アーカイブ - 2013年 4月 16日

国立国会図書館、東日本大震災アーカイブ公開記念シンポジウムの動画・配布資料を公開

国立国会図書館(NDL)は、2013年3月26日にNDL東京本館で開催しました、東日本大震災アーカイブ公開記念シンポジウム「東日本大震災の記録をのこす意志、つたえる努力」の動画・配布資料を、4月15日に東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)で公開しました。

東日本大震災アーカイブ公開記念シンポジウム(3/26開催)の動画・配布資料を掲載しました (東日本大震災アーカイブ 2013/4/15付けの記事)
http://kn.ndl.go.jp/information/57

絶版図書デジタル化に関する権利確認データベース“ReLIRE”が公開(フランス)

2013年3月21日、フランス国立図書館等が、フランスで20世紀に出版された絶版図書のデジタル化提供に関する権利確認用データベースサイト“ReLIRE”を公開しました。

これは、2012年3月に「20世紀の絶版書籍の電子的利用に関する2012年3月1日の法律第2012-287号」が制定されたことが背景にあり、“ReLIRE”には、まずは6万点の絶版書のリストが公開されているようです。

ReLIRE
http://relire.bnf.fr/

Le site ReLIRE est en ligne (BnF 2013/3/21付けの記事)
http://www.bnf.fr/fr/professionnels/pro_actualites.html

Exploitation des livres indisponibles du XXe siecle : la Sof ia
recoit l’agrement du ministre de la Culture (PDF) (sofia 2013/3/21付けのプレスリリース)
http://www.la-sofia.org/sofia/webdav/site/Sofia/shared/Nos%20communiqu%C3%A9s/Communique_ReLIRE.pdf

情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP)、「淡路震災・情報行動調査速報版」を公開

2013年4月16日、情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP)が、「淡路震災・情報行動調査速報版」を公開しました。iSPPは、2011年の東日本大震災を契機に、情報通信技術(ICT)を活用した支援活動を行うことを目的に設立された組織です。

この調査は、今後も想定される地震などの災害の際に、とくに重要と思われる被災地における状況の迅速かつ的確な把握、「情報の空白地帯」の発生を最小限にするための実践的な指針を得るための材料として役立てられないかとの狙いで実施されたものです。調査資料は、4月13日に淡路島で発生した強い地震の際に、人々が必要とする情報をどのように受発信したかについて、緊急アンケート調査の結果をまとめたものです。

なお、アンケートは現在も受付中で、今後さらに回答数が増えた段階で改めて集計・分析を行い、最終結果を公表する予定とされています。

淡路震災・情報行動調査速報版 (iSPP 情報支援プロボノ・プラットフォーム 2013/4/16付けの記事)
http://www.ispp.jp/archives/1874

参考:
No.14 日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望 (Issues and Perspectives on Reference Services in libraries of Japan)

韓国国立中央図書館、図書館員の研修用iOSアプリをリリース

2013年3月12日に、韓国国立中央図書館は、図書館員の研修用のアプリ(iOS用)をリリースしました。既にアンドロイド版も提供されているようです。

「ビブリオセラピーの基礎」や「図書館と著作権」等の5講座が提供され、受講は無料のようです。

전국 어디라도 찾아간다! 사서교육의 내비게이션 등장 (韓国国立中央図書館 2013/3/12付けの記事)
http://www.nl.go.kr/nl/bodo/notice_view.jsp?board_no=6737&site_code=nl&notice_type_code=3&currentPage=0&srch=&searchWord=&cate_no=0

サイモン&シュスター社がニューヨーク市の公共図書館と電子書籍サービスの実験プログラム開始

2013年4月15日、米国の大手出版社サイモン&シュスター(Simon & Schuster)社が、ニューヨーク市の3つの公共図書館と、電子書籍サービスの実験プログラムを開始すると発表しています。

このプログラムに参加するのはニューヨーク公共図書館、ブルックリン公共図書館、クイーンズ図書館で、実験期間は1年間と予定されています。参加館は実験期間中、サイモン&シュスター社のいずれの電子書籍を購入することも可能で、購入日から1年間は回数に制限なく、1度に1人の利用者への貸出ができます。また、実験の一環として、利用者は図書館のポータルサイトから同社の書籍を購入することも可能になるとのことです。

SIMON & SCHUSTER AND NEW YORK CITY PUBLIC LIBRARIES PARTNER FOR EBOOK PILOT PROGRAM (Simon & Schuster 2013/4/15付け)(PDF)
http://d2ikrwcyurm5yv.cloudfront.net/press_releases/%20-%20Press%20Releases/NYPL-SS%20Pilot%20Final.pdf

Simon & Schuster launches ebook pilot program(ALA 2013/4/15付け)

Library Review誌2013年春号、IFLAのサテライトミーティング「ホームレスと図書館」で公表された報告のリサーチペーパー等を掲載

国際図書館連盟(IFLA)の“特別なニーズのある人々に対する図書館サービス分科会”(Library Services to People with Special Needs)が2012年8月に開催したサテライトミーティング「ホームレスと図書館」について、そのプレゼン資料の内容がLibrary Review誌の2013年春号で出版されるとのことで、Earlyciteとして既にウェブで公開されています。

From Presentation To Publication(IFLA, 2013/4/15付け)
http://www.ifla.org/node/7641

Library ReviewT able of contents:
Volume 62 issue 1/2
Published: 2013
http://www.emeraldinsight.com/journals.htm?issn=0024-2535&volume=62&issue=1%2F2&WT.mc_id=journaltocalerts

参考:
E1322 - ザグレブ市図書館のホームレス社会復帰支援(クロアチア) カレントアウェアネス-E
No.220 2012.08.09
http://current.ndl.go.jp/e1322

WIPO、特許検索システムPATENTSCOPEに、米国特許庁の文献1,000万件以上を追加

世界知的所有権機関(WIPO)の特許検索システムPATENTSCOPEに、米国特許庁(USPTO)のコレクションから1790年から現在までの特許文献約1,000万件が追加され、これにより2,800万件以上の特許文献が検索できるようになったとのことです。

2013年4月12日付けのプレスリリースによると、2013年中にさらに数カ国の情報を追加することが予定されているようです。

WIPO's PATENTSCOPE tops 28 Million Searchable Patent Documents(2013/4/12付け)
http://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2013/article_0009.html

簡易検索(日本語)
http://patentscope.wipo.int/search/ja/search.jsf

National Collections - Data Coverage
http://patentscope.wipo.int/search/en/help/data_coverage.jsf

PATENTSCOPE Search The User’s Guide

アジア・オセアニア地域の国立図書館等の概況:CDNLAO 2013カントリーレポート公開

2013年3月26日にマレーシアで開催された第21回CDNLAO(アジア・オセアニア国立図書館長会議)時に提供された各国のカントリーレポートが公開されています。

22カ国(オーストラリア、バングラデシュ、ブータン、ブルネイ、中国、フィジー、インドネシア、日本、キリバス、韓国、ラオス、マレーシア、モルジブ、ミャンマー、ネパール、ニュージーランド、パキスタン、フィリピン、シンガポール、スリランカ、タイ、ベトナム)のうち、多くの国についてレポートが公開されています。また併せて、オーストラリアの電子図書館システムのリプレース等についてのプレゼンテーションも公開されています。

The 21st meeting (2013)
http://www.ndl.go.jp/en/cdnlao/meetings/2013.html

参考;
E1069 - CDNLAO 2010カントリーレポート(1) 中国,韓国 カレントアウェアネス-E No.174 2010.07.08
http://current.ndl.go.jp/e1069

E1075 - CDNLAO 2010カントリーレポート(2) オーストラリアなど カレントアウェアネス-E No.175 2010.07.22
http://current.ndl.go.jp/e1075

ジョン・F・ケネディ大統領図書館で火災発生 職員・利用者は無事

2013年4月15日、米国ボストンにあるジョン・F・ケネディ大統領図書館で火災が発生しました。同館の公式ツイート等によると、電気室から火災が発生したもので、職員・利用者は全員無事とのことです。また、同館は15日を休館にすると発表しています。

同日ボストン・マラソンのゴール付近で複数の爆発があり、それとの関連性も疑われましたが、その後、マラソンでの2回の爆発とは関連はないと報道されています。

JFK Library
http://www.jfklibrary.org/

JFK Library 2013/4/16付けのツイート
https://twitter.com/JFKLibrary/status/323924478168035328

Explosions at Boston Marathon finish line (Live Blog) (The Washington Post 2013/4/15付けライブブログ)※音声注意
http://www.washingtonpost.com/blogs/early-lead/wp/2013/04/15/explosions-at-boston-marathon-finish-line/#liveblog-entry-11444