アーカイブ - 2019年 12月

12月 12日

蘇州第二図書館が開館:大型自動書庫は700万冊余りを収容可能(中国)

中国文化報の2019年12月11日付け記事で、前日の12月10日に蘇州第二図書館が開館したことが報じられています。

中国・蘇州市にある蘇州図書館の新館という位置付けであり、同市の相城区に建設されました。北区・南区の2区画からなる7階建の建物で、700万冊余りを収容できる大型自動書庫を備えています。

新華日報も2019年12月11日付け記事で同館の開館を報じており、建築面積が45,600平方メートルで旧来の蘇州図書館の二倍に当たること、館内には子ども図書館、蘇州文学館、音楽図書館、設計図書館、デジタル技術体験館という5つの「館内館」が設けられていること等が紹介されています。

苏州第二图书馆开馆(中国文化報, 2019/12/11)
http://epaper.ccdy.cn/html/2019-12/11/content_276372.htm

英・マンチェスター大学、14世紀イタリアの詩人ペトラルカに関するデジタルコレクションを公開

2019年12月10日、英・マンチェスター大学は、14世紀イタリアの詩人・人文主義者として知られるフランチェスコ・ペトラルカに関するデジタルコレクション“Petrarch” (ペトラルカ)の公開を発表しました。

“Petrarch”の公開は同大学図書館のデジタルアーカイブ“Manchester Digital Collections”内で行われています。“Petrarch”の紹介ページによれば、同大学のJohn Rylands Library が所蔵する、1470年から1650年頃にかけて印刷されたペトラルカの詩集とその注釈80点以上が収録されているとあります。

なお、これらの資料のデジタル化は、英国芸術・人文科学研究会議(AHRC)に助成を受けたプロジェクト“Petrarch Commentary and Exegesis in Renaissance Italy, c.1350-c.1650”の一部として行われました。

米国議会図書館(LC)、永久保存対象に選ばれた映画25作品を発表(2019年)

2019年12月11日、米国議会図書館(LC)が、文化的・歴史的・美学的に意義のある映像資料の永久保存レジストリ“National Film Registry”に追加する2019年分の映画25作品を発表しています。

公開から少なくとも10年を経た作品の中から、毎年25作品が追加されており、今回の追加によりレジストリで保存される作品は775作品になりました。

新たに選ばれた作品には、『虚栄の市』(1935年)、『眠れる森の美女』(1959年)、『アマデウス』(1984年)、『プリンス/パープル・レイン』(1984年)、『プラトーン』(1986年)、『ボーイズ・ドント・クライ』(1999年)などがあります。

LCの同日付けブログ記事でもこのニュースが紹介されており、選ばれた作品の関係者によるコメントが掲載されています。また、ブログ記事の筆者であるLCのヘイデン(Carla D. Hayden)館長は、“National Film Registry”への追加作品の発表は「館長としてのお気に入りの仕事の一つ」と述べています。

米・SPARCによるElsevier社がオープンアクセス(OA)要項受諾の見返りに同社のデータ分析製品の購入を研究機関へ要求している問題への警鐘(記事紹介)

米・SPARCは2019年12月10日付で、“Leaked Dutch Contract with Elsevier Raises Significant Alarm Bells”と題した記事を投稿しました。

同記事は、Elsevier社とオランダ大学協会(VSNU)との契約交渉漏洩の報道により明らかとされた、同社が学術雑誌契約におけるオープンアクセス(OA)要項を受諾することの見返りに、同社のデータ分析製品購入をVSNUへ要求している問題について、重大な警鐘を鳴らす目的で発されたものです。契約内容の正確な詳細は不明でありElsevier社は報道には誤りがいくつか含まれていると主張しているものの、SPARCは大筋では信頼できるものであるとして、このような契約に署名することは非常に問題があり、研究機関やコンソーシアムは短期的な利益を追求する前にその影響をよく検討すべきであると警告しています。

SPARCはこうした契約の問題点として以下の5点を挙げています。

1. 出版に関する契約とデータに関する契約が結び付けられることは、一方のみの解約などの柔軟性が制限される可能性があり問題である。

2. データ分析事業において出版コンテンツを持つ事業者への独占・寡占を促す可能性がある。

全国学校図書館協議会(全国SLA)、2020年にリニューアル予定の「日本絵本賞」へ意見・要望を募集

2019年12月10日、全国学校図書館協議会(全国SLA)は、2019年12月末日までリニューアル予定の「日本絵本賞」への意見・要望を募集していることを発表しました。

「日本絵本賞」は、1年間に日本で出版された絵本の中から、特に優れた絵本に「日本絵本賞大賞」、優れた絵本に「日本絵本賞」、翻訳絵本の優れた絵本に「日本絵本賞翻訳絵本賞」、読者投票によって選ばれた絵本に「日本絵本賞読者賞」を授与するもので、1995年から全国SLAが実施しています。全国SLAは設立70周年・同賞の25回目の節目となる2020年に賞をリニューアルする予定です。

賞のリニューアルに伴って、読者賞投票の実施時期・スケジュール、投票方法等を再検討し、より広く絵本読書に親しめるように、候補絵本の発表や投票締め切り等について、取り組みやすい時期・方法、実践校への参加方法など、学校現場からの意見・要望を募集することが発表されています。賞への意見・要望はメールで受け付けされています。

米・ジョンズホプキンス大学、19世紀に執筆され現代の同性愛者の権利運動の土台を作った希少本“A Problem in Greek Ethics”の新たな一部を発見し図書館蔵書として受入

米国メリーランド州のジョンズホプキンス大学のニュースセンター“Hub”に2019年12月6日付で、19世紀に詩人のジョン・アディントン・シモンズにより執筆され、現代の同性愛者の権利運動の土台を作ったとされる希少本“A Problem in Greek Ethics”の第6部目となる新たな一部が、同大学Sheridan図書館のキュレーターであるGabrielle Dean氏によって確保されたことを紹介する記事が投稿されています。

1873年に執筆された“A Problem in Greek Ethics”は、1883年にシモンズが個人的に10部だけ印刷したとされており、現存するコピーはそのうちの5部のみである、と考えられていました。記事では、Dean氏が展示の準備のためインターネット上でシモンズの筆跡に関する検索を行っていたところ、偶然貴重書書店が販売しているレターセットの画像の中に新たに発見された6部目のコピーが含まれていた、と発見の経緯を説明しています。

【イベント】日本電子出版協会(JEPA)・学術情報XML推進協議会(XSPA)共催セミナー「学術出版デジタル化最前線-世界の趨勢と日本の危機-」(1/15・東京)

2020年1月15日、東京都千代田区の株式会社パピレス4階セミナールームにおいて、日本電子出版協会(JEPA)と学術情報XML推進協議会(XSPA)の共催セミナー「学術出版デジタル化最前線-世界の趨勢と日本の危機-」が開催されます。

同セミナーは3部構成で、学術論文などの雑誌記事をXML形式で記述するための共通規格“Journal Article Tag Suite(JATS)”日本での普及をミッションとする、XSPA(学術情報XML推進協議会)の立ち上げメンバーにより、それぞれの視点から世界・日本の学術情報の電子出版事情が説明されます。各部の演題と講師は以下のとおりです。

・第一部:日本の電子ジャーナルの草分け:中西印刷の冒険
 中西秀彦氏(中西印刷株式会社 代表取締役社長、XSPA理事)

・第二部:世界標準に切り込む:JATSとは
 時実象一氏(東京大学大学院情報学環 高等客員研究員、XSPA会長)

・第三部:世界の趨勢と日本の危機:日本の電子ジャーナルの見えない化!?
 林和弘氏(文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 上席研究官、XSPA顧問)

OCLC、目録情報等の管理サービス“WorldShare Record Manager”に機能拡張を実施:美術・建築分野のシソーラス“Getty Art & Architecture Thesaurus”の典拠ファイルが利用可能に

2019年11月25日、OCLCは、目録情報・メタデータ等の管理サービス“WorldShare Record Manager”に機能拡張を実施したことを発表しました。

機能拡張の結果、WorldShare Record Managerで米国のゲティ財団による美術・建築分野のシソーラス“Getty Art & Architecture Thesaurus(AAT)”の典拠ファイルについて、検索や閲覧が可能になっています。AATには、美術・建築・装飾芸術・物質文化・アーカイブ資料を記述するために、美術館・図書館等の文化遺産機関で用いられる用語が含まれています。

機能拡張後のWorldShare Record Managerでは、書誌レコードに記述するためのAATの用語の検索・閲覧・選択、目録レコード間のAATの語彙の検証やリンクの編集などの操作が可能になっています。

アーバンデータチャレンジ(UDC)2019及び土木学会インフラデータチャレンジ2019、オープンデータを活用したアプリケーション等の作品を募集

地方公共団体をはじめとする各機関が保有するオープンデータ等を活用し、地域課題の解決に効果的なアプリケーションや活動等をコンテスト形式で募集する「アーバンデータチャレンジ(UDC)2019」及び、インフラ分野に特化したデータ利活用について募集する「土木学会インフラデータチャレンジ2019」の作品募集要領が、2019年12月11日付けで公開されています。

作品概要の締切は2019年12月28日、作品の締切は2020年1月31日となっています。一次審査を経て、2020年3月14日に予定されている最終審査会での応募者によるプレゼンテーションの後、来場者投票により受賞作品が決定されます。

news(UDC)
https://urbandata-challenge.jp/category/news
※2019/12/11付けで「アーバンデータチャレンジ2019 with インフラデータチャレンジ2019 作品募集要領」とあります。

12月 11日

キハラ株式会社、日本十進分類法(NDC)のピクトグラムを制作しデータを公開

2019年12月11日、キハラ株式会社は、日本十進分類法(NDC)のピクトグラムを制作し、データを公開したことを発表しました。

2018年に開催された第20回図書館総合展の同社ブースにおいて展示されたものであり、誰もが見てもわかりやすく、遠くからでも見つけやすく、読みたい本を探しやすくすることを目的に制作されたとあります。

利用条件に同意の上で申し込みを行うことにより、データのダウンロードが可能となっています。

千葉大学の学生サークルが1979年に福島県三島町での聞き取り調査によって記録した民話が三島町の語り部サークルにより再話され絵本として出版される

2019年12月9日付の千葉大学附属図書館のお知らせで、同大学の機関リポジトリ「千葉大学学術成果リポジトリ CURATOR」で公開中の『千葉大学日本文化研究会 民俗調査報告書 リポジトリ用覆刻版』に収録された民話が、福島県大沼郡三島町の語り部サークル「三島語り部ちゃんちゃんこ」によって絵本となり、10月1日に出版されたことが紹介されています。

出版された絵本『語りつぐ三島町の民話:とんてんかんてんとんからりん』は、1979年の千葉大学の学生グループ「千葉大学日本文化研究会」による三島町での聞き取り調査をまとめた民俗調査報告書である『ちりりんぽりりんこがねの花 : 福島県大沼郡三島町の民話』を参考資料として作成されました。聞き取り調査で記録された昔話・伝説・わらべ歌を再話することで、三島町の文化遺産を継承していきたいという思いから制作されたことが説明されています。民俗調査報告書は、民話を聞き取ったそのままの言葉で記録しており、語り部サークルが絵本を制作するにあたって、当時の方言や話者の意図を理解するために貴重な資料であった、としています。

英・Jisc、英国を拠点とする学会の出版部門5部門とオープンアクセス(OA)出版への転換を目指す試験契約署名を完了

2019年12月9日、英・Jiscは、英国を拠点とする学会の出版部門5部門とオープンアクセス(OA)出版への転換を目指す試験的契約への署名を完了したことを発表しました。

一連の契約はJisc collectionによる、小規模出版社との持続可能なOAへの転換を目指した交渉の最初の成果です。英国微生物学会・英国生化学会(Biochemical Society)の完全子会社であるPortland Press社・国際水協会(IWA)出版部門・英国発生生物学会(Company of Biologists)・欧州呼吸器学会(European Respiratory Society)の学術雑誌について、Jiscによるコンソーシアムを通してOAへの転換を含む契約の署名が行われています。これらの2年間の試験契約により、個別のAPC支払ではなく契約による固定価格で、英国の学術成果が全て学会発行の学術雑誌上でOAにより公表可能になっています。

オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)、分散型のオープンな出版フレームワーク“Pubfair”に関するホワイトペーパーの第2版を公開

2019年11月27日、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)は、分散型のオープンな出版フレームワーク“Pubfair”に関するホワイトペーパーの第2版の公開を発表しました。

今回公開されたホワイトペーパーは2019年9月3日に公開された初版について、コミュニティメンバーから寄せられた25件以上のコメントを反映して改訂された第2版となっています。COARは主な改訂点として、Pubfairを多様な評価・配布サービスと接続する分散されたコンテンツ層として表現することで、プラットフォームではなくフレームワークであることを明確に表現し直したことを挙げています。

COARは、次世代リポジトリ専門家グループ等とともに、分散されたリポジトリネットワーク上での付加的なサービスの開発を目指して、Pubfairやその他のモデルの概略の提示・実装等に引き続き取り組んでいく、としています。

米・ハーバード大学バークマン・センター、報告書“Content and Conduct:How English Wikipedia Moderates Harmful Speech”を公開:Wikipediaは悪意のあるコンテンツの大半を速やかに特定し削除することに成功している

2019年11月21日、米・ハーバード大学バークマン・センター(Berkman Klein Center for Internet & Society)が 報告書“Content and Conduct:How English Wikipedia Moderates Harmful Speech”を公開しました。

英語版Wikipediaが有害なスピーチに対処している程度を評価するために実施した調査の報告書で、16人のWikipedia編集者へのインタビュー(コンテンツ修正の過程・ガイドライン、コンテンツの削除、英語版Wikipediaの品質管理)及び、問題のある様々なスピーチを同定するために調整された機械学習分類器を用いたWikipediaのテキストの定量的分析の2つの方法をもとに分析されました。

調査結果から、Wikipediaは大規模なプロジェクトにもかかわらず有害なコンテンツの大半を速やかに特定し削除することに成功していると結論付けています。

2019年の“I Love My Librarian Award”受賞者が発表される(米国)

2019年12月10日、米国図書館協会(ALA)が、コミュニティのメンバーに対し多大な貢献をしたライブラリアンに贈られる賞“I Love My Librarian Award”の2019年の受賞者10名を発表しました。

知的障害を持つ成人のためのブッククラブを創設した大学図書館員、「死と死ぬこと」をめぐるコミュニティ向けプログラムを展開した公共図書館員、銃規制等のセンシティブな問題を教師・生徒らで話し合うプログラムを立ち上げた学校図書館員など、大学図書館員3人、公共図書館員3人、学校図書館員4人が選ばれています。

同賞は2008年に開始され、今回の受賞者を含めこれまで120人の図書館員が受賞しています。

英・電子情報保存連合(DPC)に米国議会図書館(LC)が加盟

米国議会図書館(LC)による2019年12月10日付けのブログ記事で、同館が英・電子情報保存連合(DPC)にfull memberとして加盟したことが紹介されています。

記事中では、2018年10月、デジタル技術を活用したサービス強化を目指すデジタル戦略を策定・公表したこともあり、LCにとってデジタル保存への取組が優先事項となっていること等が述べられています。

The Library of Congress joins the Digital Preservation Coalition(LC, 2019/12/10)
https://blogs.loc.gov/thesignal/2019/12/the-library-of-congress-joins-the-digital-preservation-coalition/

英国国立・大学図書館協会(SCONUL)、“Library Design Award 2019”を発表:バーミンガム大学図書館・アイルランド王立外科医学院図書館

2019年11月29日、英国国立・大学図書館協会(SCONUL)が、“Library Design Award 2019”の受賞館を発表しています。

同賞は、1973年に設立されたもので、純粋な建築的価値よりも、建物の機能性や転換をもたらした機能に基づいて授与されます。

中大規模図書館部門で選ばれた、バーミンガム大学図書館は、革新的な設計が、学習スペースと研究スペースの魅力的な融合を最大化するとともに、コレクション管理への革新的な新しいアプローチをもたらしたこと等が評価されています。

小規模図書館部門で選ばれたアイルランド王立外科医学院図書館は、図書館の空間と機能がキャンパス内の建物に広がっていることが、図書館が学生・教員・研究者・医師等の要求に応えることができる柔軟性と適応性をもたらしている点等が評価されています。

栃木県立図書館、ロビー展示「図書館のレファレンス事例で学ぼう!災害・防災 ~台風19号を受けて~」を開催中

栃木県立図書館が、2019年11月29日から2020年2月26日まで、ロビー展示「図書館のレファレンス事例で学ぼう!災害・防災 ~台風19号を受けて~」を開催中です。

資料の紹介に加え、栃木県立図書館が過去に行った関連のレファレンス事例や、台風第19号による県内被害に関する新聞記事の展示も行なっています。

図書館のレファレンス事例で学ぼう!災害・防災 ~台風19号を受けて~(栃木県立図書館, 2019/11/29)
http://www.lib.pref.tochigi.lg.jp/index.php?key=jo5ovvtyn-1471#_1471

参考:
令和元年台風第19号による図書館への影響
Posted 2019年10月15日
https://current.ndl.go.jp/node/39264

埼玉県立久喜図書館、資料展「見逃し美術展 - 全国美術展回顧」を開催

埼玉県立久喜図書館が、2019年12月12日から2020年1月13日まで、資料展「見逃し美術展 - 全国美術展回顧」を開催します。

同館の収集分野である芸術全般の関係資料から選んだ資料を展示することで、2019年に開催された全国の美術展を回顧できる内容となっています。

クリムト、葛飾北斎、岸田劉生などの美術展を振り返り、美術展が紹介された雑誌の特集記事をはじめ、関係する芸術家の作品集や美術館を紹介する資料などによって全国の美術館をめぐるという構成です。

県立久喜図書館 資料展 「見逃し美術展 - 全国美術展回顧」を開催します(埼玉県, 2019/12/10)
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/1210-03.html

柏市教育委員会(千葉県)、市立図書館本館の書棚をプロデュースする「市内中学生おすすめ本展示プロジェクト」を実施:地元の書店との連携企画

千葉県の柏市教育委員会が、「市内中学生おすすめ本展示プロジェクト」を実施すると発表しました。

市内の中学校の代表が、柏市立図書館本館の書棚をプロデュースするもので、以下の手順で2019年12月15日に実施されます。

1.グループで「おすすめ本」の紹介を行うとともに意見交換をし、交流を図る。
2.講師(市内書店の店長)から本の魅力の伝え方を学び、自分のおすすめ本のPOPを作成する。
3.本の効果的な展示方法をみんなで考え、実際に棚づくりを行う。
4.成果物(作成した本棚)を、本館に設置する。併せて、ポスターと報告書を作成し、分館や学校図書館等に配布する。

図書館本館での展示は12月24日からです。

市立図書館初の書店とのコラボ企画中学生による図書館本館 書棚まるごとプロデュース(令和元年12月9日発表)(柏市, 2019/12/10)
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/020300/p053079.html

ページ