アーカイブ - 2013年 6月 20日

西洋古典のテキストを提供するペルセウス電子図書館、Perseus Catalogを公開

タフツ大学による古代ギリシア・ローマ等のテキストを提供する電子図書館プロジェクト「ペルセウス電子図書館(Perseus Digital Library)」が、“Perseus Catalog”をリリースしました。

“Perseus Catalog”は、古代から後600年までの、「ペルセウス電子図書館」に登録されている全てのギリシア語・ラテン語作品を検索できるオンライン目録を目指して作られたものです。現在のところ、3,679件の作品が収録されており、11,000件についてはGoogle Books等の他の電子図書館へリンクしているとのことです。

The Perseus Catalog
http://catalog.perseus.org/

Announcing The Perseus Catalog, release 1.0 (Perseus Library 2013/6/18付けの記事)
http://sites.tufts.edu/perseusupdates/2013/06/18/announcing-the-perseus-catalog-release-1-0/

参考:
CA1741 - 動向レビュー:人文学研究と電子アーカイブ / 神崎正英
http://current.ndl.go.jp/ca1741

ユネスコ、シリアの6つの世界遺産を危機遺産リストに登録

2013年6月20日、ユネスコの世界遺産委員会は、シリアにある6つの世界遺産について、「危機にさらされている世界遺産(危機遺産リスト)」へ登録したと発表しました。登録された6つの遺産とは、「古代都市ダマスカス」「パルミラ」「古代都市ボスラ」「古代都市アレッポ」「クラック・デ・シュヴァリエ」「シリア北部の古代集落群」です。

Syria’s Six World Heritage sites placed on List of World Heritage in Danger (UNESCO 2013/6/20付けの記事)
http://whc.unesco.org/en/news/1038/

レファレンスサービスをテーマとしたマンガ『夜明けの図書館』の公式サイトが開設

公共図書館でのレファレンスサービスをテーマにしたマンガ『夜明けの図書館』の公式サイトが開設されています。「レファレンス・サービスって何?」「図書館司書・応援&感想コメント」などのコーナーがあります。

大反響のレファレンス図書館マンガ!「夜明けの図書館」埜納タオ
http://www.futabasha.com/yoake/index.html

参考:
E1252 - マンガ『夜明けの図書館』の作者・埜納タオさんインタビュー カレントアウェアネス-E No.207 2011.12.22
http://current.ndl.go.jp/e1252

本日6月20日は、「カレントアウェアネス・ポータル」のお誕生日です

2006年6月20日に正式運用を開始した当サイト「カレントアウェアネス・ポータル」は、おかげさまで本日7周年を迎えました。いつもご利用ありがとうございます。引き続きご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

2013年6月20日時点での掲載コンテンツ数は、以下の通りです。
・「カレントアウェアネス-R」(ブログ形式のニュース速報)・・・15,604本
・「カレントアウェアネス-E」(メールマガジン)の記事・・・1,445本
・「カレントアウェアネス」(冊子版)の記事・・・1,234本
・「調査研究」の報告書等・・・19点

参考:
このサイトについて
http://current.ndl.go.jp/about
※当サイトのリーフレットや紹介文献等を掲載しています。

英国図書館、Porticoとパートナーシップを締結

2013年6月19日、英国図書館(BL)と、電子リソースのアーカイブサービスを提供しているPorticoが、電子ジャーナルの収集・保存・提供を保証するためにパートナーシップを結んだことを発表しました。プレスリリースによると、このパートナーシップは、従来の印刷出版物から、UKドメインの電子ジャーナル、ブログ、ウェブサイトまで拡大された、英国の納本に関する規則に、BL及び他5館の法定納本図書館が対応することを助けるものとのことです。Porticoは、BLに転送可能な標準化、均一化されたジャーナルのコンテンツを作成するために、同社の確立されたワークフロー等を活用するとしています。まずは既にPorticoと提携してコンテンツを保存している3つの出版社の1,500誌から着手するようです。

Path breaking partnership helps national library preserve thousands of e-journals for future generations (BL 2013年6月19日)

『カレントアウェアネス-E』239号発行

E1445 - 高等教育における図書館サービスの個人化<文献紹介>

本書は2011年3月に開催された国際シンポジウム「高等教育における個人化図書館サービス(Personalised Library Services in HE)」の発表をまとめたもので,最近の英国の大学図書館における経済状況の悪化を反映した組織の統合・再編成やサブジェクト・ライブラリアン削減に対するサブジェクト・ライブラリアンからの異議申し立てと捉えることができる。編者のプリーストナー(Andy Priestner)はケンブリッジ大学ジャッジ・ビジネス・スクールの情報図書館サービスマネージャー,もう一人の編者であるティリー(Elizabeth Tilley)はケンブリッジ大学英文学科図書館員であり,先述の国際シンポジウムを組織した人物でもある。15名の執筆者はほとんどが英国の大学図書館員だが,ロシア,オーストラリア,米国の大学図書館員も寄稿している。...

E1444 - 10周年を迎えたWebJunction

OCLCが運営する図書館員向けオンライン学習コミュニティWebJunctionは,2003年5月12日にビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の支援を受けて始まり,10周年を迎えた。この10年,WebJunctionは図書館員のスキルアップや業務上の学習ニーズの変化に応えて発展してきた。これまでに米国各地や海外から80,000人以上の図書館員が,WebJunctionのトレーニングプログラムなどを利用してきた。また,米国の公共図書館のほぼ70パーセントがWebJunctionを活用してきたという。...

E1443 - 司書課程でまち歩き 電子書籍「お散歩e本」制作プロジェクト

文学散歩や吟行などに代表される「まち歩き」のワークショップは,参加者がそれぞれの地域の特色を相互に学び合う上で有効な手法である。例えば京都まちづくりカフェの「図書館から始める文学まち歩き」における京都市東山図書館のように,「まち歩き」の取り組みに図書館が主体となってかかわる事例がある。このような状況を鑑みるに,司書課程のなかの教育プログラムのひとつとして,「まち歩き」を取り上げることも重要だろう。...

E1442 - “将来の図書館を想像する”ACEの研究プロジェクト

将来の公共図書館の姿について研究するプロジェクトが,イングランド芸術評議会(ACE)により,2012年から取り組まれてきた。“Envisioning the library of the future”と題するプロジェクトである。このプロジェクトでは,公共図書館ができることは何なのか,公共図書館はどうあるべきなのかについて理解するために,以下のようなことが調査されてきた。すなわち,(1)今後10年の公共図書館を形作るであろう近年の革新的取り組みその他の動向,(2)これらの変化の影響に関する図書館の専門家の考えや,図書館に関心の高い人たちの見方,(3)一般公衆の意見,である。...

E1441 - 図書館が私の人生を変えた:みんなで綴る図書館のストーリー

2013年4月,米国の2人の図書館員によって,“Libraries Changed My Life (LCML)”というTumblrサイトが立ち上げられた。発案者であるニューヨーク市の児童サービス担当の図書館員イングリッドと,フロリダのシステム担当の図書館員ナタリアは,このサイトを,人々が実際に経験した図書館についての前向きなストーリーを語り,図書館の価値に疑問を持つ人々にその素晴らしい影響力を伝える場所にしたいとしている。ストーリーは,サイトのメールフォームから,もしくは郵送で投稿することができる。また,テキストだけでなく,写真,動画,アート作品も受け付けられている。...

E1440 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2013/6/19現在)

東日本大震災後の図書館等をめぐる状況について,本誌での既報(E1422ほか参照)に続き,2013年4月中旬から6月中旬にかけての主な情報をまとめた。...

米国議会図書館、“National Digital Stewardship Residents”プログラムの最初の研修生を公表

米国議会図書館(LC)が博物館・図書館サービス機構(IMLS)とともに新しく開始する“National Digital Stewardship Residents”プログラムについて、最初の研修生10名を公表しています。このプログラムは、図書館学、情報学等の修士課程を最近修了した人に、デジタル保存に領域の経験を得る機会を提供するものです。9か月に及ぶ活動が予定されており、研修生は、2013年9月にLCで行われる2週間のワークショップに参加し、その後LC等、ワシントンD.C.の機関に派遣されるとのことです。今回の発表では名前とともに、派遣される機関、取り組む内容等についても公表されています。

Inaugural Class of National Digital Stewardship Residents Selected(LC, 2013/6/19付け)
http://www.loc.gov/today/pr/2013/13-120.html

プログラムについて
http://www.digitalpreservation.gov/ndsr/residency.html
※タイムラインを示す図の掲載あり

WIPOの視覚障害者等による著作物利用に関する国際条約、草案文面が公開

2013年6月17日から28日にかけて、WIPOの視覚障害者等による著作物利用に関する国際条約の制定に向けた外交会議がモロッコにおいて開催されていますが、2013年6月20日付けで、条約の草案文面がWIPOのウェブサイトに公開されています。

Draft Text of an International Instrument/Treaty on Limitations and Exceptions for Visually Impaired Persons/Persons with Print Disabilities
http://www.wipo.int/meetings/en/doc_details.jsp?doc_id=237442

New Draft Text Issued By WIPO Negotiators For Visually Impaired Treaty(Intellectual Property Watch, 2013/6/19付け)
http://www.ip-watch.org/2013/06/19/new-draft-text-issued-by-wipo-negotiators-for-visually-impaired-treaty/

BCパートナーズがシュプリンガー社を買収

英国の投資会社BC Partnersが、学術出版社Springer Science & Business Mediaを33億ユーロで買収するとのことです。両社が公表しています。シュプリンガー社の株を保有するEQT Partners及びシンガポール政府投資公社(Government of Singapore Investment Corporation)から買収するとのことです。

Springer Science+Business Media sold to BC Partners (Springer, 2013/6/19付け)
http://www.springer.com/about+springer/media/pressreleases?SGWID=0-11002-6-1424743-0

BC Partners to acquire Springer Science+Business Media(BC Partners、2013/6/19付け)
http://www.bcpartners.com/news/2013/2013-06-19?sc_lang=en

BC Partners to Buy Springer Science for $4.4 Billion(Bloomberg、2013/6/19付け)

ALA、2011-2012年の年次報告書を公表

2013年6月19日、米国図書館協会(ALA)が、2011-2012年の年次報告を公表しました。プレスリリースでは、年次報告に掲載されている内容のうち、以下のようなトピック等について言及されています。

・ALA前会長Molly Raphael氏の主要な取り組み
・人種的、民族的に様々なバックグラウンドを持つ学生が図書館員になることを支援するSpectrum Scholarship programを介した、図書館分野への助成
・米国学校図書館協会(AASL)会長Carl Harvey氏が作成した学校図書館プログラムへの支持を介した、学校図書館を代表する活動
・図書館の電子書籍利用に関するALAの姿勢
・利用者のプライバシーのためにALAが行った活動
・ALA会員の専門的能力の向上のための活動

American Library Association (ALA) 2011-12 Annual Report highlights initiatives, milestones (ALA 2013年6月19日)
http://www.ala.org/news/press-releases/2013/06/american-library-association-ala-2011-12-annual-report-highlights-initiatives