アーカイブ - 2014年 9月

北米研究図書館協会(ARL)が報告書シリーズ“SPEC Kit”第341号を刊行 - 「デジタルコレクションの評価とアウトリーチ」がテーマ

北米研究図書館協会(ARL)が2014年8月付で、報告書シリーズ“SPEC Kit”第341号を刊行しました。今号のテーマは「デジタルコレクションの評価とアウトリーチ」です。ARL参加館を対象に、デジタルコレクションを評価するにあたっての、評価の目的や頻度、アウトカムなどの実務の概要や、デジタルコレクションのアウトリーチや普及促進等について調査を行った結果がまとめられているとのことです。

本文は有料ですが、目次とサマリーは無料で公開されています。

SPEC Kit 341: Digital Collections Assessment and Outreach (August 2014)
http://publications.arl.org/Digital-Collections-Assessment-Outreach-SPEC-Kit-341/

Digital Collections Assessment and Outreach, SPEC Kit 341, Published by ARL(ARL, 2014/9/2)
http://www.arl.org/news/arl-news/3361-digital-collections-assessment-and-outreach-spec-kit-341-published-by-arl

「図書館文化を明日の力に」 第100回全国図書館大会のウェブサイトが公開

2014年10月31日から11月1日にかけて開催される、第100回全国図書館大会のウェブサイトが公開されています。

「ごあいさつ」では、今回が第100回大会であるとともに、日本図書館協会が、2014年1月に社団法人から公益社団法人に衣替えして最初の大会でもあることを踏まえ、今回の大会に持たせたいと考えた特色が言及されています。

第100回全国図書館大会
http://jla-rally.info/tokyo100th/index.php/

ごあいさつ
http://jla-rally.info/tokyo100th/index.php/message

参考:
第100回全国図書館大会の公募型分科会一覧が掲載 Posted 2014年7月23日
http://current.ndl.go.jp/node/26632

国立国会図書館、Linked Open Dataの紹介ページを公開

国立国会図書館は、2014年9月1日に、国立国会図書館が提供しているLinked Open Data (LOD)の紹介ページを公開しました。国立国会図書館が提供している書誌データ(国立国会図書館サーチ)、典拠データ(Web NDL Authorities)、震災関連データ(国立国会図書館東日本大震災アーカイブ)の内容や利用方法、活用事例等を紹介しています。

2014年9月1日 国立国会図書館のLinked Open Dataを紹介するページを公開しました (国立国会図書館、2014/9/1)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2014/1206984_1829.html

使う・つなげる:国立国会図書館のLinked Open Data (LOD)とは
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/standards/lod.html

ページ