アーカイブ - 2013年 10月 1日

“青空文庫を縦書きで読む” 「青空+BinB」が公開

株式会社ボイジャーが、青空文庫に登録されている書籍を検索し、ブラウザ上で縦書きで読むことができるサイトを2013年9月30日に公開しました。

このサイトは電子書籍読書システム“BinB”を導入しており、文字サイズの変更など、ブラウザ上でアプリ同様の動作を利用できます。

青空文庫のXHTML版のアクセスランキングも表示されており、リンクから直接作品を閲覧することができます。著者名から収録作品の一覧も確認できます。登録作品数は著作権が存続するものを除いた11,000タイトル以上とのことです。

青空+BinB
http://binb.jp/aozora/

BinB
http://binb-store.com/

【おしらせ|青空+BinB】
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=532242666854154&set=a.274835249261565.66143.137041543040937&type=1

参考:
株式会社ボイジャー、HTML5ベースの電子書籍読書システム“BinB”を公開
http://current.ndl.go.jp/node/19695

青空文庫の作品をブラウザで縦書きで読める「えあ草紙・青空図書館」

宮古市立図書館田老分室(岩手県)、元の場所での業務を再開

東日本大震災において津波の被害を受けた宮古市立図書館田老分室(岩手県)が、2013年10月1日、元の場所での業務を再開しました。

報道によると、同分室では、津波により床上15センチほどが浸水する被害があり、これまで近くの総合事務所や公民館で業務を行ってきました。この度復旧工事が完了し、リニューアルオープンしたとのことです。

津波で被災 宮古・田老の図書館がリニューアル(IBC 岩手放送, 2013/10/1付け)
http://news.ibc.co.jp/item_20575.html

被災の田老地区 図書館が再開(NHK, 2013/10/1付け)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131001/k10014940141000.html

開館したてのバーミンガム図書館の詳細な訪問レポート 「落ち着いたら。これから」

国際日本文化研究センター図書館員の江上敏哲氏のブログで、2013年9月3日に開館し、話題を集めている英バーミンガム図書館の訪問レポートが公開されています(2013年9月26日付け)。

江上氏は2013年9月14日にバーミンガム図書館を訪れたとのことで、建築やサイン、人であふれる館内の様子などを豊富な写真付きで紹介しています。ハード面の詳細を紹介する一方で、開館間もなく、多くの利用者で混雑していたこともあり、サービスなどのソフト面については「観察できるような余地がない」、「落ち着いたら。これから、です。」と述べられています。

開館したてのバーミンガム図書館に行ってきました(egamiday3、2013/9/26付け)
http://egamiday3.seesaa.net/article/375806848.html

「Linked Open Data チャレンジ Japan 2013」の応募が開始(10日1日~)

新しいデータ共有・活用の仕組みやアイデアを募集するイベント、「Linked Open Data チャレンジJapan 2013」の応募が2013年10日1日から開始されました。2013年度の応募期限は2014年1月6日までで、審査結果は2014年3月7日に発表されるとのことです。

今年度は国立国会図書館も「データ提供パートナー」としてLinked Open Data チャレンジに参加しています。

Linked Open Data チャレンジ Japan 2013
http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2013/index.html

Linked Open Data チャレンジ Japan 2013 作品募集開始のお知らせ(10/1付プレスリリース)
http://lod.sfc.keio.ac.jp/blog/?p=1624

Wikipediaの医学関係記事を編集する授業 カリフォルニア大学サンフランシスコ校が初の試み(米国)

2013年9月26日、カリフォルニア大学サンフランシスコ校が、医学部の4年生を対象に、Wikipediaの医学関係の記事を編集する授業を開講すると発表しました。同校医学部は2013年から、Wikipediaの医学関係記事の質向上等に取り組む非営利団体Wiki Project Medと連携を結んでおり、この授業もその一環であるとのことです。

授業では利用が多い一方で質の低い医学関係の記事80本を題材に選び、学生は編集したり出典を加えたりし、教員が変更履歴をチェックするとのことです。Wikipediaの医学関係記事の質の向上が期待されるほか、学生にとっては医師の専門用語を使わず、馴染みやすい言葉で患者とコミュニケーションする訓練の機会になるだろうと、授業を担当するAmin Azzam准教授は述べています。

授業は2013年12月から1カ月の集中授業として実施され、修了者には単位も出されます。カリフォルニア大学サンフランシスコ校のwebサイトによれば、Wikipediaの記事編集に対し単位を出すことは米国の医学部で初の試みであるとのことです。

米国で”禁書”とされた名作 インフォグラフィックで紹介

米国の書籍販売サイトbookpalのブログで、図書館等から排除するようクレームがついたり、実際に除架されたりした”禁書”となった名作を紹介するインフォグラフィックが公開されています。『蝿の王』、『ユリシーズ』など10作品の紹介と”禁書”とされた理由のほか、1990年から2010年にかけてのクレーム件数の推移やクレーム理由もまとめられています。

米国では例年9月の最終週に、読書や情報アクセスの自由をテーマとしたイベント「禁書週間」(Banned Books Week)が行われます。2013年の禁書週間は9月22日から28日にかけて開催されており、このインフォグラフィックも期間中に公開されました。

Banned Books Infographic(bookpal blog、2013/9/23付け)
http://blog.book-pal.com/2013/09/banned-books-infographic/

Banned Books Week
http://www.bannedbooksweek.org/

参考:
米国学校図書館協会、禁書週間にあわせ、"禁じられたウェブサイト"についての活動を実施
http://current.ndl.go.jp/node/21990

赤十字原子力災害情報センター デジタルアーカイブ公開

2013年10月1日、日本赤十字社は、赤十字原子力災害情報センター デジタルアーカイブを公開しました。デジタルアーカイブでは、原子力災害に関する各種情報・データを収集、蓄積、加工し、発信していくとのことです。

また、企画展「福島第一原発事故 日赤支援活動の軌跡 -パート1-」及び「救援者たちの証言集 -福島赤十字病院-」も10月1日よりウェブ上で公開されています。

赤十字原子力災害情報センター デジタルアーカイブ
http://ndrc.jrc.or.jp/

参考:
日本赤十字社、デジタルアーカイブを含む「赤十字原子力災害情報センター」設置へ
Posted 2013年9月25日
http://current.ndl.go.jp/node/24433

2013年度グッドデザイン賞発表 - 図書館・図書館に関する事業も複数が受賞

2013年10月1日、2013年度のグッドデザイン賞が発表されています。図書館、美術館等に関するものとしては、以下のものがあります。このうち、武雄市図書館・歴史資料館、東日本大震災アーカイブ、五島美術館については、「グッドデザイン・ベスト100」にも選ばれています。

武雄市図書館・歴史資料館(武雄市、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)
http://www.g-mark.org/award/describe/40615?token=9UEhVGybRg

まちライブラリー(一般社団法人まちライブラリー)
http://www.g-mark.org/award/describe/40585?token=zQy8ui6IKz

リブライズ 〜すべての本棚を図書館に〜(リブライズ合同会社)
http://www.g-mark.org/award/describe/40506?token=9jML6fCUTB

東日本大震災アーカイブ(首都大学東京 渡邉英徳研究室)
http://www.g-mark.org/award/describe/40598?token=9UEhVGybRg

五島美術館(公益財団法人 五島美術館)
http://www.g-mark.org/award/describe/40395?token=FXOhGeyHw0

米政府機関閉鎖発効、米国議会図書館等も一時サービスが停止へ

米国において、暫定予算案が、新会計年度の始まる2013年10月1日午前零時(日本時間同日午後1時)を回り成立しなかったため、政府機関が一部閉鎖が発効したとのことです。これに伴い、米国議会図書館(LC)や国立公文書館(NARA)もサービスの一時停止となるようです。

なお、米国議会図書館では、ウェブサイトについてもTHOMAS.govとCongress.govを除いてアクセスできなくなるとアナウンスしていますが、現時点では稼働しています(2013年10月1日日本時間14時現在)。

米政府機関が17年ぶり閉鎖 予算不成立のまま新年度入り(CNN, 2013/10/1付け 日本時間13時19分)
http://www.cnn.co.jp/usa/35037870.html

米政府機関が閉鎖=予算不成立で17年ぶり-与野党の対立解けず(時事ドットコム, 2013/10/1付け 日本時間13時37分)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013100100488

News from the Library of Congress(September 27, 2013 (REVISED September 30, 2013) )
http://www.loc.gov/today/pr/2013/13-A06.html

NHKみんなのうたの新曲に「図書館ロケット」

NHKのみんなのうたの新曲「図書館ロケット」が2013年10月1日より放送されています。作詞・作曲・うたは畑亜貴さん、編曲は加藤達也さん、映像は神風動画です。NHKのサイトに掲載された紹介によると「人類の歴史や叡智を詰め込んだ『図書館ロケット』が、縦横無尽に時間と空間を飛び回り知識を広めていくという壮大でファンタジックな歌」とのことです。

みんなのうた 2013年10月・11月の新曲
http://cgi2.nhk.or.jp/minna/sch/index.cgi

【NEWS】NHKみんなのうた『図書館ロケット』10月1日より放送(METROFORTE Records, 2013/9/30付け)
http://metroforte.com/?p=3118

米国著作権局、著作権少額訴訟に関する調査結果のレポートを公表

2013年9月30日、米国著作権局(U.S. Copyright Office)は著作権少額訴訟に関する2年間の調査結果のレポートを公表しました。レポートでは、現在の連邦制度における、相対的に低い経済価値の著作権訴訟に関する課題を記録し、著作権局内での裁決の代替制度設立を勧めているとのことです。

Copyright Office Releases Report on Copyright Small Claims (米国著作権局 2013/9/30)
http://www.copyright.gov/newsnet/2013/518.html

copyright small claims (PDF:201ページ)
http://www.copyright.gov/docs/smallclaims/usco-smallcopyrightclaims.pdf

徳島県上勝町の食料品量り売りの店「上勝百貨店」が“図書館”を開設

徳島県上勝町でゼロウェイストを掲げ食料品の量り売り等を行っている「上勝百貨店」が、“図書館”を設置したとのことです。

2013年9月29日付けの徳島新聞(web)の記事によると、この“図書館”は雑貨や食料品が並ぶ棚の一角に棚を設けた設置したもので、店内の休息スペースで自由に読むことができ、またほしい本があれば無料で持ち帰ってよいとのことです。現在の在庫は100冊ほどとのことですが、将来的には増加していくようです。

なお、上勝町では、2003年に「ゼロ・ウェイスト宣言」を出し、2020年までに同町のゴミをゼロにすることを目指しています。

上勝百貨店が「図書館」開設 文学など100冊、無料で持ち帰りOK(徳島新聞、2013/9/29付け)
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2013/09/2013_13804311732872.html

OCLC、WorldCatの書誌レコードにFASTを追加開始

OCLCが、2013年9月25日、WorldCatの書誌レコードへのFAST(Faceted Application of Subject Terminology)の追加開始について、アナウンスしています。FASTは、米国議会図書館件名標目表(LCSH)から作成されたものであり、今回FASTを追加する対象となるのは、既にLCSHが付与されている、言語が英語のレコードとのことです。

資料“Enriching WorldCat with FAST”によると、今回の追加の理由としては、FASTがクラスタリングやインデキシング等に有効であるとした上で、2012年に開始したWorldCatの書誌レコードのLinked Dataとしての公開により、第三者からのFASTの利用への関心が高まったことがあげられています。

Enriching WorldCat with FAST(OCLC, 2013/9/25付け)
http://www.oclc.org/news/announcements/2013/enriching-worldcat-with-fast.en.html

詳細;
Enriching WorldCat with FAST(PDF, 6ページ)

ジョージ・ワシントンの“大統領図書館”、退任から200年以上を経て開館

2013年9月27日、米国の初代大統領ジョージ・ワシントンに関する資料等を所蔵する大統領図書館“Fred W. Smith National Library for the Study of George Washington”が、バージニア州のマウントバーノンに開館しました。ウェブサイトに、開館記念式典の写真等が掲載されています。

Library Photo Gallery(開館記念式典、館内等)
http://www.mountvernon.org/library/gallery

所蔵資料について
http://www.mountvernon.org/library/catalog

紹介動画(開館前のもの)
http://www.mountvernon.org/library/video-tour

関連報道;
米初代大統領ワシントンの記念図書館が開館、退任から2世紀余り(AFPBB News, 2013/9/29付け)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2970979/11431059

George Washington Library Opens at Mount Vernon(NY Times, 2013/9/28付け)