アーカイブ - 2013年 1月 7日

大阪大学附属図書館、総合図書館の一部を試験期間中に24時間開館へ

2012年12月28日、大阪大学附属図書館は、同大学総合図書館の一部であるグローバル・コモンズとイーストラウンジについて、2013年1月21日から2月18日までの試験期間中の平日に、24時間開館すると発表しています。グローバル・コモンズは、多言語・多文化学習を目的としたスペースとして2012年に設置されたもので、24時間開館利用を可能とするためのセキュリティ設備を備えています。今回は試行的実施とのことで、利用者には帰宅時の安全配慮のために防犯ブザーの貸出も行うようです。

エリア分け案内図、及び24時間開館ポスター(PDF)
http://www.library.osaka-u.ac.jp/sougou/doc/24hours.pdf

総合図書館 試験期間中の24時間開館について (大阪大学附属図書館 2012/12/28付けの記事)
http://www.library.osaka-u.ac.jp/sougou/24hours.php

Library JournalとInformation Todayによる2012年トップ記事まとめ(記事紹介)

2013年1月3日に、Library JournalとInformation Todayのニュースレターが、それぞれのサイトでの2012年のトップ記事をまとめた記事を掲載しています。

Library Journalでは、2012年の「図書館界を動かした人、揺るがせた人」の発表記事、infoDOCKETでは米国政府職員給与データの2011年版アップデートの記事、Information Todayではインターネットにおけるオープンかつフリーな状況が損なわれる恐れがある状況をまとめた記事となっています。

また、Information Todayの記事は、2013年のトレンド予測を行った記事の紹介も行っています。

Review of 2012 and Trends Watch 2013 (Information Today, NewsBreakes 2013/1/3付けの記事)
http://newsbreaks.infotoday.com/Spotlight/Review-of--and-Trends-Watch--86926.asp

Year in Review: Top Articles of 2012 (Plus a Free Ebook) | LJ Insider (Library Journal 2013/1/3付けの記事)

米公共図書館の電子書籍貸出サービスがクリスマスに見せた記録

OverDrive社の(次世代型)電子書籍サービスを導入している米国の公共図書館で、電子書籍の貸出回数がクリスマスの日に史上最多を記録したと同社が発表しています。特に、iPad、Kindle Fire、Android端末などによる利用が劇的な伸びを見せたということです。そのような図書館の例として、Cuyahoga County Public Library、Pioneer Library System、Hennepin County Library、Mid-Continent Public Libraryという4つの図書館(システム)の貸出回数グラフが紹介されています。例えば、Cuyahoga County Public Libraryについては、クリスマス・イヴには1,760回だったのが、クリスマス当日には2,810回になっています。The Digital Shift誌の記事では、クリスマスに電子書籍リーダーやタブレット端末を入手した利用者が多かったのではないかと推測が述べられています。

Next Generation Libraries Generate Record eBook Traffic on Christmas(OverDrive 2012/12/26付けブログ記事)

千代田図書館、内務省委託本等を展示する資料展「検閲の基準―発禁になった本、ならなかった本―」を3月17日まで開催

千代田図書館が、戦前の出版検閲を語る資料展「検閲の基準―発禁になった本、ならなかった本―」を、2012年12月24日から2013年3月17日まで開催しています。この展示は、同館の所蔵する「内務省委託本」をはじめとする、戦前の検閲の実態を伺うことのできる本や資料を展示するもので、会期中には関連ミニ展示「奥付けと検閲と著作権」と3回の関連講演会が開催されます。

戦前の出版検閲を語る資料展「検閲の基準 ―発禁になった本、ならなかった本―」のお知らせ (千代田区立図書館)
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/guidance/display_naimushoitaku2012.html

米ダグラス郡図書館、Smashwordsから自費出版された電子書籍を1万点購入

ALA TechSourceが2013年1月4日付けで伝えるところによると、米国コロラド州のダグラス郡図書館が、セルフパブリッシング(自費出版)サービスのSmashwordsから1万点の電子書籍を購入したということです。これにより、同館の保有する電子書籍数は2万1千点になったということです。なお、ダグラス郡図書館では、購入した電子書籍のファイルを出版社から入手し、それを図書館のサーバで管理・提供するというユニークなモデルでサービスを行っています。

Douglas County Acquires 10,000 E-Book Titles from Smashwords(ALA TechSource 2013/1/4付け記事)
http://www.alatechsource.org/blog/2013/01/douglas-county-acquires-10000-e-book-titles-from-smashwords.html

一橋大学附属図書館、iPad向けコンテンツとスマートフォン・タブレット端末対応図書館ウェブサイトを正式公開

2013年1月7日、一橋大学附属図書館は、これまで試験公開の位置付けだったiPad向けコンテンツと、スマートフォン・タブレット端末に対応した図書館ウェブサイトを正式公開したと発表しました。

iPad向けコンテンツを正式公開しました (一橋大学附属図書館 2013/1/7付けの記事)
http://www.lib.hit-u.ac.jp/blog/20130107_1/

スマートフォン・タブレットに対応した図書館ウェブサイトを正式公開しました (一橋大学附属図書館 2013/1/7付けの記事)
http://www.lib.hit-u.ac.jp/blog/20130107_2/

参考:
一橋大学附属図書館、iPad向けに電子書籍化した利用案内等およびモバイル対応したウェブサイトを試験公開
http://current.ndl.go.jp/node/22185

2013年、ストレスフリーな職業ベスト10に図書館員がランクイン(記事紹介)

2013年1月3日付けでCNBC.comが“The 10 Least Stressful Jobs for 2013”という記事を掲載しています。記事は、最もストレスのない仕事ベスト10を紹介したもので、その中で図書館員が第9位にランクインしています。

この記事に関し、Twitterハッシュタグ“#librarianstress”や、例えば一図書館員のブログ“Screwy Decimal”等で、図書館員のストレスをテーマに議論が行われています。

The 10 Least Stressful Jobs for 2013 (CNBC 2013/1/3付けの記事)
http://www.cnbc.com/id/100349332/

The 10 Least Stressful Jobs for 2013 (Library Journalのtumblrサイト 2013/1/4付けの記事)
http://tumblr.libraryjournal.com/post/39657757055/the-10-least-stressful-jobs-for-2013-9-librarian

オーディオブック出版社のAudioGO、Blackstone Audioを買収

オーディオブック出版を手がけるAudioGO(BBC Audiobooks)が、同じくオーディオブック出版を手がけているBlackstone Audioを買収したとのことです。Library Journal誌などが報じています。

AudioGOは約1万件のオーディオブックを出版し、Blackstone Audioは約5,000件のオーディオブックを出版しています。なお、Library Journal誌の記事によると、AudioGOのタイトルのうち4,000件は図書館で利用可能となっているようです。

AudioGO Acquires Blackstone Audio(Library Journal 2013/1/3)
http://lj.libraryjournal.com/2013/01/publishing/audiogo-acquires-blackstone-audio/

AudioGO acquires US rival Blackstone Audio(The Bookseller 2013/1/3)
http://www.thebookseller.com/news/audiogo-acquires-us-rival-blackstone-audio.html

米国議会図書館のTwitterアーカイブの2013年1月までの進捗状況

米国議会図書館(LC)のTwitterのアーカイブ事業の進捗状況について、LCのブログに記事が掲載されています。広報責任者(Director of Communications)のGayle Osterberg氏によるゲストポストとのことであり、5ページのペーパー(PDF)が添付されています。

これによると、LCは現在までに、2006年以降のツイート1,700億件をアーカイブしているとのことです。また、1日当たりの受入れ件数は、2011年2月時点では1億4,000万件ほどであったものが、2012年10月時点では5億件ほどになっているとのことです。

さらに、現在このアーカイブを研究者が利用できるようにするため技術的課題に取組みに注力していることや、2010年4月のアーカイブ事業開始の公表以来、研究者から400件ほどの質問を受けていることが紹介されています。

Update on the Twitter Archive at the Library of Congress (Library of Congress Blog 2013/1/4付け)
http://blogs.loc.gov/loc/2013/01/update-on-the-twitter-archive-at-the-library-of-congress/

PDF: