アーカイブ - 2013年 8月 12日

【イベント】国際子ども図書館で講演会「那須正幹さんに聞く -ズッコケ三人組からのメッセージ-」を開催(東京・10/5)

国立国会図書館の国際子ども図書館では、2013年8月20日から、那須正幹氏の作品と業績を紹介するコーナーを設けます(2014年4月23まで)。これにあわせ、10月5日に、那須正幹氏を講師に迎え、講演会を開催します。講演の後には、本展示会監修者の宮川健郎氏との対談も予定されています。

講演会「那須正幹さんに聞く -ズッコケ三人組からのメッセージ-」
http://www.kodomo.go.jp/event/event/event2013-10.html

参考:
【イベント】国際子ども図書館で講演会「谷川俊太郎さんに聞く―詩は絵本、絵本は詩―」を開催(2/18) Posted 2012年1月11日
http://current.ndl.go.jp/node/19904

新しい館長が変えたチャタヌーガ公共図書館(記事紹介)

チャタヌーガ公共図書館(テネシー州)では、2012年3月に新館長としてCorinne Hill氏が着任し、また彼女がそのビジョンを実現するため4人の新しい若手図書館員(全員30代)をヘッドハンティングし、新しいサービスを実施しています。2013年8月11日付けの地元紙(オンライン)が、この新しいチームにスポットライトをあてつつ、同館の変化を紹介しています。

同館では新館長のもと、4階の有効に活用されていなかったエリアをメイカースペースに改装し関連イベントを開催するなど、新しいサービスやイベントを実施しています。

New director, young guns guiding Chattanooga’s library system through a renaissance(timesfreepress.com, 2013/8/11付け)
http://www.timesfreepress.com/news/2013/aug/11/rock-star-librarians/

Urban Libraries Council honors Chattanooga Public Library's Corinne Hill(The Chattanoogan.com, 2013/7/8付け)

Syndetics Solutions、ビデオゲームのメタデータの提供を開始

ProQuest社が、図書館OPAC向けのメタデータを提供するSyndetics Solutionsについて、ビデオゲームのメタデータを追加したことをアナウンスしています。追加されたのは米国70,000タイトル及び英国20,000タイトルの、ゲーム表紙画像、年齢のレイティング、ゲームの概要や特徴などのデータとのことです。

New Syndetics Solutions Video Game Content Makes OPACs More Useful for Gamers(ProQuest, 2013/8/6付け)
http://www.proquest.com/en-US/aboutus/pressroom/13/20130806.shtml

SYNDETIC SOLUTIONS VIDEO GAME ENRICHED CONTENT IN YOUR LIBRARY.
http://www.bowker.com/assets/literature/products/syndeticsolutions_videogame_datasheet.pdf

Syndetic Solutions: Overview
http://www.bowker.com/en-US/products/syndetics/

米NPR、米国の公共図書館におけるゲームの貸出やプログラムの現況を紹介

米国の公共ラジオ局NPRが、米国の公共図書館におけるテレビゲームの貸出やプログラムの現況を伝える番組を放送していました。ゲームに関するサービスが特に子ども向けのサービスにおいて定着している状況を伝えると共に、バルチモア郡図書館、ヒューストン公共図書館、ニューヨーク公共図書館、ジョンソン公共図書館の図書館員のコメントが掲載されています。またウィスコンシン大学の准教授Constance Steinkuehler氏の研究も紹介されています。

At Libraries Across America, It's Game On(NPR, 2013/8/11)
http://www.npr.org/2013/08/11/209584333/at-libraries-across-america-its-game-on

ニューヨーク公共図書館で、22,000枚のレコードが販売(米国)

2013年8月8日-10日の3日間、ニューヨーク公共図書館(NYPL)で、保存スペースの確保と、将来的な購入費用・保存費用の調達のため、22,000枚の重複レコードが販売されました。レコードは順不同に箱に詰められ、価格は各1ドルとのことです。

A Note on the Upcoming Record Sale at the Rodgers and Hammerstein Archives of Recorded Sound (NYPL 2013/8/5)
http://www.nypl.org/blog/2013/08/05/note-upcoming-record-sale-rh-archives

Vinyl fans in spin over New York Public Library's record sale (BBC News 2013/8/10)
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-23644473

New York Public Library attempts to sell 22,000 vinyl records (Boston Globe 2013/8/10)

大学図書館におけるコンピューター等の購入計画に関する調査レポート(米国)

米国の調査会社Primary Research Groupが、大学図書館における、パーソナルコンピューターやタブレット、その他のコンピューター・デバイス等の購入計画を含む、コンピューターのインフラストラクチャの購入計画に関する調査レポートを発表しました。

本文は有料ですが、簡単な概要が公表されています。概要には以下のような内容等が掲載されています。

・サンプルのコミュニティカレッジは平均で87台以下のパーソナルコンピューターを図書館に持っている。
・図書館に置かれているパーソナルコンピューターの27.6%は主に図書館スタッフ用である。
・サンプルの図書館では2013-2014年の間に平均21.12台のパーソナルコンピューターを購入予定であり、この数は2012-2013年よりも大幅に増加している。

Survey of Academic Library Plans for Computer Workstations, Personal Computers, Laptops and Other Computing Devices (Primary Research Group 2013/8/7)
http://www.primaryresearch.com/news.php?id=106