アーカイブ - 2014年 10月 17日

OCLC Research、図書館のコレクションと選書の将来をテーマにした記事のプレプリントを公開

2014年10月14日、OCLC Researchが、図書館のコレクションや選書の将来をテーマにした記事を集めたプレプリント版の“Collection Directions: The Evolution of Library Collections and Collecting”を公開しました。

このレポートでは、ネットワーク環境下における選書行動の変化を幅広い観点で取り上げ、さまざまなモデルに基づく将来的な方向性を示唆するものとのことです。紙媒体のコレクションの変化するダイナミクス、研究と教育のより緊密な連携、学術コミュニケーションのトレンド等を扱っているとのことです。

“portal: Libraries and the Academy”Volume 14, Number 3, July 2014 (pages 393-423)として出版されたものを再録したものとのことです。

OCLC Research publishes preprint of "Collection Directions: The Evolution of Library Collections and Collecting"(OCLC, 2014/10/14)
http://www.oclc.org/research/news/2014/10-14.html

中国・アラブ諸国国立図書館長フォーラムが中国国家図書館で開催

2014年10月13日、中国・アラブ諸国国立図書館長フォーラムが中国国家図書館で開催されたとのことです。中国から文化部副部長と中国国家図書館長が、エジプト、イラク、オマーン、チュニジア、アルジェリア、レバノン、スーダン、モロッコ、イエメン等から国立図書館長や専門家等10余名が参加したとのことです。

中国・アラブ諸国協力フォーラム創立10周年を記念して北京で開催された第3回アラブ芸術祭の一環として開催されたものとのことです。

中国国家図書館長からは、文献資源の共同利用、古典籍の保護、中国・アラブデジタルライブラリの構築等を含む協力内容が提案され、こうした協力内容を盛り込んだ声明が採択されたとのことです。

中国阿拉伯国家图书馆馆长论坛在中国国家图书馆举行(中国国家図書館)
http://www.nlc.gov.cn/dsb_zx/gtxw/201410/t20141014_91003.htm

岩手県立図書館、ブックリスト「小学生向け震災関連図書リスト」を公開

2014年10月16日、岩手県立図書館が小学生向けの東日本大震災関連図書を対象別(低学年/中学年/高学年/全学年・一般)に分けてまとめたブックリスト「小学生向け震災関連図書リスト」を掲載しました。2014年6月に作成したものとのことです。

ブックリスト「小学生向け震災関連図書リスト」
http://www.library.pref.iwate.jp/books/booklist/list/201406_jidou_sinsai.html

岩手県立図書館
http://www.library.pref.iwate.jp/
更新情報に「平成26年10月16日「テーマ別ブックリスト」に「小学生向け震災関連図書リスト」を掲載しました。」の記載あり。

2014年のオープンアクセスウィークは10月20日~26日

2014年10月20日から26日にかけて、「オープンアクセスウィーク(Open Access Week)」として、世界各地でオープンアクセスに関連する様々なイベントが予定されています。オープンアクセスウィークは2007年に開始され、今年で8回目となります。今年のテーマは"Generation Open"(オープンの世代)とのことです。デジタルリポジトリ連合(DRF)のウェブサイトには特設ページが用意され、OAWのロゴやポスターなどのグッズ、国内で開催されるイベントがまとめられています。

2014年のオープンアクセスウィークは,10月20日(月)~26日(日)!(DRF)
http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?oaw2014

Open Access Week
http://openaccessweek.org/

平成26年度第3回千葉大学アカデミック・リンク・セミナー「オープン化する研究情報流通と学習との接点」
http://alc.chiba-u.jp/seminar/ALseminar2014_03.pdf

参考:
2014年のオープンアクセスウィークのテーマは”Generation Open” 学生と若手研究者に焦点
Posted 2014年5月13日

旧式のファイルフォーマットへのアクセスを提供する“Brown Dog”(記事紹介)

2014年10月15日のPBS Newshourで、旧式のファイルフォーマットへのアクセスを提供するツール“Brown Dog”が紹介されています。

Brown Dogには2つの機能があり、1つは、旧式のデータフォーマットのファイルを、“Data Access Proxy”を利用して現在アクセス可能な形に変換し、ブラウザ上で閲覧できるようにする機能とのことです。また、読めなくなった画像、音声、動画等のデータについて、クラウドベースで解読してメタデータを付与し、それをキーワード等で検索できるようにする“Data Tilling Service”という機能も持つとのことです。

Brown Dogは、米国イリノイ大学アーバナシャンペーン校のNational Center for Supercomputing ApplicationsのKenton McHenry氏らによって開発されたもので、米国科学財団(NSF)から助成を受け、2008年から開始された“ DataNet Partners”プログラムの一つとのことです。

Researchers hope search engine will shed light on dark data(PBS NEWSHOUR, 2014/10/15)

英BBC、“BBC Genome Project”を公開

2014年10月16日、英BBCは、これまで放送した全てのラジオ・テレビ番組を包括的に公開するためのプロジェクト“BBC Genome Project”のテスト版を公開しました。1923年から2009年に発行された“Radio Times”誌に掲載されたBBCの番組データを基にしたプロジェクトとのことです。BBCでは、計4,469冊に掲載された4,423,654番組のデータを公開し、ユーザーからの、スキャンの過程で生じたスペルミス等の間違いの報告や、掲載された番組と、実際に放送された番組には変更があった等の情報を求めているとのことです。

また、BBCが初期に放送した多くの番組の記録は保存されていないため、視聴者が録音、録画した記録の発見につながることを期待しているとのことです。

Welcome to the BBC Genome Project
http://genome.ch.bbc.co.uk/

BBC's Genome Project offers radio and TV archive listings(BBC, 2014/10/16)
http://www.bbc.com/news/technology-29643662

カナダ国立図書館・文書館(LAC)、第一次世界大戦のカナダ海外派遣軍(CEF)の人事ファイルをデジタル化し公開

2014年10月16日、カナダ国立図書館・文書館(LAC)は、第一次世界大戦のカナダ海外派遣軍(Canadian Expeditionary Force: CEF)の人事ファイルをデジタル化し、オンラインで公開したと発表しています。

“Soldiers of the First World War: 1914~1918”というデータベースから利用可能で、名前や連隊番号、階級から検索できるとのことです。

今後もデジタル化ファイルが追加されていくようです。

Current Status of the Digitization of the Canadian Expeditionary Force Personnel Service Files(Library and Archives Canada Blog、2014/10/16)
http://thediscoverblog.com/2014/10/16/current-status-of-the-digitization-of-the-canadian-expeditionary-force-personnel-service-files/

Soldiers of the First World War: 1914-1918

法政大学図書館、正岡子規文庫デジタルアーカイブを開設

2014年10月17日、法政大学図書館が、正岡子規文庫デジタルアーカイブを開設し、同館が所蔵する正岡子規文庫の一部をデジタル化公開したことを発表しました。同文庫は、2,000点を超える正岡子規の旧蔵書で構成され、子規の自筆ノートなども含まれているとのことです。

正岡子規文庫デジタルアーカイブを開設しました(法政大学図書館, 2014/10/17)
http://www.hosei.ac.jp/library/NEWS/topics/141017_01.html

正岡子規文庫デジタルアーカイブ
http://www.hosei.ac.jp/library/collection/kichosho/shikibunko.html

台風19号で浸水被害を受けた「きしわだ自然資料館」を西日本自然史系博物館ネットワーク等が支援

台風19号による浸水被害を受けた「きしわだ自然資料館」に対して、西日本自然史博物館ネットワーク事務局をはじめ、周辺の博物館が復旧支援活動を行ったようです。

学芸デスク周りにあった資料等が一部浸水したため、関係者の指揮下で貴重書から優先して新聞紙やペーパータオルで処置され、一部は大阪市立自然史博物館へ運んでフリーズドライ対応をしたようです。

【ご報告】平成26年度台風19号に伴う、きしわだ自然資料館の浸水被害についての対応(西日本自然史系博物館ネットワーク、2014/10/16)
http://www.naturemuseum.net/blog/2014/10/post_15.html

西日本自然史系博物館ネットワークが台風19号で浸水被害を受けた「きしわだ自然資料館」を支援(歴史資料ネットワーク、2014/10/16)
http://siryo-net.jp/disaster/201410-kishiwada/

きしわだ自然資料館
http://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/shizenshi/

参考:
西日本自然史系博物館ネットワーク、会員館が実施した東日本大震災被災資料レスキュー情報のまとめ記事を公開
Posted 2012年7月23日