アーカイブ - 2013年 5月 20日

米国ハリウッドで、エンターテイメント史に残る貴重なコレクションをデジタル化(記事紹介)

2013年5月20日、Boston Globe紙に米国のデータ保存会社であるIron Mountain社のデジタル化作業についての記事が掲載されています。

Iron Mountain社はビートルズのアルバムやフランク・シナトラのオリジナル音源等、多くの音楽、映画、ビデオのデジタル化を手掛けています。多くのものは磁気テープ等に記録され、時間とともに劣化して再生できなくなり、デジタル保存しなければ失われる危険にあるとのことです。記事によると、シナトラの音源のような、最もデリケートな作品は、デジタル化するチャンスは1度きりで、デジタル化のために再生すると二度と再生できないとのことです。

イラク国立図書館・文書館(INLA)のエスカンダー館長へのインタビュー(記事紹介)

国際図書館連盟(IFLA)の情報への自由なアクセスと表現の自由に関する委員会(FAIFE)のサイトに、イラク国立図書館・文書館(INLA)のエスカンダー(Saad Eskander)館長へのインタビュー記事が掲載されています。2003年のイラク戦争時の災禍からの復興の取組みについて、概要が紹介されています。なお、この記事はもともとはフィンランド国立図書館の雑誌“Kansalliskirjasto”に掲載されたものとのことです。

New FAIFE Spotlight "Interview with Saad Eskander, Director of Iraq National Library and Archives (INLA)"(IFLA 2013/5/2付け)
http://www.ifla.org/node/7658

Interview with Saad Eskander, Director of Iraq National Library and Archives (INLA)
http://www.ifla.org/publications/interview-with-saad-eskander-director-of-iraq-national-library-and-archives-inla

参考:

画面上で読む子どもの比率が紙で読む子どもの比率を上回る:英National Literacy Trustが調査結果概要を公表(英国)

2013年5月16日、英国のNational Literacy Trustが、英国の子どもの読書(リーディング)に関する調査結果について、その概要を公表しています。この調査は2012年12月に英国で34,910人の8歳から16歳の若者を対象として行われたものです。

記事によると、タブレットや電子書籍リーダーを含む電子機器を使い、画面上で毎日読書をしている子どもの割合は39%である一方、冊子体で毎日読書をしている子どもの割合は28%であり、画面上で読む子ども比率が紙で読む子どもの比率を上回ったとのことです。また、電子書籍を読んでいる若者の数はこの2年間で2倍に増加(6%から12%に増加)したとのことです。National Literacy Trustは、この結果に関し、子どもの読書のレベルに潜在的には有害である可能性を指摘しています。

なお、National Literacy Trustは、この調査結果のレポートを近く出版予定とのことです。

OCLCのジョーダン会長の後任はプリチャード氏に

2013年5月16日付けで、OCLCが、会長兼CEOのジョーダン(Jay Jordan)氏の後任人事について、プリチャード(Skip Prichard)氏となることを明らかにしています。プリチャード氏は、Ingram Content Group社の会長兼CEOを勤めていた人物であり、2013年7月1日に正式に会長兼CEOに就任するとのことです。

ジョーダン氏については、2012年6月末での退任が公表されていましたが、その後その延期が発表されていたところであり、今回改めて2013年6月末での退任となることが発表されました。

Skip Prichard named OCLC President and CEO(OCLC, 2013/5/16)
http://www.oclc.org/news/releases/2013/201324dublin.en.html

OCLC chooses new chief after long search(The Columbus Dispatch, 2013/5/17)
http://www.dispatch.com/content/stories/business/2013/05/16/oclc-new-leader-named.html

内閣府、動画チャンネルと公式Facebookページを開設

2013年5月17日に、内閣府が政府インターネットテレビに動画チャンネルを、また、公式Facebookページを開設しました。

内閣府公式Facebook
http://www.cao.go.jp/others/seihyou/sns/facebook.html

政府インターネットテレビ
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg7911.html?t=74

最近のトピックス 2013年 (2013年5月17日付けの記事に上記2件が掲載されています)
http://www.cao.go.jp/topics/index.html

大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)、平成24年度活動報告を公開

大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)が平成24年度の活動報告資料を公開しています。

平成24年度大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)の活動報告
http://www.nii.ac.jp/content/justice/documents/H24_JUSTICE_AnnualReport.pdf

平成24年度JUSTICE活動報告を掲載しました (2013/5/17付けの記事)
http://www.nii.ac.jp/content/justice/news/2013/0517162109.php

英リーズ大図書館、リーズを舞台にした文学作品マップを作成中

英国リーズ大学図書館が、リーズを舞台にした小説等の作品をGoogleマップにマッピングする取組みを行っています。これまでのところ、33作品がマッピングされており、同館では利用者等に対して知っている作品があればタイトルと場所(通りの名前)を教えてほしいとしています。

作品は表紙画像と作品紹介がマッピングされており、そこから同館のOPACにリンクして借りることができるようになっています。

Leeds reads (Googleマップ)
http://maps.google.co.uk/maps/ms?vps=1&hl=en&ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=209627076564540398231.0004d9ec2c7699253f68a

Leeds literary map ? help needed! (Leeds Reads 2013/5/19付けの記事)
http://leedsreads.net/2013/05/19/leeds-literary-map-help-needed/

参考:
岐阜県図書館、Googleマップを利用した「地図からさがす岐阜絵葉書デジタルライブラリー」を公開
http://current.ndl.go.jp/node/18952

科学技術政策研究所、ブックレット『日本の大学における研究力の現状と課題』を公開

2013年5月17日、科学技術政策研究所は、「NISTEP 科学技術・学術政策ブックレット Ver 2:日本の大学における研究力の現状と課題」(2013年4月付)を公開しました。このブックレットは、、科学技術政策研究所の研究成果を中心に日本の大学における研究力の現状と課題について、エビデンスベースで簡潔にまとめたものです。日本の科学技術・学術政策の議論に役立てるために作成されたとのことです。

目次は以下のとおりです。
1. 論文生産の量と質
2. 大学の研究費の状況
3. 大学システムとしての論文生産の状況
4. 分野別の論文生産の状況
5. 日本の研究の国際化
6. 日本の研究者の構成
7. 研究チームの分野と国籍の多様性
8. 大学研究者の研究時間
9. 研究活動への支援体制
10. 大学とイノベーションの関わり