アーカイブ - 2020年 3月 6日

日付

文学通信、「文学通信アーカイブ」を公開:掲載しきれなかった古典籍画像など同社出版物にまつわるコンテンツを収録

2020年3月5日、人文学書の出版社で人文学情報のニュースサイトも手掛ける文学通信は、「文学通信アーカイブ」の公開を発表しました。

同アーカイブは、掲載しきれなかった古典籍画像など同社出版物にまつわるコンテンツを収録・公開するものです。さらに同社は、所属機関がない等の事情でウェブ公開ができない、研究者が所蔵する資料を公開する受け皿にしたいという考えも表明しています。

同アーカイブはコンテンツ管理システム“Omeka Classic”を使用しており、IIIFにも対応しています。2020年3月6日時点では、1コレクション・1アイテムが公開されています。

「文学通信アーカイブ」を公開いたしました(文学通信, 2020/3/5)
https://bungaku-report.com/blog/2020/03/post-705.html

文学通信アーカイブ
https://omeka.bungaku-report.com/

マンガ・アニメ・ゲーム・メディアアートの「研究の手引き」が公開:「文化庁メディア芸術連携促進事業」の一環として行われたプロジェクトの成果

メディア芸術に関する情報を掲載する文化庁のウェブサイト「メディア芸術カレントコンテンツ」の2020年3月5日付け記事に、マンガ・アニメ・ゲーム・メディアアートの4分野における「研究の手引き」のPDF版が掲載されています。

これらの手引きは、「文化庁メディア芸術連携促進事業」の一環として、2015年度から2019年度にかけて実施されたプロジェクト「研究マッピング」の成果として制作されたとあります。

2019年度メディア芸術連携促進事業 研究マッピング「研究の手引き」(メディア芸術カレントコンテンツ, 2020/3/5)
https://mediag.bunka.go.jp/article/article-16068/

子供向け科学雑誌『子供の科学』のバックナンバー1年分等が期間限定でオンライン公開:新型コロナウイルス感染防止のための臨時休校を受けて

2020年3月5日、誠文堂新光社は、新型コロナウイルス感染防止のための臨時休校が広がっていることを受け、オンラインで閲覧できる「子供の科学 無料公開特設サイト」を公開しました。

同社が発行する子供向け科学雑誌『子供の科学』の2019年1月号から12月号までを順次公開するとともに、「ウイルスの正体」を特集した同誌2016年12月号も公開しています。

期間限定の公開であり、公開期間は2020年3月5日から4月5日までとなっています。

@seibundo_hanbai(Twitter, 2020/3/5)
https://twitter.com/seibundo_hanbai/status/1235417254725963776

子供の科学 無料公開特設サイト
https://www.kodomonokagaku.com/20200305/

東京大学大学院法学政治学研究科附属近代日本法政史料センター、オンラインで公開している宮武外骨蒐集資料に新たなコレクション『府藩県制史関係』『改進新聞』『東洋自由新聞』を追加

2020年3月5日、東京大学附属図書館は、同大学の大学院法学政治学研究科附属近代日本法政史料センター明治新聞雑誌文庫が、オンラインで公開している宮武外骨蒐集資料に新たなコレクションを追加したことを発表しました。

追加されたのは、同文庫が所蔵する宮武外骨蒐集資料のうち、『府藩県制史関係』『改進新聞』『東洋自由新聞』の画像データ等であり、目的を問わず、特段の手続きを経ることなく利用可能とあります。

明治新聞雑誌文庫所蔵宮武外骨蒐集資料に『府藩県制史関係』ほか新しいコレクションが追加されました(東京大学附属図書館, 2020/3/5)
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/contents/news/20200305

宮武外骨蒐集資料
https://iiif.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/repo/s/gaikotsu/page/home

医学中央雑誌刊行会、「医中誌Web」「最新看護索引Web」の臨時のリモートアクセス利用の案内を提供:新型コロナウイルス感染症拡大防止のため在宅勤務・通学自粛を行う機関向け

医学中央雑誌刊行会が2020年3月3日付で、新型コロナウイルスの国内での感染拡大により在宅勤務・通学自粛を行う機関の支援を目的として、同会のデータベース「医中誌Web」「最新看護索引Web」について、臨時のリモートアクセス利用の案内をこれらの機関向けに提供することを発表しています。

同時アクセス数プランで「医中誌Web」を契約する機関は、所定のフォームから申し込むことで臨時のIDとパスワードが発行され、2020年3月3日から31日まで本来は利用できない契約施設外からのアクセスが可能になります。アクセスフリープランで契約しIPアドレス認証のみで利用している機関は、契約した代理店に連絡することで新規のIDとパスワードが一組発行され、契約施設外からアクセス可能になります。

「最新看護索引Web」については、もともとの契約内容にリモートアクセス権が含まれているため、契約施設外から利用することが可能です。ID/パスワード認証で利用している機関の場合、通常のIDとパスワードを利用する等によりそのまま契約施設外からアクセスすることができます。IPアドレス認証のみで利用している機関の場合、契約した代理店に連絡することで新規のIDとパスワードが一組発行され、契約施設外からアクセス可能になります。

世界保健機関(WHO)、必須医薬品モデルリスト(EML)のオンラインデータベース版を公開

2020年2月27日、世界保健機関(WHO)は、必須医薬品モデルリスト(Model list of Essential Medicines:EML)の電子版の公開を発表しました。

EMLは、自国の健康状況や優先事項を検討した最適な必須医薬品リストの作成において、150か国以上の国々で活用されているリストです。WHOは1977年の初版刊行以来、2年おきに改訂し冊子版やPDF版の形で公開しており、最新版は2019年版です。リストには利用可能な剤形・力値、服用すべき対象の指定、治療が可能となる条件、服用方法、服用の推奨の裏付けとなる臨床上のエビデンスに関する詳細、といった情報が掲載されています。

電子版のEMLは、既存のEMLをスマートフォンやPCから包括的で自由にアクセスできるオンラインデータベースとして公開されました。医薬品名や医療に関するトピックをクリックするだけで検索可能になっている他、一部またはすべてをExcelやWord形式で出力し独自のリストを作成することも可能になっています。

EBSCO社、Linked DataインフラストラクチャのプロバイダZepheira社を買収

2020年2月27日、EBSCO社は、Zepheira社を同社が買収することで合意に達したことを発表しました。

Zepheira社は図書館・文書館・博物館の接続を使命とするLinked Dataインフラストラクチャのプロバイダです。同社の開発チームはWorld Wide Web Consortium(W3C)やDCMI(ダブリンコアメタデータイニシアチブ)、MARCに代わる書誌フレームワークBIBFRAMEのLinked Data化等に携わっています。EBSCO社は、Zepheira社のLinked Dataに関する技術により、図書館のデータがGoogleの提供するナレッジパネル等で参照されることが可能となり、新たな利用者の集客・図書館の提供コンテンツ範囲の拡大・よりリッチで関連性のある情報提供等の実現につながる、としています。

この提携にはEBSCO社が提供するOPACと連携した読書案内サービス“NoveList Select”のデータ強化も含まれており、同サービスの利用者へ新たなデータのアクセスポイントを提供することも併せて発表されています。

米国図書館協会(ALA)、テネシー州議会へ提出された図書館による未成年者への性的な内容を含む資料の提供可否を審議する「保護者審査会」設置を求める法案に読書の自由を脅かすとして反対を表明

2020年2月20日、米国図書館協会(ALA)は、米・テネシー州議会へ提出された法案“HB 2721”に対して、読書の自由を脅かすものであるとして反対の意を示した声明を公開しました。

“HB 2721”は、性的な内容を含む資料を利用に供している州内の全ての公共図書館に対して、自治体内の成人5人で構成される「保護者による図書館審査会(parental library review board)」の設置を義務付けるものです。審査会は公共図書館の提供する性的な内容を含む資料が未成年者にとって妥当かどうかを判断し、適切でないとみなされた資料について、公共図書館は未成年者がアクセスできないような措置をとらなければならないことを規定した内容となっています。また、図書館員が故意に法案の内容に従わなかったり、違反した場合には、最高500ドルの罰金・懲役、またはその両方が科せられることや、図書館が法案の内容に違反して未成年者へ性的な内容を含む資料を提供した場合には、州の助成金を受けられなくなることを明記しています。

文化庁著作権課、著作権等管理事業者に対し、事務連絡「新型コロナウイルス感染症対策に伴う学校教育におけるICTを活用した著作物の円滑な利用について」を発出

文化庁著作権課が、2020年3月4日付で、著作権等管理事業者に対し、事務連絡「新型コロナウイルス感染症対策に伴う学校教育におけるICTを活用した著作物の円滑な利用について」を発出しました。

コロナウイルス感染症対策に伴う各教育機関の臨時休業等にともなって、教育機関がICTを活用した遠隔指導や自習など様々な活動を実施する際に著作権が及ぶ著作物を利用する場合、事態の緊急性・重要性を鑑み、著作権等管理事業者に対して、権利者の許諾にあたっての格別の配慮をお願いする内容となっています。

新型コロナウィルス感染症対策に伴う学校教育におけるICTを活用した著作物の円滑な利用について(文化庁)
https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/92080101.html

【イベント】UDC2019 with土木学会インフラデータチャレンジ2019ファイナル!「地域の課題解決に貢献する作品を一挙大公開〜公開シンポジウム&最終審査会〜」(3/13-14・東京)

2020年3月13日から14日にかけて、一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)等の主催により、「アーバンデータチャレンジ2019 with土木学会インフラデータチャレンジ2019ファイナル!「地域の課題解決に貢献する作品を一挙大公開〜公開シンポジウム&最終審査会〜」」が開催されます。

同イベントは、新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う注意喚起に伴い、13日はYoutube Liveによるオンライン配信のみの開催、14日はオンラインによる参加を推奨しつつ、東京大学駒場第Ⅱキャンパス(東京都目黒区)の会場の衛生環境を強化し参加者の来場を妨げない形での開催、となる予定です。

3月13日は「一般公開デモ・デー」として、アーバンデータチャレンジ(UDC)2019に応募された作品のデモを中心とする参加者同士の交流イベントがオンラインで開催されます。

3月14日はUDC2019の公開シンポジウム、及びUDC2019の最終審査会として開催されます。参加費は無料ですが、参加人数把握のため、事前に現地参加・オンライン参加のいずれかを選んで申込する必要があります。「公開シンポジウム&最終審査会」は4部構成で開催され、主なプログラムは以下のとおりです。

米・EDUCAUSE、「ホライズン・レポート」の2020年指導・学習版を刊行

2020年3月2日、米国のNPO・EDUCAUSEが、「ホライズン・レポート」(Horizon Report)の2020年指導・学習(Teaching and Learnig)版を公開しました。

高等教育における、指導・学習の未来を形成する主なトレンドと新しい技術・実践を概観し、その未来のための数多くのシナリオと影響を想定するもので、これまでの「ホライズン・レポート」の本来の目的を維持しながら方法論を大幅に改定し、将来どのようになるかを示す証拠・データ・シナリオを提供しています。

世界の高等教育の指導・学習に現在影響を与えており今後も影響を及ぼし続けるトレンド、中等後教育の指導・学習の将来に重大な影響を与え始めている6つの新しい技術(適応学習・人工知能/機械学習・学業達成分析・教育デザイン/学習工学/UXデザインの高度化・オープン教育資源(OER)・XR技術)と実践、中等後教育の指導・学習の4つ(成長・制約・破綻・変化)の今後のシナリオのほか、報告書から得られた重要な概念を視覚的に表現した“Horizon Report mind map”が掲載されています。

韓国・文化体育観光部、全国の公共図書館が休館していることを受け、電子図書館や駅・バスターミナル等設置の「スマート図書館」の利用を呼びかけ

2020年3月4日、韓国・文化体育観光部が、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2月26日現在、全国の96.6%の公共図書館が休館していることを受け、電子図書館や駅・バスターミナル設置の「スマート図書館」の利用を呼びかけています。

「スマート図書館」は同部と地方公共団体と協力して地下鉄の駅やバスターミナル等に設置している400冊から600冊ほどの図書を備える自動貸出機で、全国57か所に設置されています。借りたい本をスマートフォンで予約することも可能です。

また、韓国国立中央図書館(NLK)や公共図書館が運営している電子図書館から電子書籍・オーディオブック・電子ジャーナルが無料で利用できることや、「国家電子図書館」から国会図書館・農村振興庁農業科学図書館・法院図書館・韓国科学技術院図書館等の原文データベースを利用できることも紹介されています。

埼玉県、県政サポーターアンケート「生涯学習活動について」の結果を発表:「増えればよいと思う生涯学習活動の機会」において「図書館の図書や講座」が31.7% 等

2020年3月5日、埼玉県が、第63回県政サポーターアンケート「生涯学習活動について」の結果を発表しました。生涯学習活動の経験の有無や満足度等の生涯学習活動に関する意識について調査したものです。

1年間に取り組んだ「生涯学習活動」の実施場所に関する質問での「図書館」と回答した割合は全体で4番目の23.5%、どのような場所や形態で「生涯学習活動」の機会が増えればよいと思うかとの質問での「図書館の図書や講座」と回答した割合は全体で3番目の31.7%等となっています。

県政サポーターアンケート結果「生涯学習活動について」(埼玉県, 2020/3/5)
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0305-03.html

根室市図書館(北海道)、臨時休校中の子どもを対象とした宅配サービスを実施中

北海道の根室市図書館が、臨時休校中の児童・生徒や乳幼児を対象とした宅配サービスを実施中です。

対象は0歳から18歳までの子どもがいる家庭で、期間は3月5日から3月15日までです。申込は電話・FAXで受け付けており、貸出冊数は1人10冊までです。年齢や希望に合わせたセットも用意されています。

午前中受付分は当日14時以降、午後受付分は翌日の宅配です(一部地域は翌日の宅配)。本は図書館で消毒して届けられ、貸出中の本がある場合は回収も行なわれます。報道によると、図書館のバスなど5台を使って自宅まで本を届けるとのことです。

宅配サービスについて(こども向け)(根室市図書館)
https://www.lib-nemuro.jp/osirase.html

子どもたちに読書の時間を 根室市図書館、休校で児童らに宅配(毎日新聞, 2020/3/5)
https://mainichi.jp/articles/20200305/k00/00m/040/021000c