アーカイブ - 2013年 12月 25日

世界31の“Informational World City”における図書館の中核的サービスに関する調査(文献紹介)

Libri誌の2013年11月号に、“Public Libraries in the Knowledge Society: Core Services of Libraries in Informational World Cities”と題する記事が掲載されています。ドイツのハインリッヒ・ハイネ大学の情報学部(Department of Information Science)のメンバーによるもので、世界の31の“Informational World City”(日本からは東京を含む)における公共図書館の中核的サービスについて、デジタルの側面と物理的な側面の両面から、ウェブ上の情報に基づいて分析したものです。

デジタルの側面については、OPAC、電子情報源(電子ジャーナルや電子書籍等)、デジタル化資料、デジタル形式のガイド、デジタルレファレンスサービス、ソーシャルメディア、携帯端末用アプリの各項目を分析し、また物理的な側面については、ランドマークとしての図書館、スペース、図書館内における飲食、RFID、資料返却の可能な場所、Wi-Fi、マーケティングの各項目を分析したとのことです。

新しいラトビア国立図書館が完成 - “Castle of Light”

建築が進められていた新しいラトビア国立図書館の建物が完成したことが、2013年12月20日付けで報じられています。2008年に建築が開始され、そのユニークなデザインから“Castle of Light”と呼ばれているものです。

2014年1月18日に、最初の資料の到着を祝うイベントが開催されるようです。

162m Latvian national library construction completed (video)(The Baltic Times, 2013/12/20付け)
http://www.baltictimes.com/news/articles/34055/#.UrpRw3mRmSr

NLL NEW BUILDING(National Library of Latvia)
http://www.lnb.lv/en/nll-new-building

Castle of Light
http://www.gaismaspils.lv/gp/index.php?m=start&s=start&l=en
※建築プロジェクトのサイト

Latvijas Nacionālās bibliotēkas būvdarbi pabeigti (2013/12/20付け)

国際図書館連盟、LGBTQユーザに関する研究グループを設置

国際図書館連盟(IFLA)が、LGBTQ(lesbian, gay, bisexual, transgender, queer/questioning)利用者に関する研究会(Special Interest Group:SIG)の設置を承認したとのことです。

同SIGは、LGBTQのコミュニティのための図書館サービスに関連する問題についての実質的な議論がIFLAで行われてこなかったとして、コミュニティにとって必要な蔵書の構築等について考える場を提供していくようです。第1回の集会はリヨン(仏)で開催される2014年のIFLA年次大会で開催されるとのことです。

IFLA approves creation of LGBTQ Users SIG(News from Acquisition and Collection Development、2013/12/24付け)
http://www.ifla.org/node/8253

文部科学省、「世界の成長を取り込むための外国人留学生の受入れ戦略(報告書)」を公表

文部科学省が、「世界の成長を取り込むための外国人留学生の受入れ戦略(報告書)」(2013年12月18付け)を公表しました。2013年3月に高等教育局長のもとに設置された「戦略的な留学生交流の推進に関する検討会(主査:木村孟 東京都教育委員会委員長)」により取りまとめられたものです。

基本的な考え方として、「諸外国の成長を我が国に取り込み、我が国の更なる発展を図るため、重点地域の設定等の外国人留学生受入れに係る戦略を策定することが必要」として、施策の効果が期待できる重点分野、重点地域及び今後の対応方針、重点的に取り組むべき施策などについて示しています。

世界の成長を取り込むための外国人留学生の受入れ戦略(報告書)(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/1342726.htm

NDL書誌情報ニュースレター2013年4号が刊行

国立国会図書館(NDL)が、ウェブサイトに『NDL書誌情報ニュースレター』2013年4号(通号27号)を掲載しました。

会議等の報告として、第79回IFLA大会(シンガポール)の報告、VIAF評議会会議の報告、第38回ISSNセンター長会議の参加報告、バーバラ・B.ティレット氏によるワークショップ「新しい知識と情報の組織化:RDAの理念と実践」の参加報告が掲載されています。

NDL書誌情報ニュースレター2013年4号(通号27号)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bib_newsletter/2013_4/index.html

参考:
NDL書誌情報ニュースレター2013年3号が刊行 Posted 2013年9月26日
http://current.ndl.go.jp/node/24447

文化審議会著作権分科会出版関連小委員会、電子書籍に対応した出版権の整備に関し最終報告

文化庁の文化審議会著作権分科会出版関連小委員会が、2013年12月20日、電子書籍に対応した出版権の整備に関し、最終報告書案を了承したとのことです。この報告書案が同小員会の第9回会議資料として文化庁のウェブサイトに掲載されています。

また、2013年9月27日から10月26日にかけて実施していた同小委員会の「出版関連小委員会中間まとめ」への意見募集の結果も、12月19日に公表されています。意見募集では、合計2045通(団体177通、個人1868通)の意見がよせられたとのことです。

文化審議会著作権分科会出版関連小委員会(第9回)
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/shuppan/h25_09/gijishidai.html

文化審議会著作権分科会出版関連小委員会中間まとめに関する意見募集の結果について(文化庁、2013/12/19付け)
http://www.bunka.go.jp/ima/press_release/pdf/shuppan_ikenbosyu_kekka_131219.pdf

文化審議会著作権分科会出版関連小委員会中間まとめに関する意見募集の結果について

【イベント】大学図書館国際フォーラム「大学図書館における冊子体コレクションの将来~日本版Shared Printの可能性」開催(2/28・東京)

2014年2月28日、慶應義塾大学メディアセンターが主催し、OCLC Research Library Partnershipが協力する、大学図書館国際フォーラム「大学図書館における冊子体コレクションの将来~日本版Shared Printの可能性~」が開催されます。

資料デジタル化の進展を背景に、複数の図書館が共同で冊子体コレクションの保存・管理・利用のしくみの構築を行う取り組みである「Shared Print(シェアード・プリント)」について、OCLCにおけるこの分野の第一人者、およびシェアード・プリントを実践している研究図書館から担当者を招き、北米の現状や実践から得た知見についての報告、および日本の関係者とディスカッションを行うとのことです。

参加費は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

大学図書館における冊子体コレクションの将来~日本版Shared Printの可能性~(慶應義塾大学メディアセンター(図書館))
http://www.lib.keio.ac.jp/jp/sharedprint/

KEIO 大学図書館国際フォーラム「大学図書館における冊子体コレクションの将来 ~日本版 Shared Print の可能性~」の開催について(ご案内)慶應義塾大学メディアセンター(図書館))