アーカイブ - 2014年 4月

4月 30日

岩手県立図書館、展示「すすめ!三陸鉄道―東日本大震災と鉄道―」を開催

2014年4月1日から6月29日まで、岩手県立図書館で展示「すすめ!三陸鉄道―東日本大震災と鉄道―」を開催しています。三陸鉄道全線開通に合わせて、三陸鉄道の歴史や震災時の被害状況から全線開通までの軌跡を紹介しているとのことです。

この展示は、2014年7月1日から8月28日の後期の開催も予定されているとのことです。

「すすめ!三陸鉄道―東日本大震災と鉄道―」のお知らせ(岩手県立図書館, 2014/3/18付)
http://www.library.pref.iwate.jp/info/evecale/event/20140401_santetu.html

参考:
岩手県立図書館、東日本大震災関連の展示“「1097歩」~3年目の市町村~”を開催
Posted 2013年12月24日
http://current.ndl.go.jp/node/25138

図書館振興財団、平成26年度提案型事業「郷土資料・貴重資料等のデジタル化および公開事業」を公募(募集期間:2014年5月12日から7月11日まで)

2014年5月12日午前9時からから7月11日午後5時までの期間、図書館振興財団が、平成26年度提案型事業「郷土資料・貴重資料等のデジタル化および公開事業」を公募すると発表しています。

地域資料等のデジタル化・公開事業
http://www.toshokan.or.jp/jigyou/digital.php

公益財団法人図書館振興財団 平成 26 年度提案型助成事業 募集要項
http://www.toshokan.or.jp/jigyou/H26teianjyoseiyoukou.pdf

公益財団法人図書館振興財団 平成26年度提案型助成事業申請要領
http://www.toshokan.or.jp/jigyou/H26teianjyoseisinsei.xls

いわて高等教育コンソーシアム、シンポジウム録「東日本大震災の検証と来るべき震災の備えへの提言」を公開

いわて高等教育コンソーシアムのウェブサイトで、2013年3月16日、17日に開催された、いわて高等教育コンソーシアム大学等における地域復興のためのセンター的機能整備事業シンポジウム「東日本大震災の検証と来るべき震災への備えへの提言—資料保存と救済のあり方から」の記録が2014年3月27日付で刊行されていました。

シンポジウムは、下記の3部で構成されており、記録も同様の構成となっています。
第1部「文化財・資料」の保存と救済の連携はどうあるべきか-国・地方公共団体・民間ネットワーク-」
第2部「公文書保存のあり方」
第3部「震災に際しての図書館」

いわて高等教育コンソーシアムの刊行物
http://www.ihatov-u.jp/kankou/index.html

"BIBFRAME Relationships"の仕様の草案が公開、意見募集中

2014年4月25日付で、“BIBFRAME Relationships”の仕様の草案が公開され、草案への意見が募集されています。BIBFRAMEは、米国議会図書館(LC)によって検討が進められている新しい書誌フレームワークです。今回意見が募集されている、“BIBFRAME Relationships”は、同一BIBFRAME内の、また、BIBFRAME間の「著作(Work)」と「インスタンス(Instance)」の関連についての仕様とのことで、Work to Work、Work to Instance、Instance to Work、Instance to Instanceの4種類について取り扱われているようです。

また、2014年4月28日付で、“BIBFRAME Authorities”の仕様の更新版も公開されています。

BIBFRAME Relationships Draft Specification (2014/4/25付)
http://www.loc.gov/bibframe/docs/bibframe-relationships.html

BIBFRAME Authorities Draft Specification (2014/4/28付)

公的助成を受けた研究データを可視化するコンテスト"Visualising Research"の受賞作品が決定(英国)

2014年4月28日、英国図書館(BL)がバイオテクノロジー・生物学研究会議(Biotechnology and Biological Sciences Research Council:BBSRC)、及び英国芸術・人文科学研究会議(Arts and Humanities Research Council:AHRC)とともに、英国の公的資金を得ている研究データを国民に分かりやすく魅力的に可視化するコンテスト“Visualising Research”の受賞作品を発表しました。

関連して行われている、展示“Beautiful Science”のイベントの一つとして発表されたようです。

プロフェッショナル部門では、ÜberResearchが受賞し、分野毎の円の位置と色、面積で助成の配分の状況を可視化した“Visual Funding Portfolios”が選ばれています。一般部門では、“Three Men and a Stato”による、“Feeding the Public Mind”が選ばれています。公的助成を受けた研究データのポータルである“Gateway to Research”を通じて得られる情報の深さや広がりを頭脳をモデルにして表現したものとのことです。いずれの作品もオンラインで公開されています。

RDA Toolkitの改訂版がリリース

2014年4月22日、RDA Toolkitの改訂版がリリースされました。

今回のリリースは、2013年11月に開催された、RDA開発合同運営委員会(Joint Steering Committee for Development of RDA:JSC)で承認された事項を反映するものとのことです。

RDA Toolkit Release(RDA, 2014/4/22付)
http://www.rdatoolkit.org/development/April2014release

Joint Steering Committee for Development of RDA:JSC Working Document
http://www.rda-jsc.org/working2.html

Joint Steering Committee for Development of RDA
Meeting to be held 4-8 November 2013
http://www.rda-jsc.org/docs/6JSC-A-3-rev-2.pdf
※2013年11月に開催されたJSCのアジェンダ

参考:
E1480 - 北米図書館でのRDA実践に関する調査報告
カレントアウェアネス-E
No.245 2013.09.26

国立国会図書館、「地域活性化志向の公共図書館における経営に関する調査研究(図書館調査研究リポートNo.15)」を刊行

国立国会図書館(NDL)は、に『図書館調査研究リポート』No.15として「地域活性化志向の公共図書館における経営に関する調査研究」を刊行しました。カレントアウェアネス・ポータル上でPDF版を公開しています。

国内4機関(紫波町図書館、東松島市図書館、田原市中央図書館、東近江市立八日市図書館)及び海外1機関(米ピッツバーグ・カーネギー図書館)における、新しいサービスへの取組事例の報告、及びそれらの成立条件に関する経営的観点からの分析等が示されています。

No.15 地域活性化志向の公共図書館における経営に関する調査研究
http://current.ndl.go.jp/report/no15

参考:
国立国会図書館、「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」(図書館調査研究リポートNo.14)を刊行 Posted 2013年4月1日
http://current.ndl.go.jp/node/23227

OCLC、“WorldCat Works”をLinked Dataで正式リリース

OCLCが、2014年4月28日付けで、“WoldCat Works”をLinked Dataで公開したことをアナウンスしています。1億9,700万件の著作に関する記述が公開されたそうです。アナウンスでは例として、ガンジーの自伝“Story of my experiments with truth”が提示されています。

OCLC releases WorldCat Works as linked data(OCLC, 2014/4/28付け)
http://oclc.org/en-US/news/releases/2014/201414dublin.html

例:Story of my experiments with truth
http://experiment.worldcat.org/entity/work/data/1151002411.html

Data Strategy and Linked Data
http://oclc.org/en-US/data.html

OCLC Linked Data
http://oclc.org/developer/develop/linked-data.en.html

関連:

「知的財産推進計画2014」の策定に向けて意見募集

内閣の知的財産戦略本部が2014年4月28日から5月16日までの間、「知的財産推進計画2014」の策定に向けた意見募集を行っています。知的財産戦略本部では、産業財産権分野に関して、(1)職務発明制度の見直し、(2)営業秘密保護の強化、(3)中小・ベンチャー企業等における知的財産活動の支援強化を、コンテンツ分野に関して、(4)アーカイブに関する取組の強化、(5)音楽産業をモデルケースとしたコンテンツの海外展開を重点施策として選定しているとのことです。 このうち、(2)、(3)、(4)、(5)の4分野については、タスクフォースを開催し、検討を進め、報告書を公開しています。このタスクフォースの報告書について、意見募集が行われています。

「知的財産推進計画2014」の策定に向けた意見募集(首相官邸, 2014/4/28付)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/ikenbosyu/2014keikaku/bosyu.html

アーカイブに関するタスクフォース報告書
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/ikenbosyu/2014keikaku/b3.pdf

参考:
知的財産戦略本部に、「アーカイブに関するタスクフォース」報告書が提出
Posted 2014年4月21日

Coldplay、手書きの歌詞を世界のどこかの図書館の本の中に隠したことを発表

2014年4月28日、英国のロックバンドであるColdplayが、5月発売予定のアルバム"ghost stories"収録曲の手書き歌詞を、世界中のどこかの図書館のゴースト・ストーリーの中に隠したことを発表しました。全部で9枚の歌詞が9か国の図書館に隠されており、そのうち1枚には7月1日にロンドンで行われるColdplayのコンサートへの無料招待券がついているとのことです。現在までに、9枚中4枚がメキシコやシンガポール、フィンランド、スペインで見つかっており、スペインで発見された歌詞には招待券がついていたとのことです。

ColdplayのTwitterアカウントでは隠し場所に関するヒント等が発表されています。

Ghost Stories lyrics hidden in libraries worldwide(Coldplay Ghost Stories, 2014/4/28)
http://www.coldplay.com/newsdetail.php?id=1531&page=1

Coldplay(Twitter)
https://twitter.com/coldplay

OCLC Research、保存メタデータの品質の分析等に関する事業“Preservation Health Check”の第1フェーズのレポートを公表

OCLCの研究開発部門であるOCLC Researchが、2014年4月付で“Preservation Health Check: Monitoring Threats to Digital Repository Content”と題するレポートを公開しています。このレポートは、OCLC ResearchとOpen Planets Foundation(OPF)が実施している、保存メタデータの品質の分析及びその保存リスクの評価メタデータとしての活用に関する事業“Preservation Health Check”の第1フェーズの成果として公開されたものです。

レポートでは、PREMISの保存メタデータが、保存を脅かす兆候を評価するうえでとして活用できることが示唆されているようです。

Preservation Health Check: Monitoring Threats to Digital Repository Content
http://oclc.org/research/publications/library/2014/oclcresearch-preservation-health-check-2014.html

PDF本体

英国図書館、セント・パンクラス館の“Newsroom”が正式公開

2014年4月28日、英国図書館(BL)のセント・パンクラス館の“Newsroom”が正式に公開され、公開イベントが開催されました。Newsroomでは、デジタル化された新聞アーカイブや、40,000プログラム以上のテレビやラジオのニュースコレクション等が利用できるとのことです。また、利用頻度の高い新聞15タイトルのマイクロフィルムは開架となっており、その他の新聞等の約630,000リールのマイクロフィルムも依頼後70分以内に利用可能とのことです。

ウエストヨークシャー州ボストンスパにあるNewspaper Storage Building (NSB) への移送作業のため利用休止となっているマイクロフィルムやデジタルデータのない紙媒体の新聞は、2014年秋から、依頼後48時間以内に利用できるようになるとのことです。

Unlocking the nation’s memory – British Library Newsroom officially opened(BL, 2014/4/28)
http://pressandpolicy.bl.uk/Press-Releases/Unlocking-the-nation-s-memory-British-Library-Newsroom-officially-opened-69a.aspx

【イベント】シンポジウム「デジタル技術がもたらす世界と知の将来―バイエルン州立図書館の挑戦」(6/10・東京)

2014年6月10日、国立国会図書館東京本館においてシンポジウム「デジタル技術がもたらす世界と知の将来―バイエルン州立図書館の挑戦」が開催されます。

同シンポジウムでは、国立国会図書館のデジタル事業への取組みについての報告に続き、以下の講演が行われる予定です。

【講演1】デジタル図書館のための革新的なユーザ・サーヴィス、バイエルン州立図書館の実例から
クラウス・サイノーヴァ バイエルン州立図書館副館長
【講演2】ミュンヘンデジタル化センターと類似画像検索
マルクス・ブラントゥル ミュンヘン・デジタル化センター長
【講演3】東京大学新図書館計画「アカデミック・コモンズ」の目指すもの
石田英敬 東京大学総合文化研究科教授/東京大学附属図書館副館長

なお、6月9日(月)19時から東京ドイツ文化センター図書室において、関連のイベント「デジタル生活世界における知―図書館の役割」も開催されます。

シンポジウム「デジタル技術がもたらす世界と知の将来―バイエルン州立図書館の挑戦」 (国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20140610sympo.html

デジタル生活世界における知 - 図書館の役割(ドイツ文化センター)

「地域活性化志向の公共図書館における経営に関する調査研究」(図書館調査研究リポートNo.15)を公開しました。

国立国会図書館(NDL)は、『図書館調査研究リポート』No.15として「地域活性化志向の公共図書館における経営に関する調査研究」を刊行しました。カレントアウェアネス・ポータル上でPDF版を公開しています。

どうぞご活用ください。

「地域活性化志向の公共図書館における経営に関する調査研究」(図書館調査研究リポートNo.15)
http://current.ndl.go.jp/report/no15

参考:
E1547 - 公共図書館における地域活性化サービスの創造<報告> カレントアウェアネス-E No.256 2014.03.27
http://current.ndl.go.jp/e1547

第61回日本図書館情報学会研究大会シンポジウムの講演スライド等が公開

2014年4月8日、2013年10月13日に開催された第61回日本図書館情報学会研究大会シンポジウム「これからの図書館情報学教育を考える」の講演スライド等が日本図書館情報学会のウェブサイトで公開されました。

第61回日本図書館情報学会研究大会シンポジウム
http://www.jslis.jp/conference/2013Autumn.html
※ページの最下部です。
※同サイトの案内によると、コピー、印刷不可とのことです。

シンポジウム 概要説明
http://www.jslis.jp/conference/2013JSLIS_Conference_Ishita.pdf

「日本の図書館関連資格に関する歴史的経緯と文部科学省の動向」大谷康晴氏
http://www.jslis.jp/conference/2013JSLIS_Conference_Otani.pdf

「司書資格との比較を通して見た管理栄養士制度成立の特徴」青柳英治氏
http://www.jslis.jp/conference/2013JSLIS_Conference_Aoyagi.pdf

「海外の図書館情報学教育の動向」三輪眞木子氏
http://www.jslis.jp/conference/2013JSLIS_Conference_Miwa.pdf

参考:

4月 28日

COARが"Aligning Repository Networks Meeting 2014"における最終報告書を公開

2014年4月25日、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)が3月20日、21日にローマで開催した"Aligning Repository Networks Meeting 2014"における最終報告書を公開しました。この会議において、COARとオーストラリア、カナダ、中国、欧州、南米、北米のいくつかの主要なリポジトリネットワークの代表が、共有のビジョンや公開原則、持続可能性、相互運用性などで同意し、更に、技術的相互運用性とポリシー、サービスの観点から、共同で活動を開始する多数の重点分野を確認したとのことです。重点分野での活動を開始するために、COARは"Strategic Committee for Aligning Repository Networks"を設立したとのことです。

COAR Launches Strategic Initiative to Align Repository Networks(COAR,2014/4/25)
https://www.coar-repositories.org/news-media/coar-launches-strategic-initiative-to-align-repository-networks/

ポートワシントン公共図書館のスタッフが“Happy”で踊る動画:外に出て一日を楽しもう、図書館へ行こう

ポートワシントン公共図書館のスタッフがファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)の“Happy”という曲で踊る“Port Washington Public Library Staff Dancing to "Happy" と題する動画が、YouTubeに公開されています。

エンディングでは、「外に出て一日を楽しもう。散歩をしよう。運動しよう。花の香りをかごう。ポートワシントン公共図書館に行き、本を借りよう。」とのメッセージが掲載されています。

同館で児童サービスを担当する職員がディレクターを担ったようです。

Port Washington Public Library Staff Dancing to "Happy" (2014年4月21日付け)
https://www.youtube.com/watch?v=s0Jqm8SrWLA

Port Washington Public Library - Connect With Us
http://www.pwpl.org/information/phones/

Port Washington Public Library - Facebook

2014年コットン・ディーナ図書館PR賞受賞8館発表される(米国)

米国図書館協会(ALA)/図書館管理・経営協会(LLAMA)が実施している図書館の優れたPR活動を表彰する“John Cotton Dana Library Public Relations Award”について、2014年度の受賞館が発表されています。

マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが“Letter from Birmingham Jail”を著してから50年が経つことを記念するPR活動を行ったBirmingham Public Library(アラバマ州)や、読書推進活動“One Book, One Community”のPR活動として町中に本を置くなどの取組みを行ったKitsap Regional Library(ワシントン州)などが挙げられています。

Eight selected winners of the 2014 John Cotton Dana Library Public Relations Award(ALA、2014/4/25付け)
http://www.ala.org/news/press-releases/2014/04/eight-selected-winners-2014-john-cotton-dana-library-public-relations-award

2014 Winners

米国テキサス州の学校図書館員のEBLIPへの取組みに関する調査

米国学校図書館協会(AASL)の学術誌“School Library Research”において、米国テキサス州の学校図書館員のEBLIP(Evidence-based library and information practice)への取組みに関する調査をまとめた論文“School Librarians’ Experiences with Evidence-Based Library and Information Practice”が掲載されています。調査は、テキサス州の学校図書館員5,006人のうち、600人をランダムに抽出し行ったもので、111人が回答したものとのことです。

アブストラクトによると、回答者のうちの大半が何らかのEBLIPの何らかの側面を実施している一方で、EBLIPのすべての側面を実施している回答者は少なかったようです。

調査結果では、プログラム評価のためのエビデンスの収集については54.9%が何らかのデータを収集しており、収集したエビデンスの共有については47.7%が行っていること、また約半数の49.6%がが図書館情報学の課程でEBLIPについて教わったと回答したこと、等が示されています。

サンパウロでインターネットガバナンスに関する国際会議“NETmundial”開催:IFLAも参加

2014年4月23日、24日にブラジルのサンパウロでNETmundial(Global Mutistakeholder Meeting of the Future of Internet Governance)が開催されました。同会議ではインターネットガバナンスの原則及び将来の発展のためのロードマップに関する声明“NETmundial Multistakeholder Statement”の取りまとめが進められ、その成果となるドキュメントが公表されています。

これに関連して、国際図書館連盟(IFLA)が同会合に参加したことを知らせるとともに、“IFLA Intervention of the NetMundial April 24th 2014”と題するドキュメントをウェブに公開しています。このドキュメントでは、図書館を代表する立場として、“public access(パブリック・アクセス)”の重要性等を強調したものとなっています。

Libraries on the agenda at NETmundial(IFLA, 2014/4/24付け)
http://www.ifla.org/node/8584

ページ