アーカイブ - 2014年 8月

8月 15日

ハーバード大学図書館、ディスカバリーインターフェース“Hollis+”を公開

ハーバード大学図書館が、2014年8月14日に、新しいディスカバリーインターフェースとして、“Hollis+”をベータ版として公開しています。検索対象には、特別コレクションも含まれているとのことです。

また、日本語、中国語、韓国語(CJK)での検索などもサポートしているとのことです。

Search Books & Articles Together!
http://library.harvard.edu/08142014-1241/search-books-articles-together

Hollis+
http://beta.hollis.harvard.edu/primo_library/libweb/action/search.do?vid=HVD

Important changes to library systems on Thursday August 14th
http://hul.harvard.edu/ois/news/2014/html/2014-08-11_1026_frontpage.html

ハーバード大学図書館トップページ
http://library.harvard.edu/

参考;
ハーバード大学図書館、次世代OPAC"AquaBrowser"を使った新OPACを公開

図書館の自転車を使ったアウトリーチ活動、広がる(記事紹介)

図書館による自転車を使ったアウトリーチ活動について、American Libraries誌(オンライン)に2014年8月13日付けで、“Custom Library Book Bikes Roll Out Across US”と題する記事が掲載されています。同誌の2014年6月号に掲載されたものです。

この記事では、オハイオ州のCleveland Heights - University Heights Public Library (CHUHPL)、アリゾナ州のPima County Public Library (PCPL) 、ワシントン州のシアトル公共図書館(SPL)の3館の取組が紹介されています。

記事では資金についても触れられており、CHUHPLでは友の会からの寄付を受けたこと、PCPLではアリゾナ州図書館システムからの助成金を利用したことが触れられています。両館とも2,000ドル以下で実現しているそうです。またシアトル公共図書館では、組織内の助成金により書籍代3,500ドル、自転車代1,000ドルなどが賄われたことが紹介されています。

Custom Library Book Bikes Roll Out Across US(American Libraries, 2014/8/13付け)

米国議会図書館(LC)の協力で、公民権法についての教育者向けコンテンツ“The Civil Rights Act of 1964: A Long Struggle for Freedom”が公開

米国議会図書館(LC)とHISTORYの協力により、1964年公民権法についての教育者向けコンテンツ“The Civil Rights Act of 1964: A Long Struggle for Freedom”が刊行されたことが、2014年8月13日付けでLCよりアナウンスされています。

“Idea Book For Educators”シリーズの1つとして刊行されたもので、A+E Networks社の同シリーズのサイトでPDFをダウンロードすることができます(要・登録)。また、コンテンツについては、LCの教育者向けのウェブサイトでもみることができるようです。

New Teacher Resource Announced on the Civil Rights Act of 1964(LC, 2014/8/13)
http://www.loc.gov/today/pr/2014/14-142.html?loclr=rssloc

The Idea Book for Educators
http://ideabook.aetncsg.com/

Civil Rights Act Exhibition to Open in Fall 2014(LC, 2014/3/4付け)

南オーストラリア州の公共図書館で“Buy Now”オプション導入実験実施へ:印刷版、電子版とも対象に

オーストラリア図書館協会(ALIA)、オーストラリア書籍販売協会(ABA)と南オーストラリア州の公共図書館が協同で、図書館の貸出インターフェースへの“Buy Now”オプションの導入実験を行うようです。

2014年8月15日付けのALIAの発表によると、このトライアルは、電子書籍だけでなく、印刷版の書籍も対象とするものだそうです。南オーストラリア州では、現在所有している図書館カードを使い、州内の130以上の公共図書館のどの図書館でも貸出・返却を可能とする“one card”イニシアティブが実施されていますが、このことが、同州でトライアルを実施する背景となっているようです。トライアルの教訓に基づき、2015年から2016年にかけて全国に展開する意向のようです。

現時点では、オーストラリア出版協会、電子書籍ソフトウェアのプロバイダー、図書館管理システムのベンダーなどと話を進めているステータスのようです。

なお、ALIAの発表内容によると、オーストラリアの公共図書館では、電子書籍貸出サービスの導入が、2014年には97%になり、また電子書籍の所蔵は公共図書館の5~6%程度を占める状況となっているそうです。

「公共図書館がアマゾンより勝っているのはなぜか?」(記事紹介)

The Wall Street Journal誌(オンライン)に、2014年8月12日付けで、 Geoffrey A. Fowler氏による“Why the Public Library Beats Amazon?for Now”と題する記事が掲載されています。またその邦訳が、ウォール・ストリート・ジャーナル日本版に掲載されています。

記事は、米国の公共図書館の電子書籍サービスについて、現状、本当に読みたい電子書籍があるという強みを持つに至っていることを指摘しています。その上で、インターネットにより多くの書店が閉店し、事実上、図書館が本を見つけるためのショールームとなっている状況の中、出版社が、図書館を収入源の一つとして見ているだけでなく、マーケティングの媒体としても見るようになってきている、としています。

また、筆者は、スクリーン上で本を読むようになってから長らく図書館カードを使用していなかったものの、図書館の電子書籍コレクションを確認して、若い時に感じた図書館カードの力を、再び感じることができたそうです。

Why the Public Library Beats Amazon?for Now(WSJ, 2014/8/12付け)

アルゼンチン国立図書館、新電子図書館"Trapalanda"を公開

2014年8月13日、アルゼンチン国立図書館の電子図書館"Trapalanda"が公開されました。デジタル化された図書や雑誌、逐次刊行物、写本、地図やオーディオアーカイブ等、およそ6000点が提供されており、2014年末には1万点にまで拡大される予定とのことです。

なお、Trapalandaとは、16世紀以降のスペインによる植民地化の過程の中で登場した、アルゼンチンあるいはチリにあるとされた空想上の都市を意味するものです。アルゼンチン国立図書館は、同館にとってこの名称が「全所蔵資料へのデジタルアクセスを開くユートピアの名」だと説明しています。

Trapalanda
http://trapalanda.bn.gov.ar/jspui/handle/123456789/1

Parodi y Gonzalez lanzaron la Biblioteca Digital Trapalanda (Somos Cultura, 2014/8/14)
http://www.cultura.gob.ar/noticias/parodi-y-gonzalez-lanzaron-la-biblioteca-digital-trapalanda/

JAPAN/MARCをBIBFRAMEで表現するサービス“MARC-Bibframe変換”が公開

2014年8月5日、JAPAN/MARCをBIBFRAMEに変換して書誌情報を表現するサービス“MARC-Bibframe変換”が公開されました。鈴木敬二氏が作成したものです。米国議会図書館(LC)が公開している、MARC to BIBFRAME Comparison Serviceと同等なサービスをJPMARCに対して行うものとのことです。BIBFRAMEによる書誌情報の表現がどのようなものか、具体的な例を基に見られるようにすることを目的としたサービスとのことです。

ISBN、全国書誌番号、NDLの書誌IDのいずれかを入力して変換すると、MARC形式、およびBIBFRAMEの指定したシリアル形式(RDF/XML、Turtle、N-Triples、N-Quads、JSON、JSON-LD)で表現され、それぞれの比較ができるようになっています。

MARCデータは国立国会図書館蔵書検索・申込システム(NDL-OPAC)からダウンロードして利用し、また、ISBNおよび全国書誌番号からNDL-OPACの書誌情報URLを取得するために、NDL Search SRU APIを利用しているとのことです。このサービスが使用しているRubyによる変換ライブラリは、GitHubで公開しているとのことです。

MARC-Bibframe変換

フランス国立図書館(BnF)の"data.bnf.fr"に新規コンテンツが追加

フランス国立図書館(BnF)は、蔵書目録とデジタル資料を統合的にLinked Open Dataとして提供する"data.bnf.fr"を2011年から提供しています。2014年7月からdata.bnf.frで以下の新規コンテンツやリンクが利用できるようになったとのことです。

・40万件の著者情報とその著者の関連文書
・16万7千件の雑誌情報
・納本制度に基づきBnFが収集したウェブサイト
・BnFの所蔵する貴重書のデータベース"Bibliographie des éditions parisiennes du XVIe siècle"へのリンク
・情報源と参照情報の追加
・JSON形式でのデータのエクスポート

About data.bnf.fr(data.bnf.fr)
http://data.bnf.fr/about

BP16 Bibliographie des éditions parisiennes du 16e siècie(BnF)
http://bp16.bnf.fr/

関連:
THE BNF TRANSFORMS THE VISIBILITY OF ITS RESOURCES WITH LINKED OPEN DATA

米国国立医学図書館、エボラ出血熱の治療に当たる医療専門家支援のため、生物医学関係資料のフルテキストを期間限定で無料提供

2014年8月14日、米国国立医学図書館(NLM)が、西アフリカでエボラ出血熱の治療に当たる医療専門家を支援するために、生物医学関係資料のフルテキストを期間限定で無料提供する“Emergency Access Initiative”(EAI)の実施を発表しました。EAIはNLMとと医学図書館全米ネットワーク(National Network of Libraries of Medicine)、米国出版社協会(AAP)のProfessional/Scholarly Publishing Division等が合意している緊急支援イニシアティブです。無料提供の機関は、2014年8月12日から9月11日までとのことです。

NLM Launches Emergency Access Initiative, Granting Free Access to Books and Journals for Healthcare Professionals Fighting Ebola Outbreak(NIH, 2014/8/14)
http://www.nlm.nih.gov/news/ebola_emergency_access.html

Emergency Access Initiative(NIH)

8月 14日

PLA、英国の公共貸与権の拡張について周知

2014年8月12日、英国の公共貸与権に係る組織Public Lending Right(PLA)が公共貸与権制度の拡張にあたって、制度についての周知を行っています。

公開された周知文書によると、2010年に成立したデジタル経済法において、公共図書館におけるオーディオブックと電子書籍の貸出しを公貸権制度の対象に含めることへの道筋が示され、2014年6月1日に施行されたとのことです。なお、この支払いの対象となるのは、2016年2月の貸出しからとされているようです。また、その支払いを受けるにあたっては、2015年6月30日までに登録が必要となるとのことです。

オーディオブックについての支払いは、著者が60%、ナレーターが20%、製作者が20%と定められているようです。

ただし、電子書籍については、著作権法で許可されているのは、図書館の施設内での電子書籍のダウンロードであり、遠隔地でのダウンロードは制度の対象外であることとしているようです。公共貸与権に基づく支払いは、図書館の施設外への貸出しに係るものであり、したがって、電子書籍について支払いは発生しないという見解を示しているようです。

ニューヨークタイムズ紙の“TimesMachine”、検索機能を改良

2014年8月6日、ニューヨークタイムズ紙が、購読者向けのデジタルアーカイブ“TimesMachine”について、検索機能を改良したことを発表しています。“TimesMachine”に収載されている1851年9月18日から1980年12月31日までに刊行された約1,130万件の記事について、件名やフリーテキストで検索でき、また、これまでと違い、紙面イメージとともに結果を表示するようになったようです。無料サンプルで、インターフェースを確認できます。

また、このTimesMachine収載のものを含む歴史的なコンテンツについて紹介するTwitterも開始したそうです。

The New York Times Launches Enhanced Archive Search and @NYTArchives Twitter Account
http://www.nytco.com/the-new-york-times-launches-enhanced-archive-search-and-nytarchives-twitter-account/

NYT Archives(Twitter)
https://twitter.com/NYTArchives

via.

オハイオ州の公共図書館のインターネット接続に関する基礎データ

米国オハイオ州立図書館が毎年春に実施している、州内の公共図書館におけるインターネット接続端末の提供状況についての調査の結果が公表されています。利用者用のコンピュータ端末の台数、フィルタリングの有無など、5項目についての基本情報が確認されています。

Ohio Public Library Connectivity Data
http://www.oplin.org/content/ohio-public-library-connectivity-data

参考
オハイオ州のSandusky図書館が、ポータブルWi-Fiホットスポットの機器の貸出を開始 Posted 2014年7月7日
http://current.ndl.go.jp/node/26519

文化的記憶の島々をつなぐ架け橋:ダブリン・コア国際会議(DC-2014)のプログラム(暫定版)が公開

2014年10に米国テキサス州オースティンで開催されるダブリン・コアとメタデータ・アプリケーションに関する国際会議(International Conference on Dublin Core and Metadata Applications)のプログラム(暫定版)が発表されています。

10月9日には、米Zepheira社の共同創業者・社長であるEric Miller氏の基調講演が予定されています。また、会議前後には10月8日のプレ・カンファレンス、11日のポスト・カンファレンスにおいてチュートリアルやワークショップが予定されています。

今回は、“Metadata Intersections: Bridging the Archipelago of Cultural Memory”をテーマにメタデータの役割について考えるものであるようです。

DC-2014, Austin Texas, U.S.A.
http://dcevents.dublincore.org/IntConf/dc-2014

{Preliminary} Program Schedule
http://dublincore.org/news/2014/#dcmi-news-20140813-01

via.

Europeana、検索語を6つの言語に自動翻訳する機能をリリース

2014年8月13日のEuropeanaのブログで、Europeanaの新しい検索機能が紹介されています。Europeanaのコンテンツは、欧州で使用されている30から40もの言語で記述されているとのことです。これまでは、英語の"Marc Antony"で検索しても、ドイツ語の"Marcus Antonius"で書かれたコンテンツはヒットせず、検索もれが発生していたとのことです。

そこで、Europeanaでは、検索語を最大で6つの言語に自動翻訳して検索する機能を追加したとのことです。この機能を有効にするには、Europeanaのサイトで、左上の"My Europeana"をクリックし、次いで"Language settings"をクリックして、言語設定ページを表示させ、検索時に入力する言語と検索語として自動翻訳される言語を6つまで指定し、設定を保存します。

検索結果には、検索に使用された自動翻訳の検索語も表示され、不要な検索語を削除することで、容易に検索結果を絞り込むことも可能なインタフェースとなっています。

人名、地名、主題やトピックの名称、歴史の年代名などの検索で有効に機能するとのことです。

Improving search across languages(Europeana blog, 2014/8/13)

マサチューセッツ州の電子書籍サービスの実験プロジェクトMA eBook Project、プロジェクトの結果をまとめた資料を公開

マサチューセッツ州のMassachusetts Library System (MLS)が、2013年11月から2014年5月まで行った電子書籍サービスの実験プロジェクトMA eBook Projectについて、その結果をまとめた資料を公開しています。

このプロジェクトでは、マサチューセッツ州の大学図書館10館、公共図書館28館、学校図書館8館、専門図書館3館の計49館がプロジェクトに参加し、Baker & Taylor社のAxis360、BiblioLabs社のBiblioBoard Library、Proquest社のEBook Library (EBL)の3つの製品について、利用調査を行ったとのことです。調査期間中にダウンロード/閲覧された電子書籍等のコンテンツは164,351点だったとのことです。プロジェクトの評価に加えて、利用者と実験参加館へのアンケート結果も公開されています。

MA eBook Project Evaluation(Massachusetts Library System)
http://guides.masslibsystem.org/content.php?pid=433033&sid=5032902

MA eBook Project Evaluation(2014/7/12)

【イベント】「みんなで考えよう!台風との上手なつきあい方」(第50回GODACセミナー):沖縄県立図書館が国際海洋環境情報センターと連携して開催(9/6・沖縄)

沖縄県立図書館が、国際海洋環境情報センター(GODAC)と連携し、“第50回GODACセミナー「みんなで考えよう!台風との上手なつきあい方」”を2014年9月6日に開催します。セミナー1では、中野満寿男氏(独立行政法人海洋研究開発機構)による講演「台風を予測する ~台風研究者が教える最新の研究成果~」、セミナー2では、栽吉信氏(気象庁沖縄気象台 気象防災情報調整官)による、「巨大台風時に気をつけること」が予定されています。

講演会「【9月6日(土曜日)】みんなで考えよう!台風との上手なつきあい方」の開催について(2014年8月12日)
www.library.pref.okinawa.jp/detail.jsp?id=39415&type=TopicsTopPage&funcid=2

DataCiteとResearchGateが提携

2014年8月13日、DataCiteと科学者向けのネットワークであるResearchGateが提携したと発表しています。これにより、ResearchGateのメンバーの研究成果にDataCiteの識別子(DOI name)を付与できるようになったとのことです。ResearchGate、DataCiteとDataCiteの参加機関であるドイツ国立科学技術図書館(TIB)の協力により、科学者はその業績にDataCiteの識別子(DOI name)をより容易に利用できるようになるとのことです。

Cooperation between DataCite and ResearchGate(DataCite, 014/8/13)
http://www.datacite.org/node/134

Celebrating five million members with free DOIs(ResearchGate, 2014/8/13)
https://news.researchgate.net/index.php?/archives/189-Celebrating-five-million-members-with-free-DOIs.html

参考:
E1537 - 研究データへの識別子付与と引用可能性向上:DataCiteの活動

8月 13日

在りし日の図書館の模様(記事紹介)

mental_flossというウェブサイトで、2012年4月に、20世紀前半から半ばにかけての米国の図書館員の仕事の様子や集合写真等の写真15点を紹介する記事が掲載されていました。この記事に、新たに15点の写真とその解説が追加され、公開されていました。新規に追加されたのは、エジプト、ロシア、英国等の図書館の写真や、図書館を利用する生徒の様子の写真です。

30 Vintage Photos of People in Libraries(mental_floss、2014年6月26日付け)
http://mentalfloss.com/article/57504/30-vintage-photos-people-libraries

全ての人々に健康情報を:HIFA(Health Information For All)が“HIFA Voices”を公開

キャンペーン“Health Information For All”(HIFA;全ての人々に健康情報を)において、データベース“HIFA Voices”が公開されています。

このデータベースは、様々な状況にあるヘルスケアの提供者にとって健康に関する情報や学習のニーズはどのようなものか、それらのニーズを満たす上での障害等は何か、ヘルスケアに関する情報の利用可能性を向上させるためには何がなされるべきかといった問いについて、回答となるような情報を集めているデータベースのようです。

以下の3つのコンテンツから構成されています。
・HIFA Quotations:HIFA Global Forumのメッセージの抜粋
・HIFA Citations (Formal):査読誌に掲載された関係するレポートの書誌レコード
・HIFA Citations (Informal):査読誌以外の関係するレポートやウェブサイトなどの書誌レコード

HIFA Voices(ホーム)
http://www.hifavoices.org/

検索への入り口(Search)
http://www.hifavoices.org/search-hifa-voices

国立国会図書館デジタルコレクションで、「科学技術文献速報」等の資料が公開

2014年8月13日、国立国会図書館デジタルコレクションに、「科学技術文献速報」約3,000点を、科学技術振興機構(JST)の協力によりインターネット公開しました。また、著作権処理を完了した図書約120点をインターネット公開しました。

この他、同日、雑誌(人文科学分野)約27,000点を追加しました。これらは国立国会図書館内のみで閲覧可能ですが、書誌情報、目次情報はインターネット上でも利用できます。

国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/

参考:
国立国会図書館デジタルコレクションに、米国戦略爆撃調査団文書、極東軍文書、プランゲ文庫等の資料を追加 Posted 2014年3月12日
http://current.ndl.go.jp/node/25684

ページ