アーカイブ - 2014年 8月 26日

文部科学省、「教育研究の革新的な機能強化とイノベーション創出のための学術情報基盤整備について-クラウド時代の学術情報ネットワークの在り方-(審議まとめ)」を公開

2014年8月26日、文部科学省が「教育研究の革新的な機能強化とイノベーション創出のための学術情報基盤整備について-クラウド時代の学術情報ネットワークの在り方-(審議まとめ)」を公開しました。

日本の学術情報基盤の根幹をなす学術情報ネットワークは、国立情報学研究所(NII)が運用するSINETを基幹に大学等が接続する形で整備が行われています。科学技術・学術審議会学術分科会学術情報委員会(主査:西尾章治郎大阪大学特別教授サイバーメディアセンター長)では、多様かつ大量な学術情報の流通に適切に対応するための基盤整備として、クラウド化への対応を含む学術情報ネットワークの在り方について検討を行ってきており、このたび、審議のまとめが公開されました。

「教育研究の革新的な機能強化とイノベーション創出のための 学術情報基盤整備について-クラウド時代の学術情報ネットワーク の在り方-(審議まとめ)」について(文部科学省, 2014/8/26)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/08/__icsFiles/afieldfile/2014/08/26/1351112_1.pdf
※お知らせ

文部科学省、ジャーナル問題に関する検討会報告書「大学等におけるジャーナル環境の整備と我が国のジャーナルの発信力強化の在り方について」を公開

文部科学省が、2014年8月26日、ジャーナル問題に関する検討会報告書「大学等におけるジャーナル環境の整備と我が国のジャーナルの発信力強化の在り方について」を公開しました。この検討会は、2014年3月に研究振興局長のもとに設置されたものです。

報告書の内容としては、直面する問題として、1)大学等のジャーナル価格上昇への対応、2)世界的に進むオープンアクセスへの取組、3)日本の競争力強化のためのジャーナル強化に関し、現状及び今後の課題と対応の方向性についてまとめて」いるとのことです。

大学等におけるジャーナル環境の整備と我が国のジャーナルの発信力強化の在り方について~ジャーナル問題に関する検討会報告書~(文部科学省、2014/8/26付け)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/08/1351120.htm

Google Scholar、”Citations”プロフィール画面レイアウトを一新

2014年8月21日付けのGoogle Scholarブログで、Google Scholar Citationsの研究者プロフィール画面のレイアウトが一新されたことが報告されています。

研究者プロフィールは2011年11月に一般公開された機能で、利用申請をした研究者は自身のプロフィールページが与えられ、自身の論文の引用状況等を確認することができます。今回のレイアウト変更では、個々の論文情報が画面中央に表示され、論文全体を集約したh-index等の各指標が画面右のサイドバーに表示されるようになりました。そのほかに論文情報のエクスポートボタン等が常に画面トップに表示されるようになったり、プロフィール画面をプリントアウトした際には整った形で出力されるようにもなっているとのことです。

Fresh Look of Scholar Profiles(Google Scholar Blog、2014/8/21付け)
http://googlescholar.blogspot.jp/2014/08/fresh-look-of-scholar-profiles.html

Google Scholar Citation Profiles Receive a Makeover(LJ INFOdocket、2014/8/22付け)

米国エネルギー省、マンハッタン計画の歴史資料をオンライン公開

2014年8月21日、米国エネルギー省がマンハッタン計画の歴史資料”The Manhattan District History”をオンライン公開しました。

原著は1944年に、マンハッタン計画の責任者レズリー・グローヴス将軍の指示の下、マンハッタン計画において何が、どのように、いつ、どこで行われたかを、できるだけ平易な言葉で記述することを目的に編纂が開始されたもので、全36巻の大部な資料です。オンライン版ではこの36巻を、テーマごとに8部に再編集しています。

Manhattan District History
https://www.osti.gov/opennet/manhattan_district.jsp

Declassification of the Manhattan District History at the Department of Energy(National Archives、2014/8/25付け)
http://blogs.archives.gov/transformingclassification/?p=702

図書館員がうんざりしている7つのフレーズ(米国)

Open Education Database(OEDb)というブログで、“7 Things Librarians Are Tired of Hearing”と題する記事が、2014年8月25日付けで掲載されています。米国の図書館員が図書館とは関係のない人に自己紹介をした時の反応を、7つ集めたもののようです。

「Googleがある今でもみんな図書館に行くの?」「一日中本が読めるなんていいね」「図書館員になるのに修士号がいるの?!!」といったような反応があるそうです。

7 Things Librarians Are Tired of Hearing(OEDb, 2014/8/25付け)
http://oedb.org/ilibrarian/7-things-librarians-tired-hearing/

米国国立医学図書館、エボラ出血熱の流行に関する情報を案内するウェブサイトを開設

米国国立医学図書館(NLM)が、2014年のエボラ出血熱の流行に関する情報を案内するウェブサイトを開設しています。このサイトはNLMの災害情報管理研究センター(Disaster Information Management Research Center : DIMRC)がまとめたものです。

このウェブサイトでは連邦政府各機関やWHOなどの国際機関が提供する情報サイトを紹介するほか、出版者が無料で提供している情報やMedlinePuls等の市民向けの情報等へのリンクもまとめられています。また、"Social Media"のカテゴリーでは、連邦政府機関やWHO等のTwitterアカウント、Facebookアカウントが紹介されているほか、Twitter上で関連情報に用いられているハッシュタグも紹介されています。

Ebola Outbreak 2014: Information Resources
http://disasterinfo.nlm.nih.gov/dimrc/ebola_2014.html

Reference: National Library of Medicine Releases: “Ebola Outbreak 2014: Information Resources”(LJ INFOdocket、2014/8/25付け)

Reading Music:オールバニ公共図書館のイベント(記事紹介)

オールバニ公共図書館(ニューヨーク州)で実施されたイベントについての記事が、“Library as Incubator Project”に、2014年8月25日付で掲載されています。

記事によると、同館では、夏のコンサートなど音楽関係のイベントを行ってきたようですが、そんな中、Reading Music Book Discussionという音楽関係の本についてディスカッションするイベントへの参加者から、一つの企画が提案されたそうです。提案者はMatt Durfee氏で、地域のミュージシャンが自身の愛する文学作品についての歌を作曲し、館内で演奏し、またディスカッションする、というイベントが提案されたそうです。

同館の担当者はこれを快諾し、初回を実施するに適任のミュージシャンとしてMike Poulopoulos氏に依頼し、同地域の文豪William Kennedy氏の作品をテーマとするイベントを開催したそうです。Poulopoulos氏の各種の協力により、イベントは実現にいたり、当日には、Kennedy氏自身も家族とともに参加し、質問にこたえるなどしたばかりでなく、ピューリッツァー賞受賞作“Ironweed”(邦訳『黄昏に燃えて』)の一節の朗読なども行ったそうです。

当日の模様は、撮影され、YouTubeで公開されています。

女性は編集委員に選ばれにくい(文献紹介)

2014年8月21日、オープンアクセス(OA)雑誌PeerJで”Women are underrepresented on the editorial boards of journals in environmental biology and natural resource management”と題した論文が公表されました。著者はフロリダ大学のAlyssa H. Cho氏らです。

この論文は環境生物学、自然資源管理、植物学分野の著名な学術雑誌10誌を対象に、1985年から2013年の間に、編集委員会(editorial board)の中に含まれる女性の数や、編集主任(editor-in-chief)等に選ばれた女性の数を調査したものです。調査の結果、期間中に編集主任等に選ばれた人物らのうち女性の割合は16%にとどまっていたこと、近年になるにつれ改善している傾向は見られるものの、雑誌によって状況は大きく異なること等がわかったとされています。

米国国立衛生研究所(NIH)、助成審査における人種バイアスについて調査(記事紹介)

2014年8月21日付けのNature誌の記事で、2014年9月から開始される米国国立衛生研究所(NIH)の助成審査における人種バイアスの有無に関する調査が紹介されています。

同記事では過去の同種の調査の結果や、本人が人種差別意識を持っていなくても、無意識のうちにマイノリティの研究者からの助成金申請に対してバイアスが生じている可能性に触れつつ、NIHが実施しようとしている調査の方法や予想される結果等が述べられています。記事はNIHのCenter for Scientific Review所長、Richard Nakamura氏の「我々人間はコントロールできない気持ちや感情を持つものだ」という言葉で締めくくられています。

NIH to probe racial disparity in grant awards(Nature News、2014/8/21付け)
http://www.nature.com/news/nih-to-probe-racial-disparity-in-grant-awards-1.15740

New Efforts to Maximize Fairness in NIH Peer Review(NIH、2014/5/29付け)

学術研究懇談会(RU11)、「グローバル化時代における我が国の責務としての研究基盤の抜本的強化にむけて(提言)」を発表

2014年8月26日、学術研究懇談会(RU11)は、グローバル化時代における我が国の責務としての研究基盤の抜本的強化にむけた提言を取りまとめました。

提言は、以下の4点にまとめられています。

I 研究大学を支える財務基盤の強化
(1)自律的改革を促すための、資金の安定化と効率化を高める方策の実施
(2)基盤的研究からその成果の社会実装への切れ目のない研究資金の改革・拡充
II 研究人材を取り巻く環境の整備
(3)人事制度の抜本的改革
(4)若手研究人材育成のための雇用増員計画実施と卓越した大学院形成に向けた改革

グローバル化時代における我が国の責務としての研究基盤の抜本的強化にむけて(提言)(学術研究懇談会、2014/8/26)
http://www.ru11.jp/blog/2014/08/26/policy-proposal/

グローバル化時代における我が国の責務としての研究基盤の抜本的強化にむけて(提言)(PFD;6ページ)(学術研究懇談会)