アーカイブ - 2020年 5月 18日

日付

中国国家図書館、中国における「新型コロナウイルス感染症との戦い」に関する資料のアーカイブ構築計画を発表

2020年4月22日、中国国家図書館(NLC)は、中国における「新型コロナウイルス感染症との戦い」に関する資料のアーカイブ構築計画を発表しています。

最初に、今回の新型コロナウイルスとの戦いは中華民族の共同記憶を形成したと述べ、民族の精神と時代の記憶に関する資料を収集・整理・保存することは図書館の重要な使命であると位置づけています。このアーカイブ構築は、「文明を伝承し、社会にサービスする」(伝承文明、服務社会)というNLCの使命に基づくものであり、全国の図書館界やその他のパートナーとも連携し共同で行われます。

計画の発表にあわせ、全国の党・政府機関、企業、社会団体や個人に対し関連資料の提供を呼び掛けています。新型コロナウイルスとの戦いの過程で生成された、収集・研究・展示・記念の面で価値を有するものを対象としており、具体例として、学術論文・日記・手紙・文学作品等の手稿、医療従事者・ボランティア等の写真、新型コロナウイルスとの戦いをテーマとした書画墨跡類、文献資料の電子版やテレビ番組・ニュース報道等のデジタルコンテンツ(複製権及び情報ネットワーク伝達権の提供を含む)、口述記録等、様々な資料類型を挙げています。

【イベント】2020年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会(6/27-28・オンライン)

2020年6月27日・28日、アート・ドキュメンテーション学会(JADS)の主催により、2020年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会がオンライン開催で行われます。

2日目の会員限定の学会総会を除いて、会員・非会員を問わず誰でも参加可能です。参加費・資料代は会員・非会員ともに無料です。また紙媒体の予稿集は発行されません。参加には事前の申し込みが必要で、定員は200人です。定員に達した場合は会員が優先となります。

1日目は、「芸術文化資源デジタル・アーカイブの国際的共同利用―オンライン環境での知的生産システムとそのツール―」をテーマとしたシンポジウム等が開催されます。シンポジウムの内容は以下の通りです。

・開会挨拶 細井浩一氏(立命館大学アート・リサーチセンター・センター長)

・シンポジウム趣旨説明 赤間亮氏(アート・ドキュメンテーション学会・会長)

・講演1
 丸川雄三氏(国立民族学博物館)

・講演2
 内田剛史氏(早稲田システム開発株式会社)
 
・講演3
 津田光弘氏(立命館大学アート・リサーチセンター)

・パネル討議・参加者全体討議 

ウェールズ国立図書館(NLW)、新型コロナウイルス感染症がウェールズ社会に与えた影響の記録を収集するためのキャンペーンを実施中

2020年5月7日、ウェールズ国立図書館(NLW)は、新型コロナウイルス感染症拡大による困難な時代のウェールズ社会に経験を収集するためのキャンペーンを開始したことを発表しました。

NLWは、これまでにも新型コロナウイルス感染症がウェールズ社会に与えた影響の記録として、新聞や公的機関の出版物、ウェブサイトのコンテンツ等を収集しています。しかし、これらだけでは時代の全貌の把握は不可能であるとして、NLWはウェールズ在住の一般の人々に対して、手紙・日記・動画・音声・画像など媒体を問わず、自身の新型コロナウイルス感染症に関する個人的な経験の共有を呼びかけています。

メール添付または郵送による一般の人々からの記録の共有が呼びかけられています。受付した記録はNLWのコレクションの一部となります。このキャンペーンは、NLW、及び政府の出資によりウェールズの歴史遺産を収集・公開するウェブサイト“People's Collection Wales”の共同により行われています。

スコットランド国立図書館(NLS)、青少年を対象に“Home”をテーマとした短編映画のコンペティションを開催

2020年4月27日、スコットランド国立図書館(NLS)は、19歳未満の青少年を対象に“Home”をテーマとした短編映画コンペティションを開催することを発表しました。

NLSは同コンペティションの開催趣旨として、新型コロナウイルス感染症の影響によるロックダウンの経験を若年層が共有する機会の提供を挙げています。受賞作品はNLSの動画アーカイブへ保存され、賞の授与も行われます。

スコットランドに在住する19歳未満の全ての青少年に応募資格があります。応募作品は“Home”を主題としタイトル・クレジットを含めて5分以内の映像であれば、携帯電話・タブレット・カメラ等の撮影手段や、映画のジャンル、言語、アニメーション・ドキュメンタリー・実写といった形式は特に指定しない、としています。また、“Home”をどのように解釈するかも製作者に委ねられており、家族・介護者・ペット・オンラインコミュニティなど映画への参加者にも制限はありません。ただし、著作権で保護された音楽の使用は不可、としています。

コンペティションはNLSとスコットランド青少年映画祭(Scottish Youth Film Festival:SYFF)との共催で実施されます。応募の期限は2020年8月31日です。

国際NGO組織NAPLE、欧州の公共図書館における新型コロナウイルス感染症への対応状況を調査したレポートを公開

欧州の公共図書館政策担当局による国際NGO組織National Authorities for Public Libraries in Europe(NAPLE)は、欧州の公共図書館における新型コロナウイルス感染症への対応状況を調査したレポートを公開しました。

レポートは、2020年3月20日から4月24日までの期間にNAPLEに加盟している20か国のメンバーから得た回答に基づくものであり、4月30日付けで公開されています。内容はあくまでこの期間におけるスナップショットと見なす必要があるとしています。

レポートが特に焦点を当てているのは、図書館の休館状況、スタッフの勤務状況、休館中の貸出サービス及びオンラインサービスの状況、本の検疫をはじめとした安全のための対策、医療への支援、フェイクニュース対策であり、これらの点について各国の事例を列挙しています。最後に、ケーススタディーとしてオランダにおけるオンラインサービスの状況を詳しく紹介しています。

アイルランド国立図書館(NLI)、新型コロナウイルス感染症拡大に関するアイルランドのウェブサイトのアーカイブ事業を実施中

2020年4月15日、アイルランド国立図書館(NLI)は、同館のウェブアーカイブプログラムの一環として、アイルランドの新型コロナウイルス感染症拡大の経験を物語るウェブサイトの収集を実施していることを発表しました。

アーカイブ対象となるのは、新型コロナウイルス感染症に対抗する政府・医療セクター・アイルランド社会全体の主要な取り組みを扱ったウェブサイトです。

NLIは、現代社会で記録は主にデジタル形式で行われること、ウェブサイトは平均して100日以内に変更または削除されるためアーカイブが行われないとコンテンツの多くが永久に失われること、などからウェブアーカイブ事業の意義を説明し、新型コロナウイルス感染症拡大に関するデジタルコレクションを構築することで、アイルランド社会の経験の収集と将来世代へ継承するための保存を実現する、としています。

アーカイブ対象とするウェブサイトについてはメールフォームからNLIに推薦することもできます。

OpenAIRE、COVID-19に関連する可能性のある研究情報の検索ポータルを公開

OpenAIREは、2020年5月11日付けのTwitterにおいて、COVID-19に関連する可能性のある研究情報の検索ポータル“OpenAIRE COVID-19 Gateway”を公開したことを発表しています。なお、5月18日時点ではβ版となっています。

“OpenAIRE Research Graph”に含まれる10,000以上の情報源及び追加情報源からマイニングしたコンテンツにタグ付けを行い、出版物、研究データ、ソフトウェア等の研究情報を集約しており、COVID-19関連研究の発見・ナビゲーションのための単一アクセスポイントを提供するものとあります。

@OpenAIRE_eu(Twitter, 2020/5/11)
https://twitter.com/OpenAIRE_eu/status/1259789266537807873

OpenAIRE COVID-19 Gateway
https://beta.covid-19.openaire.eu/

図書館システムに関する国際調査の2019年版が公開

2020年5月5日、Library Technology Guidesを運営するブリーディング(Marshall Breeding)氏による、統合図書館システム(ILS)に関する国際調査の第13回目となる2019年版の結果が公表されています。製品版・オープンソースシステムの両方を含む132の製品について、米国、カナダ、オーストラリア、英国、スペイン、ニュージーランド、アイルランドなど、95か国から3,234件の回答を得ました。

国際的な傾向を把握するために、質問フォームは英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、フィンランド語で提供されました。3,234件の回答のうち、公共図書館からは1,242件、学術図書館からは1,150件、学校図書館からは293件となっています。20件以上の回答があったのは22の製品でした。

注目すべき調査結果(Notable Observations)として、旧来のILS製品からの移行が本格化していること、システム移行を検討している学術図書館は移行先候補としてAlmaを最も多く挙げる一方、FOLIOへの関心も高まっていることなど、計7点を挙げています。

米・ニューヨーク公共図書館、舞踏家マーサ・グレアムのアーカイブを取得

2020年5月11日、米・ニューヨーク公共図書館(NYPL)は、同館の舞台芸術図書館(Library for Performing Arts)が、モダンダンスの開拓者の一人である舞踏家マーサ・グレアムのアーカイブを取得したことを発表しました。同日はマーサ・グレアム生誕126周年に当たります。

アーカイブには、写真、振付けノート、手紙、上演作品の映像等が含まれます。同館は今後2年間でアーカイブの整理・カタログ化を行い、その後利用者への提供を開始する予定としています。