黒人及び有色人種への暴力と差別の増大に対する非難声明」を公開しました。

5月28日付の同声明は、ミネソタ州ミネアポリスの警察署内で発生した、警察官の行為による黒人男性フロイド(George Floyd)氏の死亡事故を強く非難するものです。BCALAは人種差別に対する闘いにおいて、積極的活動・予防活動に取り組むことを会員へ奨励し、伝統的な方法と現代特有の方法を併用した以下のような手段により、不正義に対抗する行動を起こすことを呼びかけています。

株式会社カーリル、20パターン以上の「COVID-19 ポスター for 図書館」をCC0ライセンスにより公開

2020年5月28日、株式会社カーリルは、新型コロナウイルス感染症対策のメッセージとしてこれまで同社が発信してきた「Stay at home… Keep reading!」をポスター化し、印刷用のPDF形式と編集用のAdobe Illustrator形式のデータが自由にダウンロード可能になったことを発表しました。

同社は、A1とA4の2種類のサイズ、「Stay at home… Keep reading!」「おうちで、本を読もう」「本を、読むまえと読んだあとは手を洗おう!」の3種類のメッセージ、フチの有無や色の相違など、20パターン以上のポスターを準備し公開しています。ポスターはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC0で公開されているため、事前の許諾を経ることなく、自由な印刷・配布等ができる他、ロゴを同社のものから図書館の名前に変更して活用することなども可能になっています。

同社は公開したポスターの活用例を募集しており、寄せられた活用例については同社のブログ内に掲載しリンクを形成する、としています。

データリポジトリの信頼性に関するTRUST原則(文献紹介)

2020年5月14日付のSpringer Nature社のオープンアクセス(OA)ジャーナル“Scientific Data”に掲載された文献として、研究データ・デジタルリポジトリに関するコミュニティが共同開発したデータリポジトリの信頼性を実証するための指針「TRUST原則」が公表されています。

デジタルデータ、及びデジタルデータへのアクセスと利用を提供するリポジトリへの依存度が急速に高まっているため、データリポジトリは保有するデータを適切に管理できることを示してサービスを提供するコミュニティの信頼を得る必要があります。「TRUST原則」はこのことを背景に、1年以上の公開の議論や研究データ同盟(RDA)の「デジタルリポジトリ認証」(RDA/WDS Certification of Digital Repositories)IGにおける既存の合意事項に基づいて、デジタルリポジトリコミュニティの多様な分野を代表する利害関係者が、デジタルデータを扱うリポジトリの信頼性の指針として共同開発しました。透明性(Transparency)・責任(Responsibility)・ユーザー中心(User Focus)・持続可能性(Sustainability)・技術(Technology)の5原則をデータリポジトリが信頼性を維持するための指針としています。

愛知県、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた芸術家の支援を目的に愛知県美術館で若手作家の現代美術作品を重点的に購入すると発表

2020年6月1日、愛知県が、美術品等取得基金に特別枠を設け、愛知県美術館で若手作家の現代美術作品を重点的に購入すると発表しました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、作家・アーティストが作品を発表し、収入を得る機会が失われていることから、今年度から3年間、美術品等取得基金に1億円の特別枠を設け、若手作家の現代美術作品を重点的に購入することで支援するとしています。

購入対象は、日本在住の若手作家(20歳代から40歳代まで)が制作する現代美術作品(絵画、彫刻、映像等)となっており、2020年度は30人程度の若手作家から作品を購入予定としています。

【知事会見】美術品等取得基金に特別枠を設け、愛知県美術館で若手作家の現代美術作品を重点的に購入します(愛知県,2020/6/1)
https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/bunak0528.html

川崎市市民ミュージアム、「市民ミュージアム 収蔵品レスキューの状況について(令和2年5月)」を発表

2020年5月27日、川崎市市民ミュージアムが、「市民ミュージアム 収蔵品レスキューの状況について(令和2年5月 )」を発表しました。

令和元年台風第19号により収蔵品等が浸水被害を受けた川崎市市民ミュージアムにおいて実施されている収蔵品レスキューの5月18日現在の状況が説明されています。

収蔵品のレスキュー状況(出庫率)は90パーセントで、考古資料が67パーセントである以外は100パーセントとなっています。また、考古・歴史・民俗・美術文芸・グラフィック・写真・漫画・映画・映像といった収蔵品の分野別のレスキュー状況の概況についても説明されています。

市の報道発表資料(川崎市市民ミュージアム)
https://www.kawasaki-museum.jp/kawasaki/
※2020年5月27日欄に「市民ミュージアム 収蔵品レスキューの状況について(令和2年5月)」とあります。

韓国・文化体育観光部、第3次補正予算の編成を発表:非対面サービスの拡充や雇用創出のための文学・芸術・アニメ関係資料の整理・デジタル化、消費活性化のための博物館・美術館で利用可能な割引クーポンの発行等

2020年6月3日、韓国・文化体育観光部は、新型コロナウイルス感染症による雇用の危機・景気の底上げ・新しい日常への対応を目的とした、総額3,399億ウォンの第3次補正予算の編成を発表しました。

(1)文化・芸術関係の雇用の創出、(2)公演・展示・映画・宿泊・スポーツに関する割引クーポンの発行による消費の活性化、(3)文化分野の「韓国版ニューディール」事業の開始、のために用いられます。同部では、今回の補正財源の捻出のため、支出構造を調整し、2020年度予算(6兆4,803億ウォン)から、その3パーセントにあたる1,883億ウォンを削減しています。

雇用の創出には1,699億ウォンがあてられ、例えば、非対面サービスの拡充と雇用の活性化を支援するため、文学館所蔵資料の整理(14億ウォン、90人の雇用)、芸術関連の記録・資料の収集とデジタル化(33億ウォン、310人の雇用)、アニメーション関連データのデジタルアーカイブ(46億ウォン、340人の雇用)、公共図書館での非対面サービス(郵送貸出・ドライブスルー貸出;26億ウォン、570人の雇用)が行われます。

鳥取県立図書館、企画展示「大切な人に手紙やハガキを書こう!」を開催中:新型コロナウイルス感染拡大により外出できない県民の閉塞感をやわらげ、心の健康増進を図ることが目的

鳥取県立図書館が、2020年6月1日から6月29日まで、企画展示「大切な人に手紙やハガキを書こう!」を開催中です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により外出できない県民の閉塞感をやわらげ、心の健康増進を図ることを目的に、本を通じて手紙やハガキを書くことを勧める展示です。同館所蔵資料に加え、倉吉市の「小鴨シニアクラブ協議会」が実践している「ハガキ出し運動」の活動も紹介しています。

【企画展示・一般】:大切な人に手紙やハガキを書こう!(令和2年6月1日から6月29日まで)(鳥取県立図書館)
https://www.library.pref.tottori.jp/exhibition/261629.html

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館中のスコットランド国立図書館(NLS)、同館ウェブサイトを通して無料で利用できる資源を紹介する対話型のオンラインセッションを開催

2020年6月3日、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館中のスコットランド国立図書館(NLS)が、スコットランドの住民であれば同館ウェブサイトを通して無料で利用できる資源を紹介する対話型のオンラインセッションを開催します。

セッションはビデオ会議サービスZoomを用いて15時から15時半までの30分間行われます。参加費は無料ですが事前の申込が必要です。関心のあるテーマ・分野があれば申込時に伝えるよう求めています。

Discover your online Library(NLS)
https://www.nls.uk/events/workshops-and-tours#library

参考:
スコットランド国立図書館(NLS)、青少年を対象に“Home”をテーマとした短編映画のコンペティションを開催
Posted 2020年5月18日
https://current.ndl.go.jp/node/40968