アーカイブ - 2014年 7月 17日

【イベント】私立大学図書館協会、「デジタル化の取り組みと図書館間協力」をテーマとして2014年度国際図書館協力シンポジウムを開催(11/7・大阪)

私立大学図書館協会が、2014年度国際図書館協力シンポジウムについて、「デジタル化の取り組みと図書館間協力」をテーマとして開催するとのことです。開催日は2014年11月7日、会場は、関西大学千里山キャンパスです。

Anne Jarvis氏(ケンブリッジ大学図書館長)と、Huang Chen(黄晨)氏(浙江大学副図書館長、CADAL事務局長)による基調講演が予定されています。

2014年度 国際図書館協力シンポジウム(私立大学図書館協会、2014/7/16付け)
http://www.jaspul.org/collegium/cat4/#830

ダーウィンが乗船したビーグル号の図書室が所蔵していたと推測される図書コレクション、デジタル化公開

チャールズ・ダーウィンが1831年から1836年に乗船したビーグル号の図書室が所蔵していたと推測される図書コレクションが、シンガポール国立大学(National University of Singapore)の研究者らにより再構築され、“Darwin Online”で公開されました。ダーウィンが残したノートや図書コレクション、ビーグル号の船員たちが家族に宛てて送った手紙の内容等から、散逸し目録も残されていないビーグル号図書室の蔵書内容を推測したとのことです。

今回公開された図書は、ブリタニカ百科事典全20巻や、Jean-Baptiste LamarckやJames Cookによる著作等を含む404冊です。この冊数は、ビーグル号の船長が1826年に家族に宛てて送った手紙に記した蔵書数に近いとされています。

Charles Darwin's Beagle library
http://darwin-online.org.uk/BeagleLibrary/Beagle_Library_Introduction.htm

NUS historian re-constructs Charles Darwin’s Beagle Library online(NUS, 2014/7/15)

フランス国立図書館、2013年の活動内容の報告をウェブで公開

フランス国立図書館(BnF)が、2014年7月15日、2013年の活動報告をウェブサイトに公開しました。報告書は、コレクションやデジタル化などについて報告する6つの章と、10個の注目すべき事柄(Focus)の紹介から成っています。

Rapport d'activite 2013
http://webapp.bnf.fr/rapport/html/accueil.htm

PDF版
http://webapp.bnf.fr/rapport/pdf/rapport_2013.pdf

ニューヨーク公共図書館のマークス館長のインタビューが公開

ニューヨーク公共図書館のマークス(Anthony W. Marx)館長が、MetroFocusのインタビューに応じた動画(約9分)が公開されています。スティーブン・A・シュワルツマン図書館(Stephen A. Schwarzman Building)改修計画も言及されています。

MetroFocusのウェブサイトに、動画とともに、簡潔な要約といくつかの発言がが紹介されています。

President of the New York Public Library Discusses Past, Present and Future(METROFOCUS, 2014/7/16付け)
http://www.thirteen.org/metrofocus/2014/07/new-york-public-library-president/

総務省、情報通信白書平成26年版を公表:特集「ICTがもたらす世界規模でのパラダイムシフト」

総務省が、2014年7月15日から、情報通信白書平成26年版を公表しています。
第1部は「特集 ICTがもたらす世界規模でのパラダイムシフト」となっており、ICTの全世界的かつ生活のあらゆる局面での浸透と、それに伴う不可逆的な経済・社会的な変革を、パラダイムシフトととらえ、その進展状況と今後の動向を展望している、とのことです。

平成26年「情報通信に関する現状報告」(平成26年版情報通信白書)の公表(総務省、2014/7/15付け)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin02_02000073.html

情報通信白書
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/index.html

みんなで考える情報通信白書(Facebook)
https://www.facebook.com/MINNAdeICThakusho

参考:
総務省、『みんなで考える情報通信白書2014』として、SNSを活用した読者参加型企画を実施 Posted 2014年3月11日
http://current.ndl.go.jp/node/25674

カナダのアルバータ大学、データマネジメント計画(DMP)作成支援ツール、“DMP Builder”を作成

2014年7月11日、カナダのアルバータ大学が研究データマネジメント計画(DMP)の作成を支援するウェブベースのツール、“DMP Builder”を作成しました。

カナダの研究コミュニティを対象としたツールで、カナダの研究会議への助成申請のためのデータマネジメント計画で使用されることを想定しているとのことです。英国のDDCのプロジェクトによる、オープンソースのDMP Online"をもとにして作成されたとのことです。

A Tool for Data Management Plans(University of Alberta)
https://dmp.library.ualberta.ca/

University of Alberta launches DMP Builder : A Web-based Tool to Help Prepare Data Management Plans(Canadian Community of Practice for Research Data Management in Libraries, 2014/7/11)

ORCIDとDataCiteが覚書を締結

2014年7月16日のDataCiteのウェブサイトで、研究者に識別子を与える国際組織ORCIDとDataCite(International Data Citation Initiative:国際データ引用イニシアティブ)が覚書を締結したことが発表されています。

両者は、協力してデータや研究者のメタデータスキーマの改善や調整を行い、相互運用可能なオープンソースのAPIの開発や、相互のサービスの補完に取組むとのことです。

なお、両者は、2012年9月から、相互リンクを進めるプロジェクトODIN(ORCID and DataCite Interoperability Network)でも協力をしてきたとのことです。

ORCID and DataCite sign an MoU(DataCite, 2014/7/16)
http://www.datacite.org/node/131

参考:
E1537 - 研究データへの識別子付与と引用可能性向上:DataCiteの活動
カレントアウェアネス-E No.254 2014.02.20
http://current.ndl.go.jp/e1537

CA1740 - 動向レビュー:著者の名寄せと研究者識別子ORCID / 蔵川 圭
カレントアウェアネス No.307 2011年3月20日