アーカイブ - 2013年 7月 31日

東洋文庫が「岩崎文庫総合」の全ページデータベースを公開

2013年7月29日、東洋文庫が「岩崎文庫総合」の全ページデータベースを公開しました。草双紙、軍記物語など資料45点がデジタル化されています。

【ライブラリ】新規全頁データベース「岩崎文庫総合」を公開いたしました (東洋文庫 2013/7/29付けの記事)
http://www.toyo-bunko.or.jp/post-119.html

NISOがInformation Standards Quarterly刊行、今号はAltmetricsがテーマ

2013年7月30日、米国情報標準化機構(NISO)が、季刊誌“Information Standards Quarterly”(2013, vol.25, no. 3)を刊行しました。今号はAltmetricsが特集テーマとなっています。

Information Standards Quarterly (ISQ) Volume 25, 2013
http://www.niso.org/publications/isq/2013/

NISO Publishes Themed Issue of Information Standards Quarterly on Altmetrics (NISO 2013/7/30付けの記事)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=5140ef81a9c28218ee14e6da76bc20392bd1593f

第99回全国図書館大会福岡大会のウェブサイトが公開

2013年7月31日に、第99回全国図書館大会福岡大会のウェブサイトが公開されました。11月21日、22日にアクロス福岡シンフォニーホール等で開催され、今年の大会テーマは「あなたの未来をひらく図書館」となっています。21日にはロバート・キャンベル氏(日本文学研究者・東京大学大学院教授)による記念講演があります。

第99回全国図書館大会福岡大会
http://www.lib.pref.fukuoka.jp/hp/library2013_web/index.html

「第99回全国図書館大会福岡大会」を、11月21日(木)~22日(金)アクロス福岡等で開催します。詳しくはここをクリックしてください。 (福岡県立図書館 2013/7/31付けの記事)
http://www.lib.pref.fukuoka.jp/node/576

ケベック州列車脱線事故火災 11月開館予定の新館は被害なし(記事紹介)

2013年7月29日、Library Journalが、7月6日にカナダのケベック州ラックメガンティックで起きた列車脱線事故による火災で全焼した図書館について詳細な記事を掲載しています。

記事によると、6万点以上のラックメガンティック図書館の資料(図書、CD、DVD、地域資料)が焼失し、被害総額は246万7,000ドルと推定されています。また、カナダ政府やケベック州政府等から資金援助が寄せられ、出版社団体等から図書の寄贈の申し出が寄せられているとのことです。

ただ、今回の火災では、今年11月に向けて開館を予定していた新館が、被害を受けなかったとのことです。

Fire Destroys Canadian Library, Archive (Library Jounral 2013/7/29付けの記事)
http://lj.libraryjournal.com/2013/07/industry-news/fire-destroys-canadian-library-archive/

JSTORからのジャーナル大量ダウンロード事件でのA・シュワルツ氏起訴の真相は? MITとJSTORがレポートを公表

2013年7月30日、マサチューセッツ工科大学(MIT)とJSTORが、2010年に起こった故アーロン・シュワルツ(Aaron Swartz)氏と見られる人物による電子ジャーナル大量ダウンロード事件に関し、それぞれ内部調査レポートを発表しました。シュワルツ氏は既に2013年1月に自殺しています。

MIT、JSTORのそれぞれのレポートでは、MITもJSTORもシュワルツ氏の起訴は望んでいなかったとされており、またそのことを連邦地検側に伝えていたとされています。にもかかわらず、突然起訴されてしまったとのことです。

MITはこのレポートに併せて、MITのL. Rafael Reif学長からMIT学内に向けて書かれた公開書簡とFAQを公開しています。JSTORは、レポートとともに、事件を時系列にまとめた資料と連邦地検に提出したドキュメント類を公開しています。

MIT releases report on its actions in the Aaron Swartz case (MITnews 2013/7/30付けの記事)
http://web.mit.edu/newsoffice/2013/mit-releases-swartz-report-0730.html

インドの歴史的音源を提供するArchive of Indian Music (AIM)公開

2013年7月30日、インドの民間非営利信託団体により、Archive of Indian Music (AIM)が公開されました。AIMでは1902年以降に蓄音機等で録音された、古くて価値のあるスピーチ、歌、演劇等のコレクションをデジタル化し、オンラインで提供するとのことです。1931年に英国滞在中に録音されたマハトマ・ガンディー氏のスピーチの音声等が公開されています。

Archive of Indian Music (AIM)
http://archiveofindianmusic.org/

Google、世界48か国におけるスマートフォン利用調査結果2013年版を公開

2013年7月31日、Googleは、世界48か国におけるスマートフォン利用調査結果を公表しました。この“Our Mobile Planet”の調査は2011年から行われており、今回で3回目となります。

調査結果では、特に日本に関し、以下が挙げられています。
・2013年の日本におけるスマートフォン普及率は25%に拡大。ただし、韓国(73%)やシンガポール(72%)に比べると、依然として日本では従来型の携帯電話が主流。
・日本でのスマートフォン利用は、従来型の携帯電話でよく見られた「テレビを視聴しながら」の利用が多く、テレビ視聴時の同時利用率は58%。
・日本では買い物中のスマートフォン利用が多く、32%の利用率で、他国が2割台に留まる中、高くなっている。
・日本は、有料アプリのインストール数が世界で最も多い国で、1人あたり平均11.5個と、調査対象国の中で唯一2桁に達している。

世界のスマートフォン利用に関する大規模調査2013年の調査結果を発表 (GoogleJapan Blog 2013/7/31付けの記事)
http://googlejapan.blogspot.jp/2013/07/2013_31.html

参考:
Google、世界40か国におけるスマートフォンユーザの行動・意識調査の結果2012年版を公表

金づちにこて、ピアノ調律用ハンマーまで 様々な道具を貸し出す図書館(記事紹介)

The Oakland Press他各紙が、米国における道具貸出図書館(tool lending library)について紹介しています。

The Oakland Pressの記事冒頭では、米国ミシガン州のグロース・ポワント公共図書館の事例が取り上げられており、同館では“Tool Collection”として、剪定バサミ等の道具コレクションの貸出サービスを1943年から実施しているとのことです。記事ではその他、カリフォルニア州のオークランド公共図書館、ミシガン州のアナーバー公共図書館、バーモント州バーリントンの公共図書館、イリノイ州のスコーキー公共図書館が取り上げられています。

また、記事最後では、利用者が大切に道具を使ってくれるので、毎年壊れた道具の買い替えには少額の予算ですんでいるとの道具貸出図書館職員の声が紹介されています。ちなみに、Wikipediaにはこれら道具貸出図書館をまとめた記事が掲載されています。

Tool Collection (Grosse Pointe Public Library)
http://www.gp.lib.mi.us/tool-collection/

Tool Lending Library (Oakland Public Library)

ユネスコ、メディアへのアクセスと情報リテラシーのためのグローバルパートナーシップ“GAPMIL”を結成

2013年7月23日、ユネスコは、世界80か国以上からの協力機関とともに、メディア及び情報リテラシーのためのグローバルパートナーシップ“Global Alliance for Partnerships on Media and Information Literacy (GAPMIL)”の結成を発表しました。

これは、6月26日から28日にかけてナイジェリアで開催されたフォーラムで結成されたもので、GAPMILはあらゆる市民のメディアと情報コンピテンシーへのアクセスを保障するために国際協力を行うとされています。

結成を伝えるユネスコのウェブサイトには、GAPMILの活動方針等の詳細をまとめた文書が公開されています。

UNESCO and partners launched global alliance for partnerships on media and Information literacy (UNSECO 2013/7/23付けの記事)

米国国立公文書館、連邦政府関係機関の記録管理に関する自己評価報告書を公開

2013年7月29日、米国国立公文書館(NARA)が2012年6月に連邦政府関係機関に対し行った、記録管理に関する自己評価(Records Management Self-Assessment:RMSA)の報告書を公開しました。RMSAは連邦政府関係機関が法で定められ、規定された記録管理の要件を守っているかを調べるために2009年から毎年行われ、今回が4回目となります。2012年の報告書によると、連邦政府関係機関による記録管理の状況は前回までのRMSAよりも向上しているとのことです。

2012 RECORDS MANAGEMENT SELF-ASSESSMENT REPORT (NARA) (PDF)
http://www.archives.gov/records-mgmt/resources/self-assessment-2012.pdf

National Archives Releases 2012 Records Management Self-Assessment Report (NARA 2013/7/29)
http://www.archives.gov/press/press-releases/2013/nr13-120.html