アーカイブ - 2014年 7月 7日

図書館パフォーマンス指標 ISO 11620が改訂

2014年5月27日、図書館パフォーマンス指標であるISO 11620“ Library performance indicators”が改訂されました。

この指標は、あらゆる国のあらゆる種類の図書館に適用可能であるとされています。ただし、すべての指標がすべての図書館に適用できるわけではなく、個々の指標毎に制限が示されているとのことです。パフォーマンス指標は、主に同じ図書館での経時的な比較に使用されるものとのことです。

なお、対応するJIS規格の最新版は、JISX0812:2012“図書館パフォーマンス指標”で、ISO 11620:2008を基にしています。

ISO 11620:2014 Library performance indicators
http://www.iso.org/iso/home/store/catalogue_tc/catalogue_detail.htm?csnumber=56755

JIS検索(JISC)
http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html
※規格番号で検索してください。

関連:
ISO/TR 28118:2009 Performance indicators for national libraries

図書館のインパクト評価に関する ISO 16439:2014が刊行

国際標準化機構(ISO)が、図書館のインパクト評価の方法と手順に関する規格、ISO 16439:2014 Methods and procedures for assessing the impact of librariesを刊行していました。

ISO 16439:2014 Methods and procedures for assessing the impact of libraries
http://www.iso.org/iso/home/store/catalogue_tc/catalogue_detail.htm?csnumber=56756

ISO Publishes New Standard for Assessing the Impact of Libraries(ANSI, 2014/5/7付け)
http://www.ansi.org/news_publications/news_story.aspx?menuid=7&articleid=3943

関連:
New ISO 16439 – How to assess the impact and value of libraries
http://standardsforum.com/new-iso-16439-assess-impact-value-libraries/

オハイオ州のSandusky図書館が、ポータブルWi-Fiホットスポットの機器の貸出を開始

オハイオ州のSandusky Libraryが、ポータブルWi-Fiホットスポットの機器の貸出を開始したとのことです。同館のウェブサイトによると貸出期間は2週間、延滞の場合には1日あたり5ドルという条件のようです。報道によると、このサービスは、Dorn Foundationからの2年で5万ドルの資金提供により実現したもので、貸出用には24台の機器が用意されているとのことです。

なお、同館では2014年4月に“Roku”の貸出も開始しているようです。

Sandusky Library offering patrons portable Internet access(Register, 2014/7/5付け)
http://www.sanduskyregister.com/article/5839316

Sandusky Library
http://www.sandusky.lib.oh.us/

ハンドアウト
http://www.sandusky.lib.oh.us/documents/HotspotQuickStartGuide.pdf

via.

デジタル保存連合(DPC)が電子書籍の保存に関するレポートを公表

2014年7月3日、英国のデジタル保存連合(Digital Preservation Coalition)が電子書籍の保存に関するレポート“Preserving eBooks”を公表しました。

このレポートでは、電子書籍への長期的なアクセスを確保するため、現状や、図書館や出版者、アグリゲータ、保存機関が検討すべき課題をまとめているとのことです。電子書籍の所有、電子書籍販売のビジネスモデル、拡大する電子書籍の定義、デジタル著作権管理(DRM)、保存を支援するビジネスモデル、法定納本等の課題、また、フォーマット等の技術と規格、オランダ王立図書館や米国議会図書館などの事例がまとめられているようです。

Ensuring long-term access to digital publications by ‘Preserving eBooks.’(Digital Preservation Coalition, 2014/7/3付)
http://www.dpconline.org/newsroom/latest-news/1245-ensuring-long-term-access-to-digital-publications-by-preserving-ebooks

ディスカバリーツールの比較評価(文献紹介)

米国図書館協会(ALA)の図書館情報技術部会(LITA)が刊行している“Information Technology and Libraries”誌の第33巻第2号(2014)に、ディスカバリーツールの比較評価を行った記事“Evaluation and Comparison of Discovery Tools: An Update”が掲載されています。

2011-2012年に実施されたライダー大学図書館による北米におけるウェブスケール・ディスカバリーツールの調査を参考に、14の主要なディスカバリー・ツールを対象に、“次世代OPAC”としての特徴と考えられる16の基準(図書館のすべてのリソースをワンストップで検索できるか、GoogleやAmazonのような最先端のインタフェース、書影やレビューなども含んだ充実したコンテンツ等)について調査した結果をまとめたものとのことです。

Yahoo! Labs、Flickrで研究用のデータセットとして1億件の画像等をCCライセンスで公開

2014年6月24日、Yahoo! LabsがFlickrで約9,930万件の画像、約70万件の動画をYahoo! Webscopeの研究用のデータセットとして、CCライセンスで公開したと発表しています。

データセットは約12GBで、写真、JPEG画像のURL、ビデオのURLやタイトル、説明、カメラの種類やタグなどのメタデータも含まれているとのことです。また、4,900万件の写真には、ジオタグ(緯度と経度についての情報)が付与されているとのことです。Amazonのウェブサービスのプラットフォームを利用して提供されており、アクセスには無料の登録が必要とのことです。

One Hundred Million Creative Commons Flickr Images for Research
http://yahoolabs.tumblr.com/post/89783581601/one-hundred-million-creative-commons-flickr-images-for

I3 - Yahoo Flickr Creative Commons 100M(14G) (Hosted in AWS)
http://webscope.sandbox.yahoo.com/catalog.php?datatype=i&did=67

学術研究懇談会(RU11)、「大学における学術研究資源を活用した基盤の戦略的強化について(RU11緊急声明)」を発表

2014年7月4日、国内の11の大学からなる学術研究懇談会(RU11)は、「大学における学術研究資源を活用した基盤の戦略的強化について(RU11緊急声明)」を発表しました。

この声明は、大学における学術研究の継続が、今後の我が国の発展にとって極めて重要であることを改めて発信するもので、特に留意すべきこととして、次の2項目を提言しています。

(1) 国立大学の基盤財源としての運営費交付金の配分見直しについて
(2)大学院充実のための国公私立大学を通じた公募型事業について

大学における学術研究資源を活用した基盤の戦略的強化について(RU11緊急声明)(学術研究懇談会)
http://www.ru11.jp/blog/2014/07/04/proposal/

大学における学術研究資源を活用した基盤の戦略的強化について(RU11緊急声明)