アーカイブ - 2013年 10月 31日

新曜社とSAGE社が社会科学分野におけるテキストの共同出版で提携

2013年10月31日、新曜社とSAGE社が社会科学分野における日本語版テキストの共同出版で提携すると発表されました。

まずは学生・大学院生向けの研究方法論のテキスト群、「SAGE質的研究法キット」から出発し、より広範に亘る社会科学分野のテキストに拡大することを視野に入れているとのことです。また、従来形態の書籍に加え、将来的には、電子書籍のマーケットにおける展開に向けても共同して取り組んでいきたいとのことです。

プレスリリース 新曜社 SAGE社 社会科学分野テキストの共同出版にて提携(新曜社, 2013/10/31)
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/sage-c7bb.html

米BISG、電子書籍に対する消費者動向に関する調査結果のレポートを公表

2013年10月29日、米国の書籍産業研究グループ(BISG:Book Industry Study Group)が、電子書籍に対する消費者動向に関する調査結果のレポート"Consumer Attitudes Toward E-Book Reading, Volume 4 "のReport 2 を公表しました。Volume 4のReport 1は4月に発行されており、2013年のレポートは今回公表されたReport 2で最後とのことです。本文は有料ですが、概要で新しい調査結果の一部が紹介されています。

・消費者は印刷版とデジタル版の「セット売り」にとても興味がある。調査回答者の48%が、セット売りならば購入するとしている。
・半数以上の調査回答者が、譲る、あるいは転売できるなら電子書籍に対してより多く支払うとしている。
・数は少ないが、印刷版とデジタル版を区別せずに購入する人の数は増加しており、電子書籍のみ購入する人の数は緩やかに減少している。

Now Available: Report Two of Consumer Attitudes Toward E-Book Reading, Volume 4 (BISG 2013/10/29)

米国議会図書館(LC)が開催した電子情報の保存に関するミーティング“Designing Storage Architectures for Digital Collections”の資料が公開

米国議会図書館(LC)が2013年9月23日、24日に開催した、電子情報のストレージのアーキテクチャ設計をテーマとしたミーティング“Designing Storage Architectures for Digital Collections”の資料が公開されています。

Designing Storage Architectures 2013
http://www.digitalpreservation.gov/meetings/storage13.html

Presentations From LC Meeting On Storage Architectures(CNI News 2013/10/30付け)
http://www.cni.org/news/presentations-from-lc-meeting-on-storage-architectures/

英国国立・大学図書館協会、"SCONUL Library Design Awards"の受賞館を発表

2013年10月29日、英国国立・大学図書館協会(SCONUL)が、"SCONUL Library Design Awards"の受賞館を発表しました。1973年に創設されたこの賞は、図書館の設計とデザインにおける優れた実践を奨励し、最先端デザインの際立った実例を称えることを目的として、3年に1回発表されるものとのことです。

2013年の受賞館は以下の通りです。
Photobucketでは受賞館の写真が紹介されています。

2000平方メートル以上の図書館部門
Augustine House Library及びStudent Services Centre : Canterbury Christ Church University
マクレイ図書館(The McClay Library) : クイーンズ大学ベルファスト 

2000平方メートル以下の図書館部門
Ayr Library : University of West of Scotland/Scotland’s Rural College (SRUC)

Library Design awards show libraries at the heart of academic life (SCONUL 20103/10/29)

米国の大学・研究図書館協会(ACRL)、「学術図書館の動向と統計」の2012年版を刊行

2013年10月30日、米国の大学・研究図書館協会(ACRL)が、2012年版「学術図書館の動向と統計」(2012 Academic Library Trends and Statistics)を刊行したことを発表しました。この資料には、1,495機関の学術図書館のコレクション、支出額、サービス等、6つの項目に分類されたデータがまとめられているとのことです。

無料で公開されている概要によると、資料構築への支出は2011年よりも7.3%増加しており、給料・賃金への支出は3.7%増加しているとのことです。また、過去1年以内に76%の学術図書館がソーシャルメディアを利用していることが報告されています。利用した理由の上位3つは、図書館サービスのプロモーション、イベントのマーケティング、コミュニティの構築とのことです。

2012 Academic Library Trends and Statistics (ALA)
http://www.acrl.ala.org/acrlinsider/archives/7898

ACRL 2012 Academic Library Trends and Statistics. Three-volume Set (ALA store)

Serials Solutions社、ディスカバリーサービスSummonの検索対象にロシア語コンテンツMybrary.ruの追加を公表

2013年10月29日、Serials Solutions社は、ディスカバリサービスSummonの検索対象にロシアMybrary社のロシア語コンテンツを追加すると公表しました。

追加されるのは、Mybrary.ruの法律、経済、ビジネス分野のコレクションとのことです

Serials Solutions to Index Mybrary.ru in the Summon Service(2013/10/29)
http://www.serialssolutions.com/en/words/detail/serials-solutions-to-index-mybrary.ru-in-the-summon-service

mybrary
http://mybrary.ru/

Serials Solutions to index Mybrary.ru in the Summon service(Library Technology Guides, 2013/10/29付け)
http://www.librarytechnology.org/ltg-displaytext.pl?RC=18528

参考:
Serials Solutions社、ディスカバリーサービスSummonの検索対象に丸善の日本語電子書籍コンテンツの追加を公表

オーストラリアの学校図書館に関する調査報告書が公開

オーストラリアのSoftlink社による、オーストラリアの学校図書館に関する調査報告書が公開されています。

この報告書では、オーストラリアの学校図書館の予算、職員のレベルと成績、リテラシーの関係が分析されており、調査の結果、学校図書館の予算とNAPLAN(※)の調査結果には正の相関関係があると指摘されているようです。

オーストラリアの800余りの学校がオンラインでの42項目にわたる調査に協力したとのことです。

主な調査結果は以下の通りです。

・81%の学校図書館の予算は現状維持または減少した。
・カトリックや私立学校の図書館に比べて、より多くの公立学校図書館の予算が減少した。
・2013年の学校図書館職員の数について、28%は減少し、63%は変化なしであると報告された。
・昨年電子書籍を購入した学校は28%、今後12カ月で電子書籍を購入もしくは購入する可能性が高いと回答した学校は55%である。
・学校図書館司書の44%は児童の半分以上が個人のモバイル機器(iPod、iPad、スマートフォンやタブレットなど)を所持していると回答した。