アーカイブ - 2014年 5月 14日

丸善と京セラ丸善システムインテグレーション、大学図書館向け電子図書館サービスを提供開始へ

丸善株式会社と京セラ丸善システムインテグレーション株式会社が、2014年6月から、大学図書館向け電子図書館サービスの提供を開始することをアナウンスしています。8大学合同大学図書館電子学術書共同利用実験などで使用されているBookLooperを電子図書館配信プラットフォームとして提供するとのことです。また、丸善は、電子書籍閲覧サービス「Maruzen eBook Library」に搭載された12,000タイトルについて、順次出版社より許諾を得て「BookLooper」で提供するとのことです。

丸善、KMSI大学図書館向け電子図書館サービスを提供開始~学術・研究機関に特化した豊富な電子コンテンツで次世代図書館を目指す~(京セラ丸善システムインテグレーション、2014/5/14付け)
http://www.kmsi.co.jp/press/2014-05-14.html

沖縄県公文書館による「琉球政府文書デジタルアーカイブズ推進事業」

沖縄県公文書館が行う、琉球政府時代の公文書をデジタル化し公開する「琉球政府文書デジタルアーカイブズ推進事業」について、2014年4月30日付けの琉球新報の記事で紹介されています。記事によると、同館では約16万点の琉球政府文書が保存されており、そのうち約13万点がデジタル化される見込みとのことです。2015年4月に一部文書の公開を開始する予定とのことです。

琉球政府文書の電子化進む 来年4月ネット公開(琉球新報, 2014/4/30)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-224532-storytopic-1.html

沖縄県公文書館
http://www.archives.pref.okinawa.jp/

「琉球政府文書デジタル・アーカイブ推進事業」の取材(沖縄県公文書館 業務日誌, 2014/4/22)
http://www.archives.pref.okinawa.jp/publication/2014/04/422.html

参考:
沖縄県公文書館、16万簿冊の琉球政府文書から一部をデジタル化して試行公開
Posted 2013年2月6日
http://current.ndl.go.jp/node/22846

E1404 - 米国統治時代の沖縄関係資料の現地収集及びウェブ公開の意義

図書館で昼寝を。ミシガン大学図書館が“昼寝ステーション”を試験導入

米国のミシガン大学図書館で、“昼寝ステーション”(Napping Stations)が試験的に導入されているそうです。この昼寝ステーションは、学部学生向けの図書館Shapiro Undergraduate Libraryの1階に設置され、折り畳み式の簡易ベッド、使い捨ての枕カバー、ロッカーなどが用意されているとのことです。また、睡眠障害の学業への悪影響の対策を考慮したもので、睡眠時間は30分までときめられているそうです。

このスペースの導入にあたっては、同大学の学生自治体(Central Student Government:CSG)が支援しており、CSGが教員や同大学の睡眠障害センター(Sleep Disoders Center)の協力を得るなどして実現したものとのことです。

New Napping Station Draws Media Interest(M Library News, 2014/5/8付け)
http://www.lib.umich.edu/news/new-napping-station-draws-media-interest

メディア;
CSG implements first napping station in UGLi(Michigan Daily, 2014/4/28付け)

LYRASISのFOSS4LIBで、オープンソース統合図書館システムの機能比較ツールを運営

米国の図書館ネットワークLYRASISでは、図書館で使われるオープンソースソフトウェアに関する情報サイト“FOSS4LIB”を開設していますが、このコンテンツとして、オープンソース統合図書館システム(ILS)の機能比較ツールを運営することを公表しています。

この機能比較ツールは、もともとは2012年にGalecia Groupにより作成されたもので、オープンソースILSのKohaとEvergreenの機能を比較するものです。アナウンスによると、今後数か月のうちに他のソフトウェアパッケージとの比較も可能にしていく計画のようです。

LYRASIS to Manage Open Source ILS Feature Comparison Tool(LYRASIS, 2014/5/13付け)
https://foss4lib.org/article/2014/may/lyrasis-manage-open-source-ils-feature-comparison-tool

Open Source ILS Feature Comparison Tool
http://ils.foss4lib.org/

関連:
Galecia Group(About)
http://galecia.com/content/about

参考:

フロリダ大学図書館が米国デジタル公共図書館(DPLA)のコンテンツ・ハブに

2014年5月13日、フロリダ大学図書館が米国デジタル公共図書館(DPLA)のコンテンツ・ハブとなったことが発表されました。フロリダ大学図書館所蔵の古地図や貴重書、写本、写真等、390,000件以上のデータがDPLAより利用できるようになるとのことです。

DPLA Announces Partnership with the George A. Smathers Libraries at the University of Florida, Bringing Nearly 400,000 New Items into its National Collection (DPLA, 2014/5/13)
http://dp.la/info/2014/05/13/university-of-florida-content-hub-announcement/

現在のDPLAのContent Hubのリスト
http://dp.la/info/about/hubs/

University of Florida Digital Collections (UFDC)
http://ufdc.ufl.edu/

参考:
米国デジタル公共図書館(DPLA)、公開から1年
Posted 2014年4月18日

国連のポスト2015開発アジェンダに、文化に関するターゲットと指標を盛り込むことを求めるキャンペーン

国連のポスト2015開発アジェンダについて、文化に関するターゲットと指標を確実に盛り込まれるようにすることを求めるキャンペーンが、国際アーツカウンシル・文化機関連盟(IFACCA) 、都市・自治体連合文化委員会(UCLG’s Committee on Culture)の「文化のためのアジェンダ21」(Agenda 21 for culture)、文化多様性国際連盟(IFCCD)、Culture Action Europe、Arterial Network、国際音楽評議会(IMC)、国際記念物遺跡会議(ICOMOS)により開始されています。

2014年5月1日付で、“Declaration on the Inclusion of Culture in the Sustainable Development Goals”が公表されています。

#cultre2015goal
http://www.culture2015goal.net/

Declaration on the Inclusion of Culture in the Sustainable Development Goals(1 May 2014)
http://www.culture2015goal.net/index.php/home/declaration

Via.

西欧、北欧、南欧でのIFLA/PAC地域センターの募集が開始

IFLA/PAC(IFLA Strategic Programme on Preservation and Conservation)に関し、世界各地に設置されている地域センターについて、西ヨーロッパ、北ヨーロッパ、南ヨーロッパの地域センター設置にむけ募集が開始されています。締め切りは2014年6月13日で、2014年7月にも新しいセンターが決定される予定とされています。

Call for a IFLA Preservation and Conservation (PAC) Centre for Western, Northern and Southern Europe(IFLA, 2014/5/12付け)
http://www.ifla.org/node/8603

Call for a new Preservation and Conservation Centre for Western, Northern and Southern Europe
http://www.ifla.org/files/assets/pac/paccentrecallwsneurope.pdf

参考:
IFLA/PACアジア地域センター(国立国会図書館)

福井県立図書館、「街角ストレスチェックin県立図書館」を毎月実施:アロマハンドマッサージ体験も

福井県立図書館が、医療健康コーナーの関連企画として、「街角ストレスチェックin県立図書館」を、2014年5月から2015年3月までの期間、毎月実施するそうです。福井県総合福祉相談所の心理療法士等による「ストレスチェック」、同じく福井県総合福祉相談所の心のケア支援員の「アロマハンドマッサージ・ハーブティーのリラックス体験」が予定されています。

東京都立多摩図書館の「東京マガジンバンク」、開設5周年:メッセージを募集

2009年5月1日に東京都立多摩図書館に開設され、雑誌による専門的情報サービスを提供している「東京マガジンバンク」について、5周年を迎えたことがアナウンスされています。5周年に際して、「私はこんな使い方をしたことがある」、「マガジンバンクのこんなところが役に立った」等の経験談・メッセージを募集しているそうです。

東京マガジンバンクは開設5周年を迎えました。(東京都立図書館)
https://www.library.metro.tokyo.jp/tabid/3918/Default.aspx

参考:
東京都立多摩図書館、リニューアルし「東京マガジンバンク」を設置
Posted 2009年5月1日
http://current.ndl.go.jp/node/12759

国立情報学研究所と国公私立大学図書館協力委員会の連携・協力推進会議、ウェブサイトを開設

国立情報学研究所と国公私立大学図書館協力委員会とが設置している連携・協力推進会議(推進会議)がウェブサイトを開設しました。

この推進会議は、「大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所と国公私立大学図書館協力委員会との連携・協力の推進に関する協定書」に基づき設置されているものです。

連携・協力推進会議
http://www.nii.ac.jp/content/cpc/

協定書、要綱等の掲載ページ
http://www.nii.ac.jp/content/cpc/org/

via.
連携・協力推進会議ウェブサイトの開設について(私立大学図書館協会, 2014/5/12付け)
http://www.jaspul.org/news/2014/05/post-19.html