アーカイブ - 2014年 7月

7月 24日

E1588 - 労働者階級女性の図書館利用:ハダスフィールドの事例から

<文献紹介> 本論文は,これまで読書史において看過されがちであった労働者階級女性の読書傾向について,ヨークシャー州ハダスフィールドの女子教育機関(Female Educational Institute)付属図書館の記録をもとに考察したものである。...

E1587 - 創意工夫を促す大学図書館の取組:職員向け小額助成金制度

 米国のヒューストン大学図書館において、職員向けの小額助成金を提供することにより,職員の自発的なアイデアの創出を促し,業務における改善や新しい企画の実現を後押しする取組が行われている。2006年度に開始されたこの制度は,“Strategic Direction Microgrant Program”(戦略的方針小額助成金制度)という。米国のLibrary Journal誌による,2014年度の「図書館界を動かした人,揺るがせた人」(Movers & Shakers)に選ばれたバチェク(Rachel Vacek)氏もこの制度により企画を生み出してきた人物である(E1546参照)。この制度について,起源や内容を紹介する文献がLibrary Innovation誌に掲載されたので,その内容を紹介する。...

E1586 - HathiTrust訴訟,第二審でフェアユースが一部認められる

 米国作家協会(Authors Guild),オーストラリア,カナダ等の著作権団体などが, HathiTrust(CA1760参照)と,これに参加していた大学図書館5館(コーネル大学,ミシガン大学,カリフォルニア大学,ウィスコンシン大学,インディアナ大学)に対して起こしていた著作権侵害訴訟で,ニューヨークにある連邦第二巡回区控訴裁判所が2014年6月10日に,判決を出した。同裁判所は,HathiTrustにおける著作物の利用の一部について,米国著作権法の第107条に規定されるフェアユース(Fair Use)に当たり,著作権団体側による著作権侵害の主張を否定する等の判断をした。...

E1585 - 「忘れられる権利」をめぐるEUの裁定とGoogleの対応

 欧州連合(EU)の欧州司法裁判所(Court of Justice)は,2014年5月13日に,EUデータ保護指令,EU基本権憲章の規定により,検索エンジンの運営者は,EU市民の過去の個人情報へのリンクを検索結果から削除すべき義務を負う旨の裁定を行った(E1572参照)。本稿では,Google検索結果の意義を踏まえ,なぜGoogleが義務を負うこととなったかという,検索エンジンという主体に関する裁定部分,すなわち,EUデータ保護指令第2条(b)(個人データの処理の定義),同条(d)(管理者の定義)の解釈等と,これを受けたGoogleの対応を紹介する。...

E1584 - 進化する学術レコードと変わりゆくステークホルダーの役割

「それは全ての学問領域で既に書かれたもの……安定したグラフィック情報の集合であり,その学問領域における議論の基盤となり,その学問領域の進展を測るもの」,コーネル大学の図書館員アトキンソン(Ross Atkinson)氏は学術レコードをこう定義している。しかしこの抽象的すぎる定義では,残していくべき学術レコードとそうでないものを識別するという実務上の課題に十分に応えることはできない。...

国立公文書館、「公文書移管関係資料集」、パンフレット「公文書の管理と移管」を作成

国立公文書館が、歴史公文書等の移管について、法的根拠、移管基準、移管された特定歴史公文書等の利用方法を取りまとめた「公文書移管関係資料集」(平成26年7月発行)とパンフレット「公文書の管理と移管」(平成26年7月発行)を作成し、同館のウェブサイトで公開しています。

「公文書移管関係資料集」(平成26年7月発行)及びパンフレット「公文書の管理と移管」(平成26年7月発行)を作成(国立公文書館)
http://www.archives.go.jp/news/20140723165051.html

公文書移管関係資料集(PDF;241ページ)(国立公文書館, 2014年7月発行)
http://www.archives.go.jp/about/report/pdf/h26_ikan_siryou.pdf

7月 23日

【イベント】国立国会図書館データベースフォーラム(関西館・9/17、東京本館・10/30)

国立国会図書館では、2014年9月17日に関西館で、10月30日に東京本館で、「国立国会図書館データベースフォーラム」を開催します。参加費は無料ですが、いずれも定員は300名で、事前申込が必要となっています。

国立国会図書館データベースフォーラム
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/dbf2014.html
※それぞれのプログラムを掲載しています。
※申込みは、関西館が7月23日から、東京本館が9月24日からです。

チラシ
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/dbf2014_pamph.pdf

ベルギーの大学図書館等のコンソーシアムがWorldCatに参加

2014年7月18日、ベルギーの大学図書館や専門図書館のコンソーシアム“Anet”がOCLCのWorldCatに参加することで合意したと発表されています。Anetには、アントワープ大学やCity of Antwerp Heritage Libraryなど大学図書館や専門図書館20館が参加しており、これにより、200万件のレコードがWorldCatに追加されることとなったとのことです。AnetはベルギーからWorldCatに参加する最初のコンソーシアムとのことです。

Anet and OCLC sign first WorldCat group agreement in Belgium
http://www.oclc.org/news/releases/2014/201403emea.en.html

第100回全国図書館大会の公募型分科会一覧が掲載

2014年10月31日、11月1日に明治大学駿河台キャンパスで開催される第100回全国図書館大会について、公募型分科会の一覧が、日本図書館協会のウェブサイトに公開されました。審査委員会で採択されたものとのことです。

全国図書館大会(日本図書館協会)
http://www.jla.or.jp/tabid/400/Default.aspx
※Excelファイルを掲載

参考:
第100回全国図書館大会の「公募型分科会」募集要項がウェブに掲載 Posted 2014年5月29日
http://current.ndl.go.jp/node/26238

撤去していた児童書“And Tango Makes Three” などの作品を一般コーナーへ(シンガポール)

シンガポール国立図書館委員会(NLB)が、児童書“And Tango Makes Three”、“The White Swan Express: A Story About Adoption”などを書架から撤去し、廃棄するとされていた件について、この2作品については、児童セクションではなく、一般向けのセクションに移すことになったとのことです。

National Library saga highlights "divisive" issues: Amy Khor(Channel NewsAsia, 2014/7/19付け)
http://www.channelnewsasia.com/news/singapore/national-library-saga/1272498.html

Singapore halts pulping of gay-themed children's books(The Guardian, 2014/7/18)
http://www.theguardian.com/world/2014/jul/18/singapore-halts-pulping-gay-themed-childrens-books

U.S. Embassy Singapore(2014/7/18付け)

英国図書館でEuropeana 1914-1918のコンテンツ収集イベントを予定

第一次世界大戦に関するデジタル化資料を集めた“Europeana 1914-1918”のコンテンツを収集するためのイベント“Family History Roadshows”が、2014年8月2日、英国図書館で開催される予定とのことです。第一次世界大戦に関する写真、手紙、日記やフィルム、音声記録などとあわせて、その所有者や、家族にとってその品が重要な理由についてのストーリーの募集が呼びかけられています。

Saving forgotten WW1 family stories: Yorkshire urged to contribute to unique online WW1 archive Europeana 1914-18(BL, 2014/7/22)
http://pressandpolicy.bl.uk/Press-Releases/Saving-forgotten-WW1-family-stories-Yorkshire-urged-to-contribute-to-unique-online-WW1-archive-Euro-6ba.aspx

参考:
E1535 - Europeana 1914-1918:第一次世界大戦の記憶を共有する試み
カレントアウェアネス-E No.254 2014.02.20

W3Cがソーシャルウェブの標準化を推進する“Social Activity”を立ち上げ

2014年7月21日、W3CがOpenSocial Foundationと協力して、ソーシャルウェブの標準化を推進する“Social Activity”を立ち上げると発表しています。オープンなウェブのプラットフォームでソーシャル・アプリケーションをより容易に構築、統合するための標準を策定するとのことです。

技術的な標準を検討するソーシャルウェブWGと、ユースケースを集めて、技術的なWGが作成した仕様をユースケースの観点からレビューするソーシャル・インタレストグループで活動を行うとのことです。

W3C Launches Push for Social Web Application Interoperability
http://www.w3.org/2014/06/social.html.en

GLAM向けのWikipediaへのコンテンツアップロードのためのツール“GLAMwiki Toolset”が公開

2014年7月22日のEuropeanaのブログで、GLAM(美術館(Galleries)・図書館(Libraries)・公文書館(Archives)、博物館・(Museums))が、そのデジタルコンテンツをWikipediaで公開するためのツール“GLAMwiki Toolset”が紹介されています。

GLAMwiki Toolsetは、オランダ、英国、フランス、スイスのWikimediaとEuropeanaが協力して開発したもので、GLAMの画像や動画、音声などのコンテンツをWikimedia Commonsにアップロードするためのシステムの提供とGLAMのコンテンツの利用と再利用の統計レポートの提供を目的として作成されたとのことです。

Sharing multimedia on Wikipedia now easier with new tool(Europeana, 2014/7/22)
http://pro.europeana.eu/pro-blog/-/blogs/2247110

Commons:GLAMwiki Toolset Project
https://commons.wikimedia.org/wiki/Commons:GLAMwiki_Toolset_Project

BaGLAMa

ビリー・ジョエル氏、米国議会図書館によるガーシュウィン賞を受賞

2014年7月22日、米国議会図書館(LC)は、2014年のガーシュウィン賞受賞者が、ビリー・ジョエル氏に決定したことを発表しました。2007年にLCにより創設されたガーシュウィン賞は、米国を代表する作曲家・ガーシュウィン兄弟(Ira Gershwin,George Gershwin)にちなみ、ポピュラー音楽で世界の文化に大きな影響を与えた作曲家・演奏家に対し贈られる賞です。

Librarian of Congress Names Billy Joel Next Recipient of the Library of Congress Gershwin Prize for Popular Song(LC, 2014/7/22)
http://www.loc.gov/today/pr/2014/14-122.html?loclr=rssloc

参考:
E1062 - ポール・マッカートニー,LCのガーシュウィン賞を受賞
2010.06.24
http://current.ndl.go.jp/e1062

ポール・マッカートニー氏、米国議会図書館によるガーシュウィン賞を受賞
Posted 2010年6月3日
http://current.ndl.go.jp/node/16308

LCのガーシュウィン賞、プレゼンターはオバマ大統領

The Wikipedia Libraryの枠組みを利用した取り組みが順調:British Newspaper Archiveもアカウントを提供

Wikimedia blogに“Expanding local history with The Wikipedia Library”と題する記事が2014年7月22日付けで掲載されています。これによると、The Wikipedia Libraryは、これまでの成果を受け、アクセス可能な研究資料の拡大に向けての交渉も進行しているようです。

記事では、特に良い情報源として英国図書館(BL)のBritish Newspaper Archive(BNA)が取り上げられています。BNA(記事閲覧は有料)は、当初50アカウント分の無料アクセスがThe Wikipedia Libraryのために提供され、さらに初期に希望が多かったため100アカウントに拡大したそうです。またそのコンテンツにより、18世紀、19世紀、20世紀の英国等に関するWikipedia記事の情報源となっているそうです。記事の例として、以下の記事へのリンクが張られています。

BNAを参照している記事例
Swithland Reservoir
https://en.wikipedia.org/wiki/Swithland_Reservoir

1884 FA Cup Final
https://en.wikipedia.org/wiki/1884_FA_Cup_Final

“Europeana Newspapers”プロジェクトのプロモーション動画が公開

欧州のデジタル化新聞コンテンツを集約し提供する“Europeana Newspapers”プロジェクトについて、プロモーション動画が公開されていました。

プロモーション動画
http://vimeo.com/100313926

“Europeana Newspapers”
http://www.europeana-newspapers.eu/

Europeana Newspapers on the big screen(2014/7/9付け)
http://www.europeana-newspapers.eu/europeana-newspapers-on-the-big-screen/
※プロモーション動画掲載

Via.
Learn More: New Promo Video About Europeana Newspapers (Digitisation and Access Project)(infoDOCKET, 2014/7/22付け)
http://www.infodocket.com/2014/07/22/learn-more-promo-video-for-europeana-newspapers-digitisation-and-access-project/

参考:

7月 22日

国公私立大学図書館協力委員会事務局、大学刊行の定期刊行物に関する著作権法第31条第1項第1号の「発行後相当期間」の扱いを決定

2014年7月1日付けで、大学刊行の定期刊行物に関する著作権法第31条第1項第1号の「発行後相当期間」の扱いについて、国公私立大学図書館協力委員会、大学図書館著作権検討委員会による決定が私立大学図書館協会のウェブサイトで公表されています。

著作権法第31条第1項第1号の「発行後相当期間」の扱いについて、これまでは「次号が既刊となったもの、または発行後3カ月を経たもの」としていた運用を、大学図書館において、大学刊行の定期刊行物については、原則として各館が受け入れた時点とする、という運用が示されています。

具体的には、大学図書館においては、紀要等の大学が刊行する定期刊行物について、
1.大学が刊行する定期刊行物については,各大学図書館が受入した時点で「発行後相当期間」を経過したものとみなす。ただし,以下に該当するものは除く。
(1) 販売されているもの
(2) 著作権等管理事業者に権利委託されているもの
(3) 著作権等を学会等の大学以外が有しているもの
2.図書館間協力によって文献複写の依頼があった場合,前項と同様とする。
と扱うこととされています。

英国図書館のウェブアーカイブ事業:“忘れられる権利”をめぐるEU司法裁判所裁定による大きな方針変更はなし、とのコメント

英国図書館(BL)のウェブアーカイブ事業に関するブログにおいて、2014年7月21日、“A right to be remembered”と題する記事が掲載されています。同館のHelen Hockx-Yu(Head of Web Archiving)氏によるものです。

同記事では、2014年5月13日に出された“忘れられる権利”をめぐるEU司法裁判所裁定に関し、同館のウェブアーカイブ事業についてはこれによる重大な方針変更はない旨が示されています。ただし、特に個人の名前をベースにする索引やカタロギング、情報源の発見に関して、実践と手続きの面についてのレビューを行うとしています。

A right to be remembered(British Library, 2014/7/21付け)
http://britishlibrary.typepad.co.uk/webarchive/2014/07/a-right-to-be-remembered.html

関連:
Notice and Takedown
http://www.bl.uk/aboutus/legaldeposit/complaints/noticetakedown/

参考:

英JISC Collections、ジャーナルの総所有コストについての調査結果を公表

2014年7月21日、英JISC Collectionsが、ジャーナルの総所有コストについての調査についてのレポートと調査データを公開しました。英国の24の高等教育機関を対象に、Information Power Ltdと協力して、購読契約と論文出版加工料(APC)の費用について調査したものとのことです。

Releasing open data about the Total Cost of Ownership(JISC Collections, 2014/7/21)
https://www.jisc-collections.ac.uk/News/Releasing-open-data-about-Total-Cost-of-Ownership/

Jisc Collections on Total Cost of Ownership Project: Data Capture and Process(Jisc Collections)
https://www.jisc-collections.ac.uk/Global/News%20files%20and%20docs/IPL-Jisc-Total-Cost-of-Ownership-Data-Capture-Report.pdf

ページ