アーカイブ - 2013年 2月 28日

引用索引データベースBook Citation Indexを利用した図書の各章の引用パターン分析(文献紹介)

Journal of Infometrics誌の7巻2号に、“Mapping Citation Patterns of Book Chapters in the Book Citation Index”という論文が掲載されています。著者はDaniel Torres-Salinas氏らスペインの研究者です。論文はオープンアクセスではありませんが、arXiv.orgで読むことができます。論文では、トムソン・ロイター社の“Book Citation Index”のデータを用いて、図書の章の引用パターンを分野・出版社ごとに分析し、Heliocentric Clockwise Mapと名付けた図で可視化を行っています。

Mapping Citation Patterns of Book Chapters in the Book Citation Index(arXiv)
http://arxiv.org/abs/1302.5544

Mapping Citation Patterns of Book Chapters in the Book Citation Index(Journal of Infometrics)
http://dx.doi.org/10.1016/j.joi.2013.01.004

参考:

図書館専門職を“定義”する スペイン文化省内ワーキンググループが文書を公表

2013年2月付けで、スペイン文化省の図書館協力委員会(Consejo de Cooperacion Bibliotecaria)の専門職プロフィールワーキンググループが、同国の各種図書館でそれぞれ異なる図書館員の職位や専門職の名称、その役割やコンピテンシー等をまとめた文書“Perfiles profesionales del Sistema Bibliotecario Español: fichas de caracterización”を公表しています。

文書では、「館長」や「図書館技術者」、「レファレンスライブラリアン」、「文書分析担当者」等の21項目が挙げられており、統一的な指針を示すことで、館種間での議論の土台にする狙いがあるようです。

Perfiles profesionales del Sistema Bibliotecario Español: fichas de caracterización (PDF)
http://travesia.mcu.es/portalnb/jspui/bitstream/10421/6841/1/perfilesprofesionalesSBE.pdf

Grupo de Trabajo de Perfiles Profesionales

文化機関が“ビッグデータ”に関わるには? 英Magic Lanternがレポートを公表

2013年2月5日、英国のMagic Lantern社は、“Counting What Counts: What Big Data can do for the Cultural Sector”というレポートを公表しました。このレポートは、文化機関におけるビッグデータをテーマとしたもので、文化機関や政策決定者、助成団体等がビッグデータにどのように関わればよいのかについての推奨事例等が示されています。

Counting What Counts: What Big Data can do for the cultural sector (PDF)
http://www.nesta.org.uk/library/documents/CountingWhatCountsPaperWV.pdf

New Report: Counting What Counts (Magic Lantern 2013/2/5付けの記事)
http://www.magiclantern.co.uk/2013/02/05/counting-what-counts/

Big Data and The Cultural Sector (The European Library 2013/2/26付けの記事)

ITHAKA S+R、化学者の研究実践とその支援ニーズに関する調査レポートを公表

2013年2月25日、米国のITHAKA S+Rが、かねてから実施していた化学者の研究手法や実践法と、その支援ニーズに関する調査レポート“Supporting the Changing Research Practices of Chemists: Research Support Services: Chemistry Project”を公表しました。

英国のJISCの助成を受け2011年から2013年にかけて実施されたこの調査は、英国の化学者の研究支援ニーズを調べたもので、約60人の研究支援担当者と研究者を対象に行わったインタビュー調査が元になっています。レポートでは、データ管理、共同研究、図書館利用、発見、成果発表、研究助成等がテーマとして登場しているとのことです。

Supporting the Changing Research Practices of Chemists: Research Support Services: Chemistry Project (ITHAKA S+R 2013/2/25付けの記事)
http://www.sr.ithaka.org/research-publications/supporting-changing-research-practices-chemists

ティルブルフ大学がOCLCのクラウド型図書館業務システムを運用開始、欧州で初

オランダのティルブルフ大学(Tilburg University)図書館が、OCLCのクラウド型図書館業務システム“WorldShare Management Services”の実運用を開始しました。当初は、2012年6月に稼働予定とされていたものです。

同大学は12,500人の学生を擁する研究型大学です。WorldShare Management Servicesは、米国では既に93館が導入していますが、欧州ではファーストユーザとなります。今後、スペイン、フランス、英国でも導入館が生まれる予定とされています。

Tilburg University moves library workflows to the cloud with OCLC(OCLC 2013/2/26付けニュースリリース)
http://www.oclc.org/news/releases/2013/201310.htm

参考:
ノルウェーのBIBSYSがOCLC WorldShare Management Servicesの導入を中止
http://current.ndl.go.jp/node/21620

オランダのティルブルフ大学がOCLCのウェブスケール図書館管理システムを採用 欧州におけるファーストユーザに

第16回「図書館を使った調べる学習コンクール」の入賞作品・団体が発表

図書館振興財団の主催する第16回「図書館を使った調べる学習コンクール」の入賞作品が発表されました。これは、公共図書館や学校図書館を使用して調べてまとめあげた作品のコンクールです。今回の応募総数は40,229点で、文部科学大臣賞6作品をはじめとする34作品が入賞しています。また、団体としては、優秀賞・日本図書館協会賞を荒川区教育委員会が、「図書館を使った調べる学習」活動賞(今回新設)を宮城県の富谷町教育委員会、新宿区立戸山・中町・角筈・鶴巻図書館、長野県の茅野市教育委員会が受賞しています。

入賞者一覧(PDF:16ページ)
http://www.toshokan.or.jp/contest/16result.pdf

図書館を使った調べる学習コンクール
http://www.toshokan.or.jp/contest/

図書館を使った調べる学習コンク 茅野市教委が「活動賞」(長野日報 2013/2/28付け記事)
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=27794

三沢の文化遺産や自然遺産調べ奨励賞(デーリー東北 2013/2/24付け記事)