アーカイブ - 2016年 10月 20日

文部科学省の「学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議」、「これからの学校図書館の整備充実について(報告)」を公表

文部科学省の「学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議」が、「これからの学校図書館の整備充実について(報告)」を取りまとめて公表しました。

この会議では、学校図書館の運営に係る基本的な視点や学校司書の資格・養成等の在り方に関して検討してきました。この報告書は、それらの検討に基づき、学校図書館の現状と課題についてまとめ、改善の方向性として、

・学校図書館ガイドラインの作成(学校図書館の目的・機能、運営、利活用等)
・学校司書のモデルカリキュラムの作成

を挙げています。

これからの学校図書館の整備充実について(報告)の公表について(文部科学省, 2016/10/20)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/115/houkoku/1378458.htm

これからの学校図書館の整備充実について(報告)の概要(PDF: 110KB)
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/shingi/toushin/__icsFiles/afieldfile/2016/10/20/1378460_01_2.pdf

これからの学校図書館の整備充実について(報告)(本体)(PDF: 726KB)

中国、学術機関リポジトリグループCHAIR設立

2016年9月21日から22日まで、中国・重慶に於いて中国機関リポジトリ第4回年次大会が開催されました。この会議は、中国科学院国家科学図書館と、CIRG(中国機関リポジトリ実装グループ)、重慶大学図書館の共催で行われ、330人以上の登録参加者を集めました。

研究データ管理、CRISシステムとの統合、トレーニング、ポリシー、ガイドライン等幅広く議論され、機関リポジトリ構築をサポートするChina Open Research Cloud (CORC)の機能とサービスの紹介や、海外諸機関の講演者によるプレゼンテーション、中国学術機関リポジトリ(China Academic Institutional Repository: CHAIR)の創立式典が行われました。CHAIRには33大学が加盟しています。

Brief report of the 2016 Chinese Institutional Repository Conference and launch of the new repository group in China, CHAIR(COAR、2016/10/19)
https://www.coar-repositories.org/news-media/news-from-china/

参考:

『カレントアウェアネス-E』313号を発行

E1853 - 学生が求める図書館空間に関する調査(米国)<文献紹介>

来館しなくても利用可能なオンラインリソースが増大するなか,学生がどのような図書館空間を求めているかを知り,それに適合した図書館空間を構築することは大学図書館にとって喫緊の課題である。...

E1851 - Code4Lib JAPANカンファレンス2016,大阪にて開催<報告>

2016年9月10日から11日にかけて,大阪府立労働センター(エル・おおさか)にてCode4Lib JAPANカンファレンス2016が開催された。同カンファレンスは今回で4度目の開催となる(E1721ほか参照)。4度目の開催となる今回は73名が参加し,基調講演1件,ロング発表5件,ショート発表10件,ライトニングトーク11件が行われた。本稿では,筆者が関心を抱いた発表をテーマごとにまとめて紹介することで報告したい。...

E1850 - THORプロジェクト報告書:分野別データベースへのORCID統合

2016年8月,THOR(Technical and Human Infrastructure for Open Research)プロジェクトが分野別データリポジトリでのORCIDを用いた統合に関する報告書を公開した。本稿では,同報告書について紹介する。...

 

E1852 - 「ウィキペディア・タウン by京都府立南陽高等学校」

近年,Wikipediaを使って,市民参加型で地域の文化資源をデジタルアーカイブする手法として,ウィキペディア・タウンという活動が始まりつつある(CA1847 参照)。...

E1849 - 川越市立高階図書館における「りんごの棚」への取り組み

川越市立高階図書館(埼玉県)では,障害者サービスの一環として「りんごの棚」を設置している。その経緯は障害者保健福祉研究情報システム(DINF)に当館職員が寄稿した記事「特別なニーズのある子どものためのコーナー「りんごの棚」を設置しました」に詳しい。「りんごの棚」とはスウェーデンで行われているインクルーシブな図書館サービスの一つで,全ての子どもに読書の喜びを知ってもらうための取り組みである。当館の「りんごの棚」はこの取り組みを参考にして2014年から始めた。そして2016年の8月に更新された国際図書館連盟(IFLA)の「ディスレクシアの人のための図書館サービスのガイドライン改訂・増補版」に成功事例として取り上げられた。成功事例というと特別なことを行っているように聞こえるが,実際のところは自分たちでできることを少しずつやっているだけで,やる気さえあればどこの図書館でも始められることばかりである。本稿では当館での「りんごの棚」の取り組みについて紹介する。...

飛騨市図書館(岐阜県)、野草茶づくりワークショップ「魔女の集い」を開催

2016年10月22日、岐阜県の飛騨市図書館が、おとな向けに開催している「おとなの時間」の月替わり企画として「魔女の集い」を開催します。

野草を実際に活用・研究している「かわい野草茶研究グループ」の講師による、野草茶づくりのワークショップです。

同館では、同地の野山で採取できる野草を活用してもらうことを目的に、野草に関する資料の収集に力を入れており、それらの本の紹介も行われます。

魔女の集い(飛騨市図書館)
http://hida-lib.jp/html/131196093132262000/%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.pdf

参考:
飛騨市図書館が「官能小説朗読ライブ」を開催
Posted 2016年8月18日
http://current.ndl.go.jp/node/32345

【イベント】日本電子出版協会(JEPA)30周年記念セミナー「クリエイティブ・コモンズと著作権の新しい潮流」(11/4・東京)

2016年11月4日、東京・飯田橋の研究社英語センターにおいて、日本電子出版協会(JEPA)がJEPA30周年記念セミナー「クリエイティブ・コモンズと著作権の新しい潮流」を開催します。

講師は、クリエイティブ・コモンズ・ジャパン理事の水野祐弁護士です。

定員は170名(先着順)です。受講料は、JEPA会員は1社1名まで無料、2名以上は2,000円/名、非会員は5,000円です。

2016年11月4日「クリエイティブ・コモンズと著作権の新しい潮流」(JEPA、2016/10/3)
http://www.jepa.or.jp/seminar/20161104/

参考:
【イベント】日本電子出版協会(JEPA)著作権セミナー「TPP合意後の著作権への影響の考察と著作権法をめぐる最新動向」 (2/3・東京)
Posted 2016年1月15日
http://current.ndl.go.jp/node/30445

McGraw-Hill Educationが、学生の学習習慣や、学習でのデジタル化技術が果たす役割について調査した報告書を公開

2016年10月17日、McGraw-Hill Educationが“2016 Digital Study Trends Survey”を公開しています。

学習習慣や、学習において技術が果たす役割を明らかにするため、約3,000人の学生を対象に行われた調査で、4/5の学生がデジタル学習のための技術は、彼らの成績向上にとって有益であると答えており、また、2/3の学生が、その技術が集中力を高めると回答しています。その他、学生は、モビリティーを重視しながらも、勉強のためのデバイスとしては、スマートフォンよりもノートパソコンをと考える割合が高く、また、家で学習する傾向があることも指摘されています。

New Survey Data: Four Out of Five College Students Say Digital Learning Technology Helps Improve Their Grades(McGraw-Hill Education,2016/10/17)
http://www.multivu.com/players/English/7782352-mcgraw-hill-digital-study-survey/

Digital Study Trends: Student Habits(McGraw-Hill Education)

台北市立図書館、台湾内のコンビニエンスストア約1万店舗での本の受取・返却サービスを開始

2016年10月17日、台湾の台北市立図書館が、利用者カードを所持し、かつ、同サービスのオンライン登録をした住民を対象に、台湾のコンビニエンスストア約1万店舗での本の受取及び返却が可能なサービスを開始しました。

2015年2月にファミリーマートと連携して始めた事業を拡大したもので、セブンイレブン、ハイ・ライフの店舗も対象となりました。

1回5冊まで借りることができますが、登録時に補償金として200台湾元、配送代として50台湾元が必要です。

三大超商就是我的圖書館(台北市立図書館,2016/10/17)
http://www.tpml.edu.tw/ct.asp?xItem=233242313&ctNode=57686&mp=104021

Taipei library expands services through convenience stores(Focus Taiwan,2016/10/17)
http://focustaiwan.tw/news/aedu/201610170019.aspx

参考:
E1357 - ただいま増殖中,台湾の知恵図書館
カレントアウェアネス-E No.226 2012.11.15
http://current.ndl.go.jp/e1357

米国議会図書館、世界の要人のスピーチを聴くことができるウェイブサイト “Food for Thought”を公開

2016年10月18日、米国議会図書館(LC)が、ウェブサイト“Food for Thought: Presidents, Prime Ministers, and other National Press Club Luncheon Speakers, 1954-1989”を公開しました。

当該期の、政治や文化面での世界の要人のスピーチを聴くことが可能で、議論されたテーマの歴史的背景に関するエッセーも用意されています。

音源は、同館の、ワシントン駐在の世界各国のマスコミが組織している団体ナショナルプレスクラブ(National Press Club)のコレクションに含まれる、同クラブでの昼食会のスピーチから選定されたものです。

Library Presents Multimedia Web Presentation of Political, Cultural Icons(LC,2016/10/18)
http://www.loc.gov/today/pr/2016/16-185.html

“Food for Thought: Presidents, Prime Ministers, and other National Press Club Luncheon Speakers, 1954-1989

米国デジタル公共図書館、オンライン展示“Battle on the Ballot: Political Outsiders in US Presidential Elections”を公開

2016年10月18日、米国デジタル公共図書館(DPLA)が、オンライン展示“Battle on the Ballot: Political Outsiders in US Presidential Elections”を公開しました。

ワシントン政治、2大政党制、「大統領に相応しい人」の固定概念等から外れたもの(Outsider)が、米国の大統領選挙に与えた影響について、個人や政党、事件、運動を選定し、その歴史を探索するものになっています。

New Exhibition! Battle on the Ballot: Political Outsiders in US Presidential Elections(DPLA,2016/10/18)
https://dp.la/info/2016/10/18/new-exhibition-battle-on-the-ballot-political-outsiders-in-us-presidential-elections/

Battle on the Ballot: Political Outsiders in US Presidential Elections(DPLA)