アーカイブ - 2013年 8月 15日

“Shhh!” 図書館員もいろいろなので、いろいろなレゴ図書館員を作ってみた

先日、米国で発売されたレゴミニフィギュアシリーズの第10弾に図書館司書のミニフィギュアが登場しましたが、これだけでは満足しなかった米国のとある男性図書館が、図書館員を風刺して、いろいろなレゴ図書館員を作ってみたそうです。

なお、登場するキャラクターはフィクションであり、誰か特定の人物を示唆するようであるとすればそれは偶然でございます、だそうです。

Image, Public Perception, and Lego Librarians
https://mrlibrarydude.wordpress.com/2013/07/24/image-public-perception-and-lego-librarians/

参考:
“Shhh!”: 図書館司書がレゴに(米国) Posted 2013年4月12日
http://current.ndl.go.jp/node/23328

JISC等、ビジネスケースをまとめるための“Digital Preservation Business Case Toolkit”を公開

JISCと、長期的なデジタル保存を目指した非営利団体“Open Planets Foundation”のSPRUCE Projectが、欧州研究図書館協会(LIBER)と協力して、“Digital Preservation Business Case Toolkit”を作成し、公開しています。

このツールキットは、デジタル保存に関わる人で、特に、必要な予算を確保するためにビジネスケース(事業に投資価値があることなどを説明する資料)を作成する担当者向けにまとめられたものとのことです。作成の手順、テンプレート、盛り込むべき要素についての情報などが示されています。

Digital Preservation Business Case Toolkit
http://wiki.dpconline.org/index.php?title=Digital_Preservation_Business_Case_Toolkit

“Collect, Connect, Co-create”ニュージーランド国立図書館、新しいプロモーションビデオを公開

ニュージーランド国立図書館が、図書館についてのページに、新しいプロモーションビデオ“Collect, Connect, Co-create”を公開していました。ビデオは、人々の国の知の集積へのアクセスと利用を支援していることの説明とともに公開されています。

なお、ビデオは約4分で、ナレーションはなく、画像と音楽のみで構成されています。

掲載ページ:About the Library
http://natlib.govt.nz/about-us
※YouTubeの掲載日付けは2013年8月12日。

Passage(2013/7/9付け)
http://natlib.govt.nz/blog/posts/passage
※動画の中に登場するビーズのある通路の紹介

Via.
Superb! A New Promo Video From The National Library of New Zealand “Collect, Connect, Co-Create”(infoDOCKET, 2013/8/14付け)

文科省、科学技術・学術審議会決定の「我が国の研究開発力の抜本的強化のための基本方針」を公表

2013年8月14日、文部科学省は、科学技術・学術審議会が決定した「我が国の研究開発力の抜本的強化のための基本方針」を4月22日付けで公表しました。

我が国の研究開発力の抜本的強化のための基本方針
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu0/attach/1338565.htm

「我が国の研究開発力の抜本的強化のための基本方針」について (文部科学省 2013/4/22付け)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu0/toushin/1338564.htm

子どもがお手伝いに興味をもつきっかけになる絵本は? ミーテ、「お手伝いと絵本」に関するアンケート結果を公表

絵本・子育て・読み聞かせを応援するコミュニティサイト「mi:te」(ミーテ)が、会員を対象としたウェブアンケート調査“教えて!「お手伝いと絵本」アンケート”の結果概要を公表していました。調査は2013年7月9日から22日にかけて行われたもので、有効回答数は382件です。

アンケートでは、「お子様にお手伝いをしてもらうのに絵本は役立つと思いますか。」との質問が尋ねられており、その回答は「はい」93.2%、「いいえ」6.8%となっています。また、子どもが手伝いに興味をもつきっかけになったおすすめの絵本についても質問したとのことで、そのトップ3が掲載されています。あわせてミーテ会員が選ぶおすすめの絵本40冊が紹介されています。

≪教えて!「お手伝いと絵本」アンケート 調査概要≫(ミーテ、2013/8/6付け)
http://mi-te.jp/contents/cafe/11-7-2234/

【イベント】Japanese Association for Digital Humanities 2013(9/19-21・京都)

2013年9月19日から21日まで、立命館大学衣笠キャンパスにおいて、国際シンポジウム“Japanese Association for Digital Humanities 2013(JADH2013)”が開催されます。

9月19日には、オックスフォード大学のJames Cummings氏によるTEIワークショップや立命館大学文学部の矢野桂司教授による歴史GISワークショップが開催され、20日、21日は各セッションでの報告が予定されています。

また、TEIワークショップの詳細については、Japanese Association for Digital Humanitiesのウェブサイトに掲載されています。

なお、JADH2013の参加は有料で、事前申込が必要となっています。

Japanese Association for Digital Humanities 2013
http://www.dh-jac.net/jadh2013/

人文学のテキスト資料デジタル化講習会:入門編
TEIワークショップ2013 (Japanese Association for Digital Humanities 2013/8/1付けの記事)
http://www.jadh.org/teiws2013

山口県須佐歴史民俗資料館の資料救出の状況(記事紹介)

7月末の豪雨で被害を受けた山口県の須佐歴史民俗資料館の資料救出の様子について、萩博物館がブログで報告しています。

須佐歴史民俗資料館の資料救出、その4 (萩博ブログ 2013/8/13付けの記事)
http://hagihaku.exblog.jp/20849047/

須佐歴史民俗資料館資料の救出、その3 (萩博ブログ 2013/8/11付けの記事)
http://hagihaku.exblog.jp/20840736/

須佐歴史民俗資料館資料の救出、その2 (萩博ブログ 2013/8/8付けの記事)
http://hagihaku.exblog.jp/20829245/

IFLA、“Trend Report”の公表へカウントダウン

国際図書館連盟(IFLA)が、年次大会中にトレンドレポート(Trend Report)を公表するとのことで、これに関する情報を小出しに提供しています。

トレンドレポートの作成は、IFLAの重点目標(Key Initiative)の1つめ「デジタルコンテンツプログラム」の1企画で、IFLAの運営理事会(Governing Board)が2011年に設置した運営委員会が進めてきたものとのことです。年次大会のセッション93として行われる全体会(Plenary Session: IFLA Trend Report)のタイミングで正式なリリースとなるようで、オンラインでの公開も予定されています。

インド政府機関のオープンデータポータルサイト“Data Portal India”が正式に公開

2012年にベータ版として公開されたインド政府機関のオープンデータポータルサイト“data.gov.in”(Data Portal India)が、正式に公開されていました。

現在51の政府機関からの3,665のデータセットが提供されています。また、データを活用したイノベーションを促進する“OpenDataApps Challenge”が開始されています。

India's open data portal launched with 3500 datasets(Future.gov, 2013/8/13付け)
http://www.futuregov.asia/articles/2013/aug/13/indias-open-data-portal-launched-3500-datasets/

Announces "#OpenDataApps Challenge" to evangelize users to use open data (CIOL, 2013/8/12 )
http://www.ciol.com/ciol/news/193300/nic-nasscom-invite-developers-develop-apps

日本学術振興会が「グローバル学術情報センター」のウェブページを開設

2013年8月14日、日本学術振興会(JSPS)は、「グローバル学術情報センター」のウェブページを開設しました。グローバル学術情報センターは、JSPSの諸事業に関する情報の収集・蓄積、国内外の学術振興機関の事業の実施状況に関する情報の収集・蓄積を行う組織として、2013年4月に設置されたものとのことです。

グローバル学術情報センター (日本学術振興機構)
http://www.jsps.go.jp/j-gsicenter/index.html

山口大学図書館、7月末の豪雨被害からの復旧をブログで報告

2013年8月12日、山口大学図書館は、現在進めている耐震改修工事の進捗を知らせるブログに、7月28日の豪雨による床上浸水と資料の水損被害、そして復旧の様子を報告する記事を掲載しています。

番外編:水害からの復旧 (山口大学総合図書館改修日記 2013/8/12付けの記事)
http://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/repair-blog/index.php?e=47

参考:
山口大学図書館で約4万冊が水損被害 7月28日の大雨の影響
http://current.ndl.go.jp/node/24071