アーカイブ - 2013年 5月 29日

CrossRef、研究論文の助成金情報を収集・提供する“FundRef”を公開

CrossRefが、FundfRefを公開しています。2012年3月から2013年2月までの一年間試行を経て、2013年3月にCrossRef理事会がリリースを承認していたものです。データ量はまだ限定的なようです。

CrossRef's FundRef launches: Publishers and funders track scholarly output(CrossRef Blog、2013/5/22付け)
http://www.crossref.org/crweblog/2013/05/crossrefs_fundref_launches_pub.html

検索画面
http://search.crossref.org/fundref

総務省が統計におけるオープンデータの高度化に向けた取組み内容を発表

2013年5月28日、総務省は、政府統計データについてより高度な利用を可能とする取組みについてまとめた資料を公開しました。それによると、総務省は独立行政法人統計センターと協力し、以下の3つの取組みを進めているとのことです。

(1)API機能による統計データの高度利用環境の構築
(2)統計GIS機能の強化
(3)オンデマンドによる統計作成機能・方策の研究

そして、(1)については6月上旬から、(2)については今年秋を目途に試行運用を開始する予定とのことです。

統計におけるオープンデータの高度化 (PDF)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000227564.pdf

一橋大学附属図書館が『一橋大学附属図書館研究開発室年報』を創刊 

2013年5月29日、一橋大学附属図書館が『一橋大学附属図書館研究開発室年報』を創刊しました。

巻頭には、同館の江夏由樹図書館長による「一橋大学附属図書館の将来像を探る:研究開発室開発の意義」があり、論文には杉岳志「東京高商の修学旅行とその報告書」等の3篇が、また報告には、大場高志. 「川﨑操:一橋大学附属図書館伝説の事務長」、武部真子ほか.「一橋大学附属図書館における電子機器貸出サービスの実施報告」、阪口幸治ほか「一橋大学附属図書館におけるタブレットおよびスマートフォン向け図書館利用者用コンテンツの開発」等7編の論文が掲載されています。

なお、年報の本文はPDFとiBooksの2つの形式で提供されています。

『一橋大学附属図書館研究開発室年報』を創刊しました (一橋大学附属図書館 2013/5/29付けの記事)
http://www.lib.hit-u.ac.jp/blog/20130529/

『世界最先端IT国家創造』宣言(案)に関する意見募集、実施中

IT総合戦略本部が、『世界最先端IT国家創造』宣言(案)」に関する意見募集を実施しています。同案には、取り組みとして、公共データの民間開放(オープンデータ)の推進などが含まれています。

また、IT総合戦略本部は、「電子行政オープンデータ推進のためのロードマップ(案)」及び「二次利用の促進のための府省のデータ公開に関する基本的考え方(ガイドライン)(案)」についても意見募集を実施しています。

ともに、受付締切日は2013年6月7日となっています。

『世界最先端IT国家創造』宣言(案)に関するパブリックコメントの募集について (首相官邸, 2013/5/24付け)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/info/h250524-public.html

「『世界最先端IT国家創造』宣言(案)」に関する意見募集について(e-Gov, 2013/5/24公示)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060130518&Mode=0

「世界最先端IT国家創造」宣言 ~第二次安倍内閣の新たなIT戦略~
(案)

米国議会調査局、大災害及び緊急事態への対応に関する議会向け概要説明資料(CRSレポート)を公開

米国議会調査局(Congressional Research Service:CRS)が、2013年5月24日付けで作成したCRSレポート“Congressional Primer on Responding to Major Disasters and Emergencies”が公開されています。大災害時の連邦政府及び州政府等の対応の枠組みを概説し、さらに対応プロセスにおける議員の情報提供や配信の役割についても言及しています。

Congressional Primer on Responding to Major Disasters and Emergencies(CRS, 2013/5/24付け)
http://www.fas.org/sgp/crs/homesec/R41981.pdf

米国アーキビスト協会、“Describing Archives: A Content Standard”の第2版をウェブ公開

米国アーキビスト協会(Society of American Archivists)から、“Describing Archives: A Content Standard(DACS)”の第2版がウェブに公開されていました。印刷版は2013年6月に刊行されるとのことです。

Describing Archives: A Content Standard, Second Edition (DACS)
http://www2.archivists.org/standards/describing-archives-a-content-standard-second-edition-dacs?

DACS Second Edition: Now Available
http://www2.archivists.org/

DACS Second Edition (2013) PDF, 209ページ
http://files.archivists.org/pubs/DACS2E-2013.pdf

DACS (2010) PDF, 304ページ
http://files.archivists.org/pubs/DACS-2007.pdf

via.

EBSCO Discovery ServiceからGaleのデータベースが検索可能に

2013年5月28日、EBSCO社と、Cengage Learning傘下のGale社が、GaleのデータベースやアーカイブをEBSCO Discovery Serviceから検索可能とすることに合意したとのプレスリリースが出ています。今回の合意の対象には、Gale Virtual Reference Libraryなど、Galeの多くのデータベースがリストアップされています。

New Agreement Between EBSCO Information Services and Cengage Learning Provides Gale Metadata in EBSCO Discovery Service(EBSCO, 2013/5/28付け)
http://www2.ebsco.com/EN-US/NEWSCENTER/Pages/ViewArticle.aspx?QSID=667

New Agreement Between EBSCO Information Services and Cengage Learning Provides Gale Metadata in EBSCO Discovery Service™(Cengage Learning, 2013/5/28付け)

高精細デジタル画像を無料提供するアムステルダム国立美術館の“Rijksstudio”とその他のデジタルアーカイブ(記事紹介)

2013年5月28日のニューヨークタイムズにオランダのアムステルダム国立美術館の“Rijksstudio”が取り上げられています。

“Rijksstudio”では、2012年10月より所蔵作品の高精細デジタル画像12万5,000件を公開するとともに、利用者がこれらのデータをダウンロードしTシャツにプリントする、といったことができるようにしています。記事は、これについて取り上げ、同館が年間4万件の画像の追加を目標としていることや、これまでにおよそ20万人が画像のダウンロードを行ったことなどを紹介しています。またあわせて、英国のナショナル・ギャラリーや、米国のスミソニアンの画像ダウンロードに関するポリシーを簡単に紹介しています。

Masterworks for One and All(The New York Times, 2013/5/28付け)
http://www.nytimes.com/2013/05/29/arts/design/museums-mull-public-use-of-online-art-images.html?_r=0

Rijksstudio
https://www.rijksmuseum.nl/en/rijksstudio

参考:

デジタル展示のためのオープンソースツール(記事紹介)

2013年5月28日、ブログ“iLibrarian”で、デジタル展示を行うためのオープンソースツールを紹介する記事が掲載されています。紹介されているのは、Omeka、Collective Access、CollectionSpace、Open Exhibits、Pachydermの5つです。それぞれのツールの特徴等がまとめられています。

5 Free and Open Source Tools for Creating Digital Exhibitions(iLibrarian 2013/5/28付け記事)
http://oedb.org/ilibrarian/5-free-and-open-source-tools-for-creating-digital-exhibitions/

Omeka
http://omeka.org/

国際出版連合(IPA)がオープン教育リソースについてポジションペーパーを公表

国際出版連合(IPA)が、2013年5月28日付けでプレスリリースを出し、オープン教育リソース(Open Education Resources: OER)についてIPAの立場を表明する文書“IPA Position Paper: Publishers and Open Educational Resources can work together”を公表しています。OERについてその価値を認めたうえで、持続可能性、品質、効果について課題があることを指摘しています。また、教育資料の提供において考慮すべき問いを複数列挙しています。

Free Content Comes at a High Price: IPA Raises Questions about Open Educational Resources(2013/5/28付け)
http://www.internationalpublishers.org/images/stories/EducationalPublishing/IPA%20OER%20position%20statement%20Press%20Release.pdf

IPA Position Paper: Publishers and Open Educational Resources can work together