アーカイブ - 2013年 2月 13日

ほぼボランティア運営による中国専門図書館 シンガポールのチャイナタウンに登場

2013年1月31日、シンガポール国立図書館委員会(NLB)は、同国のチャイナタウンの中心部に地域住民主体の図書館を設置したと発表しました。

これは、Kwan Im Thong Hood Cho TempleとCP1 Pte Ltdの資金援助により実現したもので、ボランティアが運営して利用者がセルフサービスで利用する、同国では新しいタイプの図書館です。同館は、中国の芸術と文化に関する図書と視聴覚資料を主に所蔵しているとのことです。

手助けが必要な利用者は、備付けのホットラインを通じて図書館員(cyber librarian)に質問することができ、貸出の際は館内の自動貸出機等を利用することになっているようです。

NLB's First Community-Supported Library on Chinese Arts and Culture (National Library Board 2013/1/31付けの記事)

国際STM出版社協会、統合検索サービス提供者に対する推奨事項を発表

国際STM出版社協会(STM)が、2013年1月付けで、“STM Best Practice Recommendations for Federated Search of Copyright-Protected Works”と題した文書を公表しています。統合検索(federated search)サービスの提供者に対して、出版社側からの推奨事項を9点示したものです。

その背景には、出版社の、統合検索サービス提供者からの合法的なアクセスとそうでないものを区別したいという問題意識があるようです。文書では、統合検索サービス提供者からのアクセスのなかに許可されてないIPアドレスが見つかったことや、同じく許可されていないIPアドレスからのテキストマイニングによって出版社のシステムのパフォーマンス低下を招いたことがあったと報告されています。

STM Best Practice Recommendations for Federated Search of Copyright-Protected Works(PDF:3ページ)
http://www.stm-assoc.org/2013_01_14_STM_Best_Practice_Federated_Search_Copyright_Works.pdf

ARL主催の図書館評価に関する会議で優秀賞に選ばれたポスター9点が発表

北米研究図書館協会(ARL)が、2012年10月に開催した図書館評価をテーマとする会議“Library Assessment Conference”におけるポスターセッションの優秀作品9点を発表しました。それ以外も含めて、全86点のポスターのPDFファイルが同会議のウェブサイトで公開されています。

優秀作品では、学生の図書館の利用と成績の関係、情報リテラシーに関するRAILSプロジェクト、評価に関するウェブページの内容分析、図書館と学生在籍率との関わり、カウンターで利用者がたらい回しになってしまうことの改善、オープンソースの評価分析ツールSuma、カードソートによる図書館ウェブサイトの設計など、様々な取組が紹介されています。

Library Assessment Conference Award-Winning Posters Now Online(ARL 2013/2/12付けニュース)
http://www.arl.org/news/pr/library-assessment-conference-award-winning-posters-12feb13.shtml

2012 Poster Presentations(Library Assessment Conference)

生涯投稿料モデルを採用したオープンアクセス誌PeerJが創刊

2013年2月12日、生涯投稿料モデルを打ち出したオープンアクセス誌PeerJが創刊しました。まずは30数本の論文をウェブサイトで公開しています(トップページには時系列順に論文が並べられています)。ブログに掲載した創刊の挨拶のなかで、PeerJのビジョンや4つの目標について述べられています。

PeerJ
https://peerj.com/

How long is a piece of loop?(第1本目の論文)
https://peerj.com/articles/1/

The Launch of PeerJ(PeerJ Blog 2013/2/12付け記事)
http://blog.peerj.com/post/42920112598/launch-of-peerj

Some of the Innovations of the PeerJ Publication Platform(PeerJ Blog 2013/2/12付け記事)
http://blog.peerj.com/post/42920094844/peerj-functionality

Open Access Journal PeerJ Publishes First Articles(The Digital Shift 2013/2/12付け記事)

LC、デジタル情報保存関係の用語集“National Digital Stewardship Alliance glossary”を公開

国家デジタル管理連盟(National Digital Stewardship Alliance;NDSA)が、デジタル情報保存関係の用語集“National Digital Stewardship Alliance glossary”を作成し、公開しました。NDSAは、2011年に、米国議会図書館(LC)によって結成されたものです。

NDSA Levels of Preservation Glossary
http://www.digitalpreservation.gov/ndsa/ndsa-glossary.html

The Release of the NDSA Digital Stewardship Glossary(The Signal 2013/2/11付け記事)
http://blogs.loc.gov/digitalpreservation/2013/02/the-release-of-the-ndsa-digital-stewardship-glossary/

参考:
E1170 - デジタル情報保存プログラムNDIIPP,設立から10年の報告書
http://current.ndl.go.jp/e1170