アーカイブ - 2014年 9月 26日

『カレントアウェアネス』321号掲載

文部科学省、平成25年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果を公表

2014年9月25日、文部科学省が、「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」の結果概要(2014年3月1日現在)を公表しました。調査は、学校におけるICT環境の整備状況と、教員のICT活用指導力について、全国の公立学校(小中高、中等教育学校及び特別支援学校)を対象に行われているものです。

電子黒板のある学校の割合は76.4%、デジタル教科書の整備率は37.4%、などの結果となっています。

学校における教育の情報化の実態等に関する調査-平成25年度結果概要(文部科学省、2014/9/25付け)
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa01/jouhouka/kekka/k_detail/1352125.htm

平成25年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/1350411.htm

本文
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/__icsFiles/afieldfile/2014/09/25/1350411_01.pdf

参考:

大学図書館が研究者のためにテキストマイニングのライセンス交渉を行った事例報告(文献紹介)

米国図書館協会(ALA)の図書館情報技術部会(LITA)が刊行している“Information Technology and Libraries”誌の第33巻第3号(2014)に、テキストマイニングのためのライセンス交渉についての事例報告“Negotiating a Text Mining License for Faculty Researchers”が掲載されています。研究者による学術ジャーナルのフルテキスト(XMLフォーマット)のテキストマイニングを実現させるべく行われた、コロラド大学の図書館等の取りくみの報告です。

Negotiating a Text Mining License for Faculty Researchers(LITA)
http://ejournals.bc.edu/ojs/index.php/ital/article/view/5485

Mendeley APIバージョン1がリリース

2014年9月24日、Mendeley社が、文献管理ツールMendeleyのAPIのバージョン1をリリースしたことを発表しました。2010年4月にベータ版がリリースされていたものです。

Mendeley API Version 1 is Out!(Mendeley Blog 2014/9/24)
http://blog.mendeley.com/developer-resources/mendeley-api-version-1-is-out/

Announcing the Mendeley Open API – Call for proposals(Mendeley Blog 2010/4/28)
http://blog.mendeley.com/press-release/announcing-mendeley-open-api/

Swets Information Services社が破産

オランダに本社を構えるSwets Information Services社が、破産手続を開始したことを、2014年9月24日に発表しました。現時点では(国外)子会社への影響はないとしています。また、支社に対する影響については現在破産管財人(J.L.M. Groenewegen氏)による検討が行われているということです。INFOdocketの記事では、Springer社など、Swets社を雑誌取扱代理店としていた出版社から図書館などに対する注意喚起がまとめられています。

Swets Information Services B.V. declared bankrupt.(Swets 2014/9/24)
http://www.swets.com/news/swets-information-services-bv-declared-bankrupt

情報のディスカバリは図書館で行われているのか? Ithaka S+Rがイシューブリーフを公開

Ithaka S+Rが、2014年9月24日、“Does Discovery Still Happen in the Library? Roles and Strategies for a Shifting Reality”と題するイシューブリーフを公開しました。

このレポートは、同機関のRoger C. Schonfeldによりまとめられたもので、図書館がリサーチの始点となるべきとの構想について、考察を行っているものです。マーケットシェア(学術情報の探索における図書館の使用の状況)、システム(ディスカバリサービス)、実際の行動等の観点から、考察を行っています。

その上で、図書館のディスカバリサービスを通じたコンテンツへのアクセスのシェアが増加しているのか、図書館によるディスカバリへの支援の役割を評価する人のシェアが増加しているのか、等の数量的把握や、エビデンスに基づいたアプローチの重要性などが指摘されています。

Does Discovery Still Happen in the Library? Roles and Strategies for a Shifting Reality(Ithaka S+R, 2014/9/24付け)

「Linked Open Data チャレンジ Japan 2014」10月1日から応募開始

新しいデータ共有・活用の仕組みやアイデアを募集するイベント、「Linked Open Data チャレンジJapan 2014」の応募が2014年10日1日から開始されます。2014年度の応募期限は2015年1月18日までで、審査結果は2015年3月12日に発表されるとのことです。また、キックオフイベントとして、「オープンデータ・サミット」が2014年9月27日に慶應義塾大学三田キャンパスで開催されます。

国立国会図書館も「データ提供パートナー」としてLinked Open Data チャレンジに参加し、LODチャレンジ用データセットを公開しています。現在公開しているデータセットは以下の2点です。

・近代デジタルライブラリーの原資料の書誌データ(約16万件)
・ISBNとNDLBibID、JPNO、NDLJP(デジ化資料の永続的識別子)の対応一覧

Linked Open Data チャレンジ Japan 2014
http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2014/

オープンデータ・サミット ~つないで広げるオープンデータ(LODチャレンジ2014キックオフ)~
http://peatix.com/event/50519

LODチャレンジ2014用データセット(国立国会図書館)

国立国会図書館、RDAの日本語翻訳を実施

国立国会図書館(NDL)が、2014年9月26日付けで刊行したNDL書誌情報ニュースレター2014年3号(通号30号)のなかで、“Resource Description and Access(RDA)”の日本語への翻訳作業をおこなっていることを紹介しています。新『日本目録規則(NCR)』の策定作業と並行して行い、翻訳作業の終了は2015年秋頃を予定しています。

“Resource Description and Access”(RDA)の日本語訳について(NDL書誌情報ニュースレター2014年3号(通号30号))
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bib_newsletter/2014_3/article_06.html

NDL書誌情報ニュースレター2014年3号(通号30号)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bib_newsletter/2014_3/index.html

参考:
NDL書誌情報ニュースレター2014年3号が刊行:書誌データ作成・提供に関する「ひろがる、つながる」取組みを紹介する記事を掲載
Posted 2014年9月26日
http://current.ndl.go.jp/node/27098

RDA Toolkitの改訂版がリリース

NDL書誌情報ニュースレター2014年3号が刊行:書誌データ作成・提供に関する「ひろがる、つながる」取組みを紹介する記事を掲載

国立国会図書館(NDL)が、ウェブサイトに『NDL書誌情報ニュースレター』2014年3号(通号30号)を掲載しました。30号刊行記念として、「全国書誌」「典拠データ」「国際動向(OCLC)」の3つのテーマについて、NDLの「ひろがる、つながる」取組みと関連する世界の動きを紹介する記事を掲載しています。

NDL書誌情報ニュースレター2014年3号(通号30号)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bib_newsletter/2014_3/index.html

英国公文書館(TNA)、第一次世界大戦時のインド人歩兵部隊による日記を“First World War 100”で公開

2014年9月25日、英国公文書館(TNA)が、第一次世界大戦で西部戦線に配備されたインド人歩兵部隊による日記171件をポータルサイト“First World War 100”で公開したことを発表しました。これらの日記は、戦時日誌にクラウドソーシングによりタグ付けを行うプロジェクト“Operation War Diary”にも追加されるとのことです。

Indian infantry unit war diaries go online (TNA, 2014/9/25)
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/962.htm?news=rss

参考:
英国公文書館、第一次世界大戦時の軍隊の戦時日誌の公開進む:クラウドソーシングプロジェクト“Operation War Diary”も順調な滑り出し
Posted 2014年3月17日
http://current.ndl.go.jp/node/25706

英国公文書館、第一次世界大戦時の軍隊の戦時日誌をデジタル化
Posted 2014年1月16日
http://current.ndl.go.jp/node/25263

英国公文書館、第一次世界大戦についてのポータル“First World War Portal”を公開