アーカイブ - 2020年 11月 2日

【イベント】私立大学図書館協会主催オンラインセミナー 「ウィズ・コロナ時代の大学図書館サービス~北米の現場から~」(12/10・オンライン)

2020年12月10日、私立大学図書館協会の主催により、セミナー「ウィズ・コロナ時代の大学図書館サービス~北米の現場から~」がオンラインで開催されます。

米国とカナダの大学図書館司書から、北米における大学図書館サービスの現状について講演が行われます。

同協会加盟館の所属者が対象であり、事前に申込が必要です。

パネリストは以下の通りです。

・野口契子氏(プリンストン大学東アジア図書館日本研究司書)
・バゼル山本登紀子氏(ハワイ大学マノア校図書館アジアコレクション部日本研究専門司書)
・ファビアノ・ロシャ氏(トロント大学図書館日本研究司書)

国際図書館協力委員会主催:オンラインセミナーの開催について(12/10)(私立大学図書館協会, 2020/10/30)
https://www.jaspul.org/news/2020/10/1210.html

ドイツ図書館協会(DBV)、国内の州・地方自治体に対して新型コロナウイルス感染症拡大防止のための外出制限措置の実施中も図書館の継続開館を要望

ドイツ図書館協会(DBV)が、2020年10月30日付で公開した記事“Bibliotheken müssen geöffnet bleiben! Der Deutsche Bibliotheksverband appelliert an Länder und Kommunen”において、国内の州・地方自治体に図書館の継続開館を要望しています。

ドイツ連邦政府は2020年10月28日付で、新型コロナウイルス感染症の急激な拡大を阻止するため、11月2日から1か月間、レジャー施設や店舗の閉鎖、イベント自粛などの外出制限措置を全土で実施することを発表しています。図書館の運営については、連邦政府から直接の言及はなく、各州の決定に委ねられています。

DBVは、図書館は情報の提供・情報リテラシーの強化等のために機能する教育機関であり、2020年春のロックダウンでも最も早く再開を許可された施設であることを指摘しながら、いち早くロックダウン中も図書館を継続開館することを決定したバイエルン州等を歓迎しています。また、春のロックダウンの際に、状況に合わせた衛生対策を開発し、デジタルサービスを中心に着実に提供サービスを拡大してきたことを紹介しています。

国立博物館等が所蔵する国宝・重要文化財の高精細画像を提供するウェブサイト「e国宝」がリニューアル:対象機関に奈良文化財研究所の追加・デザインの一新・スマートフォンアプリのアップデートなど

2020年10月30日、独立行政法人国立文化財機構は、同機構の提供するウェブサイト「e国宝」をリニューアル公開したことを発表しました。

今回のリニューアルにより、東京・京都・奈良・九州の4つの国立博物館に加えて、奈良文化財研究所が対象機関に加わりました。また、ウェブサイトのデザインが一新され、スマートフォンアプリ(iOS・Andoroid)のアップデートも行われています。なお、リニューアル公開に伴って、ウェブサイトのURLが変更されています。

「e国宝」リニューアルについて(国立文化財機構,2020/10/30)
https://www.nich.go.jp/infomation/news/emuseum201030/

アウグスブルク州立・市立図書館(ドイツ)、同館の所蔵する17世紀以前に作成された手稿譜約80点のデジタル化事業を開始

2020年10月29日、ドイツのアウグスブルク州立・市立図書館(Staats- und Stadtbibliothek Augsburg)は、2020年11月から同館の所蔵する17世紀以前に作成された手稿譜(Musikhandschriften)約80点について、デジタル化事業を開始することを発表しました。

同館の手稿譜のデジタル化は、ドイツ研究振興協会(DFG)の2年間の助成の下、バイエルン州立図書館(BSB)との共同により、包括的な音楽学上の資料整備とインターネットを通した資料の無料提供を目的とするプロジェクトとして実施されます。このデジタル化事業では、オンライン目録の作成や、最新のサーモグラフィー技術による「透かし(Wasserzeichen)」も含めた高品質な原資料のスキャンが行われます。

1537年に設立されたアウグスブルク州立・市立図書館の所蔵する手稿譜は、その多くが市内の修道院や神学校に由来し、ルネサンス期のフッガー家によるコレクションの中でも重要な位置を占めた資料群です。所蔵コレクションには、当時の作曲家オルランド・ディ・ラッソによる合唱曲の豪華な装飾の施された大判の楽譜などが含まれています。

大阪府豊中市、株式会社ロコガイドとの連携協定により図書館を含む市内公共施設の混雑状況をウェブサイト上にリアルタイムで表示する「混雑ランプ」を導入

2020年10月26日、大阪府豊中市は、株式会社ロコガイドと「ICTを活用した情報発信に関する連携協定」を締結しました。

同協定に基づき、豊中市のウェブサイト上で窓口等の混雑状況をリアルタイムに伝える「混雑ランプ」サービスが提供されています。「混雑ランプ」は専用のボタン型端末により、窓口の混雑状況を青(空き)・黄(やや混み)・赤(混み)の3段階で表示するサービスです。市のウェブサイトや同社の運営するチラシ・買い物情報サービス「トクバイ」等で、混雑状況をパソコンやスマートフォンから手軽に確認可能となり、「市民サービス向上」と「新型コロナウィルス感染症の拡大防止」につながるサービスである、と説明しています。

「混雑ランプ」の導入は大阪府内の自治体では豊中市が初めての事例となり、市役所の窓口や同市の図書館7館等に導入されています。

米・アリゾナ大学図書館、研究データリポジトリ“UA Research Data Repository”を公開

2020年10月29日、米国のアリゾナ大学図書館は、同館が中心となって開発し、提供を開始した研究データリポジトリ“UA Research Data Repository(ReDATA)”に関する記事を掲載しました。

“ReDATA”は、同大学に所属する研究者により作成されたあらゆるタイプのデータを蓄積し、共有する研究データリポジトリです。

記事の中では、情報アクセス・共有の障壁を減らすという同館のミッションに沿うものであり、研究成果の影響の把握も行えること等が述べられています。また、同リポジトリで公開されたデータにはDOIが付与されます。

聖学院大学、ウェブコンテンツ「Bookyard あなたと出会う、本の中庭」を公開:本をきっかけに新型コロナウイルス感染症感染拡大下の出来事等を共有

2020年10月31日、聖学院大学が、同大学公認のオウンドメディア「&Seig」上で、ウェブコンテンツ「Bookyard あなたと出会う、本の中庭」を公開したことを発表しました。

本をきっかけに、新型コロナウイルス感染症感染拡大下における出来事や考えの変化等について、学生・教職員・地域の人々をはじめとした大学関係者と共有することができます。11月2日時点で、「#コロナ禍に誰かに送りたい本」「#まだ読んでないけど読みたい本」といったテーマのもと、学生や職員等による8件の記事が投稿されています。

発表によると、投稿された本はアーカイブ後、冊子発行・展示・オンラインイベント等への展開が予定されています。

聖学院大学が、コロナ禍だからこそ立ち上げた新しいWEBコンテンツ『Bookyard あなたと出会う、本の中庭』を公開(聖学院大学, 2020/10/31)
https://www.seigakuin.jp/news/press-release/20201031bookyard/

【イベント】情報メディア学会第22回研究会(11/7・オンライン)

2020年11月7日、情報メディア学会第22回研究会がオンラインで開催されます。

会員による研究発表が行われ、参加費は会員・非会員ともに無料(要事前申込)の予定です。

当日の主なプログラムは以下の通りです。

・発表(1)コロナウイルス感染症と図書館メイカースペースへのリモートサービス導入の試みの今後
長塚隆氏(鶴見大学)

・発表(2)レファレンス協同データベースにおける未解決事例の分析
津田美佑氏(筑波大学)、池内淳氏(筑波大学)

・発表(3)新型コロナウイルス感染拡大により実施されたオンライン授業環境における障害学生への合理的配慮の現状と課題
堀田愛美氏、植村八潮氏、野口武悟氏(専修大学)

・発表(4)日本の研究者によるプレプリントの利活用状況と認識
池内有為氏(文教大学・科学技術・学術政策研究所)、林和弘氏(科学技術・学術政策研究所)

・発表(5)ビブリオバトル・シンポジウムとは何か
岡野裕行氏(皇學館大学)

前橋市立図書館本館(群馬県)、掲示板におしゃべりカードを掲示して利用者同士が交流するコーナー「すみっこサロン」を開設

2020年10月30日、群馬県の前橋市立図書館が、同館本館に利用者参加型のコーナー「すみっこサロン」を開設したと発表しています。

図書館を本の貸し借りだけではなく楽しく交流できる場として使ってもらえるようにすることを目的に設置されたコーナーで、好きなことを書いたカードを掲示板に貼ったり、掲示されたカードへの返事を書いたり、シールを貼ったりすることで、カードを使っておしゃべりをする場となっています。

他にも、図書館への意見収集を行うこともあるとしています。

「すみっこサロン」の紹介(前橋市立図書館,2020/10/30)
https://www.city.maebashi.gunma.jp/library/event/24735.html

砺波市立図書館(富山県)、スマートフォンでの貸出が可能に

2020年11月1日に新しい砺波市立砺波図書館が開館した、富山県の砺波市立図書館が、同館の利用カードをスマートフォンに表示して使うことができるようになったと発表しています。

【図書館を楽しもう♪】デジタルカードが利用できるようになります!(砺波立図書館,2020/10/28)
https://www.city.tonami.toyama.jp/blog/group/toshi/detail.jsp?id=5403

砺波図書館オープン!ご来館ありがとうございました(砺波立図書館,2020/11/1)
https://www.city.tonami.toyama.jp/blog/group/toshi/detail.jsp?id=5430