アーカイブ - 2013年 1月 25日

SirsiDynix社、eResource Centralに統合するコンテンツ強化にむけ、提携拡大

SirsiDynix社が、2011年に開発着手を公表した図書館向け電子資料管理システム“eResource Central”について、対象コンテンツの拡大につながる提携を複数公表しています。

1月3日にはBaker & Taylor社と、1月14日にはOverDrive社と、また1月23日には3M社との提携を公表しました。また1月24日には、オーディオブックを取り扱うRecorded Books社との提携を公表しています。

Baker & Taylor and SirsiDynix Announce eResource Central Integration(2013/1/3付け)
http://www.sirsidynix.com/press/baker-taylor-and-sirsidynix-announce-eresource-central-integration

OverDrive and SirsiDynix to deliver eResource Central integration(2013/1/14付け)
http://www.sirsidynix.com/press/overdrive-and-sirsidynix-to-deliver-eresource-central-integration

トロント公共図書館のチーフライブラリアンのインタビュー(動画)

カナダの公共放送局CBCが、トロント公共図書館のチーフライブラリアンであるJane Pyper氏に行ったインタビュー動画(5分弱)が公開されています。

トロント公共図書館が現代社会の中で意義のある存在とすることおいて、どのようにして成功してきたのかについて、インタビューに応えています。現状として、人々が、人とのコネクションを求めてその場として利用していること等を紹介するとともに、財政面については、厳しい経済状況にある中、図書館が税金以外の収入を得る努力をしていることなどに言及しています。

The business of libraries(CBC 2013/1/22)
http://www.cbc.ca/player/News/TV+Shows/Lang+&+O%27Leary+Exchange/ID/2328103964/

米大手出版社マクミランが図書館に対する電子書籍の販売を試行へ

米国の大手出版社マクミラン社が、2013年第一四半期に、図書館に対する電子書籍販売を試行開始すると発表したと報じられています。販売対象となるのは、傘下のMinotaur Books社のミステリーや犯罪小説など1200タイトルです。販売価格は均一で、INFOdocketの情報では25ドルとされています。購入したタイトルは、52回貸し出されるか、2年間が経過するまで利用することができます。これらのタイトルは、OverDrive、360 Axis Digital Media Library、3M Cloud Libraryという電子書籍ディストリビューターからも提供されるということです。

同社は「ビッグ6」のひとつとして数えられますが、これまで図書館に対して電子書籍を提供していませんでした。

UPDATED: Macmillan Announces Details of Library Lending Pilot(INFOdocket 2013/1/24付け記事)
http://www.infodocket.com/2013/01/24/macmillan-announces-details-of-library-lending-pilot/

宮城資料ネット、「歴史資料保全活動におけるデジタルカメラによる文書資料撮影の手引き」の画像データの集約・管理編を公開

2013年1月24日、宮城歴史資料保全ネットワークが、「歴史資料保全活動におけるデジタルカメラによる文書資料撮影の手引き」の画像データの集約・管理編を公開しました。

歴史資料保全活動におけるデジタルカメラによる文書資料撮影の手引き:画像データの集約・管理編
http://www.miyagi-shiryounet.org/01/satuei00/kanrihen01.html

NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク(2013/1/24付けお知らせに「文書資料撮影マニュアル管理編公開しました」とあります。)
http://www.miyagi-shiryounet.org/00/front.htm

人文・社会科学系オープンアクセス誌“SAGE Open”が投稿料を99ドルに値下げ

SAGE社が、人文・社会科学分野の査読付きオープンアクセス誌“SAGE Open”の論文加工料(Article Processing Charge:APC)を99ドルへと値下げすることを発表しました。値引き前は395ドルだったそうです。発表では、SAGE Openに論文を受理された著者の70%がAPCを自費で負担しているという調査結果を引用しつつ、今回の値下げの目的は、研究助成が潤沢ではない人文・社会科学分野の研究者が質の高いオープンアクセス誌への投稿を行いやすくすることだと述べています。2011年5月に誕生したSAGE Openは、これまでに1,400本の投稿を受け付け、160本の論文を出版してきています。プレスリリースとは別に、同社副社長のBob Howard氏が値下げの理由やその影響などに答えるインタビューも掲載されています。

SAGE makes Open Access more accessible to social science and humanities scholars SAGE Open author publication fee discounted to $99 per article(SAGE 2013/1/24付けプレスリリース)

徳島市立図書館でセルフ図書消毒機が導入

徳島県の徳島市立図書館で、1分間程度の紫外線照射によって図書を消毒・殺菌することのできる機械「ブックシャワー」が導入されたそうです。子ども用フロアに置かれています。県内では初の導入であると報道されています。

図書館で借りた本を消毒(NNNニュース 2013/1/24付け動画付き記事)
http://news24.jp/nnn/news8671915.html

ブックシャワーをご利用ください(徳島市立図書館 2013/1/10付けお知らせ)
http://www.city.tokushima.tokushima.jp/toshokan/topics/topics/20130110.html

ブックシャワー(日本NCRビジネスソリューション株式会社)
http://www.ncr-bs.com/information/bookshower.shtml

図書消毒機 Book Master ブックマスター 5冊用(オークラ情報サービス)
http://www.e-okura.co.jp/library/ec001.html

参考:
E083 - 中国の図書館のSARS問題への対応
http://current.ndl.go.jp/e083

図書館はインフルエンザ流行にどう対応すべきか(米国)