アーカイブ - 2014年 5月 20日

米Cultural Anthropology誌の2014年5月号でオープンアクセス特集

米国の文化人類学会(Society for Cultural Anthropology)が発行する雑誌Cultural Anthropology誌の2014年5月号(29巻2号)で、オープンアクセスに関する特集が組まれています。同誌は2014年2月号(29巻1号)からオープンアクセスに移行していました。特集中に含まれる記事は以下のとおりです。

Editors’ Introduction: Open Access
by Anne Allison and Charles Piot

Beyond Copyright and Technology: What Open Access Can Tell Us about Precarity, Authority, Innovation, and Automation in the University Today
by Christopher Kelty

Reason, Risk, and Reward: Models for Libraries and Other Stakeholders in an Evolving Scholarly Publishing Ecosystem
by Kevin Smith and Paolo Mangiafico

Anthropology and Open Access

IMLSが米国における活動継続中の博物館数に関する推計を発表 1990年代から倍増

2014年5月19日、米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)が、米国で現在活動継続中の博物館数に関する推計を発表しました。

発表によれば35,144の博物館が活動中であり、これは1990年代の同様の推計(17,500館)の2倍以上であるとのことです。各博物館のデータは” Museum Universe Data File”と題してオンライン公開されています。

Government Doubles Official Estimate: There Are 35,000 Active Museums in the U.S.(IMLS、2014/5/19付け)
http://www.imls.gov/government_doubles_official_estimate.aspx

Museum Universe Data File(IMLS)
http://www.imls.gov/research/museum_universe_data_file.aspx

New IMLS Estimate: There Are 35,144 Active Museums in the U.S., Doubling Official Estimate From 1990s(LJ INFOdocket、2014/5/19付け)

オーストラリア国立図書館がWikipediaと連携 オーストラリア関連記事のノートページに「図書館員に聞く」リンクを設置

2014年5月14日、オーストラリア国立図書館とWikiProject Australiaが連携し、Wikipedia英語版のオーストラリア関連記事のノート(Talk)ページに「図書館員に聞く」(”Ask a librarian”)リンクを設置する試みを始めたことが発表されました。

WikiProject AustraliaはWikipedia英語版におけるオーストラリア関連記事の収録範囲拡大や記事内容の改善を図るプロジェクトです。新たに設置された「図書館員に聞く」リンクをクリックすると、オーストラリア国立図書館のオンラインレファレンスへと案内され、質問者の国籍に関わらず記事執筆に必要な内容を尋ねることができます。質問にはオーストラリア国立図書館のResearch librarianが、1件あたり最大1時間までかけて対応するとのことです。

'Ask a librarian'—connecting Wikimedians with the National Library of Australia; watch 'Cracking Wikipedia'(Wikipedia Signpost、2014/5/14付け)

グルジア国立議会図書館に視覚障害児向けのオーディオブックが寄贈

グルジア国立議会図書館(National Parliamentary Library of Georgia)がNGO“Mariani”から視覚障害のある児童向けのオーディオブックの寄贈を受けたとのことです。

これらの音源は、NGO“Civic Initiative”と“Mariani”が“Audio Books for Blind and Visually Impaired Children”プロジェクト内で作成しているもので、グルジア国立図書館が所蔵する児童文学作品のボランティアによる朗読が録音されています。視覚障害のある児童に対し、無料で提供されるとのことで、グルジア国立図書館のウェブサイトに掲載されるようです。

Audio Books Are Donated to the National Library(National Parliamentary Library of Georgia, 2014/5/16付け)
http://www.nplg.gov.ge/eng/news/erovnul_biblioTekas_saCuqrad_audiowignebi_gadaeca/id1328

オープンライセンスポリシーの策定等を支援する”Open Policy Network”設立

2014年5月19日、米Creative Commonsや米SPARC等が参加する新たな連合、Open Policy Network(OPN)の設立が発表されました。

OPNはCreative Commonsの行ってきたオープンポリシーに関する活動を母体とするもので、その目的は、公的資金の助成を受けた成果についてはオープンライセンスで提供するよう求めるポリシーの策定等を支援・推進することとされています。

OPNの最初の活動として、教育・科学分野等のリーダーを対象にオープンライセンスやポリシーに関する研修を行う”Institute for Open Leadership (IOL)”を実施することもあわせて発表されています。

Launch of the Open Policy Network(Open Policy Network、2014/5/19付け)
http://staging.openpolicynetwork.org/launch-of-the-open-policy-network/

About(Open Policy Network、2014/5/19付け)
http://staging.openpolicynetwork.org/about/

Library as Incubator Projectから生まれた本“The Artist's Library: A Field Guide”が刊行

“Library as Incubator Project”(芸術のインキュベーターとしての図書館プロジェクト)のLaura Damon-Moore氏とErinn Batykefer氏の二人が作成を進めてきた書籍“The Artist's Library: A Field Guide”が刊行されたようです。

Coffee House Pressのウェブサイトでは、その一部抜粋が無料でダウンロードできるようになっており、また両氏のトークを中心とする関連動画が公開されています。

The Artist's Library (Coffee House Press)
http://coffeehousepress.org/shop/the-artists-library/
※動画、一部抜粋掲載

Our Book!(Library as Incubator Project、2014/5/11付)
http://www.libraryasincubatorproject.org/?page_id=13596

Website, book highlight creative uses of libraries(The Cap Times, 2014/5/15付け)

全豪で同時にストーリータイム:14回目の“National Simultaneous Storytime”開催

2014年5月21日午前11時から、14回目となる“National Simultaneous Storytime”(NSS)が開催されるとのことで、その情報がオーストラリア図書館協会(ALIA)から発表されています。今回は、Ursula Dubosarskyの“Too Many Elephants in this House”を読むそうで、学校、図書館、幼稚園、書店など、2,300か所で41万人の子どもがこのイベントに参加する予定のようです。また、オーストラリアの公共放送局のSBSの協力により英語以外の13の言語(日本語を含む)のオーディオブックも作成したとのことです。

なお、2013年のNSSは2,500か所で行われ、43万人の参加があったそうです。

Australia’s biggest single storytelling session, 11am on Wednesday 21 May 2014(2014/5/16付け)
https://www.alia.org.au/media-releases/australia%E2%80%99s-biggest-single-storytelling-session-11am-wednesday-21-may-2014

オーストラリアのお気に入りの図書館No.1は?“Australia’s Favourite Library”が発表

オーストラリアで今年初めて開催されていた、利用者がお気に入りの図書館を選ぶキャンペーン“Australia's Favourite Library”について、投票の結果が発表されました。このキャンペーンは、2月の“Library Lovers's Day”にあわせて開始され、5月19日から始まる“Library and Information Week”の初日に結果が発表されたものです。投票総数は22万3,768票で、ビクトリア州のSandringham Libraryがトップとなったとのことです。この他、部門別のトップも発表されています。

Library and Information Week and Australia’s Favourite Library(ALIA, 2014/5/19付け)
https://www.alia.org.au/media-releases/library-and-information-week-and-australia%E2%80%99s-favourite-library

Australia’s Favourite Library
https://www.alia.org.au/ausfavlib

報道:

文化審議会による国宝・重要文化財の指定についての答申:神戸女学院の図書館を含む12棟も重要文化財に

2014年5月16日、文化審議会が、2件の建造物(新規2件)を国宝に、また9件の建造物(新規7件、追加2件)を重要文化財に指定することを文部科学大臣に答申したと、文化庁が発表しています。W.M.ヴォーリズ設計による神戸女学院の図書館など12棟が意匠的に優秀なものとして含まれています。

国宝・重要文化財(建造物)の指定について(文化庁、2014/5/16付け)
http://www.bunka.go.jp/ima/press_release/pdf/kokuhojuyobunkazai.pdf

本学院の校舎12棟が「国の重要文化財」指定に関する答申を受けました(神戸女学院大学、2014/5/16付け)
http://www.kobe-c.ac.jp/files/dtl/hm_0000001320.html