アーカイブ - 2013年 4月

4月 18日

ARL等、科学技術政策局(OSTP)の“公的助成研究成果OA指令”に関し声明を公表

2013年4月17日、米国大学協会(AAU)、公立ランドグラント大学協会(APLU)、及び北米研究図書館協会(ARL)が、“Expanded Public Access: A New Era with New Challenges”と題する声明(2013年4月15日付け)を公表しています。

この声明は、米国大統領府科学技術政策局(OSTP)が2013年2月22日に出した、政府助成を受けた研究の成果、出版物やデータへのパブリックアクセスを促進させるための計画案策定を求めた指令を受けたものであり、アクセスの拡大はこの決定だけで達成されるわけではないとし、計画を学術に役立つものとするため研究者や大学コミュニティの協力を呼びかける内容となっています。

Expanded Public Access to Federally Funded Research: AAU, APLU, ARL Issue Call to Action(ARL, 2013/4/17)
http://www.arl.org/news/arl-news/2669-expanded-public-access-to-federally-funded-research-aau-aplu-arl-issue-call-to-action

米SPARC、Article Level Metricsの解説資料を公表

2013年4月16日、米SPARCが、論文単位の評価指標である“Article-Level Metrics(ALMs)”を解説した資料“Article-Level Metrics -- A SPARC Primer”を公表しました。この資料は、大学の経営陣向けに作成されたもので、ALMsの定義や、ALMsとオープンアクセスの関係、ALMsが研究者の評価に与える影響、ALMsの限界と可能性等についてまとめられているようです。

Article-Level Metrics -- A SPARC Primer (PDF)
http://www.sparc.arl.org/bm~doc/sparc-alm-primer.pdf

New SPARC Community Resource on Article-Level Metrics (SPARC 2013/4/16付けの記事)
http://www.sparc.arl.org/media/blog/new-sparc-community-resource-on-article-level-metr.shtml

SPARC releases new community resource on Article-Level Metrics (KnowledgeSpeak 2013/4/17付けの記事)

自転車でクール バイシクールライブラリー(ポーランド)

2013年4月18日のNAPLEのブログで、ポーランドの“バイシクールライブラリー(Bicycool Library)”というプロジェクトが紹介されています。

2010年に始まったこのプロジェクトは、本と自転車を愛する図書館員によって行なわれているもので、読書振興と自転車振興、そして図書館アドヴォカシーを目的に実施されているものです。また、図書館員に対するステレオタイプな見方を打破する狙いもあるようです。

活動マップを見ると、活動はポーランド全域に広がっているようで、ポーランドの様々な都市で図書館や書店近くを自転車で巡ったり、ブッククロッシングや文芸コンテスト、ピクニック等の各種イベントを実施しているようです。

Bicycool Library
http://bicycoollibrary.org/

Bicycool Library (NAPLE 2013/4/18付けの記事)
http://napleblog.wordpress.com/2013/04/18/bicycool-library/

参考:
コペンハーゲンからベルリンへ、“Cycling for Libraries”快走中!
http://current.ndl.go.jp/node/18326

自転車をこよなく愛す図書館員たち、IFLA大会会場を目指す

世界の100の先端研究領域を特定する試み トムソン・ロイターが「リサーチフロント2013」を発表

2013年4月18日、トムソン・ロイターは、世界の100の先端領域(リサーチフロント)を示唆する「リサーチフロント 2013」リポートを発表しました。これは、Essential Science IndicatorsとWeb of Scienceの2つのデータベースを使用し、自然科学および社会科学分野の過去約6年間の論文データから、新しく生まれつつある活発な研究領域を特定する試みとのことです。

リサーチフロント2013:世界のトップ100フロント
http://ip-science.thomsonreuters.jp/media/Press/releases/Research_Fronts_2013.pdf

JSTORの“Early Journal Content”がInternet Archiveでも利用可能に 1923年以前の雑誌論文45万点を提供

2013年4月11日、Internet Archive(IA)は、JSTORの“Early Journal Content”コレクションの提供を開始しました。これは、1923年以前の350タイトル以上、約45万点の論文を提供するもので、人文・社会科学系から数学等の幅広い分野の論文が含まれています。これらのコンテンツはJSTORによってデジタル化されたもので、これまでJSTORで公開されていたものですが、IAからもダウンロードできるようになったとのことです。

JSTOR Early Journal Content
https://archive.org/details/jstor_ejc

ハーバード大学図書館、米国デジタル公共図書館の“書架”をブラウジングできる“Stacklife DPLA”を公開

2013年4月17日、米ハーバード大学図書館は“StackLife DPLA”を公開しました。これは、4月18日正午(米東部時間)に公開が予定されている米国デジタル公共図書館(DPLA)の170万点のデジタルコンテンツを、バーチャルな“書架”でブラウジングできるというものです。現在のところ、DPLAで提供されるHathiTrustとOpen Libraryのコンテンツをブラウジングできるようです。

DPLAStacklife
http://stacklife-dpla.law.harvard.edu/

StackLife: A Unique Way to Browse, Read Digital Public Library of America Books (Harvard Library 2013/4/17付けの記事)
http://library.harvard.edu/stacklife-browse-read-digital

Harvard Library Innovation Lab Launches StackLife, A Unique Way to Browse, Read Digital Public Library of America Books (INFOdocket 2013/4/17付けの記事)

Instagramに投稿された世界で最も美しい図書館

スマートフォン用の写真共有アプリ“Instagram”が、投稿された写真をまとめて「世界の最も美しい図書館」“The World’s Most Beautiful Libraries”として紹介しています。シュツットガルト市図書館やトリニティ・カレッジ図書館(ダブリン)等に加え、日本からも金沢海みらい図書館が紹介されています。

The World’s Most Beautiful Libraries (Instagram Blog)
http://blog.instagram.com/post/48128689065/libraries

全史料協が淡路島地震の影響について会員機関に対して問い合わせ 特段の被害はない模様

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)は、2013年4月13日の淡路島地震の影響について、近畿・四国地方のいくつかの機関会員へメールで問い合わせを行い、4月17日に情報掲示板でその結果を公表しています。それによると、以下の機関では特段の被害はなかったとのことです。

尼崎市立地域研究史料館
阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
和歌山県立文書館
松茂町歴史民俗資料館・人形浄瑠璃芝居資料館
西宮市情報公開課
京都府立総合資料館
香川県立文書館
神戸市文書館
桃山学院史料室

4月13日(土)早朝の地震について (全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 2013/4/17付けの記事)
http://www.jsai.jp/ibbs/b20130418.html

宮城県東松島市図書館、東日本大震災アーカイブページを試験公開 

2013年4月7日、宮城県東松島市図書館が、東日本大震災のアーカイブページであるICT地域の絆保存プロジェクト「東日本大震災を語り継ぐ」を試験公開しました。東松島市の市民に対し、震災に関する資料等の提供を呼び掛けています。

東松島市教育委員会 東松島市図書館【試験公開中】
ICT地域の絆保存プロジェクト【東日本大震災を語り継ぐ】 (東松島市図書館)
http://www.lib-city-hm.jp/lib/2012ICT/shinsai2012.html

東松島市図書館からおしらせ
http://www.lib-city-hm.jp/lib/osirase/osirase.html

歴史資料ネットワーク、淡路島被災地域の巡回調査結果を公表

歴史資料ネットワークが、4月13日の淡路島地震を受けて4月16日から17日にかけて被災地域の巡回調査を実施し、このほどその結果を速報として公開しました。それによると、すぐさま家屋や蔵の解体が行われるという懸念は少なく、緊急的な史料保全の必要ないと考えられるとのことです。

【速報】淡路島地震に関する現地巡回調査報告 (歴史資料ネットワーク 2013/4/17付けの記事)
http://siryo-net.jp/%E7%81%BD%E5%AE%B3%E5%AF%BE%E5%BF%9C/201304-awaji-research/

4月 17日

商船三井、NPO法人「南アフリカ初等教育支援の会」の移動図書館車の海上輸送に協力

2013年4月17日、商船三井はNPO法人Sapesi-Japan「南アフリカ初等教育支援の会」が教育支援のために南アフリカ共和国に送る移動図書館車の海上輸送に協力することを発表しました。2009年度、2010年度に続き3度目の協力となり、今回は8台の移動図書館を輸送するとのことです。

南アフリカ向け移動図書館車の海上輸送に協力(商船三井 2013/4/17付け)
http://www.mol.co.jp/pr/2013/13027.html

商船三井/南アフリカ向け移動図書館車の海上輸送に協力(LNEWS 2013/4/17付け)
http://lnews.jp/2013/04/f041701.html

商船三井:環境・社会報告書
http://www.mol.co.jp/csr-j/report/backnumber/index.html

【イベント】第1回SPARC Japanセミナー2013「SPARCとSPARC Japanのこれから」(6/7・東京)

2013年6月7日に、第1回SPARC Japanセミナー2013「SPARCとSPARC Japanのこれから」が、一橋大学一橋講堂で開催されます。今回は、SPARC USAのExecutive DirectorであるHeather Joseph氏による、米国におけるSPARCの活動状況に関する報告があるとのことです。

申込は、「オープンアクセス・サミット2013」のサイトからとのことですが、現在のところ申込フォームは準備中とのことです。

第1回 SPARC Japan セミナー2013 「SPARCとSPARC Japanのこれから」 (SPARC Japan)
http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2013/20130607.html

人文系学術書の電子書籍の現状とは ACLSが白書を刊行

2013年4月12日、米国学術団体評議会(ACLS)の人文系学術書電子書籍サイト“ACLS Humanities E-Book(HEB)”が、“Perception Analysis of Scholarly E-Books in the Humanities at the Collegiate Level”と題する白書を刊行しました。この白書は、大学・研究図書館における人文系電子書籍の提供の現状等について検証し、現在利用可能な電子学術リソースの見取り図を示す内容となっています。

Perception Analysis of Scholarly E-Books in the Humanities at the Collegiate Level ACLS Humanities E-Book White Paper No. 4 (PDF)
http://humanitiesebook.org/help/HEBWhitePaper4.pdf

HEB White Paper 4 Released (HEB 2013/4/12付けの記事)
http://humanities-ebook.blogspot.jp/2013/04/heb-white-paper-4-released.html

Beyond Access、ミャンマー、ヨルダン、南アフリカ、グルジアから新メンバーを追加

"Beyond Access"が2013年に新たに加わる加盟館・機関を公表しています。ミャンマーのTharapar Library、ヨルダン国立図書館、南アフリカのMasiphumeleleの図書館、グルジア図書館協会とのことです。各館のプロフィールなどは今後公開されるとのことです。

New Beyond Access Members from Myanmar, Jordan, South Africa and Georgia(2013/4/15付け)
http://beyondaccess.net/blog/2013/04/15/new-beyond-access-members-from-myanmar-jordan-south-africa-and-georgia/

Join Us
http://beyondaccess.net/join-us/
http://beyondaccess.net/beyond-access-2013/

Tharapar Library, Myanmar
https://www.facebook.com/Tharapar

National Library of Jordan
http://www.nl.gov.jo/EN/Pages/default.aspx

米国デジタル公共図書館(DPLA)の立ち上げイベントは中止に:ボストンマラソンゴール付近の連続爆発事件の影響

ボストン公共図書館のあるボストンマラソンゴール付近で起きた連続爆発事件の影響により、同館で2013年4月18日に開催することが予定されていた米国デジタル公共図書館(DPLA)の公式な立ち上げイベントは中止されるとのことです。Dan Cohen氏からのメッセージが出されています。DPLAの新しいサイトは予定通り4月18日に公開となるようです。

A Message from Executive Director Dan Cohen(2013/4/16付け)
http://dp.la/2013/04/16/a-message-from-executive-director-dan-cohen/
http://dp.la/get-involved/events/launch/

[DPLA Launch] Revised Logistical FAQ
http://dp.la/get-involved/events/launch/logistical-faq/

This Week’s Digital Public Library of America Launch Event in Boston Cancelled But Protoype Site Will Still Go Live on Thursday(2013/4/16付け)

国立国会図書館、「わが国が未批准の国際条約一覧」(2013年1月現在)を刊行・ウェブ掲載

国立国会図書館調査及び立法考査局が、国政課題に関する基本的な情報をさまざまな視点から提供する「基本情報シリーズ」のNo.14として、「わが国が未批准の国際条約一覧(2013年1月現在)」を刊行し、ウェブに掲載しました。これは2009年3月に刊行した「わが国が未批准の国際条約一覧(2009 年1 月現在)」以降改定を重ねて来ているものです。

条約の配列は、国際機関・国際会議別となっており、例えば、国際連合(UN)寄託条約の(D)には文化・学術・放送・通信・出版に関するもののリストが掲載されています。

調査資料
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/document/2013/index.html

4月 16日

国立国会図書館、東日本大震災アーカイブ公開記念シンポジウムの動画・配布資料を公開

国立国会図書館(NDL)は、2013年3月26日にNDL東京本館で開催しました、東日本大震災アーカイブ公開記念シンポジウム「東日本大震災の記録をのこす意志、つたえる努力」の動画・配布資料を、4月15日に東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)で公開しました。

東日本大震災アーカイブ公開記念シンポジウム(3/26開催)の動画・配布資料を掲載しました (東日本大震災アーカイブ 2013/4/15付けの記事)
http://kn.ndl.go.jp/information/57

絶版図書デジタル化に関する権利確認データベース“ReLIRE”が公開(フランス)

2013年3月21日、フランス国立図書館等が、フランスで20世紀に出版された絶版図書のデジタル化提供に関する権利確認用データベースサイト“ReLIRE”を公開しました。

これは、2012年3月に「20世紀の絶版書籍の電子的利用に関する2012年3月1日の法律第2012-287号」が制定されたことが背景にあり、“ReLIRE”には、まずは6万点の絶版書のリストが公開されているようです。

ReLIRE
http://relire.bnf.fr/

Le site ReLIRE est en ligne (BnF 2013/3/21付けの記事)
http://www.bnf.fr/fr/professionnels/pro_actualites.html

Exploitation des livres indisponibles du XXe siecle : la Sof ia
recoit l’agrement du ministre de la Culture (PDF) (sofia 2013/3/21付けのプレスリリース)
http://www.la-sofia.org/sofia/webdav/site/Sofia/shared/Nos%20communiqu%C3%A9s/Communique_ReLIRE.pdf

情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP)、「淡路震災・情報行動調査速報版」を公開

2013年4月16日、情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP)が、「淡路震災・情報行動調査速報版」を公開しました。iSPPは、2011年の東日本大震災を契機に、情報通信技術(ICT)を活用した支援活動を行うことを目的に設立された組織です。

この調査は、今後も想定される地震などの災害の際に、とくに重要と思われる被災地における状況の迅速かつ的確な把握、「情報の空白地帯」の発生を最小限にするための実践的な指針を得るための材料として役立てられないかとの狙いで実施されたものです。調査資料は、4月13日に淡路島で発生した強い地震の際に、人々が必要とする情報をどのように受発信したかについて、緊急アンケート調査の結果をまとめたものです。

なお、アンケートは現在も受付中で、今後さらに回答数が増えた段階で改めて集計・分析を行い、最終結果を公表する予定とされています。

淡路震災・情報行動調査速報版 (iSPP 情報支援プロボノ・プラットフォーム 2013/4/16付けの記事)
http://www.ispp.jp/archives/1874

参考:
No.14 日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望 (Issues and Perspectives on Reference Services in libraries of Japan)

韓国国立中央図書館、図書館員の研修用iOSアプリをリリース

2013年3月12日に、韓国国立中央図書館は、図書館員の研修用のアプリ(iOS用)をリリースしました。既にアンドロイド版も提供されているようです。

「ビブリオセラピーの基礎」や「図書館と著作権」等の5講座が提供され、受講は無料のようです。

전국 어디라도 찾아간다! 사서교육의 내비게이션 등장 (韓国国立中央図書館 2013/3/12付けの記事)
http://www.nl.go.kr/nl/bodo/notice_view.jsp?board_no=6737&site_code=nl&notice_type_code=3&currentPage=0&srch=&searchWord=&cate_no=0

ページ