アーカイブ - 2013年 5月 24日

ACRLによるカレントアウェアネスジャーナル“Keeping Up With...”第2号刊行 テーマは「ゲーミフィケーション」

2013年5月23日、米国の大学・研究図書館協会(ACRL)が、図書館員向けのカレントアウェアネスジャーナル“Keeping Up With...”の第2号を刊行しました。テーマは「ゲーミフィケーション」となっています。

Keeping Up With... Gamification
http://www.ala.org/acrl/publications/keeping_up_with/gamification

Keeping Up With… Gamification (ACRL 2013/5/23付けの記事)
http://www.acrl.ala.org/acrlinsider/archives/7294

OCLCによる図書館員向け研修サービス“WebJunction”が10周年

2013年5月にOCLCの提供する図書館員向け研修サービスWebJunctionが10周年を迎え、5月12日に米国議会図書館(LC)で記念式典が開催されました。また、WebJunctionは、図書館コミュニティに対してWebJunctionから得たものを紹介する動画やSNSへの投稿等を呼び掛けています。

OCLC’s WebJunction Marks 10 Years of Supporting and Serving Libraries (Webjunction 2013/5/22付けの記事)
http://www.webjunction.org/news/webjunction/oclc-webjunction-marks-10-years.html

文化・芸術は英国経済にどの程度貢献しているのか?(資料紹介)

2013年5月7日、イングランド芸術評議会は、英国および同国内の地域経済に文化・芸術がどの程度貢献しているのかを調査したレポート“The contribution of the arts and culture to the national economy”を公開しました。調査はACEが委託したCentre for Economics and Business Researchにより行われました。

主な結果として以下が挙げられています。
・文化・芸術は英国のGDPの0.4%を占める。文化・芸術分野に対する投資は、財政支出の0.1%にも満たないことから、十分な利益を得ている。
・文化・芸術は、2011年には124億ポンドの粗利益と59億ポンドのGVA(粗付加価値)を生む大きな分野である。
・英国を訪れる観光客が毎年文化・芸術に対して直接“おとす”お金は、少なくとも8億5,600万ポンドになる。
・英国経済が全体として世界経済危機以前の生産レベル以下に留まっているにもかかわらず、文化・芸術分野の英国経済に対する貢献は2008年以降高まりつつある。

Economic contribution of arts and culture report published (ACE 2013/5/7付けの記事)

東京文化財研究所、近代文化遺産の保存修復に関する報告書シリーズを電子書籍版で公開

2013年4月22日に、東京文化財研究所は1999年から開催している近代の文化遺産の保存修復に関する研究会の内容をまとめた報告書である『未来につなぐ人類の技』を電子書籍として公開しました。

1999年度の『航空機の保存と修復』から2012年度の『近代建築に使用されている油性塗料』までの12の報告書が公開されており、中には『音声・映像記録メディアの保存と修復』(2011年度)等もあります。

デジタルブック版近代文化遺産研究室報告書『未来につなぐ人類の技』
http://www.tobunken.go.jp/image-gallery/conservation/index.html

デジタル人文学と図書館をテーマとしたTHATCamp(記事紹介)

2013年5月22日、図書館とデジタル人文学をテーマとしたウェブサイトdh+libが、“Digital Humanities & Libraries: More of THAT!”という記事を掲載しています。

これは、2012年11月2日に米国のデンバーで開催されたDigital Library Federation Forumに併せて開かれたTHATCamp“DH and Libraries”の報告記事です。THATCampとは、人文文学と情報技術のそれぞれの専門家らによるアンカンファレンス方式の会合で、今回特にデジタル人文学と図書館をテーマとして開催されました。

記事では、開催の背景や当日議論されたテーマ等が詳細にまとめられています。

Digital Humanities & Libraries: More of THAT! (dh+lib 2013/5/22付けの記事)
http://acrl.ala.org/dh/2013/05/22/digital-humanities-libraries-more-of-that/

DH and Libraries THATCamp
http://dhlib2012.thatcamp.org/

参考:

カナダ国立図書館・文書館長の辞意表明と関連団体の反応(カナダ)

カナダ国立図書館・文書館(LAC)の館長キャロン(Daniel J. Caron)氏が辞意を表明したことが報道で伝えられていますが、これに関し、カナダ図書館協会(CLA)がWayne Wouters枢密院書記官宛てに送付した書簡を、またカナダ研究図書館協会(CARL)がハーパー(Stephen Harper)首相に宛てた書簡を公開しています。いずれも、次期館長の選定にあたっては、図書館及びアーカイブに精通した人材を配置することを求めています。

なお、報道では、2013年5月15日にキャロン館長が職員向けのメールで辞意を表明したことが報じられおり、LACもこれを認めているとのことですが、プレスリリース等はまだ出されていないようです。

Open letter to Stephen Harper on LAC: Mr. Prime Minister, don’t forget to consult the library and archival community!(CARL, 2013/5/21付け)
http://www.carl-abrc.ca/news/74/201/Open-letter-to-Stephen-Harper-on-LAC.html

英国図書館、英国に対する経済貢献の最新評価を発表

2013年5月23日、英国図書館(BL)が、英国に対するBLの経済貢献に関する最新評価のレポートを発表しました。利用者や社会全体にBLがもたらす経済価値を調査したもので、前回BLがこの種の調査を行ったのは2003年になります。

記事によると、BLがもたらす経済価値は、経費のほぼ5倍とのことです。また、BLはこの調査結果を内部計画や経営計画プロセスの報告に使用するとのことです。

Increasing our value(BL)(レポートダウンロードページ)
http://www.bl.uk/aboutus/stratpolprog/increasingvalue/index.html

IFLA、紛争・戦争・自然災害時の図書館による活動に関するウェブサイト “Cultural Heritage”をスタート

2013年5月23日、国際図書館連盟(IFLA)が、文化遺産に関するウェブサイト“Cultural Heritage”を立ち上げています。このウェブサイトは、紛争・戦争・自然災害を経験している地域に対する図書館による活動・支援についての情報を掲載するものとのことです。

IFLA launches cultural heritage resources(IFLA,2013/5/23付け)
http://www.ifla.org/node/7713

Cultural Heritage
http://www.ifla.org/cultural-heritage

イングランド芸術評議会(ACE)、未来の図書館像に関する調査レポートを発表

2013年5月23日、英国のイングランド芸術評議会(ACE)が、"Envisioning the library of the future”という調査報告書を公表しました。

調査は2012年1月から約1年にわたり、3段階にわけて行われています。技術の進歩や社会傾向等に関するデータ収集と分析、世界中で既に実施されている革新的図書館サービスの調査、それらの調査結果を基にした専門家への質問調査や、図書館関係者等との意見交換、公共図書館の目的や価値に対する一般の人たちの捉え方についての調査などが行われたとのことです。

調査結果から、ACEは、公共図書館はすべての人に開かれた信頼できる場所で、人々が図書館が提供するサービスを高く評価しているのは明白であるとしています。また、この調査結果は、公共図書館が直面している、情報技術の進歩、公共支出の減少、公共サービスのデザインや提供における民間の参画等の多くの課題を再認識させるものであるとのことです。

Envisioning the library of the future(ACE)(レポートダウンロードページ)
http://www.artscouncil.org.uk/what-we-do/supporting-libraries/library-of-the-future/

東京都立図書館、「TOKYOアーカイブ」を公開

2013年5月23日、東京都立図書館が、「TOKYOアーカイブ」を公開しました。東京都立図書館がデジタル化した江戸・東京関係資料の画像およそ16,000点を8つのカテゴリに分けて掲載しており、このうち、「江戸・東京の災害記録」カテゴリでは、安政の大地震や関東大震災など、江戸・東京の災害に関する資料が公開されているとのことです。

「東京都立図書館デジタルアーカイブ(TOKYOアーカイブ)」を開設しました。(東京都立図書館, 2013/5/23付け)
http://www.library.metro.tokyo.jp/home/news/tabid/2287/Default.aspx?itemid=651

TOKYOアーカイブ
http://archive.library.metro.tokyo.jp/