アーカイブ - 2019年 12月

12月 27日

埼玉県立熊谷図書館、ビジネス支援講座「中小企業のSDGs経営入門! -どう向き合う?-」を開催

2020年2月14日、埼玉県立熊谷図書館が、さいしん熊谷本町ビルを会場に、ビジネス支援講座「中小企業のSDGs経営入門! -どう向き合う?-」を開催します。

国連の持続可能な開発目標(SDGs)については、企業の持続的な競争力を向上する機会になるものとして期待が高まっているものの、自社で取り組む場合の事業との結び付け方や、現場への浸透のさせ方等に不明な点も多いことから、SDGsに取り組む企業の社長を講師に迎え、講座やワークショップ等を実施するものです。

参加費は無料ですが定員は60人です(先着申込順)。

内容は以下の通りです。

・講義「中小企業のSDGs経営入門」(株式会社大川印刷 代表取締役社長・大川哲郎氏)
・「SDGs経営計画作成」ワークショップ(大川哲郎氏)
・同館司書による調べ方ガイダンス
・名刺・情報交換会(任意参加)

また、1月25日から3月26日にかけて、同館においてSDGsに関するミニ展示が行われます。

田川市立図書館(福岡県)が「女性に対する暴力をなくす運動」期間にあわせて設置したコーナーとワークショップの取組

2019年12月26日、福岡県の田川市が、「女性に対する暴力をなくす運動」期間にあわせて11月12日から24日まで田川市立図書館内に設置した特設コーナーと、11月16日に実施したパープルリボンワークショップの取組について、ウェブサイトで報告しています。

女性の人権尊重のための意識啓発や、理解を深めることを目的としたもので、特設コーナーでは、関連書籍の紹介(図書館職員による選書及び内容紹介文作成)、福岡県作成のポスターの掲示、女性相談窓口の紹介(相談窓口カードの設置、相談窓口紹介文掲示)、女性に対する暴力根絶のためのシンボルであるパープルリボンの紹介等が行われました。

また、パープルリボンワークショップでは、同運動に賛同する来館者が作成したパープルリボンによるパープルリボンツリーの飾り付けや、いろいろな表情の絵カードを用いた気持ちの説明と絵本の読み聞かせが行なわれました。

仁愛女子短期大学附属図書館・福井県立図書館、「福井の女性を世界に発信!ウィキペディアに記事を書いてみよう!」を開催

2019年2月11日、仁愛女子短期大学附属図書館・福井県立図書館主催の、「福井の女性を世界に発信!ウィキペディアに記事を書いてみよう!」が、福井県立図書館で開催されます。

福井にゆかりのある女性や、女性文化について、ウィキペディアに記事編集をするエディタソンで、2017年から3回開催している福井ウィキペディアタウンの番外編として位置付けられています。

定員は一般15人で、参加は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

福井の女性を世界に発信!ウィキペディアに記事を書いてみよう! (2/11)(福井県立図書館)
https://www.library-archives.pref.fukui.lg.jp/tosyo/category/events/22557.html

12月 26日

関西大学デジタルアーカイブ、関西大学図書館の貴重資料『廣瀬本萬葉集』『槙檜群鹿図屏風』を含む340点余りを追加公開

2019年12月25日、関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)は、関西大学図書館の貴重資料である『廣瀬本萬葉集』や『槙檜群鹿図屏風』等を含む資料群を関西大学デジタルアーカイブ上で追加公開したことを発表しました。

関西大学デジタルアーカイブのうち、東アジアデジタルアーカイブに約340点、大坂(阪)画壇デジタルアーカイブに6点の資料が追加されました。

関西大学図書館の貴重資料である廣瀬本『萬葉集』や『槙檜群鹿図屏風』を含む340点あまりを追加公開しました(KU-ORCAS, 2019/12/25)
https://www.iiif.ku-orcas.kansai-u.ac.jp/news/20191225

関西大学東アジアデジタルアーカイブ
https://www.iiif.ku-orcas.kansai-u.ac.jp/books/about

国立国会図書館、NDL書誌情報ニュースレター2019年4号(通号51号)を公開

2019年12月26日、国立国会図書館(NDL)は、ウェブサイトに『NDL書誌情報ニュースレター』2019年4号(通号51号)を掲載しました。

70周年を迎えた「雑誌記事索引」のあゆみを概観するほか、日本目録規則2018年版への対応など書誌に関するお知らせ等を掲載しています。

書誌データの作成および提供 更新情報(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/news.html
※2019年12月26日付けのお知らせに、ニュースレターの公開が掲載されています。

NDL書誌情報ニュースレター2019年4号(通号51号)
https://ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2019_4/index.html

【イベント】講演会「デジタル時代の国立図書館の挑戦―オランダ国立図書館の戦略を事例として」(3/17・東京)

2020年3月17日、国⽴国会図書館東京本館新館講堂において、講演・パネルディスカッション「デジタル時代の国立図書館の挑戦―オランダ国立図書館の戦略を事例として」が開催されます。

社会に対する国立図書館の在り方や、将来像実現のための戦略とテクノロジーとネットワークの活用について、講演とディスカッションが行われます。

参加無料、定員200人(先着順、事前申し込み要)、日英同時通訳付きです。当日のプログラムは次のとおりです。

〇講演「ネットワーク、オープン、包摂(Networked, open and inclusive)」(仮)
リリー・クニベラー⽒(オランダ国立図書館長)

〇講演「言葉との協働(Working with Words)」(仮)
エルスベート・クワント⽒(オランダ国立図書館戦略アドバイザー)

〇パネルディスカッション
・ファシリテータ
⽵内⽐呂也⽒(千葉大学副学長兼附属図書館長/アカデミック・リンク・センター長、同大学人文研究院教授)
・パネリスト
リリー・クニベラー⽒
エルスべート・クワント⽒
佐藤毅彦(国立国会図書館電子情報部長)

日本電子出版協会(JEPA)、2019年「JEPA電子出版アワード」の結果を発表:大賞は「note」

2019年12月23日、日本電子出版協会(JEPA)の2019年「JEPA電子出版アワード」の結果が発表されました。大賞は株式会社ピースオブケイクが運営するメディアプラットフォーム“note”でした。

受賞者の一覧は次のとおりです。

○デジタル・インフラ賞
note(ピースオブケイク)【大賞】

○スーパー・コンテンツ賞
岩波新書eクラシックス100(岩波書店)

○エクセレント・サービス賞
MANGA Plus by SHUEISHA(集英社)

○チャレンジ・マインド賞
DiSEL(アソビモ)

○エキサイティング・ツール賞
EPUBpack(イースト)

電子出版アワード2019(第13回)ジャンル賞決定、大賞はnote ノート!(JEPA,2019/12/23)
https://www.jepa.or.jp/pressrelease/20191223/

文部科学省、「教育の情報化に関する手引」(令和元年12月)を公開

2019年12月19日、文部科学省は、学習指導要領(平成29年告示)に対応した「教育の情報化に関する手引」(令和元年12月)を作成・公開したことを発表しました。

「教育の情報化に関する手引(令和元年12月)概要」によれば、新学習指導要領の下で教育の情報化が一層進展するよう、学校・教育委員会が実際に取組を行う際の参考資料として作成したものであり、現行の手引の内容を全面的に改訂・充実したほか、「プログラミング教育」「デジタル教科書」「遠隔教育」「先端技術」「健康面への配慮」といった新規事項の追加等を行ったとあります。

教育の情報化の推進(文部科学省)
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/index.htm
※2019年12月19日付けの新着情報に「「教育の情報化に関する手引」(令和元年12月)について」とあります。

文部科学省、令和元年度学校基本調査(確定値)を公表

2019年12月25日、文部科学省が令和元年度学校基本調査(確定値)を公表しました。

新着情報(文部科学省)
https://www.mext.go.jp/b_menu/news/index.html
※2019年12月25日付けの新着情報に「学校基本調査-令和元年度結果の概要-」とあります。

学校基本調査-令和元年度結果の概要-(文部科学省)
https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa01/kihon/kekka/k_detail/1419591_00001.htm

国立情報学研究所(NII)、広域データ収集・解析プログラム開発を支援するオープンソースのソフトウェア「SINETStream」を公開

2019年12月25日、国立情報学研究所(NII)は、同研究所が運用する学術情報ネットワーク「SINET5」を介して広域に分散するデータを収集・解析する研究を支援する目的で、オープンソースのソフトウェア「SINETStream」を開発し公開したことを発表しました。

「SINETStream」は、環境測定、生体観測、IoTなど、広域に分散したデータの収集や解析を行う研究者にとって、収集・解析プログラムの作成には、ネットワークに関する高度な知識やプログラミングスキルが必要とされ、容易ではないことを背景に開発されました。センサー等から収集されるデータをクラウドや大学などに設置されたサーバへ書き込む、サーバに収集されたデータを解析プログラムに読み込むといった機能があり、APIを利用することでデータの収集・解析を行うためのプログラムを容易に開発することも可能です。また、通信やデータの暗号化、センサー等のデバイスの認証を行う機能も含んでいるため、機微情報を含む場合でも安全にデータ収集を行うことができる、としています。

米国政府が政府助成研究の即時オープンアクセス(OA)義務化を検討?:出版関係者等に様々な反応(記事紹介)

2019年12月20日付のNature誌のNewsにおいて、“Rumours fly about changes to US government open-access policy”と題した記事が公開されています。

同記事は、米国政府が政府助成研究の12か月以内の公開を定めた現行の方針について、全ての研究を即時オープンアクセス(OA)化する内容に改訂することを検討しているという風説の出版関係者等への影響を紹介したものです。出所は不明ながら、広範囲で議論されている風説によると、トランプ政権は出版慣行の変更を要求する大統領令の草案を作成しており、その内容は政府助成研究を自由に利用可能なライセンス条件により即時OA化することを義務付けるなど、欧州で始まったPlan Sに倣ったものである、とされています。出版関係者らはこの風説に対して様々な反応を示しています。

米・カリフォルニア大学ロサンゼルス(UCLA)校、日本語学習者のためのオープン教育資源として同校学生の日本語創作文芸を編集した「リレー小説集」を公開

2019年12月18日、米・カリフォルニア大学ロサンゼルス(UCLA)校図書館と同校のアジア言語文化学部は、同校学生による日本語創作文芸を編集した『日本語学習者による創作文芸コレクション:リレー小説集(“Collection of Creative Writing by Learners of Japanese Relay Essay”)』の公開を発表しました。

この作品は同校アジア言語文化学部のハヤシ(Asako Hayashi Takakura)講師の下で、日本語研究を専攻する3年生から4年生の学生が創作した8編の日本語文芸の編集作品です。K-12(幼稚園から高校まで)向けの教材がごく限られたものしかない日本語学習の分野において、将来の日本語学習者の活用可能な教材を提供することが、作品の制作・公開の背景として挙げられています。

『日本語学習者による創作文芸コレクション:リレー小説集』は、CC-BY-SA 4.0のライセンスが付与され、同大学の機関リポジトリeScholarshipで公開されています。

台風第19号による被害を受けた東京都市大学世田谷キャンパス図書館、2020年4月にリニューアル開館

2019年12月18日、東京都市大学図書館は、令和元年台風第19号による被害を受けた同大学の世田谷キャンパス図書館について、入退館システム・貸出システム等を整え2020年4月からリニューアル開館することを発表しました。

リニューアル開館までは、世田谷キャンパスの1号館3階に設置された仮設カウンターにおいて、資料の貸出・返却、新聞・雑誌の閲覧、資料の複写等の一部の図書館サービスを利用することができます。

図書館(9号館)の開館予定について(東京都市大学図書館,2019/12/18)
https://library.tcu.ac.jp/index.php?key=bbga4hvcm-392#_392

米国のランド研究所、難民及び難民支援組織のデジタル技術の活用・ニーズ・欠落状況等を分析した調査報告書を公開

2019年12月17日、米国に拠点を置く公共政策課題の解決策開発等に取り組む非営利の研究組織・ランド研究所(RAND Corporation)は、調査報告書“Crossing the Digital Divide: Applying Technology to the Global Refugee Crisis”を公開しました。

強制退去により難民となることを余儀なくされた人々は2018年には7,100万人に達し20年前の約2倍に増加しています。この深刻化する危機の中で、デジタル情報技術は難民や難民の支援組織にとって重要なリソースであり、また人道上の問題解決において重要な役割を果たすものと考えられています。

こうしたことを背景に、公開された報告書では、デジタル情報技術の活用・ニーズ・欠落状況や、難民を支援し難民支援組織の役割を向上させるためのよりよいデジタル情報技術活用のための機会に関する分析が行われています。また難民問題特有の倫理・セキュリティ・プライバシーに関する考慮事項の検討やデジタル情報技術導入にあたっての障壁の調査、デジタル情報技術の展開に関するシステマティックなアプローチを構築するためのツールの紹介なども扱っています。

12月 25日

楽天株式会社、同社傘下で電子書籍サービスを手掛けるOverDrive Holdingsの全株式を売却へ

2019年12月25日、楽天株式会社は、同社の完全子会社であるRakuten USAと米ファンドのAragorn Parent Corporationとの間で、OverDrive Holdings, Inc.の全株式を譲渡する契約を同日締結したことを発表しました。

OverDrive Holdings, Inc. はRakuten USAの子会社であり、図書館や教育機関などを対象にした電子書籍サービスを手掛けています。株式譲渡の背景・理由も記載されており、楽天株式会社グループとして経営資源配分の最適化を図るためとしています。

OverDrive Holdings, Inc.の全株式譲渡契約締結に関するお知らせ(楽天株式会社, 2019/12/25)
https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2019/1225_01.html

ミャンマー国立図書館(ヤンゴン)、移転後の新館は2020年4月に開館予定

ミャンマーの英字紙Myanmar Timesの2019年12月17日付けの記事で、ミャンマー国立図書館(ヤンゴン)の新館が2020年4月に開館予定であることが報じられています。

ミャンマー国立図書館は首都のネピドー及び旧首都のヤンゴンの2か所に存在しますが、ヤンゴンの国立図書館は、アクセス性向上のために現在のヤンゴン市ヤンキン郡区から同市の中心街パベダン郡区への移転が進められていました。

New National Library set for April grand opening(Myanmar Times, 2019/12/17)
https://www.mmtimes.com/news/new-national-library-set-april-grand-opening.html
※記事中には新館の写真も掲載されています。

世界知的所有権機関(WIPO)、知的財産政策と人工知能(AI)をめぐる論点をまとめた資料を公表:パブリックコメントを募集中

2019年12月13日、世界知的所有権機関(WIPO)は、知的財産政策と人工知能(AI)をめぐる論点をまとめた資料“Draft Issues Paper on Intellectual Property Policy and Artificial Intelligence”を公表しました。

資料では、特許、著作権、データなど6つの領域における論点を示しています。2020年2月14日までパブリックコメントを受け付けており、寄せられた全てのコメントはWIPOウェブサイト上で公開する予定とあります。

WIPO Begins Public Consultation Process on Artificial Intelligence and Intellectual Property Policy(WIPO, 2019/12/13)
https://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2019/article_0017.html

国立青少年教育振興機構、「子供の頃の読書活動の効果に関する調査研究報告(速報版)」を公開

2019年12月24日、国立青少年教育振興機構は、「子供の頃の読書活動の効果に関する調査研究報告(速報版)」の公開を発表しました。

「調査結果の概要」には、「本研究の概要」と「主な調査結果」が掲載されています。「本研究の概要」によると、子供の頃の読み聞かせや読書活動の実態、読書活動が大人になった現在の「自己理解力」、「批判的思考力」、「主体的行動力」といった意識・非認知能力に与える影響を検証するために、全国の 20代から60代の男女5000 人(各年代男女500 人ずつ)を対象にインターネット調査を実施したものです。

「主な調査結果」では、次の3点が紹介されています。

・本(紙媒体)を読まなくなった人は、年代に関係なく増加している。
・一方で、携帯電話やスマートフォン、タブレットなどのスマートデバイスを用いて本を読む人の割合は増えている。
・読書のツールに関係なく、読書している人はしていない傾向がある人よりも意識・非認知能力が高い傾向があるが、本(紙媒体)で読書している人の意識・非認知能力は最も高い傾向がある。

長野県塩尻市、神奈川県大和市と岐阜県岐阜市が締結している「図書館の連携・協力に関する同盟」に参加

2019年12月23日付けの中日新聞の記事で、神奈川県大和市と岐阜県岐阜市が締結している「図書館の連携・協力に関する同盟」に、長野県塩尻市が参加したことが報じられています。

大和市が岐阜市と同盟を締結した際の発表では、同盟の目的として、大和市文化創造拠点シリウス(大和市)、みんなの森ぎふメディアコスモス(岐阜市)という、図書館を中心とした複合施設を展開する自治体同士で、お互いに連携・協力を行うことを挙げています。今回同盟に参加した塩尻市も複合施設「えんぱーく」を展開しています。

塩尻市教育委員会の「令和元年11月定例教育委員会会議録」に掲載されている塩尻市立図書館副館長の発言によれば、同盟による今後の連携・協力内容として、図書館間での情報交換、テーマ展示の同時開催、複合施設としての課題解決に向けた調査、研究や職員の資質向上のための交流等を予定しているとあります。

図書館の連携協力で県外2市と同盟締結 塩尻市(47NEWS(中日新聞), 2019/12/23)
https://www.47news.jp/localnews/4347694.html

ページ