アーカイブ - 2014年 10月 31日

英国図書館(BL)のコレクションを元にした3Dビデオゲームのコンペティションが開催

英国図書館(BL)とゲーム開発会社であるCrytecにより開催された、3Dビデオゲームのコンペティション“Off the Map”の優勝チームが発表されました。“Off the Map”は、BLのコレクションからアイデアを得て、Crytec開発のゲームエンジンCRYENGINEを使用し、ビデオゲームを製作する、英国の大学生を対象にしたコンペティションとのことです。

2014年のコンペティションでは、BLで現在開催されている展示“Terror and Wonder: The Gothic Imagination”に併せて、ゴシック文学を題材としたテーマが設定され、BLのキュレーターが地図や音源、画像、建築設計図等の資料を選び、提供したとのことです。優勝したサウスウェールズ大学の学生チームは、1846年に全壊したゴシック様式建築“Fonthill Abbey”の絵画や地図等を利用して、不気味な水中世界で“Fonthill Abbey”を再建するゲームを製作したとのことです。

Lost Gothic treasure Fonthill Abbey is resurrected using cutting-edge video-gaming technology(BL,2014/10/30)

“Digital Learning Metadata Alliance”が立ち上げ

2014年10月24日、Dublin Core Metadata Initiative(DCMI)、国際電子出版フォーラム(IDPF)、IMS Global Learning Consortiumが共同で“Digital Learning Metadata Alliance(dlma.org)”を立ち上げました。デジタル出版と教育技術、eラーニングに関する530機関を代表する世界的な組織とのことです。

dlma.orgは、次世代のメタデータのフレームワークへの改革への進化を促しつつ、既存のメタデータのフレームワークを通じて、教育技術、出版、ウェブと図書館コミュニティにおける、デジタルラーニングや教育を支援するためのメタデータの標準の採用や開発のための調整を行うことを目的としているとのことです。

Digital Learning Metadata Alliance (dlma.org)
http://www.dlma.org/

Digital Learning Metadata Alliance Launched by Dublin Core, IMS Global and IDPF(IDPF, 2014/10/24)

アトラス社、日本語版のORCID紹介資料を公開

2014年11月4日に東京で開催されるORCIDアウトリーチ・ミーティングに先立ち、ORCIDのプレミアムメンバーであり、同ミーティングを後援しているアトラス社が、日本語版のORCID紹介資料を公開しています。ORCIDより許可を得て同社で翻訳したとのことです。

ORCID(アトラス)
http://www.atlas.jp/orcid/

ORCID 3つのステップ
http://www.atlas.jp/wp/wp-content/uploads/3Steps_A4.pdf

ORCID 効率的な著者管理のために(学会、出版者向け)
http://www.atlas.jp/wp/wp-content/uploads/Publishers.pdf

ORCID iD:研究成果の発見を最適化する(紹介スライド)
http://www.atlas.jp/wp/wp-content/uploads/jpnslides-orcidoverview20140116-140117152804-phpapp02.pdf

ORCIDの過去資料の日本語版を公開しました(アトラス, 2014/10/27)
http://www.atlas.jp/news/orcid_outreach_resources/

参考:

欧州共同体商標意匠庁(OHIM)、孤児著作物データベースを公開

2014年10月28日、欧州共同体商標意匠庁( Office for Harmonization in the Internal Market:OHIM)が、EUの孤児著作物指令(2012/28/EU)に基づき、孤児著作物データベースを公開しました。

EUの加盟国で出版・放送された著作物を広く収録対象としており、以下が含まれているとのことです。
・図書、ジャーナル、新聞、雑誌やその他の執筆物などの出版された著作物
・映画作品や、オーディオビジュアル作品、レコード作品
・その他の作品やレコードに含まれる絵画や写真等の作品
・部分的な孤児著作物(すでに一部の著作権者から利用許諾が得られた著作物)

著作物のタイトルや著作物の種類(イラストや文学作品)、権利者などで検索ができるようです。

Orphan Works Database(OHIM)
https://oami.europa.eu/ohimportal/en/web/observatory/orphan-works-database

Orphan Works Database(OHIM)
https://oami.europa.eu/orphanworks/

News: Intellectual Property(EC)

データへのアクセスにおいて出版社に期待する役割についての提言(記事紹介)

2014年10月28日にオープンアクセス(OA)雑誌の出版社であるPLOSから、データへのアクセスにおいて出版社に期待する役割についての提言をまとめた記事“Recommendations for the Role of Publishers in Access to Data”が公開されました。

この記事は、2014年2月26日のInternational Digital Curation Conferenceと同時に開催されたイベントで、図書館や機関を支援し、データへのアクセスや入手可能性を高めるために、出版社に何ができるかについてなされた議論をまとめたものとのことです。ファシリテーターとしてのPLOSを除いて、出版社からの参加を排除し、リポジトリ管理者、図書館員、助成機関からの参加者、研究者等が参加したとのことです。

以下の8つの提言がなされているようです。

1.データ公開を義務付ける方針の策定
2.データマネジメントと共有に関する標準の構築支援
3.信頼できるリポジトリへのデータ保存に関する標準の構築支援
4.データ共有に関する正式なルートの提供
5.データ登録の効率化のためのリポジトリとの協働
6.出版物に関連するすべてのデータの適切な引用の義務づけ
7.最上級の学術成果物としてのデータを扱う指標の開発とその報告

米国では9割以上の公共図書館が電子書籍を提供:米国の公共図書館の電子書籍の利用状況調査の2014年版が刊行

2014年10月31日、米国の公共図書館における電子書籍の利用動向についての調査報告書 “Ebook Usage in U.S. Public Libraries”の2014年版が刊行されました。Library Journal誌が行う電子書籍の利用動向の調査シリーズの1つで、5回目に当たるとのことです。

サマリーによると、調査は2014年4月4日から7月2日にかけて行われ、米国全土の公共図書館538館から回答があったとのことです。また、以下の主要な数字も公開されています。
・公共図書館の95%が電子書籍を提供しており、2010年の72%、2012年および2013年の89%と比較して増加している。
・電子書籍のコレクションは74%がフィクション、26%がノンフィクション(紙媒体の資料は57%がフィクション、43%がノンフィクション)
・全米の公共図書館が2014年の会計年度で電子書籍に費やした費用は1億1,300万ドル。
・個別の公共図書館の購入(契約)タイトルの平均は1,933冊(中央値は565冊)、平均価格は57,342ドル(中央値は13,002ドル)

報告書は無料ですが、ダウンロードにあたっては登録が必要になります。

Survey: Library Ebook Growth Slowing but Still Substantial

【イベント】福島県点字図書館、「移動点字図書館」を開催(11/2・福島)

2014年11月2日、福島県点字図書館が田村市で「移動点字図書館」を開催します。目の不自由な方が使用する福祉機器や点字・録音図書の展示、盲導犬や白杖を使った歩行体験、「点字しおり」作りの体験コーナーなどが予定されており、視覚に障がいのある人、その家族はもちろん、一般の人も参加できるイベントとのことです。

参加費は無料で事前の申し込みは不要とのことです。

「移動点字図書館(田村市)」のお知らせ  (福島県点字図書館)
http://park22.wakwak.com/~fukushimatenji/idoutenjitosyokan5.htm

「移動点字図書館」開催のお知らせ(11月2日開催)(福島県, 2014/9/29)
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21035c/idoutennjitosyokan.html

フランスで、文学的、芸術的及び文化的資産の領域におけるEU指令の国内法化法案が上程

2014年10月22日、フランスで、文学的、芸術的及び文化的資産の領域におけるEU指令の国内法化法案が閣議決定を経て、国民議会(下院)に上程されました。

この法案の内容は、以下の3つとのことです。

1.著作権及び著作隣接権の保護期間に関するEC指令(2006/116/EC)を変更する2011年9月27日の指令(2011/77/EU)の国内法化。
 現在、50年である著作隣接権の保護期間を、著作者の平均余命が長くなっていることにかんがみ、70年に延長する。

2.孤児作品の正式な利用に係る2012年10月25日のEU指令(2012/28/EU)の国内法化。
 孤児作品を、美術館、文書館、映画館、教育施設等でデジタル化して利用することを可能とする。

3.EU国内から不法に流出した文化財の返却に関するEU指令(2014/60/EU)の国内法化。

Culture : adaptation au droit de l'UE dans les domaines de la propriété littéraire et artistique et du patrimoine culturel(Assemblée nationale, 2014/10/22)

歴史資料検索閲覧システム“ADEAC”で、デジタル化した浜松市の地域資料を公開

2014年10月30日、TRC-ADEAC株式会社の歴史資料検索閲覧システムADEACで『浜松市文化遺産デジタルアーカイブ』が公開されました。

浜松市立図書館・博物館・美術館が所蔵する浜松市に関連する歴史資料を中心にデジタル化したようです。

今後、『浜松市史』(通史編)全5巻をすべてテキスト化して公開する予定もあるようです。

ADEACで『浜松市文化遺産デジタルアーカイブ』が公開されました(TRC、2014/10/30)
http://www.trc.co.jp/information/141030_hamamatsu.html

浜松市文化遺産デジタルアーカイブ
https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11C0/WJJS02U/2213005100

カーリルとNPO法人共同保存図書館・多摩が共同研究の協定を締結

公立図書館が処分する本の中から、多摩地域で1冊だけは残して保存し、地域の図書館を通じて提供する仕組みづくりをすすめている共同保存図書館・多摩(多摩デポ)とカーリルが2014年10月29日に共同研究の協定を締結したと発表しています。

多摩デポで、どの本が多摩地区で最後の一冊なのかを調査したりする際に、カーリルのデータを活用するなど、様々な共同研究を進めていくようです。

共同保存図書館・多摩との共同研究に取り組みます(カーリルのブログ、2014/10/30)
http://blog.calil.jp/2014/10/blog-post.html

NPO法人共同保存図書館・多摩
http://www.tamadepo.org/